カテゴリ:お料理スクラップ( 48 )

マサラなインド人スマイルクッキー

 スマイルクッキーを先日記事にアップしたら、いつもブログを読んでくれているインド人の親友がとっても面白がってくれてね。
d0348118_10243985.jpg
 調子にのって、チャイマサラを練り込み、ドライラズベリーのビンディー、ホワイトチョコでターバンのサルダージ。(サルダージとは、シク教徒のターバンおじさんを敬愛を込めた呼び名。)
d0348118_10250371.jpg
 ニューデリーの友人がいつも送ってくれるチャイマサラには、シナモン、カルダモン(blackとgreen)、クローブ、アニス(八角)、ホワイトペッパー。
ちょっと荒いので、つぶしてから茶こしでこして。
d0348118_10235385.jpg
 おめめがクリクリにと、ストローで縁取りしてみました。おひげは、チョコペンでね。
d0348118_10252775.jpg
今年は、夫には可愛いお嫁ちゃんから、飛び切りに美味しいチョコレートが届きました。
もう、にっこにこ。(^▽^)/が止まりませんね。

 では、「ナマステ~」とか言いながら、マサラチャイと一緒にスマイルクッキーをいただいいます。


Instagram
Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-02-16 10:26 | お料理スクラップ | Comments(2)

早春の納豆汁

八百屋さんで蕨を見つけて、母の味を思い出して今夜は納豆汁です。
d0348118_19012049.jpeg

母は東京生まれの東京育ちですが、祖母は、秋田県仙北郡の生まれ。
おばあちゃんちでは、燻りがっこも、ハタハタも日常にあって、納豆汁は、我が家のお袋の味になっていました。でも、キリタンポは登場しなかったので、祖母の里にはなかったのね。
d0348118_19015106.jpeg
小さい頃と同じように、すり鉢で納豆をペースト状になるまでよく擦ります。
蕨に大根、豆腐に芹、鰹節をそのままに投入して、ここにペースト状になった納豆を、味噌汁でのばして、ふわっと入れて、煮えばなをいただきます。

ずいぶん長いこと作りませんでしたよ。
このすり鉢と、短くなった山椒のすりこぎは母の形見になりました。

母方に伝わる味ですが、私の父も、東京生まれの叔父たちも、お彼岸のぼた餅にこの納豆汁という秋田流のもてなしと、この味にすっかり慣れ親しんで、おばあちゃんの納豆汁は早春の楽しみな一汁でした。いつの間にかうちの夫も馴染んでます。

ひと月ぶりに夫が出張から帰国。また、毎日の食卓にのせる献立をあれこれ考えて、ご飯の支度を楽しみにします。


Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-02-10 19:02 | お料理スクラップ | Comments(6)

おやつの時間 〜みんなちがってみんないい スマイルクッキー〜

動物園にハンサムゴリラを観に行くつもりが、みぞれ混じりのお天気で、やっぱりおこもりを決め込みました。
d0348118_10595131.jpeg
お買い物にも行きたくなくて、おやつでも作ろうかと。
先日テレビで観たなかしましほさんのスマイルクッキー。

材料もシンプル、たぶんお味もさっくりシンプルであろうと。
冷蔵庫にあるビーナッツバター、メイプルシロップ、そして最近我が家のマイブームの蒲郡の太白の綺麗な白いごま油に小麦粉だけ。
d0348118_11001782.jpeg
お口や、お目目の表情はスプーンを使ってね。色白、色黒いろいろできたよ。
実は、のし棒を婿さまに貸してるので、サランラップの芯でクッキー生地を伸ばしたら、ラップのシワがお顔についてますねん。これも素人の仕業か!
d0348118_11005569.jpeg
ハーシーのミルクチョコを湯煎してトッピング。
五分刈り、オカッパ、七三分けも出来ちゃうのだ。
d0348118_11012396.jpeg
ちょっとあの子にも、おのおじちゃんにも、あのおばちゃんにも似ていて
一人として同じに出来ないのも手づくりだからよね。ちがっていいもんだ。

さて、どの子から食べようかなぁ〜。うん?なかなか手がのびず食べられませんね。

レシピはNHKきょうの料理 を参考にしました。
詳しいつくりかたは、こちらの動画→★をご参考くださいね。


Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-02-09 11:04 | お料理スクラップ | Comments(4)

熱々のジンジャーエードでぽっかぽか

ジンジャーエールのシロップの作り方を教えて貰い、炭酸水で割らずに熱々のお湯とレモンをぎゅっと絞ってジンジャーエードに。

暑い国に長く暮らしたせいか、冬の冷えが大の苦手になってるわ。
d0348118_17002504.jpg
材料は、
黄色の生姜(大黄生姜というそうです。)、ローリエ、カルダモン、シナモン、クローブ、ホワイトペッパー。
お砂糖はお好みですが私はきび砂糖で。
d0348118_17005204.jpg
ようやく登場する、いにしえのタージマハール観光で買った大理石の乳鉢で、クローブとカルダモンを軽く潰して。
d0348118_17011381.jpg
お水を加えて10分ほどコトコト煮て、茶漉しでこしたら出来上がり。
蜂蜜と、レモンを加えてジンジャーエード。
炭酸水で割ればジンジャーエール。紅茶に入れたらマサラティー。
d0348118_17013072.jpg
風邪ひきさんが、周りにいっぱい。
これを飲んで温まっていただいてます。お大事にね。

心も体もあたたまる冬レシピ!

Instagram
Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-02-04 17:02 | お料理スクラップ | Comments(2)

あったかいお善哉で仕事始め 【くらし部門】

 大納言をゆっくり炊いて、ことし二度目のお善哉です。

いつもは、圧力鍋でがぁーっと煮ますが、今回は、IHのクッキングヒーターで、朝からコトコト。
できればストーブの上で煮たいところですが、あいにく今の環境はオール電化という味気ない設備。
安全で、安心だけど、煮物の風情がなくなって、なんだか寂しい。
簡単でパパッとは、どうもなぁ~。
d0348118_09592368.jpg
 柔らかく煮あがったら、火を止めて、お砂糖がじっくり溶けていくのをまってから、またごく弱火で煮含めまして、お豆が崩れない程度にまたコトコトと。

 キビ砂糖とか、三温糖とかじゃなくて、上白糖。
お善哉はやっぱり、きっぱりした甘味がいいなと思います。ちょっと引き締めに入れる塩加減。

 いつまで、この自分の舌を信頼できるのかしら。母の味は遠い記憶になってきました。
小さく切ったお餅をこんがり焼いて、小松の塩昆布でいただきます。さぁ、わたしも今日から仕事始め。今年も頑張ろう! 

第一回プラチナブロガーコンテスト
by yukkescrap | 2017-01-05 10:50 | お料理スクラップ | Comments(0)

今年もよろしくお願いします。【くらし部門】

第一回プラチナブロガーコンテスト
 いつもブログにご訪問いただきありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
皆様のお幸せをお祈りしたします。

*************

 たくさんのおせち料理を保冷バックに詰めて、満員の新幹線で東京の自宅へ。
昨年家庭を持った子どもたちを迎える「実家」としての初のお正月です。
d0348118_16460005.jpg
私の実家は、老親が他界してからはもうずいぶん前になくなって、我が家が子たちの実家になったことを改めて実感した新春。
 亡き親たちも、こうして帰省してくるわたしたちにあれこれ心を砕いて準備をしていたのでしょうが、わが身になってようやくそのありがたみを実感するのですね。
d0348118_16462709.jpg
 「お正月にはあれが食べたい。」やら、「久々に従兄弟たちや、親戚に会いたいな。」ということで、たくさんのお年始のお客様を迎えることに。いつものお二人様暮らしが、本当に賑やかに、新春を過ごしていました。
d0348118_16465051.jpg
 甲斐甲斐しくおせち料理を手伝ってくれるのは、和食に興味津々のアメリカ人のお婿さん。洗い物も得意で私のアシスタントで大活躍。
今年は、可愛いお嫁ちゃんが、一緒にお重箱に料理を詰めてくれて、食いしん坊の娘は終始お味見係に専念、パーティー大好きな彼女にテーブルセッティングは任せて。我が家のお笑い部長の息子は、今年も絶好調!
それを楽しく目を細める夫は、いつも以上にお酒が旨い様子。
d0348118_16472637.jpg
 こうしてお正月に子どもたちが愉しみに集まってくれることの喜びと幸せ。
喜びや幸せは、みんなで分かち合いたいという私たち夫婦の思いが、子どもたちにも通じてくれて嬉しい限りでした。
d0348118_16474819.jpg
d0348118_16481132.jpg
 ささやかな家族の集いを今年も大事にしていきたいと思います。
d0348118_16484078.jpg
準備に大忙しのお正月でしたが、「忙しいことが嬉しい。」
実家という役回りに、わたしもそういう年齢になったのだと思います。

by yukkescrap | 2017-01-03 16:49 | お料理スクラップ | Comments(2)

お節料理 松風焼きと数の子松前漬け 【くらし部門】

第一回プラチナブロガーコンテスト

 おせち料理作りよりも、混雑する正月用品の食材の買い出しにうんざりしています。
d0348118_14215674.jpg
早く決められるお野菜や、乾物はネット注文で手配したものの、生鮮食料品と果物などは、どうしても晦日になるよね。
人ごみ、憂鬱。荷物持ちのお伴(夫)のご機嫌をとるのは、もっと憂鬱。

 朝一番で仕込んだ塩抜き数の子を半分は、子どもたちのリクエストで松前漬けに。
d0348118_09081037.jpg
わたしのおせち料理の十八番の松風焼き。
東京や名古屋で京都の西京味噌(甘い白味噌)をさがすのが、毎年大変ですが、今年は早めに手に入れたので、じっくり焼きました。
d0348118_14224718.jpg
でもどうして、松風焼きって、半分の鶏ひき肉を炒り煮してしてから、種に混ぜて焼くのでしょうね?

その理由がわからないまま24年目の大事なレシピで今年もね。
d0348118_14233145.jpg
レシピが古く汚れてページがめくれなくなってからは、PDFにしてクラウドにアップ、今年からは娘や息子、お嫁ちゃんとも共有しました。
d0348118_14240289.jpg
 明日の大晦日は、なますと肉類を仕上げます。

by yukkescrap | 2016-12-30 06:09 | お料理スクラップ | Comments(0)

お節料理 黒豆二種 【くらし部門】

第一回プラチナブロガーコンテスト

 一番最初に作るおせち料理は今年も黒豆。
今年もなんとか上手に煮えました。
d0348118_09381839.jpg
 丹波の黒豆の「飛切」という豆なのですが、水に戻しただけで皮が破けちゃうものもあったよ。
関東風に、シワの寄った歯ごたえのあるこってり甘い黒豆と、シワを寄せずにふっくら蜜を煮含める関西風の二種。
d0348118_09383728.jpg
 関東風は、鉄なべで煮るので古釘は要らないの。真黒に煮えあがりました。
仕上げに、今年は「減塩」のお醤油を垂らしてます。
昔、母はストーブの上で煮ていたけど、私はIHのタイマークッキングだなぁ。

d0348118_09393474.jpg
関西風の黒豆は、30年前のお料理教室で習った吉兆のレシピ。
黒豆を圧力鍋でふっくら茹でて一度笊にあげゆで汁をきり、別に作っておいた蜜のシロップに入れて、温めては冷ましを5回ほど、二日をかけて煮含めます。

 保存ビンにつめて、一段落。
今年は500gでやめておきます。お正月にみんなで食べて、あとは夫婦二人では、これで十分。

by yukkescrap | 2016-12-28 09:40 | お料理スクラップ | Comments(0)

今年の手前味噌で味わう牡蠣の土手鍋

 3月の彼岸の仕込みで、9月に天地替えした手前味噌。
開封してみたら、黄金色のいい出来です。

早速、食いしん坊の夫の提案で、お味噌のおむすび(おにぎりじゃないの)でお味見です。
d0348118_16465495.jpg

d0348118_10202182.jpg
 
お米とお味噌は、やっぱり日本人のソウルフードだなぁ。
英知の神の発酵食品だわ。
d0348118_10203541.jpg
 食いしん坊はさらに味噌を味わいたくて、土手鍋にしようよって。
d0348118_10204799.jpg
牡蠣と鱈に白菜とネギというあっさり具材にたっぷりの柚子を散らして。

手前味噌は、本当に美味しい。
絶賛、自画自賛ですが、よそでは、お味噌が買えない味わいね。

Instagram
Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-11-30 01:11 | お料理スクラップ | Comments(6)

英国パブランチ料理 シェパーズパイならぬコテージパイ

 質素なおひとりさまの食事が続いて、ちょっとエネルギー足りません。
ステーキや、焼き肉でパワーつけたいところですが、独りではちょっとそういう店には足を運べません。
d0348118_17251534.jpg
 牛ひき肉と、きたあかり(ジャガイモ)があったので、シェパーズパイを。
ジャカルタ時代にロンドンに暮らしていた駐妻の友人に習ったお料理です。
ミートソースのようなトマト味の炒めひき肉をオーブン皿に入れて、マッシュポテト(バターとミルクでちょっとゆるく)をのせて焼いたもの。

d0348118_17272383.jpg
チェダーチーズも入れるといいよね。
 味付けのポイントは、イギリスのウスターソースのリー&ぺリンソースとシナモンとタイムを教えられました。
d0348118_17274390.jpg
 長い事、私は、これがシェパーズパイだと思っていたら、在日英国大使館の料理長さんによれば、これはコッテージパイというのだとか。
シェパーズパイ(Shepherd's pie)は、羊の肉なんだそう。
農家のコッテージ(Cottage pie)は、残った肉にマッシュポテトをのせて焼いた残り物の質素な庶民のおかずだったらしく、さしずめ日本でいえば肉じゃがみたいなものかなと解釈したところです。
d0348118_17281125.jpg
 今では、ブリティッシュ・パブの定番メニューのようですけど、我が家ではようやくお肉が食べられるようになった赤ちゃんによく作った子どものための料理でした。ジャカルタではよく作っていたけどすっかり忘れてしまっていたよ。当時は若いのに奮発したダンスクのオーブン皿で焼いていたけど、もう割れちゃってね。

 今日は、愛知県瀬戸市のマルミツポテリのオーブン皿です。
コスパも雰囲気もたいへんよろしくて最近のお気に入りです。
直径15センチなので、おひとり様ランチにもいいですね。この冬は何度も作りそう。
お肉はたくさん作って小分けして冷凍しました。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-11-08 17:31 | お料理スクラップ | Comments(2)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

今週の愛妻弁当まとめ 201..
at 2017-05-26 09:49
おいしいぬか漬けへの道 ~実..
at 2017-05-24 17:49
コッペパンとChow Chow
at 2017-05-23 09:52
ご近所さんぽ ~コッペパンを..
at 2017-05-22 17:19
読んだ本 原田マハの「リーチ..
at 2017-05-18 08:45

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> miqu_7cdさん..
by yukkescrap at 10:57
こちらでは、実山椒が売ら..
by miqu_7cd at 10:18
> tanat6さん ..
by yukkescrap at 11:29
コメントありがとうござい..
by tanat6 at 11:06
> sake0141na..
by yukkescrap at 09:23
はじめまして。ウォルドル..
by sake0141na at 23:38
> butanekoex..
by yukkescrap at 15:20
> renchiyan3..
by yukkescrap at 15:19
> otenbaseni..
by yukkescrap at 15:19
こんにちは。 名城公園..
by butanekoex at 14:38

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(47)
(41)
(38)
(30)
(25)
(23)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(16)
(16)
(13)
(12)
(12)
(8)
(8)
(7)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド