カテゴリ:未分類( 8 )

乗り越えて! メキシコへの祈り

 美しくて、明るくて、人懐こくて、お節介で、キッチュで…。
大好きな第二の故郷でもあるメキシコシティの惨状に、涙にくれています。
4年、暮らしたメキシコシティ。(その時の様子→ジェット妻ストリーム2

 先週のチアパス沖を震源にする大地震で、チアパスや、オアハカに暮らす知人の安否を確認してホッとしていたところに再びの地震。
奇しくも32年前の同じ9月19日。再びのメキシコシティの大地震。
 震源は、あの美しいコロニアルシティのプエブラ。スペイン風の陶器で有名な街です。

d0348118_09040065.jpg
美しいプエブラのセントロのソカロ
d0348118_09052482.jpg
カラフルなプエブラの街並み
 
しかし、メキシコシティでの被害の方が大きかった様子で、友人や、知人から続々と届くSNSでの安否報告と、今の街の様子。
動画や画像でみる懐かしい街並みや風景、いつも歩いていた大通りが、悲惨な状況になっていることに、胸が押しつぶされ、みなの怖かった様子に打ちひしがれています。
d0348118_09053610.jpg
 東日本大震災の時、メキシコシティにいた私は、当時、知らないメキシコ人からも、「日本人でしょ?ご家族は大丈夫でしたか?大変だったね。」とギュッと抱きしめられたことが何度もありました。優しいかの国の人の思いやりに触れてどんなに、心が暖められたことか。
 私たちもひどい震災の経験があるのよと、1985年のメキシコシティ大地震の話をしてくれたり。
d0348118_09064920.jpg
 知人、友人の報告では、9月19日はメキシコでも防災の日。
午前中に各マンションや学校では、避難訓練が行われ、やれやれと家に戻ったところの大地震だったとか。
備えがあったとはいえ、石造りの家の倒壊の恐怖、治安の悪化を懸念しての非常事態宣言。
「 街路に人は溢れているのに街がひっそりと静まり返っている。」という報告。
あの笑い声が絶えない明るい街がひっそりとしているという様子に、ますます皆の心労を思います。
つぎつぎと私のタイムランにあふれ出てくる友人たちからの惨状と報告に、すっかり打ちひしがれてしまっています。

 その中でも、早速、救援物資、食料を配る日本食レストランや、日系スーパーマーケットの皆さん、報道通訳や取材に駆け回る友人たち。あぁ、あの人があそこで頑張っていてくれる、あの人も…と。

メキシコに移民した日本人は数万人。駐在員も1万人以上です。
地震大国日本のみんなが手を取って動いている姿がなんとも逞しい。

 今は、祈ることしかできません。
遠い故郷に思いを馳せて、「手を取りあって、どうぞ乗り越えて!」と祈るばかりです。




Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-09-21 09:14 | Comments(0)

今週のパッチワーク ~Borderと裏布~

 64枚のパターンは、一枚が21㎝四方です。
赤と白の典型的なサンプラーキルトです。

パターンの間には、6センチ幅のラティス(パターンをつなぐ間の布)と、周囲は、10センチ幅のボーダーでつないて完成は240×240㎝のダブルベッド用のキルトになる予定です。
d0348118_14202607.jpg
 布地屋さんに行って、初めて今回のサンプラーキルト用の布を購入しました。いままでは、頂き物や自分のコレクションの布だったのです。
布の見積もりがねぇ。なかなか気に入った布や色が、思うような分量ではないのね。
d0348118_14205499.jpg
裏地には、はさみと指ぬきの柄を縦3列ではぎます。
d0348118_14211821.jpg
 まずは、小さなピンホールドットの赤の布を、ラティスとボーダー用にカット。
並びかたは、これからじっくり検証して並べないとね。まずは仮置き。こんな感じになります。
完成への道のりは、まだ三分の一だわ。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-04-29 00:12 | Comments(2)

読書の秋に 「るきさん」 高野文子ワールド

 秋の夜長とはよく言ったもので、晩ご飯を食べ終わると、すっかり日も落ちて虫の声を聴きながら、窓をちょっと開けてお月さんを眺めます。その窓辺で本を読む。
 子どものころから、この季節のこの時間が一番好きな読書タイムです。

 この秋に出会った高野文子さん。
あまりコミックは読まないのですが、出版社のせいもあるのでしょうが、本屋さんでは、コミック売り場じゃなくて、書籍の棚や、文庫本コーナーに交じって置かれています。
 「るきさん」は、読了後に3冊も大人買いしてしまった文庫本。あの人にも、あの人にもと思った本だからです。次に会う時の手土産にしたくなるような何とも言えないいい作品なのです。病気で入院中の友人にも早速届けたいなと思います。私は病気のお見舞いは愉快でセンスのいいコミックが一番と思っています。自分がいただいてすごく嬉しかったからね。

 登場するのは、30歳を少し過ぎた、天然でちょっと浮世離れしたオリーブ(ポパイの恋人の)みたいな細いるきさんと、姉御肌でおしゃれなバリバリキャリアウーマンのえっちゃん。主人公はるきさんなんだけどね、えっちゃんにもシンパシーを感じます。
実は、買ってからすでに4回も読み返しています。極上のユーモアとセンス、色彩。ストーリーを追うだけでなくて、二人の部屋や、セリフにはない動きにも引き付けられてしまうので、4回読んでもまた、開きたくなるのよ。
d0348118_21022657.jpg
 何度も読むから、お寿司屋さんで、テーブルに置いたら、こぼしたお醤油で表紙を汚したわ。ちょっとるきさんっぽいな。

他の作品も気になって高野文子作品を。不思議です。どれもがタッチも作風も全然違うの。すごい作家さんに出会ったわってびっくりです。
d0348118_21030418.jpg
 秋の夜長には、ジャンルを問わず、いろいろな活字を手にしています。
そうそう、面白い雑誌にもであって、これはお仕事用の資料で読みました。感想は、こちらにアップしました。



お暇があれば見てくださいね。


Instagram
Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-10 21:03 | Comments(2)

小川糸さんの「ツバキ文具店」と「これだけで、幸せ」

 この夏は、たっぷりの本読みを楽しんでいますが、次々読了してしまって、感想を書とめてScrapする間もない。

本読みの忘備録を兼ねて、ここに。
県立図書館と、市立図書館から同時に予約本が落ちて手元に。小川糸さんの人気の小説、ツバキ文具店と、
d0348118_10441853.jpg
 小川糸さん。最近、大好きな作家さん。好きな作家に出会うと作品を連作で読んでしまう。
小説の中の暮らしの描写に、いつも丁寧に、質素だけど上等な暮らし。
そんな作家の感性がいっぱい出てきて、作中の草花、食べ物、テキスタイル、住まい、暮らしの道具の描写などは、私が好きなもの。こだわりたい事がいっぱい登場する。
 前回読んだ「りぼん」のオカメインコの話では、野鳥の鳴き比べの話が出てきたりして、そんな風流な様子をうなりながら読んだ。

 今回は、舞台は北鎌倉。
代書屋という変わった仕事を古い家で営む主人公。書道や、文房具、直筆の手紙、便せんやレターセットへのこだわり、季節の移ろい、旨いもの。加えて、懐かしのガラスペンなんて登場していたし。どれもが私の琴線に触れるものばかりで、いい本に出合ったあなあとページを惜しみながら読了した。

 どんな作家なんだろう。きっと暮らしには「ピン」と背筋が一本通った人なんだろうと思ったら、やはりそんなライフスタイルが注目を浴びていたらしく、小川糸さんご自身の暮らしのモノへのこだわりや感性がよくわかるのが、エッセイ「これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29ヵ条」でした。

 ミニマムに暮らすことが、もてはやされる現代だけど、大事なのは、いいもの選びの感性が育っているかどうかだと思う。
きっとここに行きつくまでには、たくさんの消費と失敗、経験があったと思うの。最初から物選びの目が育たないだろうし、美しいものや、身の回りに置きたいものへのこだわりは、一朝一夕には育まれないだろうからね。
 育った環境も影響があるかな?
いいものに囲まれていても、気がつかないこともあるし、自分にはないものを欲しくもなるでしょうからね。
でもこのエッセイ、作家さんご自身の書き下ろしじゃなくて聞き語りを編集者さんがまとめたそうで、なんだか不思議だけど、小川糸さんのポリシーはそこに。

 この小説は、「書」のテーマもあって、直筆の手紙が本の中に登場。その文字が実にいい感じ。
ものすごく、うますぎる文字ではなく、そこそこの美しさという塩梅も心憎い。
久々に、いい本に出合って、ありがとうと言いたくなる一冊でした。




InstagramInstagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-08-26 00:23 | Comments(0)

どうしたもんじゃろ? ~アボカドのチーズ入りフライ~

 あれぇ~?
味の予測がついて、きっと美味しいに違いないと思った夕餉のお菜があまりにも、美味しくなかったという話です。
d0348118_9511012.jpg

 みんながSNSで、シェアしていたお料理。
アボカドを二つに切って、種を取り除き、穴にとろけるチーズを入れて、再び合わせ、豚肉で巻いてフライにするというもの。
d0348118_9513432.jpg

 アボカドもチーズも、豚肉もそれぞれが美味しいのだから動画をみていた夫も、うまそうだよねと。
d0348118_9515474.jpg

ならばと丁寧にこしらえてみたけど、ちっとも美味しくない。
 どちらかとうと、そうとうに不味い!
d0348118_9522351.jpg

 あれぇ~、何がいけなかったんでしょうか。
大いに疑問が残り、ケチャップをかける?醤油をかけちゃおうか?タバスコ?サルサソースにする?
うーんと唸りながら何とか食べたけどね。
d0348118_9524564.jpg

 まさかの味だったわ。
アボカドが不味かったのか?チーズが不味かったのか?豚肉のせいか?

 毎晩、ご飯が楽しみの二人にとって昨夜はなんだかなぁ~と思う日でした。
作ったお菜が不味くて不機嫌になることなんて、そうめったにないのに。へぇ~と思ったのでした。

上手に作れた方がいたら、ぜひご指南くださいませね。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-07-27 09:50 | Comments(0)

雨ふりさんぽ ~東京都薬用植物園 小平市~

霧のような小雨の降るときに、傘をさして植物園のさんぽです。
東京都薬用植物園です。(HPはとっても地味ね)
SNSで友人がここをご家族で散策していたのを知って、へぇ~、こんなところがあるのかと早速行ってみたよ。
d0348118_104117.jpg

 ハーブガーデンとか、ラベンダー畑とかの観光目的の植物園と違って、薬用植物を東京都が熱心に研究用プラントハンターして集めたもの。
d0348118_10414085.jpg

温室もあって世界中の薬草が集められ、インドやメキシコのモノもあって。
そうだ、過去に暮らした国々には、こういう植物の伝統的な民間療法、ホメオパシーとか(スパイスの使い方や、ネイティブアメリカンの薬草や、マヤアステカのハーブとか)がたくさんあったんだったと思い当たったりしたのよ。
d0348118_1043476.jpg

カカオや、ブーゲンビリアはメキシコではよく知られた薬草、インドの菩提樹や沙羅やニームもそうだったね。

 いきなりのお出迎えはアンティチョーク(朝鮮朝顔)。子どもの頭ほどもある大きな花。キャベツのように地面に成るのかと勝手に想像していたから、驚いたよ。
d0348118_10504787.jpg

漢方、民間薬、染料、香料、ケシや麻、外国種、有害植物などと区画も整備されていて、美しい庭じゃなくてまさに標本なんだけどね。
どれもが、へぇ~、ほぉ~っていう植物ばかりだったよ。
d0348118_10512439.jpg

 雨に濡れて困っていたのは梅雨が苦手なラベンダーくらいで、
あとは、雨を浴びてつやつや元気で、雨を葉や花に受けて流れていくさまも美しいこと。
西洋ハーブよりも俄然、漢方や、日本の民間療法に使われる草木に心躍るのはなぜだろうね。

 一緒に行った友人は、アロマセラピーや漢方処方にたけた人だったので、いちいち聞く話が面白くて、新しい知識はよく効くわ。
d0348118_10515643.jpg


園のスタッフさんが、「雨の中で、今日はよくご覧になれないかも…。」と言ったけど、雨の中だったからとっても面白い植物園です。
生物の多様性は、本当にすごい。生命の歴史と、人類の歴史が折り重なっていて。今日はそのごく一部であろうに、こうも感動しちゃうなんてねぇ。
近いので、また行きたい。
d0348118_10532616.jpg

小平市は、グリーンロードと呼ばれる22キロもある市民参加の「小平オープンガーデン」があって、散策コースも自治体あげて取り組んでいるのだ。
なかなかいい感じの東京さんぽコースになっている。
次回はそんなところへも足を運べたらいいなと思うの。

 素敵な植物園のスナップは明日へも続く。(画像の整理が追い付かず一度に全部アップできないなぁ~。)


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-06-25 00:11 | Comments(0)

今週の愛妻弁当まとめ ~ 2016年5月上旬 ~

 大型連休や、結婚式はあったけど、夫の愛妻弁当作りはいつもどおり。
d0348118_8505430.jpg

みんなのお休みに休めない出張中の夫。若いころは、パパのいないお休みの日には、家族連れでお出かけする人にジェラシーも感じていたけど、今は、元気で仕事ができることだけに、ただただ感謝しています。
d0348118_851145.jpg

 工業デザインの中に「ユニバーサルデザイン」というのがあります。
バリアフリーだけじゃなくて誰にも優しいデザイン。ノンステップバスは、足の悪い人だけじゃなくてタイトスカートにも和服にも優しい。
d0348118_8514266.jpg

 シャンプーボトルのギザギザは目の悪い人のためっだけじゃなくて、目をつぶってシャンプーする人にもリンスボトルとの区別がつくようになっていて優しい。
d0348118_852192.jpg

 前歯が差し歯から入れ歯になった夫には、最近、嚙みきれない食品が出てきた。
お弁当箱を持ってご飯がかきこめない「そぼろごはん」はスプーンがあると嬉しい。
d0348118_8525410.jpg

そして冷めても美味しいためには、冷えて油分が固まらないおかずのほうが美味しいから、
冷えて固まったチーズトッピングやグラタン、油で炒めたチャーハンなどは極力入れないようにしています。
(この豚の角煮も冷めるとかわいそうなくらいに固くなっちゃう)

d0348118_8534244.jpg


 お弁当のおかずのしきりにホイルカップや、ビニールのバランを使わなくなって早5年くらい。
d0348118_854696.jpg


d0348118_854275.jpg

サニーレタスや、青紫蘇をしきりにしていますが、最後の一枚まで野菜室で縮れないように、最近はこんな瓶詰にして保存しています。最後の一枚までピンとして元気。
d0348118_902091.jpg

山椒の葉っぱもそうすればよかったよ。
新生姜の炊き込み御飯の山椒の葉はちょっと縮れてしまったわ。

 月に一度の土曜日出勤。お決まりのサンドイッチ。
d0348118_8545072.jpg


きゅうりも人参も千切りで噛みきりやすく。こぼれないように卵は薄焼き卵にして、取り出しやすいようにワックスペーパーで一個づつくるんでからバスケットに投入です。

 自分が作っても数時間後に蓋を開けて食べることがないのが、お弁当の作り手と、食べる人。
そこへも何とか想像力を働かせてお弁当を詰めたいなと思います。

昨夜の残り物をなんとか工面、リメイクしてお弁当にして持たてるから、
お友だちとランチに行った日は、とても後ろめたい気分になる小心者でもあります。

 最近お気に入りのお弁当サイト。
いっぱいのおかずでもないし、奇をてらってもいない普通のお弁当がなんだかとっても好ましいの。
くらしのきほん みるお弁当


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-05-21 09:24 | Comments(2)

「とと姉ちゃん」と「すてきなあなたに」

 NHKの朝の連続テレビ「とと姉ちゃん」を楽しく観ています。
今回の主人公はあの暮らしの手帖社を作った大橋鎮子さんがモデル。

d0348118_1738836.jpg


きっとどこのご家庭にも1冊くらい暮らしの手帖社の家事の本があるのではないかしら?
私は、母が時々買っていた暮らしの手帖の収納や台所の工夫のページを子どもの頃から読んでいたのですが、自分の手元にやってきたのは結婚した時に叔母がお祝いにと手渡してくれた「すてきなあなたに」でした。暮らしの手帖に掲載された大橋鎮子さんの連載エッセイを集めた一冊です。

そのなかの記事でずっと記憶にあったのは、紅茶のページ。
「ポットのためにひと匙、あなたのためにひと匙」とあって、紅茶ポットには人数分プラス一杯追加で茶葉を入れるんだって、この時初めて知ったのでした。
ずっとそうやって紅茶を入れていたのですが、ある時、紅茶専門店(確かマリアージュなんとか)の店員さんに、「どうしてポットのために茶葉を入れるの?どなたが言ったか知りませんが紅茶は人数分の茶葉だけですよ。」って、その時すごく厳しく叱責されてそれ以来、人数分だけにしたのでした。

でもね、ドラマが懐かしくて、この本(上記の写真)買って読んでいたら、まさにその紅茶のエッセイのくだりがのページがでてきてね。わぁ、このページ!覚えてるわぁって。
今、読み返してみたら鎮子さんは、英国のお茶文化を知っていらして、紅茶は必ずお代わりして飲むもの、2杯目は差し湯して飲むものだからとポットの分の茶葉の追加の理由も書かれていました。
ちゃんと理由があるんだ、ポットのために紅茶の茶葉をひと匙の意味。
丁寧に暮らす人ならではの、暮らしへの気くばり。
毎朝仕事場で朝一番に紅茶を淹れていたそうです。

朝のドラマの中でも、毎日の日常を丁寧に大事に暮らすことを「とと」から遺言され、家族を守ることもさることながら、日常を大事に暮らすことへのこだわりが随所に出ているみたいですね。
さすがに時代考証がNHKドラマは、すごい。当時の台所の様子や、衣装の手編みのセーターなんかも楽しい。

今日は亡くなった両親の7回忌でした。
久々に、「すてきなあなたに」を私に贈ってくれた叔母に会い、この話をしたところです。

叔母はお昼を挟んだご法要の前にと、「あなたのお母さんの味で、お稲荷さんよ」と、母のレシピで甘く煮た人参と椎茸と紅生姜が入ったお稲荷さんをたくさん作って持ってきてくれました。

暮らしの始末、綺麗に大切にとっておいたのでしょう、和菓子が入っていたであろう菓子箱に綺麗に並んだお稲荷さんでした。芽吹いたばかりの庭の葉っぱがちょこんとのっているの。
母の味、叔母たちにとっては姉の味を、みんなで味わういいご法要になりました。

長女の母には妹が4人。
法要に来てくれた叔母たちがこうして毎日を大切に丁寧に暮らしている様子に、ちょっと胸を熱くして、背筋がピンとしたのでした。
物の始末が良すぎる私は、もうこの本をずっと前に手放してしまいましたが、また図書館で借りて読んでみようと思っているところです。








Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-04-13 22:16 | Comments(2)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

今週の愛妻弁当まとめ ~20..
at 2017-09-22 09:05
乗り越えて! メキシコへの祈り
at 2017-09-21 09:14
アイアンの蚊やりコレクション
at 2017-09-20 00:57
八ヶ岳大人の林間学校 ~木こ..
at 2017-09-19 10:22
今週の愛妻弁当まとめ ~20..
at 2017-09-17 08:49

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> dreamyeyes..
by yukkescrap at 08:18
yukkescrapさん..
by dreamyeyes at 04:27
> dreamyeyes..
by yukkescrap at 07:29
> touryounoi..
by yukkescrap at 07:27
我が家もぶーちゃんを使用..
by dreamyeyes at 03:00
すごいですね~!やっぱり..
by touryounoie at 23:31
> BONさん ..
by yukkescrap at 21:00
さすがにエキスパート集団..
by BON at 18:15
> Olive07hさん..
by yukkescrap at 14:27
お直しがデキルなんて(羨..
by Olive07h at 09:12

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(65)
(47)
(38)
(32)
(30)
(25)
(23)
(22)
(22)
(20)
(18)
(17)
(17)
(16)
(13)
(12)
(8)
(8)
(8)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド