カテゴリ:雑貨スクラップ( 9 )

「大人の女」になったら、したいこと…

 若かった時に「大人の女」になったら、したいなぁ~と思っていたことってありませんか?

高級ホテルのバー・カウンターのスツールに、ピンヒールの足を組んでカクテルを飲むとか、
グレイッシュなヘアカラーに、バロックパールのネックレスを合わせてみるとか、
紬に粋な帯を緩く、低くめ締めてみるとか、
禅寺で座禅をくむとか、
老舗のホテルか旅館にひとりで泊まってみるとか、
万葉の里を文学散歩や歴史旅するとか…。

 大事なのは、「大人」だから、誰かと群れずに、ひとりで…が大事ね。
誰かに何か言われても平気、人からどう見られるかなんて気にしない。

 暖かくなってきたので、思い切ってバッサリとショートカットにしました。
行きつけの美容師さんが、「思いきりますね!でもいいと思いますよぉ~」と言って、ザクザク切ってくれました。

どれくらい短いかというとね、大好きな、この方 を真似っこして、カットしてもらったの。
d0348118_09592982.jpg
そして美容師さんに、「とってもボーイッシュですねぇ、女らしさの演出に”大人女らしい赤いルージュ”合わせてみたらいかがでしょう?」とアドバイスをいただいたの。
ずいぶん前から、一掃していた、赤のルージュ。(私はオレンジ系も似合わない)
ここ数年、カラー診断に従って、私に似合うコーラル・ベージュ系のルージュ一辺倒だったのです。
同じような色を微妙に変えて5本もありますが、レッドはない。

美容院の帰り道、デパートのコンシェルジュに速攻で相談。
ピッタリの真っ赤を探してもらいました。赤を合わせると、肌うつりの補色効果で、心持ち肌の色が黄色くみえる私。
メイクも変えないとなぁ~。

キリっとデニムに合わせるべく真っ赤なコンバースのバスケシューズも引っ張り出しましたよ。
大人の女に似合う、真っ赤なルージュ。

これも大人になったらしたかったことのひとつわ。
もう、存分に大人なのに、したかったあれこれを、いっぱい思い出したよ。
やります!ためらうことなく。
もう充分過ぎるほど大人の女に成り果てているんだもん。


by yukkescrap | 2017-03-16 00:15 | 雑貨スクラップ | Comments(0)

ソックスの冒険

 おしゃれが楽しくて、着たい服が似合う服だったころは、もうずいぶん昔です。

今は、着たい服が、即わたしに似合う服でなくなりました。 
夫に買ってもらったエナメルの男前な靴は、いつもタイツで履いていましたが、パンツから、チラ見せするために男前なソックスを、ここ数日、3つのデパートとファッションモールをはしごして探していたのですよ。
d0348118_13481193.jpg
 カジュアルダウンが、おばちゃん臭くどんどんなっていく今日この頃。
ニューヨークのエレガントなマダムの写真集「Advanced Style--ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ」みたいな、「どキメ」もいいんだけどね。 
一緒に歩く、ちょい悪オヤジ風にキメテル夫(おしゃれ大好き親父)とのバランスには、キレイめカジュアルダウンが必須。
d0348118_13491517.jpg
 このごろずっとフォローしている中原聖子さんのブログに、イカシタソックスがあってね。
まねっ子してみる。ファッションはまねっ子からだからね。

 彼女は最近のわたしのファッションリーダーです。(笑)わたしの手持ち服に似ているお洋服や、パンプス、スニーカーをお持ちで、わたしの着たい服にとても似てるのだ。
ベースがトラッドというあたりも。 

 このコーデのためにパンツの裾を1・5センチ短くするこだわり。着画って撮影難しいのね。全身写真は、トリミングして足元だけぇ~。

ワイドパンツには、どうかなぁって確認してみる。
d0348118_13494418.jpg
 そこで拝見した、樹木希林さんのアドバウンスド・ファッションの動画。

西武百貨店が大好きで池袋に入り浸っていた私を知っているのかと思うほどで、苦笑。

 ソックス買うだけで、こんなに悩むこの頃です。新しい服、わたしに似合うに服を探すのがすごくしんどいですわ。

年齢を脱ぐ、冒険を着る。ぐっときちゃうコピーね。



by yukkescrap | 2017-02-15 13:54 | 雑貨スクラップ | Comments(4)

大きいミート皿をさがして ~マルミツポテリ@瀬戸市~

 我が家の家族は、みんな体が大きいの。たま~にみんなが集まるとダイニングテーブルは、日本の標準だとちょっと苦しい。
そこで大きなダイニングテーブルに買い替えたのは一昨年、210×110㎝のすごく大きいテーブルです。このサイズの食卓を日本で探すのはなかなか大変でした。(一枚板の高くてもいいならいくらでもありますが。)

 ダイニングテーブルが大きくなって嬉しいのは、並ぶ食器も悠々おけることね。
思い切って銘々が使うディナー皿も日本で言うところの八寸(直径26センチ、カレー皿のサイズ)を超えた、九寸(28センチ以上)のミート皿、大きなお皿が欲しくなりました。
収納の観点からは、日本の食器棚には、ちょっと苦しいサイズだけどね。
欧米は、もっぱらこのサイズがメジャー。でも、もう洋風な磁器ものは、欲しくありません。

 和皿には、大盛りで盛り付ける縁がちょっと上がった九寸の大皿はあれど、和の陶器でさがそうと思うとなかなかフラットで、このサイズがありません。
ここ半年ほど、あちこち心がけて器のお店を探して、作家の窯元でも出かけないとないかなぁ~、そうなうると一枚でも1万円くらいはしてしまって、6枚は揃えられないなぁとか、あれこれ迷っていたのです。

 日本橋室町と立川の雑貨店で同じお皿をみて、てっきり北欧の器と思っていたら、名古屋の会社が作っていますよ。
瀬戸や東海三県で焼いていますよというマルミツポテリというメーカーさんの器でした。あら、それなら東京じゃなくて、陶器の街を訪ねてみようと。
東海地方には、昔からいい器のメーカーがいっぱいあるのだよね。

買い求めたのは、このお皿、九寸。ミート皿です。(ブルーとブラウンの2色を三枚づつ)
オーブンでも使える厚みのある陶器、和にも洋にもつかますし、日本の良いもの再発見という感じです。

画像(↓)は、マルミツポテリさんからお借りしました。
d0348118_10344535.jpg

ショップは名古屋の覚王山と、名古屋市名東区、瀬戸市にお店があって、それぞれまわってみました。(こちら→★

d0348118_10343635.jpg
d0348118_10351309.jpg
 器の使い方提案の美味しいレストランや、キッチンスタジオ、ファブリックやリネンも一緒に提案している素敵な陶器屋さん。
いただいたカタログには、この秋冬に使えそうなレシピも満載でした。
d0348118_10350163.jpg
 

「みんなが集まる晩ご飯、ワンプレート・ディナーは、これ一枚でいいよね。あれこれ盛り付けて、お皿のアイテム減らしたいし…。」と言ったら、夫が、
「それだけでは収まらないだろう。(←呑み助は、小鉢がないと盛り上がらない)女子的カフェランチの盛り付けには、僕はお付き合いしかねますね。」と言われてしまって残念。

今回も、併設のCafeペコリで、お茶することもなく、買ったらすぐ帰るという夫と一緒のお買い物。
いつになっても、夫はCafeめぐりや、雑貨店めぐりのお伴は嫌いらしいよ、やっぱり今度は一人で行こうと思います。

 お家呑みを充実させる器探しは、楽しいよん。ここには、お料理教室もあるのよね、わくわくしちゃう。


Instagram
Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-09-24 00:10 | 雑貨スクラップ | Comments(2)

スペシャルオーダーの〝ぷら~り”ピアス

 落ち込んでいる私を励まそうとランチに誘ってくださった葉子さん
私のメイク&ファッションのパーソナルアドバイザーで、新しいこの土地での、初めてのお友だち。

 美味しいランチとおしゃべりで大いに励まされて、だいぶ元気がでましたが、すっかり忘れていたぷら~りピアスができてきました。
葉子さんの着画をみるたびに「いいなぁ、いいなぁ、ぷら~り揺れるピアス」って言いまくっておりましたら、「作ってあげようか?」というの。
d0348118_8234652.jpg

そうだ、彼女は、昔アクセサリーデザイナー&製作をしていたこともあるのだった。
d0348118_8241411.jpg

 私の骨格やカラーも熟知してるプロのファッションアドバイザーが作ってくれるというのだからすごいですよね。
大喜びで以前に二人でパーツ屋さんに出向いて、私に似合う色やデザイン、長さを教えていただきながら石やパーツを選ぶところから一緒にしたのだった。
d0348118_824381.jpg

 
 ローガンで、とてもつなげるのは無理そうな私に代わって、製作までを葉子さんにすっかり甘えてしまったのでした。
なんという!嬉しいオーダーなのだろうか?
d0348118_8245529.jpg

 それでできたきたのが、こちらね。
すごいねぇ。自分で言うのもなんですが、全部わたしに似合ってしまう。(←あたりまえよね、私に似合うデザインや色味なんだから。)

 ジュエリーボックスが満タンです。
d0348118_8253098.jpg

ピアス専用ボックス買わなくちゃ!っていうくらいにいっぱいよ。
さぁ、この夏は、私のマイブーム〝ぷら~り”ピアスで、気分を盛り上げて行くわ。

 ちょっといっぱいの〝ぷら~り”ピアスのご自慢してしもうたよ。

ランチは、こんな感じ。
d0348118_82736.jpg

ランチの詳しくは、葉子さんのブログでみてね。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-07-13 08:29 | 雑貨スクラップ | Comments(0)

TIMEXのウィークエンダー

 大好きなMさんが、とっても素敵なカジュアルウォッチをしていて、うーん!と唸ってしまったのでした。
フォーマルやビジネスシーンでの腕時計は、夫が時計フェチなこともあって、必要以上に買ってくれて、色々あるのだけど、カジュアルシーンでの時計は、もっぱらSWATCHEでここ10年くらい。
ベルトは茶、赤、今の青と変えて大事にしてきたけど、そろそろ替え時かなぁと思っていたので、衝撃だったのよ。

 デニムやリネン、ダンガリーやTシャツ。
そういうカジュアルなものに合わせる時計をあれこれ物色したのだけど、ハタっと思い当たったのが、高校生の時にしていたTIMEX。ポパイやブルータス、Mcシスターを読み漁っていたころの事。
ミニタリーな時計に、レザー・ストライプなベルトで、就職するまでそんなのをしてたよ。

アメリカの庶民ブランドですが、このところサファリの復刻版が出たのを遠目に知って、モノにこだわる人にはきっとたまらないのだろうなと思っていたのだ。

 アメリカに親戚ができたこともあって、最近、アメリカ発ブランドが気になってしようがない。
あれこれ迷って。
日本限定モデルのキャンパーのフェイスがきっと私の腕には一番いいサイズなのだろうけど、なかなか近所のショップでは手に入らず。
 ネットでポチするほどのモノでもないだろうと、吉祥寺で手に入ったウイークエンダーに。
それでもフェイスは大き目よね。
d0348118_8405764.jpg

 でも、お値段が嬉しいね。
リネンのシャツにはきっといいかと思うんだ。

 まだSWATCHEも大事に使うけど、カジュアルシーンでは、きっと大活躍してくれると思うのよ。
d0348118_8423931.jpg

なんだか近頃、すっかり物欲なくなっていたけど、久々にちょっと元気でたな。
身の回りのこと、もうちょっとオサレしようかと思うわ。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-06-28 08:44 | 雑貨スクラップ | Comments(1)

ツバメノート縦罫15行

 ペンを持って字を書かなくなって久しい。
外出先はもとより、家でさえもメモは、iPhoneのSirで音声メモや、画像でパシャリが増えて、文字入力をしなくなっている。クラウドにそのままあげるから、メモを探すのもどこでも楽にできちゃうし持ち歩く時に忘れることもない。

 だからなおさら、ペンを持って文字を書くときには、緊張とこだわりムンムンだ。
リング式のノートや、手帳はリングが邪魔で大嫌いだし、滑りが悪い紙も嫌い。
丈夫で安価でどこでも買えるけど、紙の風合いと罫線や表紙のデザインと色が好みでないCampusのノートも嫌いだ。

 今日、欲しいかったは、A5サイズの縦罫線のノート。

私は、急いで文字を書くときは、縦書きの方が早い。日本語は誰でもそうだよね?
ほとんど「行書」を通り越して「草書」のようになるけど、早く書ける。だから縦罫線のノートは大事なの。
 向田邦子さんみたいに、作家さんみたいにさらさらっと。
楷書のときも、横書きよりも縦書きの方が美しく書けるし。

 今日は縦罫線のノートを買いに。
たかがA5の縦罫線のノートが、吉祥寺の大手文房具店やこだわりデパートの文具売り場、ユザワヤや、LOFTにもなくてとほほ。かろうじてB5の縦罫線のノートは丸善にあったけど、縦罫線のノートが一冊もない文房具店もあったよ。

 三鷹の有名な山田文具店にさえもなくてね。結局ツバメノートに行きつくことになるけど、この有名なノートを置いてある店が、また本当に少ないの。
たかがノートで半日つぶれました。ネット注文すれば済むことなんだけどね。
d0348118_19524134.jpg

 〝こんな普通の名品がないなんて、今どきの文房具店は!”と、ちょっと憤怒していたら、三鷹駅南口、むかしからある日本堂という文房具店にはちゃんとあって…。いい店だなぁとつくづく思う。
レジでお金を払いながら、「今日は吉祥寺の文房具店を散々回ったんですよ。あってよかった。さすが日本堂さん。」って言ったら、
店員さんも、「おぉ~、このツバメノートの縦罫線11行の方は、枠なしですね。珍しい、初めて見た。」って愛おしそうにしてました。
 きっと文房具が好きな人だなと思ったりして。

 ツバメノート縦罫線15行は150円、11行は190円。
11行は、表紙も縦罫線入り。絶対になくなって欲しくないノートです。

 それにしても、小学生のジャポニカの国語のノートと原稿用紙ノート以外に縦罫線のノートがないという現代。日本語を縦書きにするのは、もう時代遅れなのだろうか?
WEBもブログも縦へのスクロールを考えれば、当然横書き。

 でも文芸書は今もって縦書きで、私は横書きよりも縦書きの方が早く読める。
悩ましいところだけど、縦書きノートは、大切なくならないようにと思う。
俳句を作る人、私のように走り書きで日記を書いたり、取材メモを取る人には、縦罫線ノートは絶対に大事。
 ツバメノートさんには、とことん頑張っていただきたいなんて勝手に思ってる。



Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-06-06 19:54 | 雑貨スクラップ | Comments(2)

ベルギーアンティーク自転車証 ~吉祥寺 Tsubame Markt~

 もりもり仕事しています。おかげで頭がパンクしそうだよ。お天気がいい日におうちにこもって原稿書きは辛い。
息が詰まってしまって、息抜きの吉祥寺さんぽ。
 午後からだったから、いつも空いてないようなアンティークショップばっかりをまわってみようかと、中道通りから、吉祥寺図書館裏辺りまでずんずんと。

 ついでに山の家の鍵のスペアを作ろうと思って鍵屋さんへも。
この夏に、友人知人の「山小屋行きたい」のオッファーにお応えしてレンタル用にです。

 さっそくつかまってしまったのが、中道通り、はらドーナツのそばのベルギーアンティーク屋さん。
Tsubame Markt
d0348118_19271161.jpg

私が鍵を作りに行くことを知っていたかのように、木箱に盛られたブリキのこんなもの。
ヨーロッパの古いホテルの部屋の鍵についていそうで、いい感じのさびれ具合。

 このプレートは何だろうってお店のマダムに聞いたら、これはベルギーの自転車証なんだそう。
つい最近まで、ベルギーは自転車にも税金がかかっていて、これはいわば自動車のナンバープレートみたいなものらしい。
 年代と、州名が記されてあって、色も州ごとに違うらしく。穴は自転車の前にナットで取り付けるようになっていたらしいの。お値段もね。古い年代のもの(水色)はちょっとお高いのよ。

 皮紐もいい感じ。
アンティークものは、買ったら絶対用途を持って使いたい。決して持っているだけで嬉しいというようなコレクターになるつもりはないの。だから、法外な値段でないものだけを選んでね。
素敵なマダムにヨーロッパのアンティークのお話を熱心に聞いてしまう。こういうの好きだわ。

 夏の山小屋の鍵には、こんなキーホルダーをつけて貸し出したいと思います。完全自己満足ね。

 その後、大好きなMARKUSを冷やかし、吉祥寺図書館裏のメキシコ雑貨屋をのぞいてオアハカのタペテの話で店主と盛り上がり、古い時計や、ようわからないものを売ってる店にもずんずんわけ入って、あたまはすっかり楽しくリフレッシュできたのさ。

ついでに行きたかった話題のSajilo Cafeでカレー&ナンで3時ごろのお昼兼夕飯をすます。
いつも混んでる人気カフェには、地元民は平日の変な時間に行くに限るね。
 さぁ、追い込みの締め切りがんばります。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-06-02 19:32 | 雑貨スクラップ | Comments(0)

インドのブロックプリント布に魅せられてしまった!

 近所のデパートで開かれているキルト展に行って、これがあまりのスカ(内容が乏しくて)でがっくりしながら帰路につこうとしたら、隣接する手芸材料やパッチワーク布の出店に交じって、なんだか妙に懐かしさをおぼえる意匠のプリント布が目に入りました。

 普通の木綿よりもちょっと薄い、綿ローンとは言わないまでも、この木綿の上等な薄さと透け感は?とよくよく見る。ブロックプリントで染めてあると説明にはあって、もしやと思えば、懐かしいインドのラジャスタンやジャイプール周辺でつくられている草木染の手法。

 インドには、ファブ・インディアとか、アノーキーAnokhiとか、世界的にも有名なブロックプリントのコットンがある。欧米のブティック、コンランショップあたりで、オサレなインド布(ここが重要、いわゆるインドの民芸品じゃないのよ)をみかけたら、だいたいこの辺りのブランドね。
 おされインドのテキスタイルでは、多くがフランス人のデザイナー。
ジャイプールやラジャスタンで素敵なファッションブティックを経営しているけど、日本の女子にも、そういう人がでてきたのだわねぇ。
d0348118_10135762.jpg


 ご自身がデザインした文様を、木版画に起こしてインドで染色しているそう。
なんだかとても懐かしい模様と、色合いで、ふぅ~すごくいい。
このところ新しいものへの購買意欲はぜんぜんなかったのに、おもわずおとな買い。

 自分の好きになるものに、こんなヒストリーや、思いがあると愛おしくなっちゃう。

 きっとインドへの発注や、思いどおりの色だしなどの交渉や、受注管理や発送は、気が遠くなるほど大変なのだろうとそんなことまで、インドでモノづくりする過程に思いを馳せちゃう。

 ちょっと前に、インド友のマダムから、「ターバンを巻いたシク教徒がプリントされた」かわいい手ぬぐいをお土産にいただいた。(← 速攻で娘にとられたが)
これも日本の女性がインドで作っているインドモチーフの布だという。日本の女子があのインドでビジネスしていると思うと胸が熱くなるよ。

 ひとりメーカーという起業スタイルがあると、昨日のテレビ番組で知る。
世界で、若い女性が、こんな風に活躍しているのを見ると勝手に応援したくなっちゃう、おせっかいなおばあさんでもある。

 インドのブロックプリントのお店
Cottind サイトはこちらから→★



Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-05-23 08:23 | 雑貨スクラップ | Comments(2)

眼鏡ストラップとスマートフォン

 手元がかなり見えなくなっています。
老眼の程度は重症な状態だそうです。
もともと視力が良すぎて長年2.0とか1.5でしたから、40歳代から一気に手元が見えなくなりました。

 しぶしぶ老眼鏡をかけては外して、いらぬ所有品が増えて、ようようしのいでいましたが、最近は必須のアイテム。これなくして暮らせません。
いまでは何個も買って持ち、キッチン、寝室のベッドサイド、携帯用、パソコン用と使い分けています。
遠近両用も試してみましたが、元の視力はまったく問題ないので、足元のピント合わせに苦労してこれは、いつになっても慣れずに使わないままです。

 そして私はいまだにガラ携なの。
スマートフォンに乗り換えたくても、結局老眼鏡をセットで使わなければならず、特に外出先で、バックから老眼鏡とスマートフォンを出して、もたつくのがたまらなく嫌なのです。
気が短いこともあるけど、だからガラ携とiPad Miniの二台持ち。でもバックがいつも重たくて、これも加齢にはきつくなってるよ。
d0348118_10274151.jpg

 わたしは日本で「あいうえお」の親指入力が出回った携帯電話導入時期に海外にいたから、いまでもこれは苦手で、キーボード配列のアルファベット入力でないと文章入力にイラつきます。
いつもiPadでSNSもWEBも確認してきたの。
しかし、ついにこの震災や緊急事態を受けて、スマートフォン一台にしていく必要があるなぁと思っています。
緊急時や外出時の携帯品の、物のアイテム数が少ないほうが絶対にいい。

 問題は、電車の中や、出先でスマホを出した時に、老眼鏡をかけたり外したりしてもたつくこと。
文字を大きくするなんてくらいじゃ解決しないのよ。スマホの設定で文字を大きくできない基本の表示もあるしね。
 泣く泣く携帯用の老眼鏡にはストラップをつけることにしました。バックから出してストラップをつけておけば、買い物先でも、図書館で本を選ぶ時も、混んだ電車のなかで確認するときも老眼鏡のもたつく出し入れをクリア。入れたり出したりの回数を減らして、胸元にさげておくことにしました。
d0348118_1028454.jpg

 眼鏡ケースからの出し入れも簡単なように、ストラップはまとめずに、眼鏡ケースじゃなくて入れ出しの楽なペンケースにしました。色付きの雑貨小物は持たないことがおおいけど、眼鏡だけはバックの裏地が黒いと探せないので、こんな明度の高いものに。
ストラップも、眼鏡用ポーチ(ペンケース)もお気に入りを探すのが結構大変な雑貨小物です。
 身の回りには自分の好みを満たした雑貨を置きたいんだけどね。
こういうモノを探すのがだんだんめんどくさくなってきたわ。「こだわりの気持ち」が捨てられないのと、ショッピングして探せない落ちた体力。
ネットショッピングじゃなかなか見つからないんですもの。

 さて、明日は携帯電話屋さんでいよいよスマートフォンに乗り換えてきます。
でも仕事があるときは、重たいPCに代わって、いまだにiPad miniはまだ必携のアイテムですけどね。しょんぼり。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-04-22 06:58 | 雑貨スクラップ | Comments(0)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

アイアンの蚊やりコレクション
at 2017-09-20 00:57
八ヶ岳大人の林間学校 ~木こ..
at 2017-09-19 10:22
今週の愛妻弁当まとめ ~20..
at 2017-09-17 08:49
イチジクのクラフティー
at 2017-09-16 00:13
梅干しのはちみつ漬け
at 2017-09-15 09:49

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> BONさん ..
by yukkescrap at 21:00
さすがにエキスパート集団..
by BON at 18:15
> Olive07hさん..
by yukkescrap at 14:27
お直しがデキルなんて(羨..
by Olive07h at 09:12
> Olive07hさん..
by yukkescrap at 10:55
ご主人さま、我が連れ合い..
by Olive07h at 07:38
> BBpinevall..
by yukkescrap at 09:17
> otenbaseni..
by yukkescrap at 09:14
どれも本当に美味しそう。..
by BBpinevalley at 09:09
Yekkescrapさん..
by otenbasenior at 08:05

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(65)
(47)
(38)
(31)
(30)
(25)
(23)
(22)
(21)
(20)
(18)
(17)
(16)
(16)
(13)
(12)
(8)
(8)
(8)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド