カテゴリ:おさんぽスクラップ( 34 )

ど根性スミレ

 花冷えなのかな?
陽射しはすっかり春なのに、朝晩はひんやり。
花吹雪の桜ばかりを見ていたけど、ふと足元に目を落としたら、歩道とアスファルトの道路の隙間に、ど根性スミレ。
d0348118_14352145.jpg
 見向きもされないたたずまいですけど、凛として可愛い。知らぬ間にこんなに背丈も伸びてます。
思わずiPhoneで撮影。

 元気をもらったなぁ~。
今日も、頑張ろう!
春爛漫だわ。

by yukkescrap | 2017-04-13 14:40 | おさんぽスクラップ | Comments(0)

わたしの好きなお花見スポット

 桜のお花見は、みなさんお気に入りのスポットがありますかぁ〜?
名古屋の桜、満開です、雨に散りもせず…。

わたしは、五月の八ヶ岳にすきな山桜があるんですか、名古屋で一番好きなのは、ここです。
d0348118_14170873.jpg
仲良し自転車が、可愛いわね。
d0348118_14165108.jpg
「あまり教えたくないけどねぇ~。」なんてケチは言わないの。
d0348118_14183028.jpg
ポケモンゲームで一躍有名になった鶴舞公園の端っこにある、八幡山古墳のソメイヨシノです。
d0348118_14181424.jpg

鶴舞公園内は、連日すごい人出で、宴も賑やかなんですが、
八幡山古墳は歴史史跡なので、桜の根元には、立ち入り禁止。
d0348118_14190912.jpg

おかげで、ぐるりっと、小山をめぐる200mほどの歩道をのんびりと歩く人もまばらですよ。
この古墳の小山がすっかりソメイヨシノで埋まってるんです。
d0348118_14195055.jpg
 早朝は、この山の向こうから登る朝日が枝の間をすり抜けて、「朝日に透けて光る美しい桜」を撮影するカメラマンがいっぱいらしいけどね。
地下鉄の始発でも間に合わない時間なので、まだ朝日に光る桜を見たことがないけれど、フォトジェニックなスポットで有名です。
d0348118_14203577.jpg
昼間もとってもいいのよ。
d0348118_14205324.jpg
右下の丸いところが八幡山古墳。名古屋で一番好きなお花見スポットです。

私の桜ショット&お花見弁当

by yukkescrap | 2017-04-06 14:24 | おさんぽスクラップ | Comments(0)

名古屋城の桜 〜名古屋なんて、だいすき〜

 名古屋に越してきて、早3回目のお花見です。
毎年出張と重なって、名古屋城でお花見ができない夫と、初めての名古屋城お花見さんぽ。

 見頃には、まだちょっと…。満開のお花見は来週の出直しかな?
d0348118_10203678.jpg
新幹線から降り立つ真新しいスーツのフレッシュマンたち。
思わず、「頑張れ!」と肩をたたきたくなっちゃう。
d0348118_10210245.jpg
 研修中のネームプレートの新人さんが、汗をかきながらたどたどしく接客する様子にも、心の中で、「誰にも新人時代があるんだよ。頑張れ!」と、時間がかかっても大切に見守りたくなるね。

日本の未来は、君にかかってるよ!
d0348118_10212559.jpg
自分がすごくおとなになった気持ちになる春です。

追伸
名古屋城の天守閣は、コンクリート造りですが、この度、木造で再建が決定。
シャチホコと桜の景色は、しばらく見納めかもしれませんね。
住みたくない街ナンバーワン、魅力ない街順位を払拭すべく、
名古屋市が募集したPRのキャッチコピーは、「名古屋なんて、だいすき」に決定。
うふふ、わかるわぁ〜。脱・行きたくない街を目指そう。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-04-04 00:14 | おさんぽスクラップ | Comments(5)

一足早い名古屋のお花見 ~白壁の文化のみち周辺~

 名古屋のソメイヨシノの開花は、まだもう少し先のようです。
名古屋市内でどこよりも早くお花見ができる「文化のみち」周辺は、大河津桜が、豪華なピンクの花をつけて満開です。
大好きな散策ルートです。
d0348118_13390683.jpg
 ちょっと風が強かったけどね、我が家からママチャリで。
名古屋市東区の歴史地区には、白壁(しらかべ)、主税町(ちからまち)、撞木(しゅもく)という読みが難しい名称の歴史地区があります。
川上貞奴の旧邸・文化のみち二葉館の前の道を南へおよそ3キロがずっと見事な桜並木。
d0348118_13393066.jpg
 なぜか、たくさんの高齢シニアのひとがお散歩されていました。
d0348118_13395752.jpg
いつもは、もっとモリモリっと密に咲くんですよ。昨年剪定したから今年はスカスカしてるなぁとガソリンスタンドのおじさんは言ってたけど、いえいえ素晴らしく綺麗ですよ。
d0348118_13402430.jpg
 八重咲きの大きな花が雪洞みたいでね。
歴史を背負って、大事にされている素敵な桜並木でした。

陽射しはすっかり暖かいのに、風が冷たい。
ママチャリで風を切って走ったら、指がすっかりかじかんでしまったよ。
早く暖かくなって欲しいなぁ。

名古屋歴史地区 文化のみち



Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-03-25 00:23 | おさんぽスクラップ | Comments(2)

東京さんぽ 根津美術館 ~百椿図~

 三日連続の講演会の仕事で東京へ。娘夫婦の家にお邪魔させてもらう。
自分の家だが、住み手によって、もう、すっかり違う家みたい。それでいいと思うわ。
d0348118_15393737.jpg
 仏教美術に造詣の深い娘婿に連れられて、仏教美術のコレクションに篤い南青山の根津美術館へ。

d0348118_15392070.jpg
日本人の母娘に、アメリカ人の彼が丁寧に仏教美術を解説してくれるという珍しい鑑賞スタイル。帝釈天と梵天の説明を熱心に聞く娘の姿が可笑しい。
d0348118_15384402.jpg
 開催中の染付の藍の美しさにうなりながらも、私はこの美術館の所属品の美しい椿が満載の「百椿図」にすっかり魅せられてしまいました。
椿の季節で、今盛りに咲いていますが、最近の椿は、ローズ色が多いなぁ。
昔のような真っ赤な一重の朱色に黄色の雄しべの紅椿をとんと見なくなりました。

 遠き江戸の時代に、椿の大ブームがあったとかで、百ものたくさんの椿が描かれている。
20メートル以上の巻ものにたくさんの椿が歌と一緒に。
椿絵の構図はテーブルセッティングみたいだし、扇にのせたり、皿に乗せたりインテリア性の高い構図などもあって、それはそれは高尚。どれもが見事。

シャネルが愛したのは八重咲きの真っ白な椿、Camellia。もちろんそれもあるけれど、椿は日本から欧米へ伝わった園芸種と知る。
原種の保存が難しく種が絶えてしまったものもあるとの解説に、あの朱色の椿をみかけなくなったのは、そんな理由もあるのだろうかと思いました。どこかでもう一度見たいものです。

d0348118_15400062.jpg
いつ来ても美しい根津美術館の正面アプローチを抜けながら、タイムトンネルを抜けるようであの紅は、なんだか遠い幻になってしまったような気がして、とっても不思議な気分になりました。

Instagram
Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-01-21 15:22 | おさんぽスクラップ | Comments(0)

東京たてものさんぽ ~昭和の暮らし博物館 大田区久が原~

 五反田のイベントの用事があったので、可愛い電車東急池上線で五反田から久が原へ。
住宅街を10分ほど歩き、小さな旗の目印を見て横丁の径を抜けると、なんとも懐かしい建物がありました。
d0348118_07340876.jpg
 昭和の暮らしや道具を研究されている小泉和子さんのご実家、小泉邸を昭和の暮らし博物館として重要文化財指定を受けて公開している昭和のくらし博物館です。
d0348118_07342976.jpg
サザエさんや、とと姉ちゃんの舞台になりそうなごく普通の建物ですが、施主の小泉氏は建築家でもあり、戦後復興に庶民的な予算(住宅金融公庫の審査に通る建坪と建設費)で随所に庶民らしい工夫と知恵が詰まった住み手の家に対する愛おしい気持ちにあふれた家です。

 昭和レトロを懐かしむだけでなく、その当時の日本人の住まいに対する気持ちや、暮らしの根源を見るようないい博物館。ご近所には、あの花森安治の家もあったそうで、昭和の文化人が多く住んでいた地域のようです。でも決して近所の田園調布のような豪邸の街並みではないのね。
d0348118_07345163.jpg
 私には懐かしいものがいっぱいで、手押しポンプの井戸、ゴミ箱やブリキのバケツ、たらいに洗濯板、七輪や火鉢の火消し壺、なんと着物の洗い張りの貼り板までありました。お家の中は撮影禁止なので、もっと楽しく懐かしいものがいっぱいでしたが、そこに見る美しい日本の知恵と工夫を大事に後世に伝えようとする思いもひしひしと感じます。

 博物館の説明役をする女子大生さんたちに、「昭和レトロがお好きなの?それとも研究のテーマですか?」とお聞きしたら、そのどちらでもなく、ご実家のおばあさま(たぶん70歳代)の丁寧な暮らしぶりをずっと見てきて、いつも梅干しをつけたりする保存食の知恵や、衣類を繕ったりする暮らしが身近にあったから、私たちにも特別なものではないんです。というお返事をもらって驚きました。
d0348118_07351614.jpg
 すっかりこういうことは、現代っ子たちには、特異なもの、無縁のものと思っていた私の想像力よりもずっと、どこかに小さな継承はあるんだなと驚かされたりもして。偏見だったわ。

 今月22日には、コッペパンの揚げパンをめぐるワークショップやイベントもあるそうで、
「このご近所のパン屋さんが揚げパン発祥なんですよ。」とおっしゃっていました。今も人気の美味しい工夫をしたパン屋さんとのイベントだそうです。こちら→
d0348118_07355348.jpg
 庭には、南天、ヤマブキ、桜、柘植、大きな柿の木。
縁側に座ってしばらく柿の実を眺めていました。大事な日本の日常の暮らしを振り返ることなく過ごしていたけど、改めてその工夫や知恵を大事に伝えていく年齢になったなぁと思いながら次のイベントへ。

**********

 連載コラムを寄稿させていただいていた「どうする40」の「おばフォー祭り」に参加です。
「ブログ読んでますよぉ~。」というお言葉をいただくといつもおおいに励みになります。

ご縁をいただいた寄稿者の皆さんのパネルディスカッションや、たのしいおしゃべりに大充実の一日でした。
 みんな本当にオープンマインド。さすがにブロガーたちは、自分の想いを伝えたり、シェアするのが上手すぎて、楽しさが止まらないのでした。

d0348118_07323885.jpg
 参加記念にいただいた切り絵。うふふ、わたし的ツボです。


Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-18 07:39 | おさんぽスクラップ | Comments(0)

セレクトショップ本屋SPBS  ~奥渋谷さんぽ~

 20代ころ遊び倒した渋谷も109ができてからというもの、電車の乗り換えには通過するけれども街を歩くことは、ほとんどなくなった。COW BOOKSの記事をアップしたら、本好きな友人から、ぜひともと薦めらたのが、SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(略称SPBS)。
d0348118_10495881.jpg

 夜中の12時まで空いているという渋谷らしい本屋さんですが、ここも素敵な本のセレクトショップ。
セレクト書店が、こうして文化的な暮らしを大事に考える人が多く住む街に増えていくのは嬉しい。

珍しく渋谷で降りて、外国人観光客がスマホで動画を撮るスクランブル交差点を走り抜け、喧騒を追い払うように道玄坂を登り、東急百貨店の本館に突き当ったら、右へ。
 時々、映画を観に来るシアター系の小さな映画館UPLINKを通りすぎると、あたりはあの頃の渋谷みたいな懐かしい街並みに。
UPLINKは、映画に関連する料理をだすカフェ tabelaが一階にあって、ベトナム映画にベトナム料理みたいな感じで楽しめるから、ついつい映画のあとにも寄ってしまうところ。ここへは、いつも独りで観に行って、独りで食べてくるわたしの秘かな憩いの場所。
d0348118_10503395.jpg

 私が若いころ通っていた渋谷のスペイン坂あたりの雰囲気がまだ残る通り沿いに、あれこれ楽しいお店がたくさんできていて、こんなさんぽもいいなと思う。
 東京の新しい街にはすぐにカフェばかりが乱立してしまうのだけど、ここはちょっと違うみたいね。
東急本店から、小田急線の代々木八幡駅までの一本道のあたりを奥渋谷というらしい。
d0348118_10513306.jpg

 SPBSのカウンターで、休日のための奥渋谷ローカルマップ(無料で配布)をいただいた。
何も予定のない休日に、喧騒を抜けてこんなところを歩くのもいいもんだなと思うよ。
d0348118_10515949.jpg

 書店の書棚には、へぇ~、書店員さんのセンスが光るなぁという「こんな本があるの」というももばかりでワクワクする。
普及版 リトル・トリー」や「[まとめ買い] 吉祥寺だけが住みたい街ですか?(ヤングマガジンコミックス)」なども気になったのだけど、蔵書を増やすのはと思って読みたい本を記憶だけして(メモや写メを撮るにはやっぱり遠慮があるからね)、文庫の帯にひかれてこの本だけを買って。
d0348118_10522181.jpg

 文庫になった本は、まず解説文を斜め読みしてから購入を決めることが多い。今回もそれにひかれて。レトロ過ぎる昭和のC級小説、そんなのありか?満載の展開があり過ぎてあっさり読了する。

この書店は、UPLINKで映画を観た帰りに、きっと必ず寄る書店になると思うわ。




Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-17 01:25 | おさんぽスクラップ | Comments(3)

東京たてものさんぽ ~代官山ヒルサイドテラス旧朝倉家住宅~

 渋谷で打ち合わせの帰りに、代官山ヒルサイドテラスに隣接する旧朝倉家住宅へ。
d0348118_09285738.jpg
大好きな日本のたてものさんぽ。代官山にこんな素敵なところがあったとは!って誰もが思う穴場のさんぽコース。
d0348118_09291601.jpg
 今は渋谷区が管理する重要文化財ですが、大正8年に出来た当時の豪農の住まい。その後大臣邸や、迎賓館的な使われ方もして戦火からも逃れ、東京の一等地に見事な日本のお屋敷。
d0348118_09293418.jpg
古い日本の家に来ると必ずみちゃう。雨戸の戸袋がたまらなく好き!なんです。

 とにかくこの家は、趣味がいい。
d0348118_09303823.jpg
とかく財をなして建築された豪邸(たとえばかの自動車翁とか、酒造翁などの豪邸)は、金蘭豪華すぎて和洋折衷のバランスもうーんと悩みどころなのだけど、このお屋敷は、実に清々と感じる。

欄間や座敷も襖絵も凝りすぎず、どこにお金をかけたかと言えば建築資材。
もちろん、襖絵も屏風も見事ですが、成金っぽさがないわびさびの優美さ。だからこそ価値を感じるわけね。
d0348118_09310239.jpg
見事な板戸や、板目の柱などは、おぉ、こういうところにこそこだわる必要があるのだなと思わせます。
d0348118_09322675.jpg
 長い歴史を経た住まいは、時代ごとに修復や改修もあってモダンになっていくけど、このお屋敷はとことんそのままに現存していてすごかったですよ。

 紅葉にはまだ早いけど、訪れる人は、欧米人の「日本の粋」を面白がる人ばかり。
日本の建物なのに、なぜか欧米人に混ざって見学している変な違和感にちょっと笑いながら。
d0348118_09324612.jpg
 ここから目黒川が見下ろせて、昔は富士山も見えたそうですが、もうビル群しか望めません。
坂を下って中目黒へさんぽは続きました。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-15 01:16 | おさんぽスクラップ | Comments(2)

東京たてものさんぽ ~旧朝香宮邸 東京都庭園美術館~

 松浦弥太郎さんの「センス入門」を読んでいたら、センス磨きには重要文化財などの本物を見る目を育てろとあって、重い腰をあげて、ずいぶん前から行きたかった目黒の東京都庭園美術館の旧朝香宮邸へ。
d0348118_09184557.jpg
 アール・デコのそれはそれは美しい建物でした。
d0348118_09193027.jpg
宮家のこだわりもあるのでしょうが、パリ留学経験のある施主のおふたりの感性に、皇族ならではの日本の美の様式がプラスされて、随所にこだわりを見せます。
これだけの家を造るには、宮内庁の大工たちはもとより、ご本人たちに、それだけのセンスと妥協のない想いがあったからと思います。財力だけでは成し得ないものだわねぇと。
d0348118_09195719.jpg
 正面玄関のガラスのレリーフはため息が出るほど美しい。
しっとりとしたタイルの色目は、日本の草木の色感を感じさせます。
d0348118_09215483.jpg
 石材もさることながら、惹かれたのは金物。
d0348118_09223725.jpg
ラジエターや、門扉、レジスターに施されたこの美しいデザインは、妃殿下のものとあって、センスのいい方だったのでしょうね。
d0348118_09231768.jpg
青海波にチューリップの組み合わせもある。
d0348118_09235183.jpg
 NHK朝の連続ドラマの神戸の洋館の様子を楽しみに見ているけど、それよりももちろんずっと趣味がいい。
ただ、こういう立派な建物に暮らした当主よりもそれに仕えたであろう多くの使用人にも思いをはせてしまう。
d0348118_09244166.jpg
今の若人なら、家庭の使用人は、お金持ちの雇うお手伝いさんと思うだろうが、この時代には、越えがたい階級社会があって、主従関係はどれほどのものであたのか。
d0348118_09250341.jpg
 私とアール・デコの本格的な出会いは、インドのムンバイでした。
埋め立てられた海岸線沿いの建物の多くがアール・デコ様式、街の中心部に向かってゴシック建築と、長い植民地が受けた建築の影響は、こんなところにも表れていて、長い長い階級社会を見渡せました。

 ただ、これほどに大事に戦火からものがれたこの旧朝香宮邸の美しさには、支配者的ないやらしさを感じないところが、一流のモノである証拠なのかなとおもったりして。
d0348118_09255714.jpg
照明も、家具調度品のセンスも素晴らしい。
d0348118_09263520.jpg
 目を肥やす、センスを磨くというのは、美しさだけじゃなくて、そんな背景も感じていく感性なのかなとも思いながら。
d0348118_09270884.jpg
なんと、カメラ女子がいっぱいです。この建物は、写真撮影はどこでもOK。写真のレッスンにはもってこいね。

Instagram
Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-12 09:27 | おさんぽスクラップ | Comments(2)

あいちトリエンナーレ2016 ~ 岡崎会場 ~

 名古屋駅から、名鉄線で約30分。岡崎市のあいちトリエンナーレ会場を目指します。
いいお天気!私は、フリーパスチケットを買ったので、駅で無料のレンタサイクルの利用ができました。
d0348118_10285972.jpg
まずは、オープンエアー会場の籠田公園で、ジョアン・モデのNet Projectへ。名古屋市美術館にもあった参加型アート。
有機的、集合的なアートの形。なんだかいっぱいの愛情感じます。
d0348118_10293352.jpg
私もオレンジの糸で参加しちゃおう。
d0348118_10300702.jpg
 岡崎会場には、岡崎の食のテーマを古民家でという発想の元、ご当地自慢の八丁味噌や、器、スパイスなどの香、タイルの産業などを展示した重要保存建物の石原邸へ。
d0348118_10305177.jpg

素敵な古民家の中のアートで、私の大好きな感じのもの。
d0348118_10313572.jpg
d0348118_10314830.jpg
d0348118_10321944.jpg
d0348118_10324924.jpg

 もう一つ、気になっていたのが、私の第二の故郷、インド・ムンバイのアーティスト、Shreyas KARLEの作品。
d0348118_10332254.jpg
ムンバイのマリナンポイントの古いビル街を思わせるような商業ビルそのものをアートに。
戦後に建てられたモダニズム建築のビルですが、この建物だけでもググっときちゃう。
d0348118_10334704.jpg
こういうビルがいっぱいのムンバイだったから、私は郷愁も感じちゃうの。
d0348118_10340641.jpg
インドも、日本も、欧米の建築や文化の影響を受けながらも、その国らしい暮らしや思想があるというものでした。
周辺の地理、歴史、文化を視覚化する。
d0348118_10343277.jpg

解説ファイルを渡されましたが、さすがインド人アーティストだけあって、難解。
きっと思惑や、哲学をテキストにもしたのでしょうか、見て感じる感性の説明があまりにも難解すぎて…(涙)
ムンバイに居た時に感じていた、インド人の思考の深さを、また、まざまざ感じずにはいられません。
 でもよくわかるのは、新しい土地に暮らす時の感性というのは、きっとこういうことだよねと、いろいろな国や歴史や、文化を背負ったところに暮らして流れてきた私は、すごく共感する感性でもありました。

 いやぁ~、岡崎はどうしようかと思っていたけどね。行ってよかったわ。
これはやっぱり豊橋会場にもいかなくちゃでしょうかね。アートが止まらないぞ!

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-08 01:15 | おさんぽスクラップ | Comments(0)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

今週のパッチワーク ~Bor..
at 2017-04-29 00:12
今週のパッチワーク ~Map..
at 2017-04-28 14:11
ブックカフェのある贅沢 ~リ..
at 2017-04-26 11:43
小淵沢の桜
at 2017-04-25 11:01
2017八ヶ岳の春ガーデンから 
at 2017-04-24 10:44

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> otenbaseni..
by yukkescrap at 06:16
> lanovaさん ..
by yukkescrap at 06:14
ここまでくればもう完成間..
by otenbasenior at 05:55
ああ、またしてもチクチク..
by lanova at 01:56
> africajさん ..
by yukkescrap at 07:18
おはようございます。 ..
by africaj at 07:05
> bibourokut..
by yukkescrap at 20:36
>ビンボー臭いかなぁ ..
by bibourokutosite at 20:24
> bluerose-l..
by yukkescrap at 17:54
おはようございます^^ ..
by bluerose-lace at 10:34

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(47)
(37)
(36)
(30)
(23)
(23)
(20)
(20)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(13)
(12)
(10)
(8)
(7)
(7)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド