カテゴリ:小さな旅スクラップ( 16 )

窯元めぐり ~四日市・萬古焼まつり~

 名古屋に暮らしはじめて、一番楽しい小さな旅は、窯元めぐりです。東海地方は有名な窯元がいっぱいだからね。
瀬戸、赤津、土岐、多治見、常滑とずいぶん回ってきました。
今回は、伊勢湾の向こう側、名古屋駅から近鉄で、三重県四日市市の萬古焼きまつりへ。
萬古焼については、こちら→★
d0348118_09085258.jpg
 わたしは、長いこと常滑焼と萬古焼の急須を同じものと思っていました。
伊勢湾を囲む愛知県の常滑市と、三重県の四日市の急須は、ぜんぜん違うということを、じつは最近知ったのでした。
d0348118_09091336.jpg
萬古焼は、みんながよく知る土鍋の生産で日本一(約9割を占めるそうです)。見覚えのある土鍋ですよね。
d0348118_09093892.jpg
ほかには、急須、蚊やりのぶーちゃんも有名ね。

今回は、日本茶を毎日最低3回は愉しむ我が家の日常に使う急須探し。
湯冷ましで丁寧に冷まして、美味しくお茶を淹れる夫のこだわりは、半端ないのね。
いつもは、常滑焼の急須ですけどね。萬古焼もいいよね。常滑ほどこだわらないざっくりした作風。まさに日常の器。

左利き用のお急須。
d0348118_09160124.jpg



 若い作家さんのこんな作品も好きだわ。
d0348118_09102153.jpg
d0348118_09104244.jpg
帰路に、四日市名物の「トンヤキ」を。

豚肉をウスターソースで、甘辛煮した名物ですって。
d0348118_09111037.jpg
 私よりも、最近はずっと陶器市を楽しんでいる夫。
今回も、ぐい飲み、焼酎グラス、蕎麦ちょこと男の道楽とも言えそうなお目当てを手に入れて喜んでいました。
それにしても、すごい人です。

 四日市はね、工場コンビナートを巡る夜景クルーズっていうのも最近ブームなの。
次回は、伊勢湾から行ってみたいと思います。



Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-05-14 19:51 | 小さな旅スクラップ | Comments(0)

奥飛騨から新穂高へ

 お揃いで、あつらえた雪用ブーツを履いて、残雪の奥飛騨から新穂高へ。
d0348118_17314640.jpg
ようやくの秘湯めぐりです。
 
 わたしは、いつも絶賛の晴れ女!今回もあっぱれの大晴天ですよ。
高山から路線バスで新穂高ロープウェイ駅へ。10分ほど2本のロープウェイを乗りついで、残雪たっぷりの北アルプス穂高連峰へ。夫は、大満足だったみたいです。
展望台からの絶景。この向こうは上高地。
d0348118_17321464.jpg
穂高への登山は、上高地と、この奥飛騨から。
槍ヶ岳の小さなピークが左に小さくのぞいています。
d0348118_17330939.jpg
 冬山登山の登山口なので、重装備の山男、山ガールがいっぱい。
山岳警備隊のヘリコプターが、ずいぶん長い事パトロールしていましたが、肉眼で見えるほどハイカーがいっぱいでした。全然、寒くないの。いいお天気だぁ~。


 夫に写真を撮ってももらったら、こんな出来ですよ。
いつもながらセンスのなさに大笑いだわ。ズームって知らないのかね?
拡大しても私の顔が判別できませーん。
d0348118_17343233.jpg
 そして、写真を撮られるのが大嫌いなのだ。
d0348118_17352236.jpg
d0348118_17354784.jpg
 
穂高に突き当たるように奥飛騨の温泉郷は、秘湯の里。活火山に囲まれていますからね。
d0348118_17375110.jpg
今日も、焼岳からは、白く噴煙が上がっていたよ。

秘湯に何度もつかって、リラックスしすぎて、ふにゃふにゃになって戻ってきました。
 また明日から出張ですって、桜のころに間に合う帰国になりますように!
わたしも、しばらく東京に戻って仕事に励みます。


Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-03-05 17:39 | 小さな旅スクラップ | Comments(4)

伊那の里の美術館 ~かんてんパパガーデン~ 

 日本で一番働きたい会社って。どんな会社なのかとっても気になっていましたよ。
伊那市にある伊那食品工業株式会社
今年の最初の夫との小さな旅は、その会社が敷地内に運営する「かんてんぱぱガーデン」へ。
d0348118_13260950.jpg
伊那市は、中央アルプスと、南アルプスの間に広がる日本らしい里山の街。
伊那寒天の経営理念は、たくさんのマスコミに取り上げられているから、今更の説明もないのですが、美しいお庭や、CSRの一環として作られた美術館は、地域や、自然環境や、人を大切にしている会社らしいボタニカルアートの野村陽子さんの美術館でした。
d0348118_13254538.jpg
絵心がかきたたられちゃって、植物細密画習いたいねと夫とうっとりです。
山小屋用につゆ草の複製を買い求めてきました。
d0348118_13255617.jpg
敷地内にある信州そばの「栃の木」というお蕎麦屋さん。期待以上の美味しさで、蕎麦道楽。の夫は、十割の田舎蕎麦、私は鴨蕎麦。
d0348118_13262290.jpg
 ガーデン内の設備も地域貢献も、食へのこだわりも素晴らしくて、本当に日本一働きたくなる会社の意味がよく分かります。思わず、「正しく働くこと」は、厳しい自律の心によるのだろうなぁと、社長さんのことを遠く思って、思わず背筋がピンとしました。


by yukkescrap | 2017-01-14 01:15 | 小さな旅スクラップ | Comments(4)

銀世界の小海線旅 ~小淵沢から小諸まで~

 久しぶりの八ヶ岳です。金曜日の夜に到着したら、どさっと雪に埋まっていた山小屋。
朝起きてびっくり!11月の早い初雪。こんなに雪が積もるのも珍しい、八ヶ岳南麓は雪が少ない所ですから。
d0348118_09290279.jpg
 紅葉を楽しみに来たのに大雪のおかげで、紅葉は一気に散り去って木立になっていたよ。
久々に、小海線に乗ってみようと小淵沢から小諸まで。JR線ではもっとも標高の高い野辺山をこえて、佐久市を超えて、小諸を目指します。
d0348118_09293285.jpg
2時間の各駅停車の旅。初雪のおかげで、旅情がそそられます。
d0348118_09295594.jpg
 夫はまたもや運転手さんの後ろにへばりつき。男はみんな電車がすきなんだよって。
d0348118_09301636.jpg
野辺山からの八ヶ岳。
いつも眺める八ヶ岳とはフォルムを変えていて、私たち南麓の人は、これを裏八ヶ岳と呼んでいます。

私は、今回初めて、単線のこの電車が、ディーゼル列車で、電気の送電線がないことを認識したの。
(長良川鉄道もディーゼルとハイブリットだったでしょ?と言われて、ハイブリット列車のことも新しく知る。)

女ってさぁ、男と全然違う目線で物事観てるよねって、突っ込まれたよ。

ディーゼルの列車は、座席の下からの暖かい暖房がよく効いて、足元が暖かいのでついうつらうつらと居眠りする人もいっぱいいるのよね。思わず汗ばんでダウンも脱いでしまったほど。
d0348118_09304149.jpg
キャベツの産地、川上村。雪交じりの渓流の流れ。
d0348118_09311829.jpg
佐久市から望む浅間山。

 小諸城址の街並みを眺め、懐古園で、藤村の文学散歩と、浅間山を描いた小山敬三の雄大な作品に感動して。
懐古園から望む千曲川。藤村の千曲川旅情を思い出しながら。
d0348118_09335109.jpg
藤村の文学資料館で、若い文学青年が外国人の学生さんに千曲川スケッチのあらすじを語っているのをそっと聴いていました。

旅の目的の小諸そばをすする。
d0348118_09350807.jpg
 ぼくちと呼ばれる山葡萄のつなぎを混ぜたぼくち蕎麦と二八蕎麦を熱々の汁でいただきます。(小諸駅・そば七)

懐古園は、初雪に紅葉が追い散って雪の上に紅葉という珍しい光景。
d0348118_09354865.jpg
旅情をそそる、のんびり列車の旅。銀世界をゆくのは何ともいいものでした。
小淵沢を降りたら延命の湯でよーく温まる。極楽、極楽。
 
 

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-11-28 09:36 | 小さな旅スクラップ | Comments(2)

長良川鉄道 ~ゆる~り眺めて清流列車 郡上八幡~

 お休みを利用して、のんびり列車の小さな旅です。
名古屋からJR高山本線で美濃太田駅へ、そこから第三セクターの長良川鉄道に乗り換えて郡上八幡まで。
d0348118_09314906.jpg
長良川沿いを走るこの列車は、1時間に1本程度の運行ダイヤの単線列車ですが、一日に一往復だけ、「ゆる~り眺めて清流列車」という車窓の景勝地を通過するときにスピートを落としてくれるという楽しい列車があります。
d0348118_09320909.jpg
 郡上八幡まで7つの橋を超えますが、そのたびにちょっと減速してくれるので、鉄道マニアにはたまらないのね。
d0348118_09323187.jpg
一両だけのワンマンカーなのよ。
d0348118_09330578.jpg

トンネルに入っても、電車の中には電気がつかないから、すごくワクワクして暗闇を抜けます。
こういうの楽しいね。
d0348118_09334493.jpg
でも意外にも観光客も、地域の人らしい人も車窓の景色にはあまり関心がないらしく、控えめに座っているのです。
d0348118_09340669.jpg
d0348118_09342698.jpg
私と夫だけが、はしゃいで観ておりましたよ。ああ、カヌーで川を下っている人がいるぅ~とか…。
d0348118_09352109.jpg
陸橋、陸橋!
d0348118_09361624.jpg
除雪車もスタンバイ!鉄ちゃんでなくても楽しいよね。

 郡上八幡は、鰻と南天と踊りの街。
d0348118_09365873.jpg
 杉玉も南天。南天玉というそうで、赤い実が黒くなって、「赤字が黒字へ」という縁起物なんだとか。
郡上南天という品種も有名。
d0348118_09372522.jpg
夏の間は、ロングランで繰り広げられる盆踊りが観光の目玉ですが、城下町の風情はとても素敵。
d0348118_09375463.jpg
 老舗のうなぎ屋、魚寅で白焼きの鰻丼。
d0348118_09383215.jpg
ごはんに刻みのり、刻んだ長ネギ、白焼きの鰻にさっと火を通した卵黄に山葵。
東京の鰻のように蒸して焼いてじゃなくて、炭火の直火なので、皮がパリッと香ばしく身はふっくらね。
d0348118_09384566.jpg
 この鰻には、岐阜市の達磨政宗があうんだって、電車だと昼から飲めるね。
黄色くてコクがあって香りも芳醇。

お土産には、こんなものを。
d0348118_09392079.jpg
岐阜県の人ならみんな知っているプリプリのジューシーな豚肉がたっぷりの明宝ハムと明方ハムがあるらしい。今回は、明方の方のハム。岐阜産の豚肉でつくる名物のハムですって、肉々しいハムです。
d0348118_09413620.jpg
d0348118_09415151.jpg
 帰りの列車は、最後尾の窓からの車窓を眺めながら美濃平野に涼むサンセット列車で家路に着きました。
今度は郡上からさらに北への美濃路旅を楽しみたいです。
 

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-11-24 09:43 | 小さな旅スクラップ | Comments(2)

ウィークエンドドライブ ~モネの池 岐阜県関市~

 念願だった岐阜県関市へのドライブです。
名古屋からは高速道路も使って1時間20分ほどの岐阜の山奥にある睡蓮の池、岐阜のモネの池を目指します。
d0348118_09144648.jpg
 睡蓮の見ごろは6月ごろ。モネの池のような写真が撮れるのは、6月の晴れた早朝だそうですよ。
空のブルーが水面に映り込んで素晴らしいんだとか。
d0348118_09164564.jpg
今は葉っぱも減って、本来のモネの池のイメージにはちょっと遠いのだけど、池の周りの紅葉が水面に映っていいかなと。
高速道路を降りてからも、山道をずっと40分。
d0348118_09180130.jpg
すごい山奥の長良川をさかのぼり、アユ釣りで有名な渓流沿いをさらに進み、関市板取という地区の板道神社にあります。


d0348118_09170196.jpg
すごい人だったわ。
人が映り込まない、鯉と睡蓮と紅葉という理想のショットは早々に諦めましたわさぁ。
d0348118_09173134.jpg
d0348118_09182726.jpg
 まぁ、こんな感じね。
d0348118_09185475.jpg
d0348118_09192082.jpg
d0348118_09194230.jpg
d0348118_09200468.jpg
曇っているから、青空は残念ながら映り込まず、モネの池のようなブルーな感じには映らないのだよ。
加工しない限り…。

素人写真家には、無理だわねとても、とても。

関市といえば蕎麦道楽をうならせる名店がある。
蕎麦打ちが趣味の夫には、外せない「助六」

夫は、いつものせいろ二枚(田舎蕎麦は売り切れだったの)、私は、この店オリジナルの、木彫りの仏様を掘って全国区を遊行したお坊様「円空のなた切り蕎麦」。味噌と塩とつけて、ちょっとすすってから、鰹風味のすばらしい汁でという趣向。なたで切ったような太麺。
美濃焼や、欅のせいろなど、器もいいよ、とっても。店主のこだわりがビリビリくるわ。
d0348118_09213274.jpg
関市は、円空の生まれた美濃と、刃物の街。そんな事も知りながら美味しくすする新そばは、私たちで本日は売り切れ。まだ1時半でしたけどね。

 鵜飼で有名な街でアユと、椎茸、柿を買い求めて、紅葉の美濃路を楽しんできました。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-11-21 09:22 | 小さな旅スクラップ | Comments(0)

宿場町さんぽ ~中山道 岐阜県中津川~ sanpo

 名古屋から春日井、多治見、恵那…中央本線で1時間15分の中津川へ。
中山道の江戸から45番目の宿場町中津川、中山道は歴史国道というそうです。
d0348118_18405702.jpg
 江戸の建物はごくわずかですが、とてもフォトジェニックな街並みです。
d0348118_18462632.jpg
日本人よりも、リュックを背負った欧米人のバックパッカーがいっぱいいて、飛騨からここを通ってなのかな?
フットパスを思わせるような目印の看板も趣があるのだ。
d0348118_18415302.jpg
中津川宿から落合、馬籠、麦籠、三留野宿までの地図を観光案内所でもらって散策。

 街道沿いの古い家々の前に、和の素晴らしい寄せ植えがいっぱい。
d0348118_18470945.jpg
 「婦人部のみんなで育てているのよ。町並み保存のためにね。」と店番のおばあさんが教えてくれました。
d0348118_18474191.jpg
d0348118_18482387.jpg
d0348118_18480291.jpg
瓦が大好きな私には、ぞくぞくしちゃう瓦もいっぱいありました。
d0348118_18491800.jpg
 瓦にアレンジした和の寄せ植えがいい感じだなぁ~。それも秋の野の花で。
d0348118_18483919.jpg
d0348118_19441417.jpg

d0348118_18495170.jpg
小さな駄菓子屋さん。思わずのぞいちゃうね。
d0348118_18440849.jpg
ちょっと休憩。この辺りでは有名な五平餅のお店で一服。
d0348118_18434367.jpg
五平餅のこのタレって、胡麻、落花生、胡桃に醤油と砂糖で作ってるそうでお味噌じゃないんだって。


家と家の間につんとそびえる小さな小屋根。これを「うだつ」というのだそうです。火事の延焼を防ぐためのもの。
d0348118_18455548.jpg
「うだつの上がらない人」のうだつの語源はこれなんですって。

時代は、大正か、昭和になるのだろうけど、ホーローの看板、いいです。
d0348118_18452925.jpg

きょうは、人も少なく、ゆっくり街を歩きまして、暑くもなく、寒くもなく。
あぁ、素敵だわ、日本の古い街の秋。
d0348118_19201455.jpg
HPもあるけどね、駅前の観光センターでもらう地図がものすごく充実しています。



Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-21 18:50 | 小さな旅スクラップ | Comments(0)

海辺のドライブ 南知多半島から常滑、INAXライブミュージアム

 「海へドライブに行こう!」
「えぇ?」(ちょっとドキっとする)
d0348118_09491630.jpg
30年前なら、喜んでうんうんと首を縦に振りましたが、シニアになってみると、なんだかすごく恥ずかしいお誘い。
今さら、ビーチで着るような水着ないし…。

 夫とは、海で青春時代を過ごし、海のリゾートにもずいぶん行ったけど、
流行歌にあるようなこんなフレーズを今さら、また聞くと、妙に恥ずかしいよ。そもそも、ビーチには誘われてないか?

 名古屋から1時間も南へドライブすればすぐに海。
伊勢湾にでます。南知多半島は温暖で、名古屋の農作物もたっぷり採れるところ。海の幸、山の幸が豊かなところです。
青い空と、青い海を眺めて…。水着は要らないね。(しつこく考えてしまった。)
d0348118_09494876.jpg
 シニアらしく、魚市場を冷やかし。暑すぎて、海辺はもう卒業だなと実感。
海は、体力も気力も、もう楽しむために向き合うエネルギーがなさすぎる。

 知多半島は、古くから焼き物の里。常滑のいつものやきもの散歩道を、夫と散策。
私は実に3回目。素晴らしい常滑焼の急須を眼で褒め、土管の径をノスタルジックな気分で歩きまして。
d0348118_09502038.jpg
d0348118_09510414.jpg
 この散策道は、何度来てもフォトジェニックで被写体になるものがいっぱいで、楽しいのだけど、連れがあると撮影は思うようにはいかないな。
d0348118_09512872.jpg
d0348118_09515115.jpg
前から行きたかったINAXライブミュージアム で、世界のタイル展を楽しむ。
残念ながら、スペインのマジョルカタイルはあったけど、メキシコタラベラのタイルのコレクションはなかったなぁ。
d0348118_09524769.jpg
d0348118_09521859.jpg
ミュージアムは、夏休みの自由研究、どろこんこ体験などのコーナーが大賑わいでした。INAXのトイレの便座の愉快な明治以降の変遷を楽しみながら、うふふだな。

 いいところです。知多半島。

しかしねぇ、普通こういうドライブ・デートとかにつきものの、カフェに寄って、スイーツ&お茶するとか、ワンプレート・ランチを楽しむという発想が夫には全くない。喉乾いたなぁって自動販売機のペットボトルで十分いいらしい。
数件カフェを覗いても、席を待つお客さんの列を見ただけで、やめようよって。待てないオヤジなんだよね。

今さらラブなムードなど期待はしないが、彼は、ビールがグビっとできない所では、休憩の意味はないらしい。

でも次回は山でも、海でも、ドライブデートを恥ずかしがらずに、お誘いには、素直に乗ってみようかと思います。
きっと、お弁当持参になるだろうけど。


InstagramInstagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-08-24 10:01 | 小さな旅スクラップ | Comments(8)

豊田さんぽ

 名古屋駅から名鉄で豊田市まで。自動車産業でいつも景気がよくて、元気な愛知県の元気の素みたいなところへ。
お目当ては、豊田市美術館と、豊田市民芸館。
d0348118_08515447.jpg
駅を降りて、標識に沿って目指す美術館。でもだぁ~れもいないわ…と思ったら、美術館は特設のジブリ展で長蛇の列。みんなはどこから来たのかしらとおもったら、美術館の正面には、大駐車場。駅からのアクセスは美術館の裏口に着くというCar Cityならではのアクセスになるほどねと思う。

 東京育ちには、ときどき、この自動車生活に戸惑いを感じてしまうのだ。
県外からの客や、公共交通でのアクセスに軸を置かないというのは、TOYOTA、車の街らしい街づくり設計だなと。
歩いて、歩いて美術館へ。でも「たった15分の道のり」なんですが、愛知県民には、「15分もあるく!」という感覚らしい。

常設展は、ジブリフィーバーで追いやられてしまったので、さくっと内覧して美術館の外観を楽しむ。
建築家・谷口吉生の最高傑作。できれば正面からドラマチックにアクセスしたかったなぁ。
d0348118_08521079.jpg
愛知県の美術館や博物館にはだいたい併設されているお茶室で、一服いただく。
d0348118_08522327.jpg
愛知県の茶道人口は京都を上回る。お茶席がとても身近にある文化圏だ。
d0348118_08535533.jpg
夫は、お薄がたいそう気に入ったらしく、「うちでも点てるか?」と。
いい茶わん探しからはじまりそうだな。
d0348118_08540971.jpg
二駅電車に乗って平戸橋へ。無人駅。
この地の名士・本多静雄による「民藝の森」によって、狛犬コレクションを楽しむ。
d0348118_08543010.jpg
ここからまた15分ほどぶらぶらと矢作川沿いにあるいて、民芸館へ。
d0348118_08551938.jpg
民芸館は、加藤唐九郎や河村喜太郎の元・製作地。登り窯もある。
d0348118_08550680.jpg
民藝好きにはたまらない散策でした。また瀬戸本業釜に行きたくなるなぁ。
d0348118_08553248.jpg
d0348118_08555131.jpg
垂涎ものの箪笥の数々。

帰途につくときに出会ったご夫妻。
d0348118_08560661.jpg
「ここは、私たちの特等席なの」と、双眼鏡で、野鳥の定点観測なんだそう。
矢作川の水辺の野鳥と森の野鳥、両方楽しめる探鳥スポット。
「今日は、出るかなぁ~。」と、お目あての野鳥がでるのを毎回ここで待つそうです。本当にいい散策ルート。

TOYOTAの研修施設ができたからと、隣接の日進市は地方交付税を受けるのをやめた。
大きな会社があると、地方都市の文化施設や保護にも十分にお金が投入されていて、遊歩道や、散策ルートの保全も万全。
豊田市はオープンガーデンも盛んで、今度はそんなところをまわりたいけど、「歩いて」が叶わないのがちょっと残念ね。

InstagramInstagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-07-26 08:59 | 小さな旅スクラップ | Comments(0)

小さな旅 ~ターシャの庭 in 岐阜県可児市 ~

 名古屋駅から電車を乗り継いで一時間。
ターシャ・テューダーの庭を再現したガーデンがあるよと聞いて雲の多そうな梅雨の曇りの日に、ひとりで小さな旅です。
d0348118_1971832.jpg

 岐阜県可児市(かにし)は、愛知県に隣接する名古屋のベッドタウン。連日最高気温の更新を続ける多治見市のお隣です。
ターシャの庭は、平成7年に開催された「花フェスタ95岐阜」の会場を再整備した「花フェスタ記念公園」にあります。とにかく広いの。この写真の8倍以上はあるよ。
d0348118_1983389.jpg


ナゴヤドーム17個分の広大な公園のメインは7000種のバラ。
 でもね、あまり私はバラに関心がないの。
Green Thumbを持った亡き父が、あまりにバラを育てるのが上手で、これをみて育ったからだと思うけどね、バラは、お腹がいっぱいな感じ。
 でも写真のお稽古にとちょっとだけ撮ってみた。(バラは写真家の大事な被写体だものね)
d0348118_1993629.jpg

ちょうど春咲きのバラが終わったばかり、炎天下ということもあって、超大きな公園に人影はまったくございませんでしたよ。貸し切り。すれ違うお客さんは、たったの3人だったけどね。温室はカラーリーフのトロピカルガーデンができてました。
d0348118_19101693.jpg


 さて、敷地のずーーーと奥の方にあるターシャの庭。ターシャが大好きという人が、構想して11年かけて再現したそうです。生前のターシャにも会いに行き日本での庭の再現を請い、何度もバーモンドにも行って観て、すごいなぁ、この情熱。以下のスナップは、ターシャの庭から。
d0348118_19113959.jpg


d0348118_19115956.jpg


d0348118_19122118.jpg


d0348118_19123928.jpg


d0348118_1913772.jpg


d0348118_19132817.jpg


d0348118_19135354.jpg


今年初めて紫陽花を撮りました。
d0348118_19141985.jpg


d0348118_19143862.jpg


d0348118_1915293.jpg


 北海道の緯度と同じで、夏は短く、雪も降る気候バーモンド州。
 夏は40度を超える猛暑になって蒸し暑く、冬はマイナス10度以下に凍結する可児市。
それだけでも同じ植物を違った環境で育てることが難しそうです。

 今日は、ベルガモットとガウラ(白蝶草)が満開。素晴らしくいい香り、紅茶のアールグレイの香りね。
d0348118_19155469.jpg


d0348118_19165511.jpg


 庭の雰囲気は好き嫌いもあるでしょうけど、ほかの敷地が、気合たっぷりの見事なバラの百花繚乱だったから、なぜかホットする気がしました。
ナチュラルだけど、決して自然にほったらかしにしているわけじゃないのが、よくわかる。花数は決して多くはないけど、それも当たり前ね。宿根草ほど手をやくものはないしね。
d0348118_19171793.jpg

 この庭を造ったガーデナーさんが、「ターシャも言ってるけど、庭が草むしりに始まって、草むしりに終わるの。これにつきるわ。それも間違えないように抜かなくちゃいけないので、ガーデンオーナーにしかできないのよね。」としみじみと話していたのがとても印象的でした。

 バラは、いいから(笑)、また違う季節にターシャの庭に行きたいな。

 




Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-07-10 08:15 | 小さな旅スクラップ | Comments(0)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

梅のぽたぽた漬けが仕上がりま..
at 2017-11-18 00:27
今週のパッチワーク ~赤のサ..
at 2017-11-17 10:25
いつものおかずのおさらいレシ..
at 2017-11-15 09:39
今週の愛妻弁当まとめ 〜20..
at 2017-11-10 08:01
今週のマイガーデン ~ サフ..
at 2017-11-08 01:42

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

こんばんは クリスマス..
by tokohouse at 22:07
こんにちは♪ 今お相撲..
by sizuku-tesigoto at 17:33
> the-noir-1..
by yukkescrap at 14:45
こんにちは。 素晴らし..
by the-noir-119 at 11:10
> autumn-par..
by yukkescrap at 21:32
初めてのコメントじゃない..
by autumn-park at 16:53
> BONさん あ..
by yukkescrap at 10:25
第二弾も素晴らしい出来映..
by BON at 18:40
> Olive07hさん..
by yukkescrap at 18:23
お婿様の仰るとおりだと思..
by Olive07h at 14:56

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(68)
(47)
(38)
(34)
(30)
(25)
(24)
(24)
(23)
(20)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド