<   2017年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

読んだ本 ジュンパ・ラヒリ「べつの言葉で」~駐妻の憂鬱~

 つい最近、ムンバイの妹と呼んでいる友人がご家族をつれて日本を訪問。
さすがIT大国のインド人だけあって、フリーWifiを存分に利用して日本中を巡り、最後にようやく私と日程を合わせて、待ち合わせをしたのは、日本で一番大きいダイソーがある原宿竹下通りのマクドナルド。

 メッセンジャーで、「今ダイソーに居ます。家族はお土産いっぱい買ってます。マクドナルドで雨宿りしてます。」というメッセージには、グーグル地図が添付されていて。
「そこで待っていて、私が行くほうが早いから」と返信しながらも、どこも混みあう東京歩きはなかなか大変。

彼女とは、20年前、ムンバイの日本語スピーチコンテストで審査員をしたとき(なぜか、文庫のボランティアをしていた読書量の多い日本人という理由でわたしが審査員に)に出会いました。
 予選を通過したのち、本選に出場するにあたり、日本語のスピーチの仕上げを手伝って、その後の努力は並々ならず、入賞、日本へ。我が家にもしばらくホームステイをして、その後はムンバイの日本の大手総合商社に勤務という才媛です。
母語はムンバイのあるマハシュートラ州のマラティー語。もちろん英語も完璧。そしてたまらなく流暢な日本語を話します。

 英語圏外の途上国に暮らした私は、新しい生活がスタートするたびに、新地での生活構築に加えて、現地語の取得という辛い試練が待ち受けるという駐在。だから、日本語を勉強する学生さんとの交流は、とても楽しく、ありがあたい存在でした。

 ムンバイにいた時、ヒンディー語の先生に薦められて読んだのがジュンパ・ラヒリの「停電の夜に (新潮文庫)」。
夫の転勤でアメリカに暮らすインド人の妻が、土地の生活になれるまでの憂鬱、言葉へのコンプレックス、差別などなど、読みながら何度もわが身の境遇に重ね合わせて嗚咽しながら読みました。

 新しい言葉を習得するというのは、住めばなんとかできるようになるわけではありません。
いつになっても買い物では、最低限の用事を済ませられるだけの幼児語程度の進歩具合。
 必要な物は買えても、価格の交渉や、品質の評価や取り扱いについて質問できないし、別の選択肢の提案さえも聞き取れない。
まさに子どものつかい程度のレベルで買い物を済ませる日々。

ある程度、人生にも経験を積んだ中身は大人なのに、その思いや、気持ちを十分に言葉で伝えられないというもどかしさ。
言葉のハンデで、ついこもりがちになってしまうこともしばしばでした。
d0348118_10133278.jpg
 作者の両親はカルカッタ出身で、彼女はベンガル語が母語。英語は完璧で高い評価をうけた小説は、英語で書いていたラヒリ。
いつもの訳者・小川高義氏の名訳かと思っていたら、今回は、なんとイタリア語で書かれたエッセイで翻訳者も違う。
アイデンティティという難しい問題が根底にある作者の40代になっての英断に、はっと驚かせられたエッセイ「べつの言葉で (新潮クレスト・ブックス)」でした。

 いつも感じていたのは、言語には文化や歴史や、その土地の背景がすごく深くあること。
現地語を学ぶたびに、言い回しや日本語との対比ではニュアンスが違う単語にもおびえて。
それなのに、長年勉強してきたとはいえ、小説家が、新しい言語で随筆を書くというその心理はどんなものなのだろうと。

 私の周りには、語学が堪能で、道具として巧みに多言語を使う友人も多い。
とても羨ましく、尊敬もしてしまう。きっとそういう人は、耳も良いし、言語の交換スイッチのセンスも高いのだろう。

 まもなくアラ還という年になって、ますます語学の習得は、苦難の道。
いろいろな人生経験や、あちこちの国での体験は増えても、それで、ある程度わかった気分になっていた。
ずっと新しいことへの挑戦が遠のいていたけど、ちょっとだけ、新しい試みへの果敢な挑戦をみて、また励まされているのです。

いつも共感と励みをたくさんもらう、大好きな作家のひとり。これからの作品も楽しみだな。

by yukkescrap | 2017-05-31 10:14 | 好きな本スクラップ | Comments(0)

山のごちそう ~わらびたたき~

 小淵沢の道の駅に寄ったら、それはそれは、産直の葉物野菜で溢れていました。
ルッコラ、ロメインレタス、ラディッシュの数々、シャキシャキのクレソン、そしてハーブに山菜。

 うわぁ~と思わず歓声をあげちゃったのが、採りたてわらび。
「あく抜き、どうしようかなぁ~」ってつぶやいたら、レジのおばさんが、「あく抜き用の木灰もサービスしますよ。」って。
d0348118_12574553.jpg
 私の祖母は秋田の生まれ。
秋田と言えば、「わらびたたき」という有名な郷土料理があります。
あく抜きしたわらびのヌルヌルをそのまま生かして、味噌と山椒を一緒にたたくのね。
わたしは、子どもの頃これを炊き立てご飯にのせてふーふー言いながらほおばった記憶があります。
d0348118_12595400.jpg
萬古焼の小鉢で
 そのとき以来かなぁ?夫は初めてのわらびたたきです。
旨いなぁ、旨いなぁってお酒も進むよね。
d0348118_13005592.jpg
タイのセラドンの小鉢で
 削り鰹トッピングのお浸しも美味しいのよね。
d0348118_12590148.jpg
山のごちそう、今月はわらびです。ごちそうさまです、山のめぐみ。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-05-30 00:49 | お料理スクラップ | Comments(0)

5月の八ヶ岳の森から ~今年はミズキの花が盛大に咲いて~

新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!

 見事な新緑と真っ白な花がたわわに咲いたミズキ。
d0348118_12353510.jpg
街路樹でよく見かけるハナミズキ(外来種)とは違う、日本のミズキです。
d0348118_12362697.jpg
子どもたちと20年前に、近所の森の実生から育った1メートルほどのミズキを庭に移植しました。
車輪のように、毎年枝が広がるからクルマミズキともいういのよと教えられて。
d0348118_12364871.jpg
 そして今年初めて、こんなにたくさんの真っ白い花をつけてくれて。
小さな米粒ほどの花びらがサラサラと降る様子は、まるで小雪がふんわり舞うような感じです。

 どうやら、今年は、ミズキの生り年らしく。
近所の森にもたくさんの花をつけた黄緑の新緑と白のコントラストがなんとも美しいミズキがいっぱいです。
桜もきれいだけど、黄緑とオフホワイトのミズキが美しいこと。
写真が下手でうまく美しさが伝わらないわ。もどかしい。
d0348118_19355190.jpeg
屋根より大きくなったミズキ。
花言葉は、「成熟した精神」というのだとか。なるほどねと唸るわ。
d0348118_12370989.jpg
大きなミズキの左のヤマボウシは、なぜか移植3年目にして今年は花がたった6輪だけ。
d0348118_12285387.jpg
心配したけど、ヤマボウシは移植後数年は根を張り、葉を茂らせることに邁進するらしく、しばらく待たないとヤマボウシの花が咲かないらしいの。
d0348118_12283247.jpg
 ワイルドガーデンと自称するも、派手な花が咲く時期は、森に来ていないことも多くて、ひっそり咲く小さな花ばかりが咲き誇っています。
d0348118_12291507.jpg
そっと庭を歩かないと見つからないのね。
緑と黄緑のグラデーションに、小さな白い花がポツポツというのが、私の庭。
d0348118_12293658.jpg
アマドコロも葉の裏にスズランのような白い花をつけていましたが、写真撮り忘れちゃいました。
d0348118_12295635.jpg
葉っぱからにゅうっと花が立ち上がる二輪草に、ミズキの花芯が、葉っぱに降り注いでいます。

茗荷(みょうが)がちゃんと芽吹いてくれてね。踏まれないようにガードしてきたよ。
d0348118_12304189.jpg
 蛇苺とヒメジョオンとアザミが勢力を伸ばしていますけどね。
まぁね、そっと様子を見守ることにしています。

 お隣のおうちにもスズメバチの襲来があったとかで、ご主人がオリジナルで調合したスズメバチの女王蜂を捕獲するトラップジュース。カルピスやら、お酢やら、グレープジュースやらを調合しているそうです。この時期、冬眠から覚めた女王蜂が近くに巣をつくらないように、早めに捕獲しておくのだそうです。来月には取り外しておきますよって。
d0348118_12312140.jpg
長くつけると蜂の道になってしまうからとのことでした。ありがたく設置いただきました。
黄色は、連休に息子がつけてくれた市販品のトラップ。自然との共存、なかなか大変なのだ。

by yukkescrap | 2017-05-29 12:44 | 八ヶ岳スクラップ | Comments(2)

5月の八ヶ岳の森から ~八ヶ岳ファーマーズマーケット2017へ~

 毎年、この時期に開催される八ヶ岳ファーマーズマーケット(@富士見高原リゾート)へ。
開催日が決まってから、ずっとこの日は八ヶ岳へ絶対に行くぞと決めていたのですよ。
d0348118_12110097.jpg
 八ヶ岳南麓は、日照時間が長いこと、寒暖差が大きいこと、夏が涼しいことという園芸には好条件がそろっているので、花苗の栽培農家がいっぱいあります。老舗の日野春ハーブガーデンをはじめ、山野草、宿根草を専門にしている生産者さんもいっぱいあります。
d0348118_12112447.jpg
 そして、リタイア後、フラワーガーデン作りを楽しむ園芸好きの人たちの移住もとても多い。
d0348118_12114472.jpg
みなさん、素晴らしいイングリッシュガーデン作られています。春はあちこちでオープンガーデンしているいるのね。

 でも今年の目的は、苗木。
我が家のワイルドガーデンように雑木の苗木探しですが、なんと残念なことに苗木やさんの出店がほとんどなくて、私は、撃沈。
数種の花苗やハーブ(ルバーブとか)で溜飲をさげるも、まだ消化不良で、富士見のJマートで、なんだかよくわからない苗木たちを買ってしまってね。うーん。よろしくなわと思いつつ、短い滞在時間、日没まで必死に植え付けてきました。
d0348118_12120526.jpg
 
 私の目論見を見透かしたかのように、鹿さんたちの、再襲撃があったらしくてね。
 サラダ菜は、ほぼ全滅。
楽しみんしていたアナベル、今年はたくさん花芽が育ったぞ!と思ったら、美味しいところは全部召しあがられてます。
d0348118_12130863.jpg
 そして泣きたいほど悔しいことに、たくさん芽吹いた山桜の葉っぱを食いちぎり、枝もすっかり折ってあってねぇ。
d0348118_12124385.jpg
泣く泣く折れたところをハサミで切り落としたら、こんな状態です。
ファーマーズマーケットの苗屋さんでも、「鹿が食べない花苗」というキャッチで売られているお花もありましたよ。
 美味しいのか?紫陽花アナベルと、ヤマザクラ。

 はぁ…。
ワイルドガーデンの話は、明日へつづく。 

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-05-29 12:15 | 八ヶ岳スクラップ | Comments(2)

今週の愛妻弁当まとめ 2017年5月第3・4週

 昭和なおばちゃんは、連ドラの「ひよっこ」見ながら、毎日ウルウルしていますけど、視聴率はふるわないらしいです。
あの時代がわかるのは、団塊世代の前後世代かなあ~。
昭和右肩あがりに育った私は、「頑張ればいつか報われる」とひたすら信じて励んでいた明るい時代でした。
d0348118_09452542.jpg
そのころの言葉は、今は死語になったものもいっぱいで…。
「真剣にメカタを減らすから、ご飯の量を減らそう。」というので、毎朝、1合半炊いていたご飯を1合ににして朝ご飯とお弁当にしています。ご飯の量を減らして、おかずも軽く詰めてます。
d0348118_09460741.jpg
 メカタにはじまり、シーツを敷布、エプロンを前掛けと言います。
そうつぶやいたら、エモン掛け、ちりし、おとしがみ、はたき、玄関のたたき、飲んだらメートルがあがる…といっぱいつぶやきいただきました。
d0348118_09463664.jpg
d0348118_09465588.jpg

 懐かしい昭和の言葉は、モノとともに消えていくのね。
連ドラの小道具の古い炊飯器と、魔法瓶(これも聞かなくなったよね)、三角巾や作業用のスモッグのうわっぱりも懐かしいよね。

d0348118_09474997.jpg
d0348118_09482926.jpg


d0348118_09471325.jpg

ぬか漬けが美味しくてね、毎日詰めましたよ。
昭和なおばちゃんが作る昭和なおかずの愛妻弁当です。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-05-26 09:49 | 愛妻弁当スクラップ | Comments(0)

おいしいぬか漬けへの道 ~実山椒~

 先週、デパート地下で見かけた実山椒は、折箱入りで2,900円なり。
ぬか床をおいしくするために、実りの季節になったら実山椒を買わなくちゃと思っていましたけど、高いなぁ~。

大須観音の商店街にあった八百屋さんの店先に、山椒の枝がバケツにいっぱい。
思わず、「ぬか床に入れる実山椒を少しだけほしいんですけど、買えますか?」と聞いたら、「枝から、欲しい分だけとって行きな」と八百屋のおじさん。
d0348118_17455405.jpg
ほんの一握り分だけ、枝からもいで、量り売りしてもらったら、150円。

 丁寧に小枝からさらに実だけをとって、ぬか床に混ぜました。
旬の野菜が出回って来たなと知るのは、小売りのお店の店先。

 いつも忙しく閉店間際のスーパーマーケットに飛び込んで買い物をし、ネットスーパーで必要最低限の食材の買い物を済ませていた働く主婦時代には、こういう余裕はちっともなかったなぁ。
忙しくしている息子(私のぬか床を彼に半分、里子に出しています。)の分も買い求めて送ろうかと、しばし考えるも、やめておこうと思いとどまる。
「実山椒、近所の八百屋さんで探してごらん」とメールだけしておこう。都合出来なければそれでいいんだしね。
d0348118_17461444.jpg
 八百屋さんと、旬の野菜の話をのんびりしながら買い物をするという贅沢な時間に、見失ってきたことの愛しさを感じたりしています。季節のある日本に暮らす楽しみを実感するひとときです。

ぬか床、実山椒で美味しくなぁれ!
 
Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-05-24 17:49 | お料理スクラップ | Comments(2)

コッペパンとChow Chow

 懐かしさも手伝って、しばらくぶりに情熱を傾けてしまったコッペパン。

それもこれも、その昔、アメリカンフットボール部のマネジャーだった青春時代に、横浜の本牧の米軍基地のグランドでの試合では、キャンプの米兵さんが、日本人のアメフトの試合を観戦しながら、BBQグリルでソーセージを焼いて、ホットドックを売っていたのよね。
たっぷりのケチャップ、マスタード、そしてスイートピクルスをたっぷりのせたもの。

 私たち夫婦の青春の味なんだなぁ~。
あの時はソーセージにピクルスだけで、シンプルでしたけど、今日はトマトとかチーズとかも入れちゃう。
d0348118_09495327.jpg
警視庁の機動隊のチームとの対戦にも、米兵さんがボランティアというか、モノ好きなのか、英語で実況中継してくれて、へっぽこチームもなんだか本場のスーパーボウルを夢見てしまいそうな感じでした。

 婿さまママと、婿さまパパが別々に送ってくれたのはChow Chowというスイートピクルスと玉ねぎの酢漬けをつぶした瓶詰。
d0348118_09492767.jpg
こりゃ、あの時の味だ。うまいけど、やっぱりホットドックだよねということでコッペパン探しがはじまったのよね。
見つからなくて、最初は、アンデルセンの熟成ロールパンで作ったんですが、これがイマイチでねぇ。
d0348118_09485102.jpg

美味しいコッペパンは、昨日の記事の通りに見つかりました。
そして今日のお弁当は、ホットドック。

ソーセージはケチりましたので、短いのを2本ね。たっぷりChow Chow。
夫は、今日は人間ドックの追加検査。ドック後に、ホットドック食べるんだそうで、おうちに置き弁。(おうちにお弁当をおいておいてお昼に食べるのを置き弁というんだそうです。働くママのお留守番の小学生用に…らしいよ)

 コッペパンを調べたらね、フランスパンのクープ、英語のカットが語源らしいです。
日本に上陸したのは、大正時代。てっきり占領軍の給食のための脱脂粉乳と同じく置き土産とおもっていたけど、それ以前でした。

 バニラクリームに真っ赤なサクランボジェリーのクリームパンや、焼きそばパン、コロッケパン。
シンプルだけに、素朴でバリエーションもいっぱいなのよね。日本人のソウルフードだと思うわ。
またコッペパン人気が復活しないかなぁと思っています。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-05-23 09:52 | お料理スクラップ | Comments(2)

ご近所さんぽ ~コッペパンを求めて松原エリアへ〜

婿さまママからもらったスイートピクルスを粗みじん切りにして作る自家製のChow Chowというアメリカ人が大好きなお漬物の瓶詰め。
これをホットドックで食べたいという願望に答えてコッペパンを探してみるも、なかなかないのね〜。

時々スーパーマーケットのパン売り場に袋入りで見かけるもののクリーム入りだったりぶどうパンだったりで。
朝の連ドラ「ひよっこ」の時代は、どこでも買えたコッペパンなのにね。

名古屋の友人数名のリコメンドをいただいて、大須にコッペパン専門のカフェがあるよ。パンだけも買えるよと言われて行ってみる。ググるとすぐに探せる時代はすごいね。
d0348118_17143318.jpeg
自転車屋さんの裏手に可愛いカフェ。
d0348118_17142191.jpeg
まぁなんと美味しいコッペパンでしょう。
d0348118_17152341.jpeg
外ご飯の、食べログはしない私も思わず写メってしまいました。
フィッシュサンドとミント入り煎茶。
d0348118_17154136.jpeg
テーブルのお花のアレンジが良いなぁと思ったら、この地区はお花市場のある松原というエリア。
d0348118_17160083.jpeg
d0348118_17161945.jpeg
隣接する児童公園もねぇ、シロツメクサとヘビイチゴいっぱいで、なんだかほのぼのしちゃいます。
d0348118_17163632.jpeg
お昼には花市場はすっかりシャッターが降りてしまいまして。ここはまた次回だわ。
d0348118_17170694.jpeg
大須観音の大須通りをはさんで名古屋駅側にあるエリア。
さんぽコースに追加のお気に入りになりそうです。

美味しいパン屋さんは、こちら


スマホからポストしてます。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-05-22 17:19 | おさんぽスクラップ | Comments(0)

読んだ本 原田マハの「リーチ先生」

 春になると、ワクワクと各地で行われる窯元めぐりなどしてます。

昨年は、益子焼の濱田庄司に関する本をたくさん読んでいましたが、大好きな作家、原田マハさんが、バーナード・リーチについて書いた小説があって、図書館の予約を待ってようやく手にしました。

 ピカソや、ルソーを主人公にした原田マハの小説は大好き。
キュレターだった原田目線の美術小説。今度は民藝の第一人者のリーチのこと、楽しく読みました。

柳宗理、白樺派や、高村光太郎とリーチの関係を、架空の助手の目を通して描かれていて、その仕立ても面白くてね。
d0348118_09222777.jpg
 読むほどに、器への思いも深まって、また食器棚をごそごそしてしまいましたよ。
わたしが結婚したころは、お客様用にと洋食器をデパートの頒布会で買い揃えたり、和食器もセットでというような時代。

一点、一点、器の組み合わせや、盛り付ける料理をイメージして器を増やすようになったのは、ちょっと教育費も減って、お台所事情に余裕がでてきたごく最近のこと。
いい器だなと手に取っても、さて何を盛るか?が明確じゃないと買えないのね。

 普段使いの器にこそ、用の美。
美しいものが、日常に大事にあるのは、やっぱり豊かだなぁと思いながら、リーチ先生の時代に想いを馳せています。
こういうお話が朝の連ドラとかにになったら面白いのになあとも思ったりした一冊。

原田マハさんの「リーチ先生」刊行インタビュー記事は、こちら→★



by yukkescrap | 2017-05-18 08:45 | 好きな本スクラップ | Comments(0)

小茄子のぬか漬け ~難しいねの巻き~

 ぬか漬けが、美味しい季節になってきました。
お野菜もとっても美味しい季節ですからね。

 ぬか漬けを再開してから半年。熟成具合もだいぶいい感じです。
胡瓜と、キャベツ、大根、人参は、うまくつかるのですが、茄子は難しいのね。
d0348118_09042347.jpg
まず色よ。ミョウバン塩をつくってまぶしたり、ぬか床にミョウバンも混ぜ込み増したが、あの茄子紺色が綺麗に出ることはなかなかなのだ。

 加えて、塩がきついとしょっぱいし、足りないと中までつからず。大きな茄子はとても難しくてね。
小茄子に挑戦するも、これも玉砕。いつもの調子でミョウバン塩をまぶしたらしょっぱすぎる。
d0348118_09043563.jpg
カリモリ(東海地方の特産の瓜)は、大きいので4つに切っていれてみましたけど、これまたうまくいきません。
d0348118_09045141.jpg
 ぬか漬け、本当に奥が深いわぁと、悩みながら試行錯誤中です。
茄子がうまくつかる方法、知りたい、知りたい!

by yukkescrap | 2017-05-17 09:05 | お料理スクラップ | Comments(3)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

今週の愛妻弁当まとめ ~20..
at 2017-09-22 09:05
乗り越えて! メキシコへの祈り
at 2017-09-21 09:14
アイアンの蚊やりコレクション
at 2017-09-20 00:57
八ヶ岳大人の林間学校 ~木こ..
at 2017-09-19 10:22
今週の愛妻弁当まとめ ~20..
at 2017-09-17 08:49

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> dreamyeyes..
by yukkescrap at 08:18
yukkescrapさん..
by dreamyeyes at 04:27
> dreamyeyes..
by yukkescrap at 07:29
> touryounoi..
by yukkescrap at 07:27
我が家もぶーちゃんを使用..
by dreamyeyes at 03:00
すごいですね~!やっぱり..
by touryounoie at 23:31
> BONさん ..
by yukkescrap at 21:00
さすがにエキスパート集団..
by BON at 18:15
> Olive07hさん..
by yukkescrap at 14:27
お直しがデキルなんて(羨..
by Olive07h at 09:12

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(65)
(47)
(38)
(32)
(30)
(25)
(23)
(22)
(22)
(20)
(18)
(17)
(17)
(16)
(13)
(12)
(8)
(8)
(8)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド