<   2017年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ブランデーたっぷり 今年も栗の渋皮煮

 友人からたくさんの栗が届きました。代々の栗農家の大きな見事な栗です。
d0348118_13515672.jpg

 水にいれて、浮いてきた栗は取り除きます。(←これ大事)
浮いた栗は虫食いか、スが空いているので、これはいいところだけを始末して栗ご飯にしました。
d0348118_13521300.jpg
毎年、大活躍の「栗くり坊主」(クリ剥き用はさみ)があるから、くり剥きは楽々なんですねぇ。
たとえ年に数回でもこれがあると、やる気になれます。
d0348118_13522981.jpg

選んだ栗を、熱いお湯に栗をいれて3分間、さっと煮まして、冷めてきたら一気に鬼皮をむきます。
あらぁ~!20分で剥けちゃいました。1.5キロあります。
d0348118_13525084.jpg
 重曹をいれたお湯に、そっと栗をいれます。
これ以降の栗の取り扱いは、そっと、そっと。煮るときもぐつぐつではなくて、弱火でじっくり15分。
栗が割れないように、取扱いは丁寧にだけを心掛けてね。
d0348118_13530575.jpg
 お鍋の蓋をちょっとずらして水を入れ替えていきます。水が澄むまでそっと、そっと。
重曹でのあく抜きは、3回。
d0348118_13531964.jpg
茹であがあるたびに、爪楊枝で渋皮をそっと擦ってはがしていきます。黒い筋も取り除いてね。

 栗の70~80%のお砂糖で煮込みます。
一日目は、お砂糖の半量で、翌日また半量をいれて、コトコトと。
このときも、栗がシロップから出ないように、グツグツしないで、弱火でじっくり。
d0348118_13562405.jpg
 まあ!栗は一つも割れずに煮あがりましたよ。
新鮮だったからねぇ。
d0348118_13570607.jpg
d0348118_13550853.jpg
 瓶に栗をそっと詰めて、シロップを注ぎます。
亡き義父が残したナポレオン(父没後すでに15年。これは父がいつ買ったか不明ですけどね。)をトポトポ注ぎ足しまして、きゅっと蓋をして保存です。
ブランデーはお好きな量でね。
d0348118_13572893.jpg
栗の大好きなお嫁ちゃんに早速送ります。美味しいものは、みんなで分けて食べたいよね。

 お鍋のコトコトを見守りながらキルトを仕上げます。
穏やかに過ごす一日。鍋見守りで在宅なんて、すごく久しぶりの時間の過ごし方です。
忙しかった時にはとてもできなかったな。気持ちの余裕もないしね。
 こういう手間仕事ができるのは、とてもありがあたい至福の時間です。


Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-09-28 08:25 | お料理スクラップ | Comments(10)

今週のパッチワーク ~赤のサンプラーキルト キルティング進捗 途中経過~

 ものすごく引きこもっております。
d0348118_14133259.jpg
ベランダに洗濯物を干すときだけ外気に触れるという感じ。
よくもまぁ、お家にこもりっきりになれるものだなと思うでしょ?
お出かけ大好きなアクティブに見えるらしいけど、「基本・私は、おうちが大好き!」なのですよ。

 64枚つないだパッチワークのサンプラーキルト。
内周のパターン30枚のキルティングが終わりました。
あとは、外周一列の34枚とボーダー。
ようやく半分折り返しまできた感じです。

 図案にの縫い目に沿って落としキルトのパターン。
d0348118_14142648.jpg
 図案の上にお花とか、イメージを描くパターン。
d0348118_14135974.jpg
 図案の内側3ミリのところをキルティングするパターン。
d0348118_14141344.jpg
ルールは自分で決めるので、好きなように、その時の思い付きでキルティングしています。
d0348118_14152497.jpg
昔はデザインを最初に決めて、きっちり進めていたけど、年をとるとこういうことも柔軟になるのねぇ。
d0348118_14144248.jpg
大相撲がどうしようもなくつまらなかった場所のせいか、思ったよりも針がどんどん進むので、早く出来上がりそうです。
右手の人差し指、左手の中指に針のタコができてます。キルトタコね。
d0348118_14154351.jpg
夕方になるとさすがに目がよく見えなくなるのだ。だからおしましね。
キルティングしながら次作のキルトの図案の構造を巡らせています。


Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-09-27 14:17 | 手仕事スクラップ | Comments(2)

今週の愛妻弁当まとめ ~2017年9月3週目~

 今週は、「お弁当いらないよ。」が二日あってね。
「早く言ってよ。」というフラれ弁当もありまして。ときに愛妻弁当もフラれます。

月曜日のおかずのない日は、デパ地下頼みのシュウマイ。
鈴波(名古屋のお魚の西京漬けの銘店)の銀鱈尾の西京漬けがお値打ちで。
d0348118_09000654.jpg
 牛すじのどて煮、塩サバ弁当。これは、「フラれ弁当」で私のお腹に収まりました。
d0348118_08593256.jpg
 ヒレカツ、エビフライ弁当。
d0348118_09020636.jpg
ハンバーグ弁当。卵焼きを巻きすで巻いたら、マンゴーの形。
d0348118_09025287.jpg

 辛いことも、悲しいこともあるけどね。
〝対岸で、美味しいものを食べて、笑っている日常”が、いけないことのように感じちゃって、プチ鬱状態。
こういうのは、いけませんね。

 さぁ、今日も笑顔で元気で行ってらっしゃい!
美味しいものは、みんなを笑顔に元気にしてくれること知ってます。
 粛々と日常の平和に感謝しながら。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-09-22 09:05 | 愛妻弁当スクラップ | Comments(0)

乗り越えて! メキシコへの祈り

 美しくて、明るくて、人懐こくて、お節介で、キッチュで…。
大好きな第二の故郷でもあるメキシコシティの惨状に、涙にくれています。
4年、暮らしたメキシコシティ。(その時の様子→ジェット妻ストリーム2

 先週のチアパス沖を震源にする大地震で、チアパスや、オアハカに暮らす知人の安否を確認してホッとしていたところに再びの地震。
奇しくも32年前の同じ9月19日。再びのメキシコシティの大地震。
 震源は、あの美しいコロニアルシティのプエブラ。スペイン風の陶器で有名な街です。

d0348118_09040065.jpg
美しいプエブラのセントロのソカロ
d0348118_09052482.jpg
カラフルなプエブラの街並み
 
しかし、メキシコシティでの被害の方が大きかった様子で、友人や、知人から続々と届くSNSでの安否報告と、今の街の様子。
動画や画像でみる懐かしい街並みや風景、いつも歩いていた大通りが、悲惨な状況になっていることに、胸が押しつぶされ、みなの怖かった様子に打ちひしがれています。
d0348118_09053610.jpg
 東日本大震災の時、メキシコシティにいた私は、当時、知らないメキシコ人からも、「日本人でしょ?ご家族は大丈夫でしたか?大変だったね。」とギュッと抱きしめられたことが何度もありました。優しいかの国の人の思いやりに触れてどんなに、心が暖められたことか。
 私たちもひどい震災の経験があるのよと、1985年のメキシコシティ大地震の話をしてくれたり。
d0348118_09064920.jpg
 知人、友人の報告では、9月19日はメキシコでも防災の日。
午前中に各マンションや学校では、避難訓練が行われ、やれやれと家に戻ったところの大地震だったとか。
備えがあったとはいえ、石造りの家の倒壊の恐怖、治安の悪化を懸念しての非常事態宣言。
「 街路に人は溢れているのに街がひっそりと静まり返っている。」という報告。
あの笑い声が絶えない明るい街がひっそりとしているという様子に、ますます皆の心労を思います。
つぎつぎと私のタイムランにあふれ出てくる友人たちからの惨状と報告に、すっかり打ちひしがれてしまっています。

 その中でも、早速、救援物資、食料を配る日本食レストランや、日系スーパーマーケットの皆さん、報道通訳や取材に駆け回る友人たち。あぁ、あの人があそこで頑張っていてくれる、あの人も…と。

メキシコに移民した日本人は数万人。駐在員も1万人以上です。
地震大国日本のみんなが手を取って動いている姿がなんとも逞しい。

 今は、祈ることしかできません。
遠い故郷に思いを馳せて、「手を取りあって、どうぞ乗り越えて!」と祈るばかりです。




Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-09-21 09:14 | Comments(0)

アイアンの蚊やりコレクション

 八ヶ岳の森の家。
やっぱり虫はいるんですよ。
d0348118_11073798.jpg
 夏場の蚊やりは欠かせない。
でも「意外と蚊は少ないね。」というのが、おおかたここに来た人たたちの感想。
蚊取り線香の成分が、ちょっと気になってここ数年は、オーガニックの蚊取り線香を使っています。
喉が痛くならないし、煙も多くない。効き目も十分。
d0348118_11085228.jpg
(うーん、このアングルでは、被写体の形が…、写真の講座に行ったらダメ出しいっぱいの構図だ)

 そしてね。
お線香のヤニがベタベタするのが困って、今までの蓋つきからこんなスタンドにしたら、いい感じ。
あれこれ集めてしまったこの夏です。

 ランタンタイプ。
d0348118_11083512.jpg
 BBQタイプ。
d0348118_11082347.jpg
d0348118_11081273.jpg
 これは小鳥さんが、マグネットで取り外せるので、お線香の穴にスタンドを差し込みやすいの。
d0348118_11075955.jpg
 八ヶ岳倶楽部で買いました。

 ぶーちゃん(我が家ではこう呼ばれています)は、切りキズがあります。小さい人の失敗を必死に補修してくれたママさんの技。
キズの味わいも良くて長年の愛用品。
d0348118_11091285.jpg
 秋、お花が減ってきたら、惜しむ夏に最後の力を振り絞って暴れるスズメバチに御用心しながら。
でも、もうお山は、先日寒くてストーブをつけましたから、蚊やりは、また来年まで物置に格納ね。


Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-09-20 00:57 | インテリアスクラップ | Comments(4)

八ヶ岳大人の林間学校 ~木こり修行・カラマツの伐採~

 台風の通過をものともせず、勇敢な男たちとの林間学校は、「カラマツの伐採」ワークショップです。
裏の敷地には、樹齢60年ほどのカラマツが11本あります。
 寿命が来て、そろそろ伐採の時期。
d0348118_10063949.jpg
根が浅いカラマツは始末が悪くて森の嫌われ者でしたけど、ロシア産のカラマツの輸入が減って、国内のカラマツにスポットがあたってきたとか。
d0348118_10065576.jpg
近隣の森のカラマツの伐採がどんどん進んでいます。
薄く切って互い違いに貼って合板にするには、暴れない材で有効な利用先が生まれたそうです。
d0348118_10073954.jpg
 とはいえ、伐採を頼めばそれなりの出費もあってね。
どうしたものか?と保留しそうになっていましたが、隣人のご縁から、「木こりさんがお友だちなんだよ。切るのが大好き。一緒に伐採楽しみませんか?」と言われ、えぇ!と最初は躊躇したものの、こんな機会と経験はそうないよねと、大喜びでお願いしました。
d0348118_10081182.jpg
 この日やって来たのは、農学部林科出身のエキスパートの皆さん。同窓会の帰りに寄ってくださって…。
友情も、道具も素晴らしいのですよ。

 うちの娘と婿さまも大喜びで参加。
あいにく、台風の雨。小ぶりになった時を見計らいながら。
まずは、倒木する方向にある藪(やぶ)の整理。切ったら枝払いもするので、まずはそのスペースの確保です。
d0348118_10131568.jpg
 道具の扱い、ワイヤーはねじれてしまって次に使いにくくならないように、三本の小枝でよりを戻しながら巻きます。
クサビや滑車、レンチ、チェーンソーに鉞(まさかり)、 そして救急箱。
d0348118_10133143.jpg
 ご指導というか、切ってくださる木こりさんは、実は、木こりさんたちの安全指導をしたり、海外青年協力隊で世界の森林の林業指導をしている大先生。
まずは、「ご安全に!」ということでみんなヘルメット装着、危険なことにならないための十分な手順や、段取りがあります。

 倒す方向が決まったら、梯子をかけて木の三分の一くらいのところにワイヤーを巻く。
まっすぐ引っ張れば、自分の方に倒れるので、倒す木から45度ほどのところに滑車をつけて支点を。
そこからまた次の木にレンチを装着して、切った木を思う方向へ倒していきます。
d0348118_10101300.jpg
 娘たちは、そういえば、物理で習ったけど、こうやって支点、力点、滑車で力が半分になるとか習った気がする。
それを実生活ではじめて確認したわねぇ。すごいね。こういう技術に感心、感動していました。
d0348118_10093156.jpg
 まぁ、そのお手並みと言ったらね。
ほれぼれしちゃって、若いお嬢さんがこれをみたら、みんな木こりさんに惚れちゃう!と思うくらいにかっこいい。
三角に倒し口を作りまして。
d0348118_10095439.jpg
ワイヤーで引っ張ります。

 敷地には、近所に電柱や電線もあるので、それに決してかからないように。
もちろん誰もケガがないようにですね。

 小雨の中、初日はお昼から夕方までで、5本。
翌日、台風一過の大晴天のなか、残りの6本を、お昼までに切って。
速いし、的確です。
d0348118_10110164.jpg
切って、倒したら、すぐに枝を払い、4メートル15センチ(トラックに載せる長さ)にきっちりと切っていきます。
この仕事ぶりもお見事なのよ。
d0348118_10103454.jpg
 夫も、クサビを打たせていただきました。

 

倒れるぞぉ~。

わたしのミッション、今回は、宴会マネージャー。
夜の宴会と、お昼の差し入れを担当。
男の仕事が終わったあとのこういう楽しみは、なんとも言えませんね。
d0348118_10124426.jpg
 残念だったのは、まさかのカメラのバッテリー切れ。
詳しい記録を残したかったのに、画像はすべてスマホです。((;´д`)トホホ)
d0348118_10114884.jpg
 森の先生たちから、森林保護の話や、仕事の話、木の名前(気になっていた木の名は、アブラチャンと知りました)などなど。
興味深いお話をいっぱい聞けていい体験ができました。

 今後カラマツは、順次運びだされていきます。

これをご縁に、またチームOOIGAMORIは、またフィールドワークがなくても宴会をしたいと思っていますよ。
素晴らしいご縁をいただいた隣人さんに大感謝。
学生時代の素晴らしい友情と、親切で、楽しい素敵なみなさん、本当にありがとうございました。
わたしたちも、こんなに素晴らしいご縁をいただいて感謝です。

森を再生するという一端を担った気がしちゃって、にわか森ガールは、大興奮のカラマツ伐採体験でした。
d0348118_10121699.jpg
木を切ったら、俄然、撒きストーブだな。
次は薪ストーブ用の台座のテラコッタタイルを貼るワークショップがありますよ。
お楽しみに!

  

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-09-19 10:22 | 八ヶ岳スクラップ | Comments(4)

今週の愛妻弁当まとめ ~2017年9月2週目~

 人生80年は当たり前、これからは100歳時代!
なんて言われてもね。
元気じゃないとなぁ…。
働き続けないとなぁ…。

いつまでも社会とつながれる学びなおしや、地域貢献とか考えないといけないなぁと思うのだ。
仕事でいつもいっぱい、いっぱいだった時代を過ぎて、気持ちにも余裕は生まれたけど、身体は同じようにはついてこないんだよね。
d0348118_08574367.jpg
 三元豚のロールステーキ弁当。

だから、きちんと美味しく食べようと言い聞かせながらね。
いろいろな食材を、季節や食べることを楽しみながら食卓をのせる。このマインドだけは、大事にしたい。
d0348118_08581914.jpg
塩サバ弁当。

家庭菜園でできた小さなピーマンは、お弁当用の肉詰めに最適でした。
メキシコで、鹿児島県人に教えていただいた「かしわ飯」です。不要に早起きしてしまった朝に炊き込んでみたよ。
d0348118_08592198.jpg
ピーマンの肉詰め弁当。

d0348118_09015902.jpg
鰤の照り焼きと味噌豚弁当。


d0348118_09030242.jpg
土曜日の黒ごま食ぱんサンドイッチ。

 長生きが、辛いものにならないように、自ら「食」にも楽しみを見つけていきたいよね…とか思いながら、お弁当を作っていました。



Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-09-17 08:49 | 愛妻弁当スクラップ | Comments(0)

イチジクのクラフティー

 無花果の季節ですね。美味しいよね。
d0348118_11230634.jpg
でも子どもの頃は、神経質な母の「果実の割れたところが汚い。虫が入り込んでいて不潔」ということで、食べさてもらえなかったのですよ。
d0348118_11231739.jpg
 こういう子どもの頃の刷り込みって結構、長引くのね。
大人になっても、怖くてなかなか買えなかったのですが、インドで出会った無花果があまりに美味しくて、病みつきに。
衛生観念の低いかの国で、これを生(なま)ではさすがにねということで、ジャムにしたら、まぁ美しいバラ色。
娘は「マハラニジャム」(プリセスジャム)と言って喜んでいました。
メキシコでも、生ハムにチーズに無花果(Fig)ジャムで、テキーラのお伴にしてたなぁ。

 今もなんだか生(なま)でいただくのは、刷り込みのせいか怖いの。
そのために、途上国に暮らしている間は、絶対に「カットフルーツ」は買わない主義でした。
屋台のフルーツジューススタンド、カットフルーツは絶対に利用しないというのを徹底していたんだな。

帰国して、スイカはカットしたものをで買わないといけないから、買うときは、恐る恐る。
だからスイカも切り口を、もう一度包丁で削いでしまうのよ。
海外暮らしの癖で、今も「安全と安心は、自分でね」という自己防衛能力だけがずっと残っています。

今日はクラフティーにしました。
d0348118_11232884.jpg
 
 夏の間は、美味しいフルーツを生のままで食後のデザートにしていましたが、そろそろお菓子にしてもいいかな。
ドライフルーツ買い込んできました。パウンドケーキや栗のおやつ…秋は楽しいなぁ。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-09-16 00:13 | お料理スクラップ | Comments(0)

梅干しのはちみつ漬け

 わたしには、梅仕事のすきな友人が、ありがたいことに周りにいっぱいいるので、梅干しはすっかり友人頼み。
毎年、こだわりいっぱいの美味しい梅干しに恵まれています。

今年も続々と美味しい梅干しがやってきました。
d0348118_09453697.jpg
 私と夫では、毎日食べても食べきれそうにないので、おやつ用に蜂蜜で煮て漬けてみることに。
いただいた梅干しを水につけて三日ほど。一日何度か水を取り替えて。
一日何度か…、そんな悠長なことができるのもこの年齢になったからだね。
十分に塩が抜けたら、キッチンペーパーで水分を丁寧にふき取ります。
d0348118_09461368.jpg
 蜂蜜(今回は一瓶、750g)に、蜂蜜の半量の水を加えて煮立てた蜜の中に、水気を切ってよく拭いた梅干しをそっと入れてコトコトと煮ます。
d0348118_09462874.jpg
 煮あがったばかりの梅干しには、まだ甘さが染みていませんね。
d0348118_09464400.jpg
大きなガラス瓶にいれて、そっと2週間待たなくちゃ。
d0348118_09470043.jpg
あぁ、食べる日が楽しみです。梅干し大尽だな。もうちょっと我慢。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-09-15 09:49 | お料理スクラップ | Comments(0)

今週のパッチワーク ~赤のサンプラーキルト キルティングスタート~

 ハサミの柄のアメリカンプリントを見つけたので、これを裏地に、赤のサンプラーキルトにキルト芯をいれて仕付け糸で止めました。
これだけで一日仕事ね。

d0348118_09343544.jpg


 最近のアメリカのキルターさんは、安全ピンでとめていますね。さすが合理的なアメリカン。
でも錆が出るのがちょっと心配で、(きっと錆止めも施されているんでしょうけど)、昔ながらにしつけ糸でね。
d0348118_09340990.jpg
 長年、使いこんだフープでしっかり布をピンと張って中心部を刺します。
d0348118_09351448.jpg
でもね、年をとったら、なんだかすぐに指が痛くなってしまって。
d0348118_09354855.jpg
外周から抱えられるくらいの外側になってきたら、そのままテーブルに置いて、左手を裏に添えて、刺しています。

 熱中しています。いつもの過集中な作業です。
作業に取り掛かる前に、十分に肩甲骨とその周辺のストレッチをしています。
猫背にならないようにね。
d0348118_09362709.jpg
 今週は、すっかり引きこもり。
一歩も外に出ない日もあるのね。
さすがに今日は冷蔵庫に食材がなくなってきたから、買い物に行こうかと。

 ランニングもすっかり遠のいてしまっています。
身体もちゃんと動かさなくちゃって、反省しきり。でもね、はじめちゃうと止まらないのよ。

お相撲、秋場所。またったくつまらない場所だとブツブツ言いながら、取り組みのときだけテレビを観てます。

※ キルティング進捗状況 6/64ピース完了。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-09-14 09:37 | 手仕事スクラップ | Comments(0)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

おばあちゃんスタイルの栗の甘露煮
at 2017-10-16 12:27
山のごちそう ~山戸ユカさん..
at 2017-10-15 10:12
秋の庭仕事 ~鹿よけガード~
at 2017-10-14 05:47
でっかい秋がやって来た!
at 2017-10-13 08:31
薪ストーブがやって来たよ 〜..
at 2017-10-11 09:05

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> etigoya13-..
by yukkescrap at 05:43
> tokohouseさ..
by yukkescrap at 05:40
私も2回目の渋皮煮が終わ..
by etigoya13-3 at 21:36
yukkescrapさま..
by tokohouse at 21:04
> tokohouseさ..
by yukkescrap at 16:11
こはく色 栗の甘露煮お正..
by tokohouse at 15:38
> zeltinaさん ..
by yukkescrap at 13:06
こんばんは(*^^*)こ..
by zeltina at 21:40
> touryounoi..
by yukkescrap at 01:50
素敵なストーブ! シン..
by touryounoie at 23:34

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(67)
(47)
(38)
(32)
(30)
(25)
(23)
(23)
(22)
(20)
(18)
(18)
(17)
(16)
(14)
(12)
(8)
(8)
(8)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド