カテゴリ:八ヶ岳スクラップ( 71 )

八ヶ岳南麓産直の旨いものあれこれ

 ジープのおかげで、今年は、八ヶ岳南麓をあちこちへ。お迎えする友人たちに、少しでも八ヶ岳の旨いものをお届けしたくてね。

 「美味しいね。八ヶ岳の野菜は味が濃い。採れたて最高。」なんて声を聴くと、手間も駄賃も惜しくはない。
そんなことで喜んでもらえるならと、ついついジープを駆って、張り切って走り回ってしまいます。

 オーガニックの安心野菜なら、小海線・甲斐大泉駅南の「父ちゃんのやさい屋」(「高根大橋入り口」の交差点セブンイレブン向い)。
「あそこへ行けば、必ずビーツが買えますよ。」とカフェ・レストランのお兄さんに教えられて。みずみずしいオーガニック野菜がいっぱいです。
d0348118_09492568.jpg
小海線・甲斐小泉駅の三分の一湧き水の直売所では、大粒のブルーベリー、ビール漬け大根、こぶち沢納豆、塩味がするしゃりしゃり野菜のアイスプラント、採れたてゴールドラッシュ、北杜高校の〝はなよめ”という桃…。
毎日のように通って野菜を買い求めていました。
d0348118_09501735.jpg
有名すぎてなかなか足が向かなかった中村農場のうますぎる鶏肉。
うちでは宴会用に串刺しの焼き鳥を買ってきてミニBBQで乾杯。

清里・萌木の村のROCKのクラフトビールのタッチダウン。北杜市内では、どこの酒屋さんでも買えるようになりましたね。
地酒と地元ワインには、事欠かないしね。

 普段の食材は、これまたテレビでも超有名な、地方再生の見本のような田んぼの中の大人気なスーパーマーケット「ひまわり市場」で買っています。ここでは、清里のワイン鱒、八ヶ岳乳業の業務用の無印ヨーグルトもお薦めです。
軽井沢のつるやみたいな気どりは全くないけど、八ヶ岳南麓では、大人気のありがたい地元の美味しいを集めたお店。

パンは、須玉の「おいしい学校 」のパン。
小淵沢駅周辺では、NPO町おこし・まちこぶさんでも買えます。スーパーマーケットひまわり市場には、安定的に商品があるので。
美味しくて焼きたて、売り切れごめんの人気パン屋(じょいちや、くのパン…)が乱立するなか、これに行きついた感じです。

 そして、オーガニックで育てたビニールハウスも、化学肥料もつかわない、可愛いお山のお花屋さん。

d0348118_09462839.jpg
この夏は、ダリアをたっぷり買いました。茎もしっかりしていて元気なお花。
d0348118_09465813.jpg
ハイジが飛び出してきそうな可愛い山小屋の花屋さんです。

d0348118_09451234.jpg
 あとは、温泉巡りね。
おかげさまで、ジープの運転は、ゆるぎなく上達しましたよ。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-09-05 00:24 | 八ヶ岳スクラップ | Comments(0)

八ヶ岳オープンガーデン巡り9 〜Cafe コットンウィード 〜

 この夏、一番のお気に入りの八ヶ岳・小淵沢のカフェCotton Weedのお庭にお邪魔しました。
小淵沢の老舗ペンションPLLYANNA(ポリアンナ)に併設されているカフェです。
ガーデンコテージというだけあって、ここの庭をお目当てにやっている常連さんもいっぱいいると聞きます。
d0348118_09175786.jpg
 ペンションのオーナーの息子さんご夫妻のカフェコットンウィードも素敵。
なによりも、美味しい。丁寧に作られたお菓子やカフェに感動してしまいます。なんとこの夏は3回も行ってしまったよ。
一度はお友だちを連れて、二度は一人だけで…。
d0348118_09182445.jpg
大きなゴールデンアカシアの黄緑色の大木のあるウッドデッキに陣取って、庭を眺めます。

 ペンションにお泊りのお客様にご迷惑のかからぬように時間をちゃんと確かめて(宿泊者のいる時間帯はオープンガーデンしていません)ランチを食べたら、15時まで秘密の花園のような小さな池がある緑深い庭でくつろがせていただいていました。
八ヶ岳の植生を十分に生かして、まさに昔からそこにあったかのような庭の植物。
d0348118_09185446.jpg
 丁寧なお花のネームプレートの工夫がにくいねぇ。
d0348118_09191386.jpg
裏には、植え付けた年月、買い求めた場所、育成情報なども記されていて、庭を訪れる人に緑の英知を分けてくださる。
d0348118_09195782.jpg
オーナーご夫妻と息子さんご夫妻、学生ボランティアさんたちだけでお庭の手入れをしているそうです。
学生さんは、ボランティアしながら、きっと心の浄化や癒しももらっちゃうんだろうな。
d0348118_09203884.jpg
チカラシバの大株。見慣れたものなのに、とっても素敵。
d0348118_09210466.jpg
大株立ちしたフジバカマを金網で上手にフォローしていたり、鹿対策かなという金網のネットのアイアンワークは、思わず参考にしたいと写メしまくってしまいました。うちもこういうフェンスガード作りたいなぁ。
d0348118_09221725.jpg
庭には、8体のアイアンの像があって、森にすっかり溶け込んでいていい感じです。

ペンションにお泊りになれば、もっと詳しく奥深くお庭を拝見できるそうですよ。
お庭のネタばれしては、つまらないねと、庭の全景写真はないの。
ポリアンナの公式ホームページには、今、見頃な庭の情報がアップされているので、ご確認くださいね。
八ヶ岳のガーデンめぐりをしたいなら、絶対ここに泊まるべし!とお薦めしたいペンションです。
d0348118_09213656.jpg
 憧れのゴールデンアカシアを仰ぎ見て、すっかり秋が訪れた八ヶ岳のナチュラルガーデンを堪能しました。
季節ごとに行きたい庭です。





Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-09-03 09:23 | 八ヶ岳スクラップ | Comments(2)

今週のマイガーデン

 今週は、珍しくずっと雨。こういう夏もあるのね。
乾かない日陰の庭は、黒すす病が発生して、どうもよろしくありません。
d0348118_16542336.jpg
朝もやのノリウツギ、ライムライト

それでも今年も、ヒオウギが咲きました。
d0348118_16552287.jpg
去年より色が薄く感じます。やっぱり日照不足でしょうかね。
d0348118_16550763.jpg
いったん山を下りて名古屋に戻り、夫をまた出張に送り出して…。
d0348118_16545358.jpg
溜まった郵便物を確認し、仕事を一気にしあげて、締め切りまでにあちこちへ郵送もして。
きりきり舞い!で何とかね。今月の仕事のめども無事つきました。

また、ひとり山へ戻っていきます。
テレビもありません。Wifiもありません。
だからまた更新がままならず、しばらくフェードアウトしていますね。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-08-22 00:47 | 八ヶ岳スクラップ | Comments(0)

八ヶ岳大人の林間学校 ~ カーペンターごっこ~

 所じょーじさんに負けないくらいいっぱい工具をもっている夫です。
大きなガレージが欲しいそうですよ。夢なんだそうです。

 そして、いつもその夢の実現のために、いろいろ見習い大工仕事をお願いするのわたしです。
d0348118_16384946.jpg
こちらが、完成したウッドベンチ。

ウッドデッキ用のりっぱな端材が傷む前に、使い切ってしまおうとウッドデッキで使うベンチを作ってもらいました。
d0348118_16374603.jpg
雨ざらしで汚れていたので、まずは鉋をかけて板を削ります。
すごいお道具お持ちですよね。
d0348118_16365466.jpg
板の角を鉋(かんな)で落としてやすり(それも電動!)を仕上げにかけるこだわりよう。
そこまで私は期待しておりませんでしたが。
d0348118_16372994.jpg
ホームセンターで玉切りしてもらったスギを脚にして。
d0348118_16381090.jpg
いつもデザインは私がします。サイズの指定が厳しいのですけどね。

オイルステインくらいは私が塗ろうかと思いましたら、もう早速仕上げまでしてくれちゃってました。
腰に巻いた、大工さん用の道具ポーチも褒めてやってほしいツボなのよ。
d0348118_16420815.jpg
 いままでのベンチは、低くてね。8㎝高くなって、デッキで朝ごはんもテーブルまでとどくいい高さになりました。
お誕生席ように短いものもと今回、いっぺんに3つほど。
大人の林間学校のワークショップは、”木工の日”です。
d0348118_16383210.jpg
一番右は、今までの低いベンチ。8センチほど高くなって便利になりました。

見習いカーペンターは、さらに地下足袋を購入しまして、命綱も買いまして…。
次は屋根にのぼって、キツツキのあけた穴を補修するそうです。
どなたか、命綱を握ってくださる助手さんをお願いします。ちなみに夫84キロくらいございまする。わたしじゃ無理よねぇ。
 


Instagram
Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-08-21 16:47 | 八ヶ岳スクラップ | Comments(2)

山のごちそう ~この夏のおもてなしの一品~

 山小屋には、先客万来と言いましたが、今年はのべ21名の皆さんがいらしてくださいました。

到着するなり上げ膳据え膳、嬉しくってしゃべり倒す…という人あれば、
朝からトイレ、浴室、キッチンをピカピカに磨き上げる…人もいる。

ウッドデッキで、野鳥の観察三昧の人もいれば、
デッキチェアーで、本を片手に、ページはめくらず、ずっとうたた寝の人も。

たくさんの旨いものを背負って山小屋をたづねてくれた人もあれば、
八ヶ岳の新鮮な素材で料理をしまくる人もいる。

 私のおもてなしは、まずは洗面所で冷たい井戸水で手を洗っていただきます。
時には顔をじゃぶじゃぶと洗う人もいるほどに冷たく澄んだ八ヶ岳の伏流水を楽しんでいただく。
 そしてお気に入りのグラスに汲んだその水をぐっと飲んでいただくのです。

 そう、冷たい井戸水が一番最初のおもてなしなのです。
だれもが、「ほぉ~、冷たい!美味しい!」と言ってくださいます。

 海外生活での緊張を強いる暮らしが長かったこともあって、都会的なアーバンライフの便利さもありがたいのだけど、
どこかに常にノイズを感じ、せかされる都会のスピードなどが、年々辛くなっていました。
久々に東京にでたら、みんながちょっとイラッとして眉根を寄せて急いで歩く。我関せずで、みんな余裕がない風。

 そんなことに妙に敏感になってしまっていて、都会暮らしの緊張を解き、五感を思う存分にひらいて、鳥や虫の声に耳を澄ませ、目は緑を眺め、肌に感じる風、森や木の香りを吸い…。そんな事だけがたまらなく愛おしくなったのは、やっぱり自分が年を重ねたからなのでしょうね。

 だからね、来てくださった方々にも、すこしでもそんな野生の感性を取り戻していただきたくて…。
この夏は、自分でジープを駆って直売所をまわるので、富士見高原の日本一の真っ赤なルバーブ、しゃりしゃりした歯触りの塩味のアイスプラント、採れたてのゴールドラッシュ(とうもろこし)、キュウリをどっさり買い込んでいました。
そして山梨と言えば桃。それらを知恵を借りて食卓へ載せました。

 友人のインスタグラムのポストをみてまねて作ってみた桃のコンポートのルバーブソースがけ。
d0348118_16213231.jpg
鶏もも肉とセロリ、オリーブの白ワイン煮(白州ワイン)。
d0348118_16215038.jpg
 そしてあいにくの雨降りの日には、こんなことも。
d0348118_16222099.jpg
サントリーの白州ウイスキー工場で買いもとめたウイスキー樽の再生チップで燻製あそび。
d0348118_16231784.jpg
d0348118_16234422.jpg

山のごちそうを今年も楽しんでいただけて、良かったです。
みなさん、来年もお越しをお待ちしています!

追伸
山小屋を訪れた若いママに、わたしの大好きな本を紹介しましたら、後日こんな素敵なエッセイになっていました。
レイチェル・カーソンは、大好きな作家。何度も何度も繰り返して読んだ本です。↓↓↓





by yukkescrap | 2017-08-20 16:02 | 八ヶ岳スクラップ | Comments(0)

八ヶ岳 おとなの隠れ家レストラン ~ 素透撫と紬山荘 ~

 山小屋に来ると、すっかり出不精になってしまって、ドレスアップして外食というのがとても億劫になります。
身支度を整えて出かけるくらいなら、気楽に食卓を囲んで、のんびりペースで飲みたい、食べたいと思ってしまうから。

この夏の山小屋は、千客万来。
楽しい友人が次々とやって来てくれて、さすがに一日台所に立っていても楽しいなを自称する私も、たまには外でお食事をしたくなったよ。

 山荘への客足が遠のいた日に、夫と二人で、ちょっと小ぎれいに身支度して近所のフレンチレストランへ。
一件目は、前から憧れていた清春芸術村にある素透撫(すとーぶ)。
d0348118_15590223.jpg
詳しくはこちらを→★
d0348118_15583399.jpg
 清春美術館のオーナーである画商・吉田長三のこだわりレストラン。
古民家は鎌倉からの移築、室内装飾、庭、器のデザイン、料理のコンセプトまでもが、粋人たちの絶賛の的になっているだけあって、見事なしつらえと、八ヶ岳周辺の旨みを凝縮した素材重視のフレンチ。
 酒も、もちろん地元産。
接客のウエイターさんの心憎いおもてなしに、しばし田舎暮らしを忘れさせる崇高な気分に。
3000本ともいわれる箒の生け垣は、見事。苔に白石の配置も素晴らしい。
d0348118_15584909.jpg
季節ごとに旬の味を求めて何度も行きたくなる名店のゆえんがわかります。

 二件目は、同じくフレンチレストランの昼限定の蕎麦ランチ。紬山荘へ。
ここも予約の隙間でようやく相伴に預かった店。ナビがないととてもたどり着けないような村の集落の奥まったところにあります。

 流行のすだちを、紙のようにスライスしたすだち蕎麦をいただく。
十割蕎麦のそば粉は、この土地のモノではないが、茹で上がりではないらしく。
もりそばが、乾き気味だったのは、純な蕎麦屋でないからか?
蕎麦の創作料理と思えば見事だけど、蕎麦屋の激戦地にあってこの仕上がりは、なんとも残念だな。
d0348118_15595618.jpg
 でも庭も、これまたあ設えも心憎い店です。

 山荘暮らしは、不便を主体的に楽しめないととてもじゃないが長居はできない。
住まいの手入れのほかに、「日々のおさんどん」を厭わない人でないとなかなか大変。
近所の持ち主が代替わりした山荘のお奥さまは、「上げ膳、据え膳、掃除なしじゃなくちゃ、私には山荘暮らしは一日で無理!」とおしゃっていて。山荘を残されても、代が変わると維持管理も難しいらしく、近所の山荘はポツポツ売りにでたりしている。

山の非日常を楽しむにも、主体的に暮らしのあれこれを楽しまないことには、なかなかね。





Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-08-19 15:33 | 八ヶ岳スクラップ | Comments(0)

八ヶ岳オープンガーデン巡り8 〜セラヴィーリゾート泉郷 イングリッシュガーデン〜

 あまりに近くにあるオープンガーデンだから、見落としていましたよ。
甲斐小泉駅そばの貸別荘のセラヴィーリゾート泉郷(ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原とも言う)のイングリッシュガーデンです。
d0348118_12083106.jpg
 もうここはね、何度も倒産しちゃう(?!)のかと思っていたんですけどね。泉郷、なんとか持ちこたえてますね。
近所の星野リゾートのリゾナーレの賑わいもあって、このところ何かとかねぇ…。頑張れ!

 でもここは、その昔は名門リゾートだったんですよね。
大貸別荘とオーナー別荘が混在した区画は、なかかなか美しい高原の別荘地そのもの。
お庭も見事でした。…と過去形なのは、一時期経営を引き継いだ企業さんの悪趣味な趣向が多々あって、意味不明の女神像や巨大噴水が出来ちゃって私は、一時期、かなりひいておりましたよ。
美しいナチュラルな森をなんとしてくれるんだ!ていう怒りも感じたりしていました。
d0348118_12113788.jpg
 プレミアムコテージと呼ばれる一角。
宿泊客がいない、11ー14時だけの一般公開です。
d0348118_12115310.jpg
d0348118_12121350.jpg
 プレミアムコテージは、ウエディングなんかもできちゃうオープンガーデンが併設されていて、庭の設計もちゃんとしているし、植栽のバランスもこの山の特性をよくわかる人がお世話しているのねというのもよくわかって、素晴らしかったよ。
 今まで、ちょっと見くびってしまっていてごめんね~って感じでした。
d0348118_12123389.jpg
d0348118_12125981.jpg
 お庭の手入れをしているガーデナーさんが、見晴台周辺もいいよぉ~と教えてくださって、初めて行った泉郷内の見晴台。
d0348118_12131777.jpg
あの悪趣味な大噴水のロータリーそばにある展示SL列車の脇のトンネルをくぐっていきますけどね。ここからは、車は入れないから歩きでね!
d0348118_12133591.jpg
晴れれば、南アルプスや富士山も見えるのでしょうが、台風の影響で、”発達した入道雲”だね。

 睡蓮にガマの穂の池が見頃でした。
d0348118_12135825.jpg
d0348118_12142180.jpg
何気ない草むらに撮れてしまったガマの穂と睡蓮。
d0348118_12144272.jpg
写真の腕が…なくてどういう風にこういうシーンをとればいいのかしらね。
画像で伝えるって、結構大変だと気がついたよ。
d0348118_12150230.jpg
 別荘に来ている人が散歩をしているわけでもなく、だぁれもいなくて本当にもったいないなぁという一角。
バラは終わりましたが、ブットレア、オレガノ、アパガンサスのブルーガーデンは、見頃で満開でした。
d0348118_12152880.jpg
写真にとっても全然うまく撮れないね。ガーデン写真は難しいわ。
今日は、忌憚なくオープンガーデンの感想です。

頑張れ!泉郷。
萌木の村に続き、やっぱりポールさんに監修してもらって、八ヶ岳の植生の良さを存分にここに再現してもらいもんですわ。


by yukkescrap | 2017-08-07 12:17 | 八ヶ岳スクラップ | Comments(0)

八ヶ岳オープンガーデン巡り7 〜富士見高原オープンガーデンの家から〜

 富士見高原のペンション村を中心に「富士見高原オープンガーデンの家」というのがあるそうです。
いくつかペンションのオープンガーデンも拝見しましたが、やっぱり個人のお宅の手入れには、及ばないのね。
ペンションのオーナーさんから、「分譲地の〇〇さんのお庭をぜひご覧になった方がいいですよ。」と推薦された個人宅の庭です。
d0348118_20185458.jpg
 GREEN WALKさんにも薦められ、事前の連絡もないのに、Uさんにご紹介をいただいて、急きょお邪魔することになりました。
すでに19年目の庭だそうです。標高1200メートルとは思えない日当たりの良い庭。
d0348118_20205794.jpg
でもやっぱりイングリッシュ・ラベンダーとか、マイナス5度以下の耐寒性のないものは難しいのだそう。
この辺りは、冬場の気温はマイナス15度くらいまで下がり、土も凍結してしまうそうです。北海道の富良野のように、雪に覆われてしまえば、マイナス5度あたりで土は凍らないそうですが、雪は降らないけど、気温はぐっと下がるからね。
日本の栽培種の多くの耐寒性というのは、マイナス5度くらいなんだそうですよ。
d0348118_20193193.jpg
 そして、みんなさんが、声を揃えて絶賛するこちらのオーナーさんの奥さまは、小さな芽をみても、何色の花が咲くかわかるほどすごいグリーン・フィンガーの持ち主なんです。

d0348118_20213089.jpg
これは、ワスレナグサよと…。


 石の間のこの可愛い芽の双葉が、ワスレナグサと言われてもう、びっくりね。
盛夏と秋が一緒に来るような高原のことですからね。
切り戻した宿根草もすごく威勢がいい。切り戻し方に、微塵も迷いがない感じです。
d0348118_20153786.jpg
フシグロセンノウが満開です。八ヶ岳の山にも咲き誇る山野草の一種。節が黒いのね。

d0348118_20161237.jpg
 ステップの隙間に伸びる芽も、雑草と花芽の違いがはっきりあるそうです。レンガの隙間のこれはもちろん花芽。
d0348118_20175889.jpg
シンボルツリーの根元のクリスマスローズの茂み。和風の蹲もありました。
d0348118_20272608.jpg

 庭を案内して下さる間にも、ハサミで、咲き終えた花がらを摘み、雑草を抜き…。そのしぐさにも迷いがない。
d0348118_20225118.jpg
すごく珍しいスモークツリー。
ピンクのスモークツリーは多いけど、アカシヤのようなきれいな黄緑の葉に黄色のスモーク。
d0348118_20244000.jpg
この葉っぱをみて、ピンクと白の花の咲きわけがわかるというのもびっくり。
d0348118_20223318.jpg
シュウメイギクは、白を多めに残したいのね。ピンクは間引いて増えすぎないようにと、花が上がる前に、もう色のボリュームの配分がわかるそう。すごいガーデナーは、こういう感性もお持ちなんですね。
d0348118_20250268.jpg
 やっぱりこちらの庭もメインはバラですね。6月下旬が一番きれいですけどね、秋咲きもいいわよねと。
ご案内して下さったUさんが、僕はね、この朝露が乗ったバラのつぼみがなんとも好きだなと。
d0348118_20262092.jpg
 バックヤード。バッグの中身はもみ殻を、ドラム缶で燻製した燻炭。
d0348118_20242387.jpg
「土づくりは、冬の仕事なの。春には一斉に腐葉土を撒くのよ。」と。
腐葉土も、燻炭も自分の目に適うものを作り上げていらして。すごいなぁ…。土づくりしてこその庭ですものね。
d0348118_20141941.jpg
 ルバーブも盛大に。
ポタジェもおひとりでするのですか?と聞いたら、私は少しだけね。主人は別に畑を借りていますからと。
Uサン曰く、こちらのルバーブのジャムも最高に美味しいそうです。わかるわ。
フェンス沿いには、サクランボ、プラム、李、葡萄などの果樹もいっぱいありました。
d0348118_20194677.jpg
 はぁ~。
富士見高原のオープンガーデンのレベルは、もうすごすぎて!感動の嵐だったのでした。
富士見高原を抜けた、原村にもオープンガーデンがいっぱいあると聞く。私のオープンガーデンめぐりは、まだまだ続きそうです。


Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-08-02 00:47 | 八ヶ岳スクラップ | Comments(0)

八ヶ岳オープンガーデン巡り6 〜男の隠れ家 シェード・ガーデン〜

 昨日の記事の予告どおり、GREEN WALKさんで、お目にかかったUさんのお庭です。

「エクステリアが、本当に素晴らしいのよ。手づくりの男の隠れ家もあるのよぉ。」と、GREEN WALKの奥さまが、大絶賛。
初対面にもかかわらず、Uさんのお庭も拝見することになりまして。

 わたしが、「うちの庭は、雑木の陰で日当たりが悪くて…。」と嘆いたら、
「うちもそうですよ。でも逆にその特性を存分に活かしてますね。」と。
d0348118_18271776.jpg
エントランスからすごいです。
わぉ、切り株を活かした門柱のグリーンアレンジです。(でも住所も入っているから、門柱の写真はなしね。)

 本宅の裏庭にこしらえた隠れ家のBarです。
ご近所のちょい悪(?)親父が集まるんでしょうかね?

最近創刊された元LEONの編集長のシニア向けファッション雑誌GG(ゴールデン・ジェネレーションの男性ファッション雑誌)。
そんな雑誌に特集されそうな男の隠れ家です。
d0348118_19431849.jpg
なんたって、電気工事まで、全部手作りですよ。漆喰も良い感じでした。
小径のアーチにつたうのは、ホップ!
そうです、おじ様の大人気クラフト・ビール作りのためですね。
なんてかっこいいんでしょう! 薪小屋さえもオサレです。
d0348118_19435253.jpg
 お庭ってお花がいっぱいの女性っぽい庭が多いけど、日陰の薄暗さを存分に活かしてグリーンの濃淡、葉っぱの形状をふんだんに活かした庭も素敵です。
グリーンに合わせたアンティークの海外雑貨も庭のあちこちにちりばめている。なんとも男らしく渋いですね。

 それでも満開のユリが、玄関わきのブリキのバケツに何気なく活けられていて。
心憎い演出ですねぇ~。まるで私が訪ねて行くのを待っていたかのような佇まいです。
d0348118_18281558.jpg
 手づくりのピザ釜もありました。温度計付き!
ダーツや、ゴルフのパターを練習するグリーンも…。
d0348118_19464829.jpg
 バードフィーダーも、まるで海外の庭のようです。
コスタリカあたありロッジみたいだなぁ。ハチドリが飛んできそうです。
d0348118_19474968.jpg
 隠れ家を絵に描いて、それをフレーム。
そして植栽に。すごすぎるねぇ。アートもちりばめられています。
d0348118_19484792.jpg
d0348118_19490806.jpg
白樺と車輪、根元の植栽のバランスの妙!
d0348118_19493585.jpg
 「パーゴラってもとはイタリアなんだよね。それがアメリカに伝わって、エクステリアを飾るようになったんですよ。」と教えられました。手前のバードバスがこれまたすごく素敵な青銅色ですね。山あじさいと見事なマッチング。

 草刈した草を集めておくコンポスト。壊れた風レンガの積み方までもが、素敵ですね。
d0348118_19495770.jpg

 自作のウッドデッキや、素晴らしい薪ストーブ、実は、Barの中まで拝見してしまいました。
フェンスのガードの針金もこげ茶色に塗られているんです。
d0348118_18274179.jpg
そしてなんといっても、随所に遊び心が満載ですよね。
海外生活も豊富、豊かな人生経験と、趣味の良さ、深い教養。手作りで、細部にわたるこだわり。「大人の男の庭」という感じです。
 趣味が広く深く、人生を楽しむ姿勢。雑木の庭に、その人の豊かな人生をみるような思いがしました。
おじさまのセカンドライフのかっこよさにクラクラしてしまいました。素晴らしいなぁ、こういう大人の庭作り。
急に伺ったのに、庭の設えの完成度の高さと、何気ない心使いが施されていて…。
この後、どなたか訪問者がいらっしゃったでしょうか?そんな感じでもなかったんですけどね。
なんだか、ちょっと利休を思い浮かべましたよ。

 Uさん、本当にありがとうございました。
そして、この後、またまたUさんのご紹介で、さらに近所のお庭をご紹介していただくことになったのでした。
続く…。



by yukkescrap | 2017-08-01 00:13 | 八ヶ岳スクラップ | Comments(2)

八ヶ岳オープンガーデン巡り5 〜富士見高原 GREEN WALK〜

 一度山を下りましたけど、夫と週末、金曜日の夜からまた八ヶ岳へ。
あいにくの雨模様でしたが、雨の日もいいものです。
d0348118_18231986.jpg
 小淵沢から、八ヶ岳方向へ登り、鉢巻道路へ。
この道路沿いの標高1200メートルという寒冷地の別荘地内にある個人宅のオープン・ガーデンへ。
d0348118_18234738.jpg
エントランス付近のホワイトガーデン
d0348118_18242533.jpg
 あまりの素晴らしさに、言葉を失くし、あとから写真を見ても、なんだか焦点の合わない写真ばっかりで、こりゃブログにならないなぁと画像の編集をしながら思いました。
それくらい、目で見た感動は大きかったんですよね。
d0348118_18244671.jpg
 無理を言ってシーズンでもないこの時期、ちょうどウッドデッキの工事も入っている中に見学させていただきました。
d0348118_18251258.jpg
バラは主にご主人様が育てているそうですが、なんと200本以上。


圧巻です。
ROSE WALKという一角もあるほどですが、ホワイトガーデンを囲むバラもあって、すごいことといったら。
この標高でのバラですから、ご苦労は本当にたくさんおありだと思います。
d0348118_18253295.jpg
クレマチスのパーゴラ

d0348118_18272535.jpg
 でも宿根草などは、背丈以上に大きく育ったものもばかりで、グリーン・フィンガーがあってこその丹精込めたお庭です。
d0348118_18274953.jpg
色とりどりのノコギリ草が、満開のシーズン。

そこかしこのDIYの工夫や、花壇の設計デザインなども本当に素晴らしくてね。
d0348118_18270345.jpg
参考になります。
d0348118_18263841.jpg
冬の間に、ご主人様が、木工道具で、フェンスを裁断してペイントするそうですよ。
d0348118_18283276.jpg
実際に行ってご覧になりたい方もいると思うので、詳しくお庭の様子をお話しするのは…やめておきますね。
d0348118_18285692.jpg
これ、マグノリアの実ですって!

 ご夫妻の、暖かい歓迎を受けて、わたしは、質問もいっぱい。
d0348118_18293809.jpg
d0348118_18295998.jpg
奥さま、素手で、葉っぱに穴をあけるコガネムシをペットボトルに。庭を歩くたびに、捕まえていらしてお見事です。
d0348118_18301830.jpg
 来6月のバラのシーズンにまたいらしてねと。
時期は、やっぱりこちらも6月。
今は、はやくも標高のたかいこのあたりは、夏から秋の花への交代時期でしたが、どれもが言葉を失くすほどに素晴らしくて感動の八ヶ岳GREEN WALKさんのお庭でした。本当にありがとうございました。

 奥さまが、毎日更新されているブログ「一歩、二歩、散歩」には、お庭の様子がいっぱい。
あぁ、素晴らしかったよぉ~。

 そして、偶然にお庭にいらしていたご近所の方から、お庭を次々とご紹介していただいて、
なんとこの後は、驚くような素晴らしい個人宅のオープンガーデンをまわらせていただく事になったのでした。
お花好きには悪い人はいないのよね。
富士見高原オープンガーデンは、明日へつづく。



by yukkescrap | 2017-07-31 00:10 | 八ヶ岳スクラップ | Comments(0)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

おばあちゃんスタイルの栗の甘露煮
at 2017-10-16 12:27
山のごちそう ~山戸ユカさん..
at 2017-10-15 10:12
秋の庭仕事 ~鹿よけガード~
at 2017-10-14 05:47
でっかい秋がやって来た!
at 2017-10-13 08:31
薪ストーブがやって来たよ 〜..
at 2017-10-11 09:05

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> etigoya13-..
by yukkescrap at 05:43
> tokohouseさ..
by yukkescrap at 05:40
私も2回目の渋皮煮が終わ..
by etigoya13-3 at 21:36
yukkescrapさま..
by tokohouse at 21:04
> tokohouseさ..
by yukkescrap at 16:11
こはく色 栗の甘露煮お正..
by tokohouse at 15:38
> zeltinaさん ..
by yukkescrap at 13:06
こんばんは(*^^*)こ..
by zeltina at 21:40
> touryounoi..
by yukkescrap at 01:50
素敵なストーブ! シン..
by touryounoie at 23:34

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(67)
(47)
(38)
(32)
(30)
(25)
(23)
(23)
(22)
(20)
(18)
(18)
(17)
(16)
(14)
(12)
(8)
(8)
(8)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド