カテゴリ:大好きスクラップ( 10 )

高野文子さんの昭和な布ワークショップ

 憧れの、大好きな高野文子さんに会いたくて、昭和のくらし博物館で開催された「昭和の布でメガネケース作り」のワークショップに参加しました。
「メガネケース」よりも、「高野文子さん」という超ミーハーな動機の参加でごめんなさい_(._.)_
d0348118_08301301.jpg
 マンガ家の高野さんは、その作風から孤高の天才、漫画界のピカソと呼ばれている人。
作品数は多くないけど、どれもが全く違った作風で、私の琴線にビシビシくるノスタルジーなセンスに、ぞっこんほれ込んでおります。
 先月、会場の昭和の暮らし博物館(大田区久が原)に行ったら、なんとお裁縫が大好きという高野さんが、昭和の布のリメイクしたご自身のお洋服が展示されていていました。加えて、ワークショップまであると知り、キャンセル待ちまでして参加を心待ちにしておりました。
d0348118_08293984.jpg
 あぁ~、大好きで憧れの人に会えるというのは、わくわく、ドキドキしてしまう。
縁側の干し柿のしたに、ちょこんと控えめに待機されていらしてね。

 お稽古の途中で、生徒さんが、「先生、ここが…。」というと、「では、拝見いたします」とにじり寄られるのですが、このなんどもおしゃっていた「では、拝見いたします。」というフレーズがとても奥ゆかしてて、素敵すぎる。
 絵ももちろんですが、言葉の感性というのもすごい人なんだわと、どんどん素敵度が増してしまいましてね。
ちょっと熱っぽくなってしまったほどよ。
d0348118_08303615.jpg
 くけ台の使い方を説明される高野さん。
昭和の布で作ったエプロンも、ソックスのゴムを再利用した腕カバーもご自身の作品。

 参加者さんは、みな同年代で大高野ファンのご様子。
お召し物や、持ち物にも同じような感性が流れているようで、こんな素敵なお針箱をお持ちの方もいらして、写真を撮らせていただきました。竹の編みこみと、内側の仕上げが違っていて、柿渋の塗り。
d0348118_08310588.jpg
d0348118_08300108.jpg
 今は、もう手に入らない、セルロイドの針入れに使い込んだ指ぬき。
d0348118_08304754.jpg
レッスンの布は、なんと高野文子さんのコレクションの昭和の布をご自身自ら裁断して、セットにしてくださって。
モスリンや藍染めの古布を丹精して裁断されていました。
d0348118_08312177.jpg
参加の方々は、「このレジメだけでも宝物です。」とファンならではのご感想も。
d0348118_08313105.jpg
 私も「るきさん」のバーニーズニューヨークの表紙の新刊本の奥付にサインをいただきました。
はぁ~、天にも昇るような素敵な時間でした。

 最後に、高野さんが昭和の布、受け継ぐものへの想いや、再利用へのご自身のお気持ちをちょっとお話しくださって、うん、うんとうなずいてしまいました。
 代々、古き良きものが大事にされることだけにとらわれずに、どんな気持ちで思い入れのある物と付き合ったらいいのかというようなことがよくわかって、私もそういう感性を大事にしたいなと思ったのでした。

 先週は、講演会続きでたくさんのアウトプットが続いて、頭も心も空っぽになっていたんですが、
心の奥底まで、素敵なインプットがたっぷりできました。素敵な人にお目にかかるのは、本当に幸せですわ。
 帰路の新幹線でも頭は、しばらくぼぉーっとしてまして、しばらく余韻に浸ったくらいなの。


 博物館のブログにも、近日ワークショップの様子がアップされるそうですよ。
大人気で、来週も追加のワークショップがあるみたいですよ。


Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-11-14 08:41 | 大好きスクラップ | Comments(2)

お江戸さんぽ 個展めぐり

 よんどころない事情で、しばらく東京にはりついています。隙間の時間を利用して、心のエッセンスを注入しています。

 わたしの心のエッセンスというのは、気持ちに余裕がなかったり、体調がすぐれなかったりして、気分がふさいで、心が枯れかかってギスギスしてきたときに、好きなものや、嬉しいものを観て小さく感動することです。
主に器(うつわ)、アンティーク、自然、樹木・草花、写真などの個展や展示会に行くことが多いです。絵や彫刻はあまり観ません。

東京のいいところは、いつもどこかで、私の心にピンとくる個展が開かれていること。すぐに、心地よい、いい刺激が得られることね。

いいところを存分に楽しもうと、「耳より情報」をアンテナを高くして探します。
イベント情報は、「箱庭」の今週末行きたいイベント情報や、美術館検索サイト「artscape」、東京の公園イベント情報サイト「公園へ行こう」などをお気に入りに保存してチェック。
朝、検索すれば、どこかに必ず、今日すぐに「あっ!行きたい」と思う興味のあるものがあるのは、東京ならではなのでしょうね。

 日本橋の駅に降りたら、地下道に面白い絵巻があって、のんびり端から眺めます。
d0348118_09454965.jpeg



この近くの、長蛇の列の「アートアクアリウム日本橋」をよそに。混んでいるところには近寄らない。
列をなす混雑した話題の美術館は大の苦手なんです。
d0348118_09412853.jpeg
 最終日とあって、デパートの催事場の写真展もいつになくすごい人込みで、大好きな星野道夫さんの写真に感動をもらいながらも、早々に引き上げることになってしまった。やっぱり混んでいるときは、だめだなぁ。残念。
 先日、娘に贈った誕生日のプレゼントは、星野道夫の写真集で、久々に読み返したりしていました。この夏、雑誌Coyote(Coyote No.59 星野道夫の遥かなる旅)に特集されていたこともあってね。
 でもいつみても感動する写真展です。没後20年かと感慨深く。
帰宅後、未消化になってDVDのガイアシンフォニー(地球交響曲)第3番を出してきて観たりなんかしてました。これは、夫と子どもと一緒みて家族で大感動した我が家の地球への感性を育ててくれた映画。

 目黒の骨董通りのインドア個展。
d0348118_10132300.jpg
 日本橋コレド室町で開催の素敵な植物展へも足を運んだり。
d0348118_09462102.jpeg

d0348118_14065971.jpeg
d0348118_14072008.jpeg

東京隙間時間。おさんぽの目的を持っていればなんとか楽しめるのね…。
ちょっと、心が折れそうになっていましたけど、エッセンスがたいぶ溜まったので、また気持ちを切り替えてむかっていけそうです。

InstagramInstagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-09-07 10:23 | 大好きスクラップ | Comments(4)

スロージョギングはじめました宣言

d0348118_18224443.jpg


 運動オンチです。身体を動かすことが大嫌いです。
体育の成績は、「3」以上はございません。持久走はいつもビリでした。
筋力も体力も、ひどくありません。

 そういう人が行う運動に最適だという口車にまんまとのせられて、スロージョギングをスタートしました。
d0348118_18222240.jpg
ヨガも、ジムも、水泳も続いたことがありません。ブログにこんなことを書くのは、退路を断つためでもあります。
ブログのカテゴリー分類も「大好きスクラップ」に入れてます。まだ好きかどうかわからないのに、好きになるようにおまじないです。
言えば、そうなるかもしれませんと…。

 いかんせん、体が重くてたまりません。ぽっこりお腹が深刻です。
 人生で、最重量を記録して、息子の妊娠時の臨月の体重よりも重たいです。
 健康診断では、かなり境界線をただよう危うい生活習慣病への数値。
 すぐに疲れてへこたれます。階段を上がると、すぐに息が切れてしんどいです。

 根がすごくまじめで、やるならトコトンというタイプなんです。
だから関係の本は、いつもどうりに読み漁りましたよ。
加えて、近所の公園でやっていた講習会にも参加して、ジョギングのフォームや、スピードなんかも習ってきました。

いつものことですが、フォームとか、足の運びとか説明の理屈はわかるのだけど、そのイメージどうりに身体で体現することが本当に苦手。先生のおっしゃるとおりに動かないのが運動オンチのゆえんです。

 でも、本当にゆるゆるでいいらしい。
講習会の参加者には、70代や80代もいらっしゃいました。運動がすきなお年寄りではなくて、ごく普通の方たちでした。
皇居を散策しながらスロージョギングを楽しむ、天皇皇后両陛下のご様子がとても良かったです。

申し込みした時には知らなかったけど、NHKのあさイチでも特集された(SJT40)とかで、それをご覧になってという中年の女性もいっぱいいました。
d0348118_18225676.jpg
 さて、のんびり続けられるといいのだけどね。
頑張らないで、ゆるーくって思っています。
近所の公園散策のついでくらいに考えています。

会場は、調布飛行場の隣にある、防災公園、武蔵野の森公園でした。いいところだったよ。

全国で講習会があるそうですよ。
詳しくは、こちらのHP(日本スロージョギング協会)で。




InstagramInstagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-09-03 18:28 | 大好きスクラップ | Comments(2)

石内都展 「Frida is」 銀座資生堂ギャラリーへ

 東京出張のついでに、メキシコ駐在中の友人たちと再会し、ランチの後、一緒にフリーダ・カーロの遺品を撮影した石内都さんの写真展へ。
d0348118_21251942.jpg

 メキシコ駐在が決まった時に、最初にメキシコ予習で読んだのが、フリーダ・カーロ―痛みこそ、わが真実 (「知の再発見」双書)というドラマチックな生涯を送ったメキシコ女流画家フリーダ・カーロの自伝だった。
 メキシコへ赴く飛行機の機内でも、数冊のフリーダの本を携えて、ページを繰りながらメキシコへの想いを馳せていた。

d0348118_21255265.jpg

メキシコに暮らした間、なんどもコヨアカンの彼女の生家に赴き、メキシコのお札、500ペソの絵柄にもなったメキシコの国民的な女流画家。その波乱に満ちた数奇な運命と作品を観ては、大きく心を揺さぶられ。
d0348118_2127265.jpg

 最初のメキシコの第一印象が、「フリーダの世界」で、駐在中も、自伝の映画や、伝記、作品集などを調べたり、読んだりしたのでした。
 日本の有名写真家・石内都さんが、生誕100年目に封印されていた遺品を、彼女の遺言によって開かれ、ようやく公開となった遺品を撮影しているときに、私も同じくメキシコに暮らしていたわけだ。
現地で行われた生誕100周年の遺品展などにも足を運んでいたけど、モノの見方は、写真家というフィルターを通すとこうも崇高になるものなのだなと改めて感慨深いのでした。
d0348118_21272396.jpg

 銀座資生堂ギャラリーには、写真の作品もさることながら、ギャラリーの素晴らしさ、そして展覧会にくる人のファッショナブルな装いや、雰囲気にも、アートな感じが漂うのは、きっとここにも彼女の魂があるような気がしてならない。

 小児まひの後遺症で苦しんだ様子は、いくつもの遺品の改良された靴に表現されていて、
そんな苦悩を彼女なりの美意識で覆い、顎を上げて前を向く様子に想いを馳せる。

 青は、フリーダの生家の色。あの青い家のブルーなのだが、もっと深いブルーだったのになぁとギャラリーの壁の色を観ながら、ちょっと残念でもある。
 ブーゲンビリアのメキシカンピンクも、あの青い色もコヨアカンのあの街のものなのだろう。

 一気に懐かしいメキシコにタイムスリップ。また大きく心揺さぶられてしまったよ。







Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-07-20 00:16 | 大好きスクラップ | Comments(0)

大相撲名古屋場所9日目観戦 ~元気いっぱいの宇良!~

お相撲大好きです。
大相撲名古屋場所9日目を観戦。2横綱に土、稀勢の里が快調に白星あげてくれて、大好きな宇良も勝ちまして、大満足でしたよ。

国技だものね、日本人のお相撲さんに、もっと頑張って欲しくて場所中は、早くからテレビの前で応援してます。
d0348118_19103890.jpg
一番の贔屓は、琴奨菊ですけど、カド番で休場中だからね。

優勝してほしい稀勢の里、やんちゃな栃煌山、豪栄道を応援。
そして今場所は、なによりも宇良の元気いっぱいの取り組みがもうたまりません。体育会系出身というのがいいですし、きりりと締めたピンクのマワシもいい感じです。幕下の土俵入りから見たくて、2時に入場して、わくわく待ちました。
d0348118_19115754.jpg
久しぶりだなぁ、体育会系ママの気分にすっかり戻って、若くてやんちゃな力士に肩入れしてます。
d0348118_19121006.jpg
レスリングのような清々しい宇良の取り組み終わったら、すでにぐったり。
緊張が一気に解けたけど、これって息子のアメフトの試合の時くらいドキドキしたよ。右足首のけがが大事でない事を祈ってるよ。
d0348118_19114060.jpg
観戦には団扇に扇子、ビールのおつまみを詰めたお弁当持参。
名古屋場所は体育館なので国技館と違って、お酒やおつまにのお茶屋さんがいないようで。
升席は暑くてちょっと辛いから今日は椅子席です。

稀勢の里、勝ちました。優勝まで目が離せない。
d0348118_19122644.jpg
はぁ〜、やっぱりテレビとは迫力が違うわ。
千秋楽まで目が離せないな。

d0348118_19112600.jpg
たくましい男たちにいっぱいの元気もらいました。


InstagramInstagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-07-18 19:17 | 大好きスクラップ | Comments(2)

特技です。グレープフルーツの皮むき

 特技のご紹介です。
私は、柑橘類の皮むきが大好きです。
熊本の甘夏(まる田)とか、ザボンとか、ボンタンとかもですが、一番の得意はグレープフルーツ。
一滴の果汁もこぼさずに皮をむくのが大好きなのよ。リンゴの皮むきやバナナの皮むきなんて味気ないの。

 好きこそものの上手なれ。
知らないうちにこれが特技となってます。
d0348118_855363.jpg

 美味しそうでしょ?
こうやって客人にすすめるととっても喜ばれます。

 皮むき器や、ナイフは一切使わず、厚い皮を丁寧に剥いたら、白い薄皮を丁寧に、とにかくきれいに剥きあげる(ここが大事よ)と、小房にしたときに、くるりっとむけます。このときに実が崩れないように、右手の親指(私は右利き)を房に添えておくのがポイントなんだけどね。

 ついでに写真のレッスン。
d0348118_856338.jpg

この構図(↑)が、きっとこういう写真を撮るときの一般的なアングルだよねと思って、わざと寄ってみたのが、最初の上の写真。
 断然、上の写真のほうが、果汁の感じがたっぷり出たよね。
うふふ…だな。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-06-29 07:07 | 大好きスクラップ | Comments(0)

あたらしい友だちとポール・スミザーの清里ナチュラルガーデン

この年齢になると、ちょっとやそっとでは、親友とよべるような友だちというのはなかなかできない。
生きてきた価値観、家族構成、物の好み…もなかなか違いがあるし、うちとけるまでの大人の流儀もあるし。
d0348118_9574265.jpg


 価値観や、人生観が違っても、
幼馴染だったりすれば、「全然違うタイプなのになぜか仲良し」という友人もいる。
子どもの時から互いを知っているから、自分の悪いところやダメなところも全部知られている。
どきどき会うには楽しいし、腐れ縁だったりすると会うたびに、まぁまたぁ?とがっくりしたり、疲れたり、いらぬ世話や心配までしてしまうので、最近は距離感も考えてしまうのだ。
彼女はいつまであの時の駄々っ子で、見てられなくて、一言多くて、気が利かなくてなんて平気で相手のことをあげ連なっている割には切れない縁ね。
d0348118_9584183.jpg


♥ オーナメンタルグラス LOVE ♥


 数年前、仕事がらみで知り合ったMさん。
一昨年、再会してからぐっと距離が密着して近くなり、話せば話すほど、双子のように同じものに惹かれ、同じものが好きで、同じように考えている、びっくりするような以心伝心の友人だ。
もとろん大人になってからなので、お付き合いの流儀も大人らしい。
うるさくは踏み込まず互いに尊重しあう間柄は、幼馴染とはまた違った関係だけど、それでもあまりにも「同じ」が好きで笑いが止まらないのである。
d0348118_1011868.jpg

♥ ギボウシ LOVE ♥

 昔からアウトドア派なご一家は、八ヶ岳が大好きで、彼女も昨年我が家の近所の山小屋をもとめ、ログキャビン暮らしをはじめた。
それもご縁で、大好きな八ヶ岳の話での話も大いに盛り上がる。
ログキャビン、薪ストーブ、ガーデニング、アウトドアライフ、アンティーク、器、互いの子どもたちのこと、夫のこと、食べるもの、お酒、お弁当、着るもの、持つもの、インテリア、住まいと片づけ。
好きな共通項目が多すぎて、好きなテイストも同じ、本当にどれだけ一緒にいても嬉しい人なのだ。ツボにはまりまくるというか。

 大きなランドクルーザーを駆って私の山小屋へやってきてくれて、一緒に清里へ。
大好きなポール・スミザーのナチュラルガーデンを訪ねに。

 「えぇ!このミニ・アパガンサス植えたの?私も今年買って植えてたよ」とか、「コウチワ楓がいいよね、買っちゃおうか?」とか、「大葉の丸い葉っぱが好きだ」とか、もう少女のようにおばちゃんはふたりではしゃいでしまった。

 ポールさんの新しい「ポール・スミザーの剪定読本」が楽しすぎるんですが、このイラストもご自身のものなのかしら?と気になります。ユーモアたっぷりで、こういうゆるさと気抜けな感じが、自分には足りないから庭仕事もこの感じで行かなくちゃと思うわ。
私が今一番好きな園芸家なんだけど、周りのガーデニング好きな友人たちもこぞって「好き!」って言っていて…。うふふだな。

d0348118_1023261.jpg

 ♥ いかしたJohn Deereのトラックに花がいっぱいという
こういうのやっぱり英国人的なセンスだろうなぁ。♥


きっとMさんとは老後の八ヶ岳友だち、家族ぐるみでお付き合いが続きそうな予感の大事なお友だちです。
互いに身体をいたわりつつ、友情を育てたいと思っています。

Mさんが私の必死な様子をカメラに収めてくれました。ありがとう!
d0348118_945160.jpg

鹿に負けずにギボウシも大事に育てたいと思います。





Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-06-20 06:26 | 大好きスクラップ | Comments(0)

惜しまれます、象のはな子さんと高山なおみさんのお引越し

 去年会いに行ったのが、最期になってしまいました。
娘が、初めて動物園の象さんを見たのが、このはな子さんでした。
まわらない口で「じょーさん、じょーさん」と何度も手をぱちぱちして呼んでいたけど、その時もすでに高齢でしたね。
d0348118_10155517.jpg

 去年の秋、動物園に行ったときにしばらく眺めいたら、
「象さんも高齢で毎日大変よ。
午後は出てこないんだよ。3時にはお部屋に入るの。
リハビリなんだかね?このところゴムホースで遊ぶのがお気に入りでさぁ~。」

 と、やっぱり長く眺めていたおじいさんが教えてくれました。

小さなお客様は、その時も、大きな声で、「ぞぉーさん、ぞぉーさん!」と呼んでいたよ。
タイからやってきて、戦後復興のストーリーいっぱいのこの象は、吉祥寺に暮らす人みんなのアイドルだったのよね。本当にお疲れさまでしたと言いたいです。
d0348118_1017039.jpg

 井の頭動物園のぞうさん弁当。

 久々に高山なおみさんの「諸国空想料理店 (ちくま文庫)
」を楽しく読み返して、公式サイトの「ふくう食堂」をのぞいたら、なんとなおみさん、吉祥寺を離れて神戸にお引越ししてしまいました。
 年齢も私の一つ上、いつも買い物する店も、利用されている図書館も、散歩コースも、好きなパン屋さんもずっと一緒で、「日々ごはん」も楽しみ、勝手にシンパシーを感じて吉祥寺に暮らすお隣の人みたいな感じでしたのに、すごく残念でたまりません。
 ご主人のスイセイさんと、山梨の山の家に暮らしはじめていらしたので、さらにそのあたりも楽しく読んでいたのになぁ。きっとすれ違っていたに違いないと思っていたし。

 勝手にお慕いしていただけなのに、仲良しだったお隣さんが、急にいなくなったようで、寂しい、寂しいと思います。吉祥寺のアイドル的存在のおふたりでしたから、急に寂しくなってしまいました。





Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-05-28 09:58 | 大好きスクラップ | Comments(0)

アラフィフのファッションリーダーと「しあわせの雨傘」

 東京出張があったので、久々に会う妹を誘って観劇。
私たち世代のファッションリーダー賀来千香子さんの「しあわせの雨傘」。
わたしが大学生だったころ、JJの表紙は彼女でした。
d0348118_9443126.jpg

 お芝居の内容も、アラフィフ世代がテーマでね。
1980年代を謳歌した女性たちは、まだ残念ながら女性総合職というポストは用意されてはおらず、大学卒業後は、男性の仕事の補助としての事務職が一般的、結婚で寿退社が当たり前だった時代。

 いまのような女性の社会進出には程遠かったけど、ある意味では「守られている」女性たちだったと思う。
その証拠が、「従」に徹してきた専業主婦の扶養者控除だとうとも思うし。

 お芝居の内容も、そんな「飾り壺」(おかざりの奥様)が主人公で、フランス1978年当時のブルジョワ家庭ですから。

 われらがファッションリーダーの賀来千香子さんですが、
あの甘えん坊な声はご自身のコンプレックスでもあるらしいけど、あの声こそが、ぼんやりと家庭生活を送ってきた妻というイメージにはピッタリ。
 ストーリーは、予想どうりに「飾り壺」と言われてきた妻が、実はアバンチュールも適度にこなし、50歳からの輝けるセカンドライフに転身する。バブル期から今までの時代の変遷をバックに持つ女優さんの歩みと重なって興味深かったのでした。
 スタイル抜群と思っていた賀来千香子さん、細い!細すぎる。あそこまで保つ努力はすごすぎる。
斜めに足を揃えてソファーに腰掛けるスタイルが、もうため息つきたくなるほど美しい。
彼女が目標とは思わないけど、私は、やっぱりお腹をなんとかひっこめたいと強く思ったよ。

 昨夜は、夫と、このお芝居の原作のカトリーヌ・ドヌーブの映画「幸せの雨傘」も観てみたの。
当時、カトリーヌ60歳くらい。往年の大女優というよりは、苦労知らずの有閑マダムが、そのままお芝居しているみたいで、そう思させる辺りもすごいなぁと思うわ。
 1978年当時のサンローランと思われる衣装の数々には、すごい懐かしさと、
「あぁ~、わたしもこういうスカートや、ヒールやコートを着ていたぞ、また着てみたい!」と思わせるものばかりでした。(←今、着たら絶対おかしいけど、好きなラインやデザイン)
 シルクブラウスのリボン襟や、ニュートラスタイルのスカートにシャツ。
おぉ、ニュートラ!なんて懐かしい響きなんだ。

 むかし母が、ローマの休日をみて、「セシルカットだ、サブリナパンツが懐かしい」だとか言っていたのがわかる気がしちゃう。

 輝いていた1980年代。
まったく戻りたくはないけど、今あらためて振り返って見ると楽しい時代だったよね。
 





Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-05-22 09:47 | 大好きスクラップ | Comments(0)

ストロベリーアフタヌーンティーとIL DIVOコンサート

 仲良しの葉子さんと、「わたしたち、ちょっとトキメキが足りなくない?男前脳みそ過ぎて…。」という話をしていました。
 お仕事ばかりに邁進しないで、時にはトキメキのビタミンが必要でしょう!って話したのは半年も前です。
 それならビタミン打ちに行ってみますかってその場でまとまった話が、トキメキ男たちに会いに行く話。
はい、昨夜は世界一アルマーニが似合う男たちIl DIVOに会いに行ってきたよ、私たち。
29ヶ国をまわっているワールドツアー「AMOR AND PASION TOUR 2016」が日本に上陸中。

 その前に、話題のホテルのロビーで腹ごなしに選んだのが、これまた女子力高すぎちゃうストロベリー・アフタヌーンティー。なかなかラウンジで優雅にお茶を楽しむ場所がない東海地方なんですが、最近できたばかりのストリングスホテル名古屋ニューヨークラウンジのアフタヌーンティーです。

d0348118_8473235.jpg


 先日行った美容室で「女子力アップのカフェかレストランはどこがおすすめですか?」と聞いたら、さすがにこういう話題に事欠かないのが美容室です。
「お客様たちからよく評判を聞くお店はね…。」って教えてもらったのです。
 こういうことは、やはり関連のソースが集まるところで聞くべきねと、情報収集も適材適所が大事だわね。
こんなリサーチにも、またまた男前脳(ロジック的な思考力)を使ってしまいましたよ。
d0348118_8302476.jpg

 はぁ~、素敵ね、ストロベリーがいっぱいよ。

そしてその後、鼻息も荒く一路目指したのは、日本ガイシホール。
アリーナ席は即日完売とかで、すごいわ!チケットは半年も前に買いましたよ。セレブマダムとアラサー、アラフォーに絶大に支持されていますね。
 でも男性客も多くてびっくり。すでにIL DIVOはマダムキラーのアイドルではなくなっていますね。
d0348118_831995.jpg

実は27日の日本武道館のチケットもあったんですが、諸事情で行けなくなって妹に譲って…。
いったんあきらめたんですが、名古屋でもあるということで。こっちの方がチケットは楽にとれたよ。
コンサートは日本を縦断、次は東京ね。そして今後は世界中へ。

 期待以上のコンサート。しばらく私たち、トキメキの充電はばっちりでございます。
デイビットやカルロスの曲間のたどたどしい日本語でのピロッポ。(Piropoは、スペイン語圏で道行く女性に投げかける口説き文句の事)
甘すぎちゃってメロメロになる会場のファン。こういう大人なセクシーさがたまりません。
ラテンの国、メキシコで観ていたらきっと他のお客さんと一緒に叫んでいたかも。

d0348118_833172.jpg

 ロマンチックで、セクシーなラテンのダンスシーンがあるという噂は聞いていましたが、さらにメンバーのソロ・シーンもあって、もう大満足のコンサートでした。
デイビットはタキシードのタイをやっぱり今回も途中で脱ぎ捨て、ウルスのドレスシャツのアームバンドは、今回も光ってましてパンツのピッチっとが凄すぎるし、カルロス、胸毛チラ見せしてるし、セバスチャンはフランス語で甘いピアノの弾き語りも。

はぁ~、ほれぼれ!この感動はすごすぎてブログには全部つづりきれないわさぁ。
公式サイトに、コンサートの動画(日本に先駆けて行われたメキシコ・グアダラハラでのライブ。昨夜と同じプログラムだけどメキシコの女性ファンのほうがずっとノリノリ)のチラ見せと、メンバーからの甘いメッセージがあります。
ご興味あるかたは、こちらから→★ Youtubeでご覧になれます。
27日の日本武道館コンサートは、6月にはWOWOWで放送決定ですって!

しばらく、頭の中でリフレインする彼らの曲に身を任せて、ぼぉーっと余韻に浸っていると思います。



Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-04-21 08:34 | 大好きスクラップ | Comments(0)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

梅のぽたぽた漬けが仕上がりま..
at 2017-11-18 00:27
今週のパッチワーク ~赤のサ..
at 2017-11-17 10:25
いつものおかずのおさらいレシ..
at 2017-11-15 09:39
今週の愛妻弁当まとめ 〜20..
at 2017-11-10 08:01
今週のマイガーデン ~ サフ..
at 2017-11-08 01:42

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

こんばんは クリスマス..
by tokohouse at 22:07
こんにちは♪ 今お相撲..
by sizuku-tesigoto at 17:33
> the-noir-1..
by yukkescrap at 14:45
こんにちは。 素晴らし..
by the-noir-119 at 11:10
> autumn-par..
by yukkescrap at 21:32
初めてのコメントじゃない..
by autumn-park at 16:53
> BONさん あ..
by yukkescrap at 10:25
第二弾も素晴らしい出来映..
by BON at 18:40
> Olive07hさん..
by yukkescrap at 18:23
お婿様の仰るとおりだと思..
by Olive07h at 14:56

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(68)
(47)
(38)
(34)
(30)
(25)
(24)
(24)
(23)
(20)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド

フォロー中のブログ