カテゴリ:お料理スクラップ( 44 )

あったかいお善哉で仕事始め 【くらし部門】

 大納言をゆっくり炊いて、ことし二度目のお善哉です。

いつもは、圧力鍋でがぁーっと煮ますが、今回は、IHのクッキングヒーターで、朝からコトコト。
できればストーブの上で煮たいところですが、あいにく今の環境はオール電化という味気ない設備。
安全で、安心だけど、煮物の風情がなくなって、なんだか寂しい。
簡単でパパッとは、どうもなぁ~。
d0348118_09592368.jpg
 柔らかく煮あがったら、火を止めて、お砂糖がじっくり溶けていくのをまってから、またごく弱火で煮含めまして、お豆が崩れない程度にまたコトコトと。

 キビ砂糖とか、三温糖とかじゃなくて、上白糖。
お善哉はやっぱり、きっぱりした甘味がいいなと思います。ちょっと引き締めに入れる塩加減。

 いつまで、この自分の舌を信頼できるのかしら。母の味は遠い記憶になってきました。
小さく切ったお餅をこんがり焼いて、小松の塩昆布でいただきます。さぁ、わたしも今日から仕事始め。今年も頑張ろう! 

第一回プラチナブロガーコンテスト
by yukkescrap | 2017-01-05 10:50 | お料理スクラップ | Comments(0)

今年もよろしくお願いします。【くらし部門】

第一回プラチナブロガーコンテスト
 いつもブログにご訪問いただきありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
皆様のお幸せをお祈りしたします。

*************

 たくさんのおせち料理を保冷バックに詰めて、満員の新幹線で東京の自宅へ。
昨年家庭を持った子どもたちを迎える「実家」としての初のお正月です。
d0348118_16460005.jpg
私の実家は、老親が他界してからはもうずいぶん前になくなって、我が家が子たちの実家になったことを改めて実感した新春。
 亡き親たちも、こうして帰省してくるわたしたちにあれこれ心を砕いて準備をしていたのでしょうが、わが身になってようやくそのありがたみを実感するのですね。
d0348118_16462709.jpg
 「お正月にはあれが食べたい。」やら、「久々に従兄弟たちや、親戚に会いたいな。」ということで、たくさんのお年始のお客様を迎えることに。いつものお二人様暮らしが、本当に賑やかに、新春を過ごしていました。
d0348118_16465051.jpg
 甲斐甲斐しくおせち料理を手伝ってくれるのは、和食に興味津々のアメリカ人のお婿さん。洗い物も得意で私のアシスタントで大活躍。
今年は、可愛いお嫁ちゃんが、一緒にお重箱に料理を詰めてくれて、食いしん坊の娘は終始お味見係に専念、パーティー大好きな彼女にテーブルセッティングは任せて。我が家のお笑い部長の息子は、今年も絶好調!
それを楽しく目を細める夫は、いつも以上にお酒が旨い様子。
d0348118_16472637.jpg
 こうしてお正月に子どもたちが愉しみに集まってくれることの喜びと幸せ。
喜びや幸せは、みんなで分かち合いたいという私たち夫婦の思いが、子どもたちにも通じてくれて嬉しい限りでした。
d0348118_16474819.jpg
d0348118_16481132.jpg
 ささやかな家族の集いを今年も大事にしていきたいと思います。
d0348118_16484078.jpg
準備に大忙しのお正月でしたが、「忙しいことが嬉しい。」
実家という役回りに、わたしもそういう年齢になったのだと思います。

by yukkescrap | 2017-01-03 16:49 | お料理スクラップ | Comments(2)

お節料理 松風焼きと数の子松前漬け 【くらし部門】

第一回プラチナブロガーコンテスト

 おせち料理作りよりも、混雑する正月用品の食材の買い出しにうんざりしています。
d0348118_14215674.jpg
早く決められるお野菜や、乾物はネット注文で手配したものの、生鮮食料品と果物などは、どうしても晦日になるよね。
人ごみ、憂鬱。荷物持ちのお伴(夫)のご機嫌をとるのは、もっと憂鬱。

 朝一番で仕込んだ塩抜き数の子を半分は、子どもたちのリクエストで松前漬けに。
d0348118_09081037.jpg
わたしのおせち料理の十八番の松風焼き。
東京や名古屋で京都の西京味噌(甘い白味噌)をさがすのが、毎年大変ですが、今年は早めに手に入れたので、じっくり焼きました。
d0348118_14224718.jpg
でもどうして、松風焼きって、半分の鶏ひき肉を炒り煮してしてから、種に混ぜて焼くのでしょうね?

その理由がわからないまま24年目の大事なレシピで今年もね。
d0348118_14233145.jpg
レシピが古く汚れてページがめくれなくなってからは、PDFにしてクラウドにアップ、今年からは娘や息子、お嫁ちゃんとも共有しました。
d0348118_14240289.jpg
 明日の大晦日は、なますと肉類を仕上げます。

by yukkescrap | 2016-12-30 06:09 | お料理スクラップ | Comments(0)

お節料理 黒豆二種 【くらし部門】

第一回プラチナブロガーコンテスト

 一番最初に作るおせち料理は今年も黒豆。
今年もなんとか上手に煮えました。
d0348118_09381839.jpg
 丹波の黒豆の「飛切」という豆なのですが、水に戻しただけで皮が破けちゃうものもあったよ。
関東風に、シワの寄った歯ごたえのあるこってり甘い黒豆と、シワを寄せずにふっくら蜜を煮含める関西風の二種。
d0348118_09383728.jpg
 関東風は、鉄なべで煮るので古釘は要らないの。真黒に煮えあがりました。
仕上げに、今年は「減塩」のお醤油を垂らしてます。
昔、母はストーブの上で煮ていたけど、私はIHのタイマークッキングだなぁ。

d0348118_09393474.jpg
関西風の黒豆は、30年前のお料理教室で習った吉兆のレシピ。
黒豆を圧力鍋でふっくら茹でて一度笊にあげゆで汁をきり、別に作っておいた蜜のシロップに入れて、温めては冷ましを5回ほど、二日をかけて煮含めます。

 保存ビンにつめて、一段落。
今年は500gでやめておきます。お正月にみんなで食べて、あとは夫婦二人では、これで十分。

by yukkescrap | 2016-12-28 09:40 | お料理スクラップ | Comments(0)

今年の手前味噌で味わう牡蠣の土手鍋

 3月の彼岸の仕込みで、9月に天地替えした手前味噌。
開封してみたら、黄金色のいい出来です。

早速、食いしん坊の夫の提案で、お味噌のおむすび(おにぎりじゃないの)でお味見です。
d0348118_16465495.jpg

d0348118_10202182.jpg
 
お米とお味噌は、やっぱり日本人のソウルフードだなぁ。
英知の神の発酵食品だわ。
d0348118_10203541.jpg
 食いしん坊はさらに味噌を味わいたくて、土手鍋にしようよって。
d0348118_10204799.jpg
牡蠣と鱈に白菜とネギというあっさり具材にたっぷりの柚子を散らして。

手前味噌は、本当に美味しい。
絶賛、自画自賛ですが、よそでは、お味噌が買えない味わいね。

Instagram
Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-11-30 01:11 | お料理スクラップ | Comments(6)

英国パブランチ料理 シェパーズパイならぬコテージパイ

 質素なおひとりさまの食事が続いて、ちょっとエネルギー足りません。
ステーキや、焼き肉でパワーつけたいところですが、独りではちょっとそういう店には足を運べません。
d0348118_17251534.jpg
 牛ひき肉と、きたあかり(ジャガイモ)があったので、シェパーズパイを。
ジャカルタ時代にロンドンに暮らしていた駐妻の友人に習ったお料理です。
ミートソースのようなトマト味の炒めひき肉をオーブン皿に入れて、マッシュポテト(バターとミルクでちょっとゆるく)をのせて焼いたもの。

d0348118_17272383.jpg
チェダーチーズも入れるといいよね。
 味付けのポイントは、イギリスのウスターソースのリー&ぺリンソースとシナモンとタイムを教えられました。
d0348118_17274390.jpg
 長い事、私は、これがシェパーズパイだと思っていたら、在日英国大使館の料理長さんによれば、これはコッテージパイというのだとか。
シェパーズパイ(Shepherd's pie)は、羊の肉なんだそう。
農家のコッテージ(Cottage pie)は、残った肉にマッシュポテトをのせて焼いた残り物の質素な庶民のおかずだったらしく、さしずめ日本でいえば肉じゃがみたいなものかなと解釈したところです。
d0348118_17281125.jpg
 今では、ブリティッシュ・パブの定番メニューのようですけど、我が家ではようやくお肉が食べられるようになった赤ちゃんによく作った子どものための料理でした。ジャカルタではよく作っていたけどすっかり忘れてしまっていたよ。当時は若いのに奮発したダンスクのオーブン皿で焼いていたけど、もう割れちゃってね。

 今日は、愛知県瀬戸市のマルミツポテリのオーブン皿です。
コスパも雰囲気もたいへんよろしくて最近のお気に入りです。
直径15センチなので、おひとり様ランチにもいいですね。この冬は何度も作りそう。
お肉はたくさん作って小分けして冷凍しました。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-11-08 17:31 | お料理スクラップ | Comments(2)

栗の渋皮煮 第二弾!ブランデー風味

 先日、ブログにアップした栗の渋皮煮を見て、栃木のTさんが、速攻で栗を送ってくれました。
「うちは、持て余してるの、捨てる神あれば、拾う神ありよね。」という、メッセージ付き。
飯沼栗というそうです。雨が多かったので、よく弾けてコロンとした栗になったそうです。
栗は小布施や、恵那の栗のお菓子が有名だけど、栃木県は全国1の栗の産地なんだって。

 はいはい、お任せあれと再びのコトコトの渋皮煮です。この栗は、皮が半分はじけるように割れてめくれているので、鬼皮剥くのが楽ね。(写真撮るのを忘れたよ。)
大きくてぷっくりとした立派な栗です。
d0348118_11211894.jpg
 同じように、重曹で3回ほど茹でこぼし、煮崩れしないことをいいことに、歯ブラシでそっと渋皮をこそげとってみたら仕事が楽だったわ。甘味は洋風にグラニュー糖にしました。

 Tさんに、半分は完成品を年貢でお納めするつもりで、瓶詰に。
シロップの足りない隙間に、ブランデーを注いじゃう。
夫出張中につき、秘蔵のナポレオンをたっぷり入れちゃった。
d0348118_11212999.jpg
 写真じゃわからないけどね。
今回はブランデー風味のマロングラッセみたいな感じの大人の味に出来上がりました。
d0348118_11210669.jpg
Tさん、「できたよぉ~、いつ会おうか?連絡候う。」

 ついでにささやいてみよう、柿を持て余している人もよろしく!干し柿も作っちゃうぞぉ。


Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-29 11:23 | お料理スクラップ | Comments(2)

コトコトの日、栗の渋皮煮

 寒くなってくると、コトコトじっくり煮込む料理をしたくなります。
大きな栗がお安くなっていたので、思い切って1キロ買って、のんびりと鬼皮をむいて渋皮煮を。
d0348118_20584303.jpg
 皮むきは、どうしたもんかと思たけど、ポイントが溜まっていたから、今年はちょっと楽しようと、栗剥き専用の「栗くり坊主」なんか求めてみました。
d0348118_20580226.jpg
 あらぁ、本当によく剥けてびっくりするほど便利です。

 重曹を入れて茹でては、流水にそっと晒し、また茹でてを3回ほど。
d0348118_20582112.jpg
こういうチマチマの仕事が大好きなんです。
筋を丁寧に取り除いているうちに、最後の一枚まできれいにはげちゃったわ、渋皮。
d0348118_20583252.jpg
 でも煮るとなんということはない、あれほどあく抜きしても、まだ黒くなるのね。
栗の重さの半量のお砂糖で。
今日は、ザラメと、波照間の粉末黒砂糖を半々に。ザラメで30分ほど炊いてから、仕上げに黒砂糖をそっとのせてゆっくり煮溶かして蜜につけてじっくり冷まして味をしみこませます。
d0348118_20585587.jpg
40粒が一粒も荷崩れすることなく上手く煮あがりました。ビンに詰めて、冷蔵庫へ。
お正月まで保管です。

 お鍋を見守りながら、チクチク針仕事も。
明日このことはね、久々に和裁を楽しんでいました。



Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-27 01:48 | お料理スクラップ | Comments(0)

寮母さん的ごはん ~独身寮の朝ごはん風~

 また、忙しく東京です。
d0348118_10253967.jpg
 ゴルフコンペの帰りの息子から、珍しく
「友だち連れて帰るから、泊めてくんねぇ?」とメールが来る。
ホイホイって、お布団出して、ちょっと嬉しく若い男子たちをお迎えする。 

 男子4人の朝ごはん。
もうねぇ、朝から張り切っちゃう。いっぱい食べてくれる体育会系男子ごはん作るの久しぶり。
さすがに社会人になったから、アスリート現役時代のように朝からパスタだ、豚肉だってわけじゃないけどね。
絶対日ごろ食べていないであろう小松菜の煮びたしとか、大根おろしとかつけちゃう。
d0348118_10260891.jpg
 独身寮のまかないのおばちゃん気分で、土鍋のご飯も、お味噌汁もたっぷり作ってね。
d0348118_10261843.jpg
あぁ~、見事なおかわりと、豪快な食べっぷりにほんとうに嬉しかったわさぁ。
d0348118_10255134.jpg
 真剣に独身寮のまかないのおばちゃんにエントリーしたくなったわ。きっと楽しいだろうなぁ~。

Instagram
Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-09 10:29 | お料理スクラップ | Comments(4)

穂紫蘇の塩漬け

 八ヶ岳の農家で分けていただいたたくさんの穂紫蘇。
夏中、盛んに茂った立派なシソの最後の始末という感じの保存食、穂紫蘇の塩漬けをこしらえました。
d0348118_10120013.jpg

 丁寧に枝からシソの実を外し、水で洗ったらゴミを下に沈め、笊にあげてさっと湯どおしして。
穂紫蘇の20~25%の粗塩でもんで出来上がり。今回は塩を心持ち減らして、鰹節をあえてみました。
d0348118_10122226.jpg

 朝ごはんが終わったばかりなのに、新米のミルキークイーンにのせてお味見したら、止まらないの。
ひと口のつもりがお茶碗半分も、またご飯を食べちゃいました。
d0348118_10125364.jpg
 粒々が、口の中ではじける感じがたまらないのよね。
シソのみって、美味しいね。

 今年の秋の空はちっとも高くありませんが、季節はちゃんと実り豊かにめぐっているのね。
田んぼは稲刈りの真っ最中。高速道路の両脇のススキの穂が、いつも以上に風にたなびいて美しく見える。
紅葉も美しいけど、私は、黄金色のこうべをたれる稲穂の実りと、ススキの揺れる風情が、たまらなく好きな日本の秋の情景のひとつです。

Instagram
Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-09-28 07:00 | お料理スクラップ | Comments(4)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

ブックカフェのある贅沢 ~リ..
at 2017-04-26 11:43
小淵沢の桜
at 2017-04-25 11:01
2017八ヶ岳の春ガーデンから 
at 2017-04-24 10:44
今週のパッチワーク ~Map..
at 2017-04-20 00:52
ECO TAWASHI **..
at 2017-04-19 13:15

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> africajさん ..
by yukkescrap at 07:18
おはようございます。 ..
by africaj at 07:05
> bibourokut..
by yukkescrap at 20:36
>ビンボー臭いかなぁ ..
by bibourokutosite at 20:24
> bluerose-l..
by yukkescrap at 17:54
おはようございます^^ ..
by bluerose-lace at 10:34
> chiffonmin..
by yukkescrap at 14:03
鍋つかみシリーズ、 ど..
by chiffonmini at 21:56
> otenbaseni..
by yukkescrap at 21:32
> ファイナさん ..
by yukkescrap at 08:21

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(47)
(37)
(36)
(30)
(23)
(23)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(14)
(12)
(12)
(10)
(8)
(7)
(7)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド