カテゴリ:暮らしスクラップ( 33 )

ちいさな手土産

賀状のコメントに、今年もランチしようねというお誘いいっぱいです。
これを社交辞令として放っておくこともできるけど、
私はなるべく新年のうちに再会を果たして旧友と会うことを心がけています。

しばらくぶりに会う友が、いつも手渡してくれる手土産の数々。
どうして女性って、ランチでもこうして相手を思いやってくださるのかな。優しい。
ちいさな心使いに素直に感謝しています。
d0348118_09414842.jpeg

いづれも気張らず、今の彼女たちの近況に通じるモノばかり。
友人がドイツ駐在中に日本からのお土産にもらったという亀の子のスポンジ。
「掃除好きのドイツ人さえも唸らせる優れものだと思うわ。
こういう手土産嬉しいよね。」
思わず、海外の日本人への手土産リストに追加したくなります。
d0348118_09421682.jpeg
ほかの友人からは、骨盤底筋を鍛えてるのという成功例を目の前に、そのテキスト。
お正月の福分けと豆達磨、幸四郎さんの襲名が素晴らしかったのと観劇の感想を話しながら高麗屋のブックマーク。
海外旅行のお土産話しとお土産のハンドクリーム。
弁当作りの私にと、獅子舞のナプキン。

懐かしい友たちと、近況報告とともにいただくちいさな手土産の数々に、思わずニンマリしてしまいます。
d0348118_09425980.jpeg

今年、私からは、自分が使って良かった小物として、コードストラップ。
スマホや、イヤフォンのコードに通してパチンと留めてまとめるモノです。

コードの忘れモノは困ります。
バックの中で絡まったり取り出しにくかったりしないように。
家族で同じコードだと持ち主不明、いつの間にか持ち去られるという問題も解決。
イニシャルも刻印してもらえます。
30個ほど買い求めて、家族や新春に会う人へのお年賀にしました。
d0348118_09432490.jpeg

裏側に切り込みがあるのでここにコードをくぐらせる。
ストラップはコードについたままにしておけます。

ちいさな手土産。
相手の遠慮や気遣いもあって、その時の会話や、雰囲気で時には渡さずにということもあるのだけどね。

でも、こういうお心使いは、いただくと嬉しいよね。
気張らずに自分が好きなものは、みんなに分けてあげたいという心根が、大好きです。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP
<暮らし部門に応募します>




第2回プラチナブロガーコンテスト



by yukkescrap | 2018-01-19 09:45 | 暮らしスクラップ | Comments(0)

お世話になるのも親孝行

 インフルエンザに罹った息子を3日ほど我が家で隔離してました。
諸事情あって、自宅に帰れない息子を、出張中の夫のベッドに隔離です。

 スポーツドリンクとミカンをたっぷり。
消毒用のエタノール・スプレーなどもたっぷり買い込んで迎え撃つ。
d0348118_14284228.jpg
彼が触れたドアノブやら、あちこちを消毒します。
病院じゃないから、自宅で、エタノールの消毒っていう習慣はありませんでしたけどね。
アメリカ人の婿さまが、こういうのをすごく気にするので、
「日本人って衛生好きだけど、みんなそこまでしないよぉ~。」って軽く受け流してましたが、感染症には、大事な手当てだなと改めて認識してます。

赤ちゃんとかいるお家は、いまこういう衛生の手当て(患者が触れたものを消毒する)は当たり前の常識なのだろうか?

48時間すれば菌が死滅するからという点滴を受け、そのままベッドに入って、死んだように2日間寝てました。

 体が丈夫だけが取り柄のような息子。ちょっと過労が溜まっていたようで、予防接種をしていたのに罹患。
小・中・高校と、皆勤賞の息子の病気の看病ははじめてかもしれないなぁとか思っていました。
食欲はあるし、若いから三日目には、寝すぎて身体が痛いと言いながら、帰っていきました。

 ついついお節介したくて、コロッケを揚げて、パウンドケーキを焼き、先日作った柚子のジャム。
野菜もたっぷり持たせてしまう母です。
d0348118_14304595.jpg
 先日、知人が、
「お正月に、お婿さんや、お嫁ちゃん、お孫が遊びに来てくれるのは嬉しいけどね。
お布団干したり、カバーを洗ったり、三食の食事の世話で、つい張り切りすぎて、あとが大変よね。
でも、こういうのも嬉しいよね。来てくれない、頼りにもしてもらえないと思うと、寂しいものね。」
と言っていました。

 自分の親も、こうして実家に帰る子どもを、大変、大変と言いながらお世話してくれたのでした。
ときどき、こういうお世話も悪くないですよ。
頼りにされるのは、親としては、「やれやれ、困るわぁ。」と思いながらも、やっぱり嬉しいものですものね。

 息子は、「かーさん、サンキュー。元気になりました。また頑張るわぁ。」と言い残して帰っていきました。
そしてベッドパッドや、掛け布団カバーをいそいそ洗いながら、「お世話になるのも親孝行だよ。」とつぶやいてみたりしています。

 元気でがんばれ!
親はずーと我が子の応援団なんですよね。



<暮らし部門に応募します>




第2回プラチナブロガーコンテスト



by yukkescrap | 2018-01-14 14:32 | 暮らしスクラップ | Comments(4)

家族だけの合言葉と、実家の匂いでほっこり

 お正月に家族が集まったときのほっこりしたお話から。

「かぁーさん、おてんてん取って!」
ケーキを取り分けながら、息子がお嫁ちゃんに「うちではね、台ふきんのことをおてんてんって言うんだよ。
かぁーさんのばぁーちゃんちで、みんなこう呼んでいたんだ。我が家にしか通じない愛称だけどさぁ。」と説明していました。
d0348118_10044167.jpg
そして、
 「彼女の家にもさぁ、ぴっぴっていう愛称があるんだけど、何だと思う?リモコンのことをぴっぴっていうんだ。」
娘さんだけのおうちには、こんな可愛い言い回しが家族の共通語なのね。

 きっとどちらも、小さな子どもが言いはじめた言い回しなのでしょう。
台ふきんがおてんてん、リモコンがぴっぴ。我が家だけに通じる言葉です。

こういうのっていいなぁと思いませんか?
家族のなかの合言葉、きっとどこのご家庭にもこういう愛称のがあるのでしょうね。
d0348118_10052112.jpg
 娘が、「お母さんたちが帰ってきたら、うちの中がすっかりおばあちゃんちの匂いになってる。」
というので、「えぇ、嫌な匂いがしてるの?」と聞けば、
「うううん、すごく懐かしい、ほっこりする匂い。」との返事。
息子も「僕もそう思った。ねぇーちゃんたちだけが暮らしているときは、こうじゃないのに。これ、うちの匂いだぁ。」と部屋の匂いをクンクンしています。

 きっとお節料理のお出しの香りや、お餅を焼く匂い、そしてお仏壇のお線香の香りが入り混じって、懐かしいおばあちゃんちの匂いになっていたのでしょう。
いつもは、煙の出ないお線香なんだけどね。お正月だからとお仏壇には、「沈香」のお線香を用意したのでした。

住まいの匂いには、どこか家族を安心させる穏やかな暮らしの香ですよね。
久々に集まった子どもと、新しい家族が、この匂いや、言い回しを楽しんでくれたらまた嬉しいものです。

 だから最近は、使い込んで古くなっていく調度品も、器も、鍋も、なぜだかすごく愛おしいのです。
彼らが時々帰ってきた時に、ちょっとほっとできるように大事にしていきたいなと思う新春でした。




InstagramInstagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

<暮らし部門に応募します>




第2回プラチナブロガーコンテスト



by yukkescrap | 2018-01-05 10:07 | 暮らしスクラップ | Comments(2)

今年もよろしくおねがいします!

明けましておめでとうございます。
d0348118_13055831.jpeg
日々の小さなスクラップの私のブログ。いつもご訪問ありがとうございます。
d0348118_13063585.jpeg
今年のお正月は、家族みんな揃って祝いました。
健やかにいい一年になりように、心から祈り、願います。

d0348118_13074320.jpeg
主人の郷里の福島のいかにんじん、五目なますと、紅白なます。

d0348118_13070730.jpeg
主人の里の青豆の浸し豆と、私の母の関東風の歯ごたえのある黒豆。

心ばかりのおせち料理。家族の伝統の味を楽しみにするみんなの喜ぶ顔がみたくて、また頑張っちゃいました。

皆さまのご健康、ご多幸を、世界の平和をお祈りします。
今年も日々の楽しい小さなスクラップ、YUKKESCRAPをよろしくおねがいします。



第二回プラチナブロガーコンテスト
<暮らし部門に応募します>

by yukkescrap | 2018-01-02 13:11 | 暮らしスクラップ | Comments(4)

八の日の末広がりの正月準備スタート

毎年の12月28日の慣いは、松飾りと正月用品の買い出し、正月用品の準備の日です。
玄関に松飾りをするにも末広がりの八の28日と決めています。
d0348118_16052693.jpeg
辛いことや苦しいこともいっぱいあるけど、晴れて来年の年神さまを迎えるために、ゲンを担ぐことには抜かりなくと自らを律して。

お重箱、屠蘇器を出してきて。
いつもの和菓子屋さんで買い求めるつき立ての3寸のお供え餅。裏白、ゆずり葉、葉付きの蜜柑。三方に、四方紅をひいて。海外に暮らした時もこの設えでずっと。
大事にして子たちへも、継承していきたいものと思っています。

吉祥寺の土屋乾物店で買い求めた乾物は、今夜から下ごしらえを始めます。ナマスも今日から仕込みます。
d0348118_16054834.jpeg
一回の買い出しでは持ちきれなかったお花は、もう一回買い出しに行かなくてはなりませんけどね。
d0348118_16063882.jpeg
祝い箸の買い置きを確認して、足りない分も買い足さなくては。

娘から、あんまり頑張りすぎないようにねとメッセージがきました。
でもね、福を呼ぶためにも、できる範囲で、丁寧に今年も支度をしたいと思います。


第二回プラチナブロガーコンテスト
<暮らし部門に応募します>

by yukkescrap | 2017-12-28 16:08 | 暮らしスクラップ | Comments(0)

メリークリスマス! 世界中の子どもたちに幸せあれ!

どんなクリスマスをお過ごしですか?
我が家は、イスラム教、ヒンズー教、カソリックの国々に暮らしたこともあって、クリスマスは、本当の意味で、宗教的な行事と思ってからは、怖れおおくて我が家の年間行事からはなくなっていました。

でも、一昨年、アメリカ人の婿さまを迎えたこともあって、アメリカの家族へクリスマスプレゼントを用意したりカードを書いたりと、新しいクリスマスの迎えかたをしています。
今年も娘夫婦は、婿さまの家へクリスマスを祝いに出かけたので、私たちは息子夫婦たちと会食。
イブは、レストランで、クリスマスモードを楽しみました。
d0348118_16440509.jpeg

そして今日は、いつも通りのシフトで、難病の子どもの両親が宿泊する施設へボランティアへ。
クリスマスやお正月を家族で過ごすために、病気の子どもの兄弟姉妹もご両親と宿泊。
施設のリビングは、いつもよりずっと賑やかで、家族の笑顔があふれていました。

クリスマスを病床で迎える子どもいるし、今も戦火や貧困の中で苦しむ子もいることでしょう。
クリスマスは、世界中の子どもたちに幸あれと願ってやまない。

朝から、心配顔でICUに走るご両親を見送りながら、どうぞ早く元気になりますようにとクリスマスツリーを仰ぎみながら祈るクリスマスになりました。

第二回プラチナブロガーコンテスト
<暮らし部門に応募します>




第2回プラチナブロガーコンテスト



by yukkescrap | 2017-12-25 16:45 | 暮らしスクラップ | Comments(3)

風邪ひきの過ごしかた

子どもの頃から喘息体質で、風邪をひくと酷い咳で長引くタイプです。
毎年冬は、すごく気をつけて、乾燥対策、手洗いうがいも徹底して、人混みには必ずマスク、厚着と思うくらいしっかり防寒もして、栄養と睡眠もたっぷり。
冬に心がけている暮らしかたです。

ここ数年、咳で苦しむこともなく、喉の痛みや咳の緩和に
大根飴(大根を水飴につけたシロップ)や、熱々の生姜入りレモネードを作りをすることもなかったのですが、夫が持ち帰った風邪をもらい、声がれに始まりしつこい咳に困り果て。
d0348118_16440196.jpeg

うつした本人はケロっと治って出張に。
ひとり残され、夜、ベッドに入ると咳き込みが止まらない。
夜明けまでほどんど眠れず、寝ると咳き込むので、布団をかぶって座って朝まで。
子どもの頃の喘息発作と同じです。

朝までが長かったこと。
朝一番、病気に駆け込み、処方された気管拡張剤が驚きほど効いてピタリと止まる。

ボストンに出張だった婿さまが、大きなアップルサイダーをお土産に買ってきてくれました。優しいんだなぁ、いつも。
d0348118_16441652.jpeg

日本でもりんごの産地で是非売って欲しい。
コーヒーも紅茶も身体を冷やす。
スタバあたりで冬限定で良いから暖かいアップルサイダーを売り出してくれないかな?って切に思っちゃうわ。

咳は本当に消耗します。
だから風邪はひかないに限る。
皆さん、どんな予防線張っていますか? 風邪を引いたら、どんな民間療法を試みていますか?

しばらく東京で講演会キャラバン。とにかく咳が止まって声が出てくれてホッとしてます。

皆さんもお大事に。



by yukkescrap | 2017-12-06 16:45 | 暮らしスクラップ | Comments(6)

お醤油差し考 

 夫が新聞記事(たぶん日経の暮らしのページかな?)で見つけたお醤油差し。
夫は、いい「道具」をみると、とたんに欲しくなってしまう人なのです。

 最近は、モノのできる過程や、作り手の心意気、デザインの工夫までの試行錯誤など、モノができるあがるまでのストーリーがあると、ちょっと高いかなと思ってもそこに対価を払うのも粋なもんじゃないかと思える大人らしいもの選び、買いかたをしてしまいます。

たっぷりショーウィンドーの端から端までを買う大量買いの「おとな買い」ではなくて、
選ぶ目やストーリーを知って、モノを買うことを「おとな買い」と言いたいよね。
d0348118_11421200.jpg
 はい、そいういうことで…、ほしかったお醤油差しですよ。
ちょっと高いです。お財布を広げず、デパートのポイントが溜まったので、手に入れましたよ。

 ずばり、液だれしないというフォルムの繊細なクリスタルガラスのお醤油差しです。
d0348118_11422703.jpg
醤油差しには、こだわりがあって実家でも使っていたこの醤油差し。(画像、右)
同じものを母が選んで、嫁ぐときに同じものを持たせてくれたカットグラスの醤油差し。こちらは、750円くらいです。
30年間の間で、きっと7回くらい同じものを買い替えて、これ我が家のシンボリックな卓上アイテムでしたけどね。
ジャカルタにも、インドにも、メキシコにも行きました。たぶん私の娘も同じものを使っています。

 でもついに世代交代かなぁ。THE 醤油差し CLEAR 80mlにとって替わります。

 たしかに、いい感じの注ぎ具合。液だれしません。
桐の箱入り。良いお品ですね。新しい生活をスタートさせようとする人への手土産としてお使い物になりそうです。
奈良のかやぶきんの店、中川政七商店で買い求めました。

我が家の住まいと暮らし

by yukkescrap | 2017-10-26 11:45 | 暮らしスクラップ | Comments(0)

アナログとハイテクの間のジレンマ (傘の集束フック)

東京にちょっと寄ったら玄関の下駄箱の上に、傘を束ねるループを留めるボタンが取れた娘の折りたたみ傘。何度かボタンを付け替えていたらしい。
d0348118_09263205.jpeg
昔、靴磨きのおじさんが渋谷の線路下にいた時は、頼んでこのフックボタンを譲り受けて直していました。靴磨きのおじさんは、ちょっとした傘も直してくれたんですよ。
その時に、これも取れているから付けてあげるよって。あぁ、ここにくれば!このパーツが手に入るんだなって嬉しかったの。

その後も渋谷の線路下付近の靴磨きのおじさんにねだっては、一個10円くらいでこの傘のループを留めるボタンを分けてもらっていました。でももう居ないのよね。
その時に買い求めたボタンが裁縫箱にいくつかあったけどついに使い果たしてしまってね。

傘屋さんに行ったら、「傘をお持ちください。メーカーに修理に出しますから」とすごくめんどくさい対応。
靴修理のミスターミニッツとかに行けばあるのだろうか?
ユザワヤにも、ボタン専門店にもパーツがなくて吉祥寺中を探して歩いてしまいました。
d0348118_09265733.jpeg
こういう時ほどネット検索でしょ?と思いつき、この名称を調べるも、「フック、フナカン、傘収束具、傘留め具…」とあって、パーツの名称が曖昧。
うまく商品の通販サイトまでたどり着けないのでした。きっと送料の方が高いよね。

修理して使う事がどんどん少なくなって、今や置き忘れナンバーワンの傘は、ビニールの使い捨て傘にとって変わってしまったね。

遠くジャカルタでは、モンスーンの時期に、裸足で傘を持つ子どもがバザールやデパートの入り口に立ち傘を貸しては、雨に濡れながら後を付いてきて駄賃をねだっていたのはもう30年も昔。

代用品に、小さなボタンを付けてしのいでみる。
好きで大切にしたいものの修理に手間を惜しまないつもりだけど、パーツの名前がわからなくても、あそこへ行けばという安心があったあの時代が、すごく懐かしい。

このパーツの名前がわかる人いらしたら教えて欲しいです。
ネットでなんでも買える時代になっても、検索スキルが足りなくて、悶々としてしまってね。


by yukkescrap | 2017-10-05 09:28 | 暮らしスクラップ | Comments(2)

今さらだけどの朝活生活

お年寄り生活に近づいたなぁと思うのは、早起きが全然苦にならない事です。
寝るにも睡眠力が必要なんだ、若いと寝る力がいっぱいあるんだというのを身を持って実感してます。

寝つきも悪く、起きるのもダラダラだったのにね。
最初に長く寝る力が減ったのは5歳年上の夫。そして最近は私もね。

おひとりさま生活でも早起きすぎて時間を持て余しそうになってね。
友人が勤めるランニングの教室に参加して、走る事を日課にしてひと月。
朝活ですよ。
知らぬうちに、走らないと気持ちが悪い感じにもなってます。
あー、明日は雨降りだと休めるのにと思うけど、雨降らないしね。
それも大きな後押しになってすっかり習慣化。
おひとりさま生活の朝活というペースに馴染んだところに夫が帰国。

また朝のお弁当作り生活に戻ったけど、送り出してからやっぱり走らないとモヤモヤするので、お日様はすっかり登った8時ごろに走ってます。
オフィスに行く人とすれ違うのが恥ずかしいわ。なんたってひどいフォームと速度ですからね。

珍しくダーリンが、出張先でお土産を買ってくる。
出がけに穴の空いた古いTOMSをみて哀れんでましたからね。
サイズもちゃんと見ていったらしい。
d0348118_10341476.jpeg
「よく探せたね」と、言ったら、organic caféに併設のLOHASな雑貨店で見つけたんだとか。(画像はダーリンの撮影、フォトスタイリングまでしてるよ)

シャイな夫がそういう店を覗いてきた様子を思うだけでニンマリしちゃう。
この夏、大活躍間違いなし。
一足買うと、もう一足が途上国の裸足の子どもに贈られるOne for OneのTOMSのespadrilleです。
今日も5キロ休まずに完走。そろそろ雨降り期待します。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-06-19 10:35 | 暮らしスクラップ | Comments(5)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

ちいさな手土産
at 2018-01-19 09:45
今週のパッチワーク ~ ”A..
at 2018-01-18 10:06
オーガニックブランケット
at 2018-01-17 17:51
今週のパッチワーク ~ ”A..
at 2018-01-15 07:41
お世話になるのも親孝行
at 2018-01-14 14:32

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> ay-worksさん..
by yukkescrap at 17:12
すでに他界している母の娘..
by ay-works at 14:05
> zeltinaさん ..
by yukkescrap at 21:18
> nql32743さん..
by yukkescrap at 21:16
こんばんは。 何故..
by zeltina at 21:06
こんばんは♪ 巣立..
by nql32743 at 20:55
> mayamaya_1..
by yukkescrap at 08:12
呉の蒲刈に友達が住んでい..
by mayamaya_1k at 00:10
> tokohouseさ..
by yukkescrap at 21:10
> touryounoi..
by yukkescrap at 21:09

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(69)
(47)
(38)
(36)
(32)
(30)
(27)
(25)
(25)
(23)
(22)
(20)
(18)
(18)
(16)
(12)
(11)
(9)
(8)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド

フォロー中のブログ