<   2016年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

栗の渋皮煮 第二弾!ブランデー風味

 先日、ブログにアップした栗の渋皮煮を見て、栃木のTさんが、速攻で栗を送ってくれました。
「うちは、持て余してるの、捨てる神あれば、拾う神ありよね。」という、メッセージ付き。
飯沼栗というそうです。雨が多かったので、よく弾けてコロンとした栗になったそうです。
栗は小布施や、恵那の栗のお菓子が有名だけど、栃木県は全国1の栗の産地なんだって。

 はいはい、お任せあれと再びのコトコトの渋皮煮です。この栗は、皮が半分はじけるように割れてめくれているので、鬼皮剥くのが楽ね。(写真撮るのを忘れたよ。)
大きくてぷっくりとした立派な栗です。
d0348118_11211894.jpg
 同じように、重曹で3回ほど茹でこぼし、煮崩れしないことをいいことに、歯ブラシでそっと渋皮をこそげとってみたら仕事が楽だったわ。甘味は洋風にグラニュー糖にしました。

 Tさんに、半分は完成品を年貢でお納めするつもりで、瓶詰に。
シロップの足りない隙間に、ブランデーを注いじゃう。
夫出張中につき、秘蔵のナポレオンをたっぷり入れちゃった。
d0348118_11212999.jpg
 写真じゃわからないけどね。
今回はブランデー風味のマロングラッセみたいな感じの大人の味に出来上がりました。
d0348118_11210669.jpg
Tさん、「できたよぉ~、いつ会おうか?連絡候う。」

 ついでにささやいてみよう、柿を持て余している人もよろしく!干し柿も作っちゃうぞぉ。


Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-29 11:23 | お料理スクラップ | Comments(2)

ウォルドルフ人形 ~単衣の晴れ着とふくら雀~

 寒くなるとコトコトの煮込み料理をしながら、チクチクと針仕事をするのが楽しいです。

朝の連続テレビドラマのすみれさんの手芸倶楽部よりも、とと姉ちゃんの三姉妹の方がお裁縫が、上手そうに思えるのはなぜでしょう。すみれさんの運針と刺繍の手つきがあまりにもおぼつかないからかな?
演技指導では、針仕事の特訓受けているようだけど、若い俳優さんにそこまで要求しては気の毒かな?

やりかけの針仕事の箱をあけてみる。ウォルドルフ人形の着せ替えから仕上げてしまいましょう。

 お人形の着せ替え服は、柄が小さくないとね。
フリマで古布をさがしましたけど柄行が大きくてうーんとなっていたら、風呂敷がちょうどいいと思いついて。
小物の布には、小柄の小紋柄があっるからよかったわ。風呂敷や手ぬぐいがちょうどいいね。
d0348118_17511811.jpg
風呂敷を1枚使って単衣の晴れ着を縫ってみました。「三の四」じゃ太くてね、くけるときは絹のくけ針です。
子どもの着物なので、背縫いはないの。

 長じゅばんはずいぶんまえに縫っていたのでした。長じゅばんと単衣は、ちょっと作りや仕立てが違います。
伏せ縫いと、くけるのが大好きだから、針のすすみも、心地よい。水色の着物に合わせます。
d0348118_17514165.jpg
 赤い着物には赤い長じゅばんを合わせる予定ですが、東京に持ってくるのを忘れたわ。
長じゅばんの仕立て上がりは、つい立てなので、着丈が36センチです。単衣には、おはしょりのあげしつけをしています。

 帯は、フリマで買った帯用の端切れで。
同じ布から、ピンクと、水色の2つが作れたよ。
d0348118_17534035.jpg
 袋帯は、二重太鼓にしようかと思ったけど、お子様風にふくら雀の作り帯に仕立てました。
マジックテープで巻けるように細工しようと思います。
d0348118_17532049.jpg
 あとは帯揚げと、帯締めをあつらえてあげましょう。
七五三の頃には、ちゃんと着せてあげられるようにしなくちゃね。
 自己満足のお人形さんの着せ替えです。夏に作った「浴衣」の着せ替えはこちらにございます。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-28 00:38 | 手仕事スクラップ | Comments(0)

コトコトの日、栗の渋皮煮

 寒くなってくると、コトコトじっくり煮込む料理をしたくなります。
大きな栗がお安くなっていたので、思い切って1キロ買って、のんびりと鬼皮をむいて渋皮煮を。
d0348118_20584303.jpg
 皮むきは、どうしたもんかと思たけど、ポイントが溜まっていたから、今年はちょっと楽しようと、栗剥き専用の「栗くり坊主」なんか求めてみました。
d0348118_20580226.jpg
 あらぁ、本当によく剥けてびっくりするほど便利です。

 重曹を入れて茹でては、流水にそっと晒し、また茹でてを3回ほど。
d0348118_20582112.jpg
こういうチマチマの仕事が大好きなんです。
筋を丁寧に取り除いているうちに、最後の一枚まできれいにはげちゃったわ、渋皮。
d0348118_20583252.jpg
 でも煮るとなんということはない、あれほどあく抜きしても、まだ黒くなるのね。
栗の重さの半量のお砂糖で。
今日は、ザラメと、波照間の粉末黒砂糖を半々に。ザラメで30分ほど炊いてから、仕上げに黒砂糖をそっとのせてゆっくり煮溶かして蜜につけてじっくり冷まして味をしみこませます。
d0348118_20585587.jpg
40粒が一粒も荷崩れすることなく上手く煮あがりました。ビンに詰めて、冷蔵庫へ。
お正月まで保管です。

 お鍋を見守りながら、チクチク針仕事も。
明日このことはね、久々に和裁を楽しんでいました。



Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-27 01:48 | お料理スクラップ | Comments(0)

映画「シーモアさんと、大人のための人生入門」

 このところ、おひとりさま時間が、いっぱいあります。
いいんのだか、悪いんだかわかりませんが、独りで充実時間を過ごすのって、なかなかセルフコントロールがいるなぁと思います。忙殺されるような仕事の反対に、自分の自由時間があれば、メリハリもつきます。
家事時間×自由時間、勉強時間×自由時間、介護の時間×自由時間。どれも短いサイクルでね。

 もしも今まで、ずーーーっと苦労をしてきたんだから、これからは毎日好きな事だけして暮らしていいよなんて言われたら、私は一日も楽しく過ごせそうにありません。

 わたしの大親友は、死ぬときに「あぁ、なんて楽しい人生だったろうって言えるような生き方を心ざしてるの。」とよく言います。
既成観念にとらわれず、彼女はいつも広い世界に、ためらいとか、しり込みとか、人見知りとかしないで、するりと入ってしまうので、会うたびに、「今ね、こんなことしているんだけど。」と言われることが、思いもよらないことばかりでいい刺激をたくさんもらう人。ひとりで中国の山奥や、ベトナムの繁華街に、悠々と暮らしちゃったりもしちゃう。そして彼女はおひとりさま時間を、すごす達人でもあるんです。(既婚ではあるけど)

 別の友人に薦められて、「シーモアさんと、大人のための人生入門」という老ピアニストのドキュメンタリー映画を観てきました。哲学的なお話がいっぱいでしたけど、とてもよくわかって、人生の二面性にも気づかされます。
幸せが、何か困難や辛い事を実感したときに、振り返って感じるものであるように、二面性のバランスってあるねぇ。
ずっと流れるピアノ曲、ニューヨークのスタインウエイの倉庫や、コンサートホールなども登場して楽しかったよ。


これは推薦してくれたR子さんと、積もるお話をしなければ…。おひとり時間でも、楽しいことはだれかとシェアしたいものですからね。

 いつものお気に入りのシアター系映画館渋谷のUPINKで。カフェでクスクスなんか食べちゃった。
d0348118_11021528.jpg
映画のメニューももちろんあったよ。

 最近映画は面白くないよねぇという友人もいて。
私は、あまりエンターテイメントの商業映画を観ないからよくわからないけど、最近は岩波ホールよりもここ(UPLINK)に足しげく通ってる気がする。ふらっと行っても観たい映画が必ずあるというのも嬉しいのだ。
名古屋なら、伏見のミリオン座。お気に入りの劇場があるというのもなんだか通な大人になった気分だわ。

 映画の主人公のように、おひとり様時間を、上手に過ごす達人に学ぶことは多い。
映画も博物館も、美術館も、散歩も散策も…このところずっとおひとり様。おとならしい人生の満足感あり。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-26 01:40 | シネマスクラップ | Comments(0)

本屋めぐり かもめブックス ~東京・神楽坂~

 また、東京です。
今年も20回目の東京~名古屋往復になったよ。新幹線代金をざっと計算してぞっとしてます。
まだあと3往復はする予定。辛くなってきましたよ、行ったり来たり生活が。

 しばらくコラム書きの仕事に没頭していました。
原稿の締め切り期限は、すごく怖いので、いつもだいたい締め切り日の1週間くらい前に入稿を済ませるのです。
だから編集者さんにはとても気に入られてます。
そのせいで、赤入れの戻しがどれほあっても、こっちも余裕で過ごせます。編集者さんが、ギリギリに赤入れを返してきて「す、すみません。明日あさイチで戻せますか?」と泣きつかれることもあるくらいです。

 これはすべて、お片づけ的な私の性格で、物事を前倒しに進めるというせっかちさからのことね。
よくおしりに火がつくまでできません。という人に会うと、なんて太っ腹なんだろうと感心してしまう。
時間との闘い、小心者で、ぎりぎりの時間で行動するのが物凄く怖くて、強迫観念さえ感じるタイプには、神にも思えてしまいます。

 編集や校正の仕事って大変なんだろうなぁと、締め切り時間との戦いに弱い私は、心臓がドキドキしてしまいそうです。
 そんな校正、校閲の会社が運営している神楽坂のかもめブックスへ。
d0348118_10043985.jpg
時間調整で、地下鉄を降りて、早稲田方面の出口からでたらそこにある書店。前から行きたかったんです。
インパクトのある蝶ネクタイで、カーリーヘアーの有名な店長さんのいるお店。カフェもあるよ。

 セレクト本屋というよりは、本読みがビギナーかな?という人向けの新刊書がメインの本屋さん。
よく言われる本好きをうならせる「文脈棚」みたいな、ずいぶん前に出版されたけど、書店員さんの肝いりで、このジャンルには、こんな関連本もあるのねという掘り起こしの本のラインナップではないのね。「働く女性」とか、「フランス、パリ」とか、「「人生を考える」とかのテーマが棚に小さく貼られているのが楽しいよ。
 テーマごとになかなか面白い新刊本を集めていらして、「東京散策」の棚の「休みをとってでも行きたい問屋街さんぽ」とか、「て・づ・く・り」の棚の「うれしい手縫い (読む手しごとBOOKS)」なんていう裁縫の糸の会社「ダルマ家庭糸」の本は、じっくり立ち読みさせていただいたりしちゃいました。

 大人になってつくづくよかったなぁ~と思うのは、読みたいコミックをどーんとまとめ買い(おとな買い)できること。このくらいの財力と、勢いを持ち合わせるおとなでよかったわ。
d0348118_10191227.jpg
目がしょぼしょぼして活字が追えなくなってそれでも何かを読んでいたいという時に読んでます。
[まとめ買い] 吉祥寺だけが住みたい街ですか?(ヤングマガジンコミックス)や、繕い裁つ人 コミック 全6巻完結セット (KCデラックス)
そんなときは、もう寝ちゃえば!って思うのだけど、寝つきが悪い私はベッドに入ってからも、手から本が滑り落ちるまで眠れないんだよね。秋の夜長は時間がたっぷりあるし。

 気になると関連本をまとめて読みます。(以下は図書館で借りた本)
d0348118_10195049.jpg
先日行った昭和のくらし博物館の館長、昭和の生活史の研究家でもある小泉和子さんの本を県立図書館でどーんと。
3問、5問にあるので、いつもの文芸書の階とは違うところで、こういう研究の本は、県立図書館の所蔵がいいね。
昭和なくらし方 (らんぷの本)や、昭和の家事:母たちのくらし (らんぷの本)
d0348118_10201162.jpg
 本屋めぐりに、総記の0問「024」読書案内のあたありで、こんな本も借りてきた。秋のさんぽの帰り道の書店めぐり参考にしよう。
d0348118_10211517.jpg
 この秋の文芸は、津村記久子&中澤日菜子ワールドにはまってます。
おせんべいと、番茶、そして本があれば至福の時間がいくらでも過ごせるんです。
いっぱい書いたあとは、いっぱい補充が必要なんですね。4枚(4館)の図書館カードをフル活用してます。




Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-25 10:22 | 好きな本スクラップ | Comments(2)

中津川 栗きんとんめぐり

 中津川の宿場町さんぽのもう一つの目的は、栗きんとん。
東海地方に暮らしてみて初めて知った、秋の味覚「栗きんとん」です。
東京生まれの私は、お正月のお節料理、さつま芋の餡に甘露煮の栗きんとんしか知りませんでしたが、栗を砂糖で煮詰めて茶巾に絞ったこの銘菓を、東海地方の人は「栗きんとん」というのですね。
d0348118_19025860.jpg
 日持ちがしなくて、せいぜい3日間が賞味期限。
栗きんとん発祥の地の中津川には、17店舗以上のお店があって、どの店も同じ大きさ、同じ価格(1個、税込み237円)。

 宿場町にも名店があちこちに。
d0348118_19051217.jpg
d0348118_19042178.jpg
老舗の「すや」(←看板を右からから読んですやと言います)と「川上屋」。

中津川の駅前にある中津川観光センター「にぎわい特選館」に行けば、全部試せるよと岐阜の友人に聞いて寄ってみましたよ。
d0348118_19053755.jpg
圧巻!栗きんとん。
d0348118_19060056.jpg
 うふふふぅ~。
有名店のお店中心に5つほど買ってきまして、食べくらべ。
d0348118_19062308.jpg
なんて贅沢なんでしょ私。
今回知りましたが、11月になると干し柿に栗きんとん入りがお店に並ぶそうです。
でしゃばらないけど、粋人を唸らせる茶のお菓子が、発達してきた街だとか。
また来なくちゃねぇ。

↓ 中津川 栗きんとんめぐり 公式案内HP



Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-22 01:53 | 暮らしスクラップ | Comments(0)

宿場町さんぽ ~中山道 岐阜県中津川~ sanpo

 名古屋から春日井、多治見、恵那…中央本線で1時間15分の中津川へ。
中山道の江戸から45番目の宿場町中津川、中山道は歴史国道というそうです。
d0348118_18405702.jpg
 江戸の建物はごくわずかですが、とてもフォトジェニックな街並みです。
d0348118_18462632.jpg
日本人よりも、リュックを背負った欧米人のバックパッカーがいっぱいいて、飛騨からここを通ってなのかな?
フットパスを思わせるような目印の看板も趣があるのだ。
d0348118_18415302.jpg
中津川宿から落合、馬籠、麦籠、三留野宿までの地図を観光案内所でもらって散策。

 街道沿いの古い家々の前に、和の素晴らしい寄せ植えがいっぱい。
d0348118_18470945.jpg
 「婦人部のみんなで育てているのよ。町並み保存のためにね。」と店番のおばあさんが教えてくれました。
d0348118_18474191.jpg
d0348118_18482387.jpg
d0348118_18480291.jpg
瓦が大好きな私には、ぞくぞくしちゃう瓦もいっぱいありました。
d0348118_18491800.jpg
 瓦にアレンジした和の寄せ植えがいい感じだなぁ~。それも秋の野の花で。
d0348118_18483919.jpg
d0348118_19441417.jpg

d0348118_18495170.jpg
小さな駄菓子屋さん。思わずのぞいちゃうね。
d0348118_18440849.jpg
ちょっと休憩。この辺りでは有名な五平餅のお店で一服。
d0348118_18434367.jpg
五平餅のこのタレって、胡麻、落花生、胡桃に醤油と砂糖で作ってるそうでお味噌じゃないんだって。


家と家の間につんとそびえる小さな小屋根。これを「うだつ」というのだそうです。火事の延焼を防ぐためのもの。
d0348118_18455548.jpg
「うだつの上がらない人」のうだつの語源はこれなんですって。

時代は、大正か、昭和になるのだろうけど、ホーローの看板、いいです。
d0348118_18452925.jpg

きょうは、人も少なく、ゆっくり街を歩きまして、暑くもなく、寒くもなく。
あぁ、素敵だわ、日本の古い街の秋。
d0348118_19201455.jpg
HPもあるけどね、駅前の観光センターでもらう地図がものすごく充実しています。



Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-21 18:50 | 小さな旅スクラップ | Comments(0)

良いお話でしたね 映画「お父さんと伊藤さん」

 水曜日の映画館はレディースディなんだわね。
エンディングロールが終わって、場内が明るくなった時に同じタイミングで、涙をハンカチでぬぐっていた隣の30代くらいの女性に、思わず「良いお話でしたね。」と言ってしまったら、「えぇ、本当にいいお話。」とコックリとうなずかれました。
d0348118_17150879.jpg
 誰もが抱えるごく普通の家庭にある問題なんですが、痛いほど厳しく突き刺さってきて、
想いはあっても、思うようにはならないのが、老親や、仕事や、人生だなと、つくづくね。
タナダユキ監督の「お父さんと伊藤さん」を観てきました。

 先日行った昭和の暮らし博物館のことを知りたくて、あれこれ文献を読みあさり、
ここ数日、日本の昭和の家族のありようを考えていました。
 博物館で見学していた時、お嬢さんらしき人が、お父さんらしき人に、「こういう時代に生まれたかったな。家族で毎晩、食卓を囲むような時代に。」と言っていたのを小耳にはさみ、いつの間にか私たち日本人は、「家族で食卓を囲む=日本の平穏神話」にすっかりやられてしまっている気もしていたのだ。

 今の日本で、どれくらい家族が、毎晩全員そろって、穏やかな食卓を囲むのだろうか?
我が家などは結婚以来、平日は夫の帰宅が遅かったし、子どもが成長するにしたがって塾だ、部活だと子どもたちも夕食時間はバラバラで…。
いつの間にか、そういう忙しい時間が過ぎて。
でもね、そういうことが大事、大事と言われすぎてしまっている気もする。
老いた人はそうじゃないことがたまらなく寂しくも感じるようになってしまったし、おひとりさまであればそんなことは当たり前だし、それなのに食卓を囲まない家族は、いけない壊れた家族のようにも見えてしまう。

 たしかに、ささやかな食卓を囲むことは、いつも気にも止めないような平穏な幸せなんだけど、そんな普通と呼ばれていることは、意外に普通ではなくなってきているよねということにも、改めて気づかさせてくれた映画でした。

 いきなりですが、異性のお友だちっていますか?
友だちの深さにもよるけど、恋愛感情はないが、一緒に食事や飲み会にいける異性のお友だち。
映画に出てくるような伊藤さん、リリー・フランキーさんみたいな飲み友だちがいると、きっと楽しいだろうなと思うの。
 映画の中でも訳ありの過去のありそうな、ちょっと人生を達観しているような感じ。
私のイメージでは、高山なおみさんのご主人のスイセイさんなんか、こんな感じかなと思うわ。

 周りの親父ともだちをもっと大事にして、ちょっと楽しい飲み会したい。
家族の食卓もいいけど、家族じゃない人に、いろいろ話を聞いてもらいたいなと、映画を観ながら考えていました。
d0348118_17213271.jpg
帰りに、丸善によって原作本のも購入。監督のタナダユキさん。若いけど素敵な女性の監督さん。
良いお話だったわ。いい映画だったよ。




Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-19 17:26 | シネマスクラップ | Comments(0)

東京たてものさんぽ ~昭和の暮らし博物館 大田区久が原~

 五反田のイベントの用事があったので、可愛い電車東急池上線で五反田から久が原へ。
住宅街を10分ほど歩き、小さな旗の目印を見て横丁の径を抜けると、なんとも懐かしい建物がありました。
d0348118_07340876.jpg
 昭和の暮らしや道具を研究されている小泉和子さんのご実家、小泉邸を昭和の暮らし博物館として重要文化財指定を受けて公開している昭和のくらし博物館です。
d0348118_07342976.jpg
サザエさんや、とと姉ちゃんの舞台になりそうなごく普通の建物ですが、施主の小泉氏は建築家でもあり、戦後復興に庶民的な予算(住宅金融公庫の審査に通る建坪と建設費)で随所に庶民らしい工夫と知恵が詰まった住み手の家に対する愛おしい気持ちにあふれた家です。

 昭和レトロを懐かしむだけでなく、その当時の日本人の住まいに対する気持ちや、暮らしの根源を見るようないい博物館。ご近所には、あの花森安治の家もあったそうで、昭和の文化人が多く住んでいた地域のようです。でも決して近所の田園調布のような豪邸の街並みではないのね。
d0348118_07345163.jpg
 私には懐かしいものがいっぱいで、手押しポンプの井戸、ゴミ箱やブリキのバケツ、たらいに洗濯板、七輪や火鉢の火消し壺、なんと着物の洗い張りの貼り板までありました。お家の中は撮影禁止なので、もっと楽しく懐かしいものがいっぱいでしたが、そこに見る美しい日本の知恵と工夫を大事に後世に伝えようとする思いもひしひしと感じます。

 博物館の説明役をする女子大生さんたちに、「昭和レトロがお好きなの?それとも研究のテーマですか?」とお聞きしたら、そのどちらでもなく、ご実家のおばあさま(たぶん70歳代)の丁寧な暮らしぶりをずっと見てきて、いつも梅干しをつけたりする保存食の知恵や、衣類を繕ったりする暮らしが身近にあったから、私たちにも特別なものではないんです。というお返事をもらって驚きました。
d0348118_07351614.jpg
 すっかりこういうことは、現代っ子たちには、特異なもの、無縁のものと思っていた私の想像力よりもずっと、どこかに小さな継承はあるんだなと驚かされたりもして。偏見だったわ。

 今月22日には、コッペパンの揚げパンをめぐるワークショップやイベントもあるそうで、
「このご近所のパン屋さんが揚げパン発祥なんですよ。」とおっしゃっていました。今も人気の美味しい工夫をしたパン屋さんとのイベントだそうです。こちら→
d0348118_07355348.jpg
 庭には、南天、ヤマブキ、桜、柘植、大きな柿の木。
縁側に座ってしばらく柿の実を眺めていました。大事な日本の日常の暮らしを振り返ることなく過ごしていたけど、改めてその工夫や知恵を大事に伝えていく年齢になったなぁと思いながら次のイベントへ。

**********

 連載コラムを寄稿させていただいていた「どうする40」の「おばフォー祭り」に参加です。
「ブログ読んでますよぉ~。」というお言葉をいただくといつもおおいに励みになります。

ご縁をいただいた寄稿者の皆さんのパネルディスカッションや、たのしいおしゃべりに大充実の一日でした。
 みんな本当にオープンマインド。さすがにブロガーたちは、自分の想いを伝えたり、シェアするのが上手すぎて、楽しさが止まらないのでした。

d0348118_07323885.jpg
 参加記念にいただいた切り絵。うふふ、わたし的ツボです。


Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-18 07:39 | おさんぽスクラップ | Comments(0)

セレクトショップ本屋SPBS  ~奥渋谷さんぽ~

 20代ころ遊び倒した渋谷も109ができてからというもの、電車の乗り換えには通過するけれども街を歩くことは、ほとんどなくなった。COW BOOKSの記事をアップしたら、本好きな友人から、ぜひともと薦めらたのが、SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(略称SPBS)。
d0348118_10495881.jpg

 夜中の12時まで空いているという渋谷らしい本屋さんですが、ここも素敵な本のセレクトショップ。
セレクト書店が、こうして文化的な暮らしを大事に考える人が多く住む街に増えていくのは嬉しい。

珍しく渋谷で降りて、外国人観光客がスマホで動画を撮るスクランブル交差点を走り抜け、喧騒を追い払うように道玄坂を登り、東急百貨店の本館に突き当ったら、右へ。
 時々、映画を観に来るシアター系の小さな映画館UPLINKを通りすぎると、あたりはあの頃の渋谷みたいな懐かしい街並みに。
UPLINKは、映画に関連する料理をだすカフェ tabelaが一階にあって、ベトナム映画にベトナム料理みたいな感じで楽しめるから、ついつい映画のあとにも寄ってしまうところ。ここへは、いつも独りで観に行って、独りで食べてくるわたしの秘かな憩いの場所。
d0348118_10503395.jpg

 私が若いころ通っていた渋谷のスペイン坂あたりの雰囲気がまだ残る通り沿いに、あれこれ楽しいお店がたくさんできていて、こんなさんぽもいいなと思う。
 東京の新しい街にはすぐにカフェばかりが乱立してしまうのだけど、ここはちょっと違うみたいね。
東急本店から、小田急線の代々木八幡駅までの一本道のあたりを奥渋谷というらしい。
d0348118_10513306.jpg

 SPBSのカウンターで、休日のための奥渋谷ローカルマップ(無料で配布)をいただいた。
何も予定のない休日に、喧騒を抜けてこんなところを歩くのもいいもんだなと思うよ。
d0348118_10515949.jpg

 書店の書棚には、へぇ~、書店員さんのセンスが光るなぁという「こんな本があるの」というももばかりでワクワクする。
普及版 リトル・トリー」や「[まとめ買い] 吉祥寺だけが住みたい街ですか?(ヤングマガジンコミックス)」なども気になったのだけど、蔵書を増やすのはと思って読みたい本を記憶だけして(メモや写メを撮るにはやっぱり遠慮があるからね)、文庫の帯にひかれてこの本だけを買って。
d0348118_10522181.jpg

 文庫になった本は、まず解説文を斜め読みしてから購入を決めることが多い。今回もそれにひかれて。レトロ過ぎる昭和のC級小説、そんなのありか?満載の展開があり過ぎてあっさり読了する。

この書店は、UPLINKで映画を観た帰りに、きっと必ず寄る書店になると思うわ。




Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-17 01:25 | おさんぽスクラップ | Comments(3)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

追加注文の鍋帽子 ~平面裁断..
at 2017-03-27 00:03
今週のパッチワーク Card..
at 2017-03-26 00:42
一足早い名古屋のお花見 ~白..
at 2017-03-25 00:23
おとな味ドライフルーツのパウ..
at 2017-03-24 09:08
映画「わたしは、ダニエル・ブ..
at 2017-03-22 19:33

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> 鍵コメさん お..
by yukkescrap at 08:33
> chiffonmin..
by yukkescrap at 07:51
YUUKEさん、「ほっ」..
by chiffonmini at 20:40
> vbjaromaさん..
by yukkescrap at 12:36
エキサイトカフェの受賞、..
by vbjaroma at 10:32
> daikatotiさ..
by yukkescrap at 13:28
鍋帽子、たくさん作られた..
by daikatoti at 07:22
> chiffonmin..
by yukkescrap at 07:41
今日の宇良君も、良かった..
by chiffonmini at 22:35
> ivory72さん ..
by yukkescrap at 07:31

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(47)
(34)
(33)
(24)
(23)
(21)
(20)
(18)
(17)
(17)
(16)
(12)
(12)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド

お気に入りブログ