<   2015年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ポチ袋スクラップ

 紙製の鳩居堂のお道具箱いっぱいに、ポチ袋やご祝儀袋、一筆箋やカードがあります。
文房具が好きで、特に紙ものが大好き。

 旅先の和ものの小物屋や、老舗の文房具店(鳩居堂さんや伊東屋さん)ではついポチ袋売り場に足を止めてしまいます。
 日本はチップの習慣のない国だけど、心づけを渡す時にはこんな小袋に入れる奥ゆかしさに、海外で外国人の友人に借りたお金を返したり、建て替えてもらったコンサートチケット代を返す時に入れて渡すと
「わぁ、日本人って本当に素敵ね。」と感嘆の声を上げてくれます。

 最近のお気に入りおポチ袋です。
d0348118_1232753.jpg


どんどん使うので、すぐなくなりますが、私が心づけとして出先で急に使うのは、ぜいぜい温泉旅館の仲居さんに心づけをお渡しするときくらい。
もっぱら、出先で、友人や他の人から、「ちょっと封筒なんか持っていない?」と聞かれて差し上げる方がすっと多いのです。

 無地の封筒もいいけど、やっぱりポチ袋はいいもんだなって思います。
d0348118_12333766.jpg

これはインド・ムンバイで買い求めたThank youがデワナグリー表示のアルファベット(ヒンディー語風の表示)のポチ袋サイズのカードセット。お気に入りで外国人の友人向けに使っています。

 一昨年から、長年使っていたクオバティスの手帳をやめて、クラウドで管理するようになったので、手帳は持たずにいます。
d0348118_12341556.jpg

 でもアナログも大事と、手帳に替えて家族の緊急連絡先とパスワードの覚書を入れた皮の備忘録ファイルにポチ袋をいれて持ち歩いています。ポイントカードをいれたポーチは忘れても、これは必ずバックにあるの。

 年末の整理で、ちょっとポチ袋を入れ替えました。
お心使い(ポチ袋)に御用のある方は、いつでもおしゃてね!


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2015-11-30 12:20 | 懐かしいものスクラップ | Comments(4)

英国アンティークのシルバー・ティーストレーナー

 日曜日の朝は、紅茶をゆっくり丁寧に淹れていただきます。
d0348118_10441775.jpg


長年のインドの友人のY子さんが、毎年、素晴らしい芳香のダージリン(FTGFOP1= Finest Tippy Golden Flowery Orange Pekoe)を届けてくださるので、大事に日曜日の朝だけに飲む紅茶と決めているんです。
色々な茶園の茶葉をブレンドをしていない単独茶園の直送といいう贅沢な紅茶で、色はシャンペンカラー、香りはもちろんマスカットフレーバーです。

 ロンドンに暮らす妹が、最近、すっかり英国アンティークに魅せられているようで、帰国した折に、こんな素敵な銀製のティー・ストレーナー(茶こし)をお土産に持ってきてくれましたので、早速これで。
さすがに紅茶の国だけあって、茶器は素敵なものばかり。(また行きたいな、近いうちにロンドン!)
d0348118_10444499.jpg

今日のカップは、母の形見の古いノリタケです。

 ティー・ストレーナーは日本で売られているものよりも、すっど耳の部分が大きいので、カップにもゆったりと収まりました。茶こしをいれる丸いカップもフォルムが可愛くていい感じです。高台つきっていうところがもエレガント。
d0348118_10471682.jpg

ティーカップの縁が開いているのが紅茶用、まっすぐなものがコーヒーカップという定義を聞いたのはもうずっと昔。
今は、そんなことにはとらわれないで、好きなカップ&ソーサーや、マグカップで紅茶やコーヒーを楽しむ時代ですけど、伝統や格式を重んじる国では、今も広口に開いたティーカップで優雅に固いビスケットと一緒にお茶を飲むのでしょうか。

 丁寧に、ポットも温め茶葉をいれ、沸騰寸前のお湯を一気にポットに注ぎ、ジャンピングをじっと待って茶葉が沈んだら、カップにそっと注ぐというインドの茶園のオーナーに習った英国式な淹れ方で。

 朝ごはんのあとにも、もう一度おかわりを淹れて、日曜日の朝をのんびりを堪能しています。
お気に入りの道具がまたひとつ増えました。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2015-11-29 10:48 | 懐かしいものスクラップ | Comments(0)

八ヶ岳山麓 上條さんちのこどもごはん

 八ヶ岳の山の家に行けない週末は、「八ヶ岳」に関する本を読んで過ごしています。
先週戻ったばかりなのに、すぐに山の家に帰りたくなっちゃうのだよ。
d0348118_10364184.jpg

 八ヶ岳山麓(長野県富士見町)に暮らす上條恒彦さんの奥さま上條悦子さんのレシピ本。「八ヶ岳山麓 上條さんちのこどもごはん
なんだかねぇ、これを読んでいたら、涙がボロボロこぼれてきちゃって、レシピの本なのに不思議なの。

 こういうのを「心の琴線に触れた」っていうんでしょうね。
d0348118_10375198.jpg

4人の男の子を新鮮で安全な食べ物で育てたいと八ヶ岳に移住して、畑を耕すところからはじめたご夫妻。
きっと忙しくて不在がちな上條恒彦さんを、奥様はどんな気持ちでこの山の家で帰りを待っていたのか?
やんちゃな男の子とはいえ、まだまだ守らなければならない尊い命を、本気で守るっていうのはこういう食卓をいうんだろうなぁと、感動してしまったの。
d0348118_1038745.jpg

 子どもが喜ぶごはんなんだけど、まったく子どもにこびてない。
目鼻をつけたり、旗を立てたりしない盛り付けもいい感じ。
でも本当に新鮮でおいしい食材だけを、命を頂くってどういうことかを、大切にしていて、どこの家庭でも作るごく普通の子ども向けの献立なんだけど、どれもに愛情を深く感じるのは手間を惜しまないで料理に向き合ている姿勢を感じるからでしょうか?
d0348118_10382196.jpg

 お母さんって、本当に子どものためならどんなことでもできちゃうんだなって思うけど、こういう一番大事なことが最近はスコーンと抜けてしまってはいないだろうか?と思います。
「こども食堂」といいう取り組みをつい最近テレビで知りました。親の事情で温かい食事がとれない子どもの食のシェルター、駆け込み寺みたいな取り組みです。虐待や貧困で、明るく楽しい食卓が囲めない子どもための食堂だそうで、すでに全国には140か所もできているとか。

 ファミリーレストランにはほとんど行ったことがないのだけど、ファミレスのいいところは「家族がそれぞれ好きなものを頼める」からなんだとか。パパは焼き魚、ママは中華、こどもはハンバーグにスパゲッティみたいな感じでね。一緒の食卓を囲む時って、同じものを食べて共有しているという感覚も大事かなといつも思っています。だからとっても残念になってしまう。

 涙がでちゃって困ったのは、毎日毎日のおさんどんを、子どもの様子を気にかけながら、時にはそっと励ますように食べ物を整えているようすに。

 いつだったか、食事中にお小言を言ったら、息子に「美味しいものが不味くなるよ。食べているときは涙を流したくないからね。味がわからなくなっちゃうよ。」と言われたことがありました。
それからは、私、家族がご飯を食べるときには、心がけて楽しく食卓に迎えられるように。
疲れたり、ちょっとイライラしているようなときも、そっと美味しいものを差し出すようにしていました。
 「家族の思いやり」ってそういうものだよなと、子に教えられて。

 同じ思いをこの本に感じています。

若いママさんにはぜひ、ぜひ手に取って参考にしてもらいたい一冊だなぁと思ったの。
チキンカレーや、ニンジンとカボチャのスープ、さつま芋のサラダ、具だくさんの麺類…、そうそううちも山の家でもよーく食卓にあがった献立でした。
 プロデュースされているジブリのカフェで、こんど上條悦子さんのレシピを堪能してこなくてちゃって思っています。

上條恒彦さんにちょっと似てるってよく言われてます、うちの夫。
こんな風なご夫妻になりたいと思います。お孫ちゃんいっぱいでいいなぁ~!



Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2015-11-28 10:10 | 好きな本スクラップ | Comments(0)

今週の愛妻弁当まとめ 2015年11月4週目

 今週も、粛々と特別なことはない愛妻弁当です。

d0348118_943249.jpg

お誕生日おめでとう弁当。小さく人参ハートで愛情込めてみた。嫌がられましたけど…。照れ屋なんでね。

d0348118_9441362.jpg

やっときたねのお給料日ですが、お弁当のおかずは昨夜のモノなので、豪華になるのは明日から。
一年で一番苦しい、冬のボーナス前のお給料日。こういうタイミングに誕生日だという夫はいつもお気の毒なのよ。

d0348118_9453593.jpg

 会社の帰りにジムに行くって言うからスタミナ、味噌カツ弁当。
目標ベンチプレス100キロって…年寄りの冷や水になりかねません。無理しないでほしいよ。

d0348118_9465944.jpg

朝から、私は絶不調。こういう時はもう気張らずあるもの詰めちゃうの。

夫には、「なんで毎回弁当の写真を撮るんだ」とやんわり言われるけど、食べると消えちゃうのはお弁当ですもんね。
おかずの展開に煮詰まった時に、過去のお弁当取り出して見てます。昔よりはだいぶ詰め方だけはアップした感じがありますね。

 お弁当バックにお弁当を入れて、コーヒーを詰めたポットを入れて、玄関で送り出す時は、笑顔!(無料)
車で自分で運転して通勤をするようになってから、特に朝の出がけは気持ちよく送り出すように心がけています。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2015-11-27 09:50 | 愛妻弁当スクラップ | Comments(4)

豆味噌を知る ー八丁味噌の工場見学ー

 味噌は、大豆に米麹か麦麹を混ぜて作るものと思っていました。
その変種、熟成が長かったり保管方法が暑いところなのが色が濃く変わったものが赤味噌なのかなとも。
 色の違いは、大豆を煮ると白味噌に、蒸して作ると赤味噌になるというのを知ったのはつい最近。
d0348118_17415713.jpg

 そして東海地方に伝わる黒に近い八丁味噌は、米麹も、麦麹も使わずに、豆そのものに麹菌を植え付けてつくる「豆味噌」と呼ばれるものだと知ったのも、この地に暮らすようになってからです。
d0348118_1741297.jpg


豆味噌のなかのブランドが八丁味噌。
徳川家康のご城下だった岡崎城から八丁(900メートル)ほどの「八丁」という地名に由来する味噌で、全国では、カクキューと、まるや八丁味噌の2店しかないのだそうで、今日はその八丁味噌の工場2つの見学へ行ってきました。

d0348118_17423154.jpg

なんだかボージョレかシャンパンみたい。
楽しいね、楽しいね。こういう「知る」を楽しむのはワクワクしちゃう。
d0348118_1743517.jpg

 毎朝かならず飲んでいるお味噌汁。
うちは、松山の田中屋さんの麦麹味噌を長いことオイシックスで買って食べていますが、時々信州みそ、そして鶏肉料理や魚を漬けるために京都の西京味噌(白みそ)、そしてこの八丁味噌が冷蔵庫にあります。

でも、今日まで知らなかったよ。
赤だしと呼ばれるお味噌は、この豆味噌(八丁味噌を含む)に米麹のお味噌を混ぜたものをいうのだそうです。今までは、昆布と鰹の出汁に八丁味噌を直接溶いていましたが、これを赤だしだとばかり思っていて。
今日の工場には、ちゃんとブレンドしてある「赤だし」のお味噌があって、だしという単語は入っているけど、もちろん今流行のお手軽なだし入り味噌ではありませんで…。

 名鉄線の東岡崎で下車、岡崎城を眺めながら、八丁蔵どおりを目指します。
NHKの連続ドラマ「純情きらり」の舞台になった味噌屋さんですが、津島佑子が原作本を書いています。津島佑子は、太宰治の娘だけど、岡崎とはどんなつながりがあったのやら?
d0348118_17434195.jpg

 大きな杉の味噌樽に今も、河原の石を積んで、熟成は二夏二冬と普通よりもずっと長いのね。
だからこんなに水分が抜けて普通の味噌よりもずっと固いことも初めて知りました。

 岡崎は三河弁なのね。「いっぺん、こりん」って現代版の竹っちょ(竹千代)が味噌蔵から走り出てきて叫ぶのが可愛いこと。こちら→
d0348118_1745820.jpg

八丁味噌のソフトクリーム。えぇ~っておもったけど、塩キャラメルみたいで美味しくてびっくり。
ちょんまげの竹っちょが可愛いです、本当に。

 どちらの工場も、あまりにも清々と美しく、整えられていて職人さんの心意気みたいなのを感じてしまいます。
 岡崎城で、八丁味噌の料理店で八丁味噌づくし。
d0348118_17461633.jpg

 工場の人が、「どちらからお見えですか?」と丁寧に対応していました。
「三重からです」という人には、それならこの味噌がお口に合うと思いますと。
d0348118_17463371.jpg

 東海地方の人以外にはなかなか馴染みのないこの豆味噌ですが、今日の工場見学でその魅力をたくさん教えてもらい、我が家の食卓にもどんどん登場させたいの。味は濃いのに、なんたって塩分がほかの味噌より少ないというのがびっくりです。先人の知恵をたくさん学んだ一日でした。

 あぁ、今夜はさっそく鶏モツと大根のどて煮だよ!


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2015-11-26 17:47 | 小さな旅スクラップ | Comments(3)

DIY キッチンのモザイクタイルはり

 八ヶ岳の山の家のキッチン。
壁がいきなり外壁をかねているログ(木材)なので、防火用の耐熱ボードをはっただけの味気ないキッチンで20年目。
 シンクもレトロな感じだし、ガス代も据え置きタイプの旧式なのだけど、結構気に入ってるんだわ。
こういうごく普通の「仕様」が、最近はほっとしちゃう。当分ここはリフォームはしないよ。
d0348118_1175444.jpg

でも、あまりに汚れが取れなくなってきたので、簡単にはれるタイルを。
ちゃんとした陶器で、メジまでついてシールで張るタイプ。

d0348118_88326.jpg

 
シールには、4辺のうち2辺だけ目地があって、この凸凹を揃えて貼るとうまくいくというのを知ったのは、半分くらい貼ってからで、微妙にずれたけど、それもご愛嬌なんだな。DIYにはこういう楽しさもあるよね。
d0348118_11285131.jpg

 防炎の耐熱ボードの板の厚みに合わせて、夫が、下板をはってくれたから、せっせと私がシールをはがしてはっていく。
d0348118_1185536.jpg


タイルの量を見積もり損ねて、取り寄せ再びで、ひと月も保留になってしまったんですが、ようやく完成。周りはぐるっと巾木で囲み、そのうちオイルステインでも塗ろうかと。

Before
d0348118_1110285.jpg

After
d0348118_11291579.jpg

キッチンは満足、満足って感じです。

 メキシコ人はお家のメンテナンスやリフォームは自力で週末に家族や友人を募って楽しみながら取り組んでいてました。もちろん作業が終わればすぐにDIYパーティー。
お知り合いが、階段を綺麗なプエブラ(焼物やタイルの産地)のタイルを、「階段のけこみ」に貼っていました。
あぁ、買って来ればよかったなぁと思うメキシコで残念なものの一つがタイル。
d0348118_11171750.jpg


簡単便利なシールのタイルはこちらで購入いたしました。こちら→


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2015-11-25 08:02 | 暮らしスクラップ | Comments(2)

おでんだよ

 今暮らす地方のご当地のおでんは、「みそおでん」。
 スーパーマーケットに「ちくわぶ」がなくて困ってました。
東京のスーパーマーケットの支店、成城石井に行ったら、築地のおでんだねと、ちくわぶがあってちょっとホッとする。

 この年になって初めての日本国内、地方都市の暮らしで、現地の食材に戸惑いを感じるのはこんなとき。
この地方ではおでんには、ちくわぶじゃなくて、角麩というのを使うらしい。同じ小麦粉の練り物なんだけどね、まさしく処変わればというのを知るわけです。

d0348118_10561341.jpg


 夫、還暦+1歳のお誕生日。
昨夜、大前夜祭をしてしまったので、今日はなにもせず。
あったかい湯気までがご馳走。辛子つけて、はぁふ、はぁふ言いながら食します。
 今年も一年元気に過ごせて良かったね。来年も元気に仲良く暮らそうねと言いながらすっかり味がしみ込んだ二日目のおでんです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2015-11-24 19:49 | お料理スクラップ | Comments(2)

冬枯れの八ヶ岳スナップから sanpo

 冬枯れていく八ヶ岳南麓の森(標高945メートル)周辺のようす。

 コナラだけがまだ葉を落とさずにいます。
d0348118_10462618.jpg

 日の出ごろ、早朝のきりっとした寒さのなかに、白樺の実。
d0348118_10464628.jpg

 沙羅の木には、もう来年の芽吹きの準備。枯れていくだけじゃない生命の営みを感じてます。
d0348118_1047423.jpg

 芸術的な実を結ぶものもあって。
d0348118_10472288.jpg

 コゲラ、大好きです。このこげ茶と白のストライプが、凛々しく好きな野鳥。
d0348118_1047391.jpg

シャッタースピード優先で望遠レンズで追いかけるものの、ちっともじっとしていないのです。
d0348118_10475765.jpg

 冬の森、好きなんです。とっても。




Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2015-11-23 22:39 | 八ヶ岳スクラップ | Comments(0)

リボン -小川糸ー とバードウォッチング

 木立が冬枯れると、葉が落ちて小枝に留まる小さな野鳥の観察がよくできます。
d0348118_15585240.jpg


すっかり冬枯れの森。八ヶ岳に来るたびに白州のサントリーのウイスキー蒸留所のバードサンクチャリーの探鳥会に子どもたちと参加していました。ずいぶん昔のことですが、毎回案内して下さる先生がとても素敵で、冬の朝の寒い時も早起きしては鳥を観に出かけました。
ここで、バードウォッチングの楽しさを知った私たち一家。
 バードウオッチングは英国が発祥だそうですが、よくイギリス人の女性たちが旅先で、双眼鏡を胸に、野鳥の観察する様子を旅先のケニアや、コスタリカ、マチュピチュでも見かけ、この趣味は世界どこへ行ってもできていいもんだなと思っていました。それからは、自然いっぱいの旅行には双眼鏡は必ず持ち歩くようになりました。

 冬の代表的な野鳥、ウソです。茶色と黒だからメスね。灰色と黒ならオスなのね。
d0348118_182852.jpg

 ぼさぼさのちょっとやつれた感じのヤマガラ。
d0348118_18282370.jpg

 野鳥の写真は本当に難しい。ちっともじっとしていてくれないのですから、私の腕では、ピントが合っただけでもすごいかも。
寒いから、どちらも羽をふっくら膨らませて、暖をため込んでます。まさに羽毛のダウン。

 そんなバードウォチングの好きなおばあさんが主人公で登場した小説が小川糸の「リボン (一般書)」。
野鳥ではないけどね、オカメインコがつなぐオムニバス小説で、なんとも素敵な鳥の習性や様子がうまく描写されていてほのぼのしますが、迷い込んだ小鳥がつないだそれぞれの人生には、やっぱり辛さも悲しさも、喜びもあってというお話。
d0348118_18285475.jpg

 大事に大事に、早く読み終えてしまわないように気をつけながら一章づつを惜しみながら読みました。





Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2015-11-22 18:04 | 好きな本スクラップ | Comments(2)

今週の愛妻弁当まとめ 2015年11月3週目

今週の愛妻弁当まとめ 2015年11月3週目です。
月~水曜日までは夫が自分で作りましたんで、(かなり頑張って奮闘したらしく)、わたしは週の後半の分だけね。

 出張で戻ったら冷蔵庫はすっからかん。
コンビニに走ってコンビニに売ってるもので作る慌て弁当。
ミニトマト、ゆでブロッコリーに卵焼きはお弁当の三種の神器だね。
d0348118_1942817.jpg

 煮物中心です。昨夜の残りを盛大に。
d0348118_1944634.jpg


 今週は土曜日も出勤だよって、お弁当の急なオッファー。こういう時はサンドイッチって決めてます。
d0348118_8365289.jpg

オイシックスで届いたリッチ ミルクブレッド、パストラミに薄焼き卵、ツナポテトのサンドイッチです。
紅茶のティーバックがないけど、どうするって聞いたら、「もちろんコーラ買いますからご心配なく」ってアメリカンなビジネスマン・ランチのつもりなのね。ポテトのチップスつけてやればよかったかな?
私はサンドイッチには英国風に紅茶が一番あうと思うんだけど。

吉祥寺のさんぽコースにある、めちゃ可愛いベーカリー・カフェのA.K.Laboのシュトレーンも投入してみる。
 このお店、いろいろお稽古のワークショップがあって、気になる、気になる。モーニングもはじまったみたいだしね。 


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2015-11-21 08:39 | 愛妻弁当スクラップ | Comments(0)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

追加注文の鍋帽子 ~平面裁断..
at 2017-03-27 00:03
今週のパッチワーク Card..
at 2017-03-26 00:42
一足早い名古屋のお花見 ~白..
at 2017-03-25 00:23
おとな味ドライフルーツのパウ..
at 2017-03-24 09:08
映画「わたしは、ダニエル・ブ..
at 2017-03-22 19:33

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> 鍵コメさん お..
by yukkescrap at 08:33
> chiffonmin..
by yukkescrap at 07:51
YUUKEさん、「ほっ」..
by chiffonmini at 20:40
> vbjaromaさん..
by yukkescrap at 12:36
エキサイトカフェの受賞、..
by vbjaroma at 10:32
> daikatotiさ..
by yukkescrap at 13:28
鍋帽子、たくさん作られた..
by daikatoti at 07:22
> chiffonmin..
by yukkescrap at 07:41
今日の宇良君も、良かった..
by chiffonmini at 22:35
> ivory72さん ..
by yukkescrap at 07:31

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(47)
(34)
(33)
(24)
(23)
(21)
(20)
(18)
(17)
(17)
(16)
(12)
(12)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド