アラフィフのファッションリーダーと「しあわせの雨傘」

 東京出張があったので、久々に会う妹を誘って観劇。
私たち世代のファッションリーダー賀来千香子さんの「しあわせの雨傘」。
わたしが大学生だったころ、JJの表紙は彼女でした。
d0348118_9443126.jpg

 お芝居の内容も、アラフィフ世代がテーマでね。
1980年代を謳歌した女性たちは、まだ残念ながら女性総合職というポストは用意されてはおらず、大学卒業後は、男性の仕事の補助としての事務職が一般的、結婚で寿退社が当たり前だった時代。

 いまのような女性の社会進出には程遠かったけど、ある意味では「守られている」女性たちだったと思う。
その証拠が、「従」に徹してきた専業主婦の扶養者控除だとうとも思うし。

 お芝居の内容も、そんな「飾り壺」(おかざりの奥様)が主人公で、フランス1978年当時のブルジョワ家庭ですから。

 われらがファッションリーダーの賀来千香子さんですが、
あの甘えん坊な声はご自身のコンプレックスでもあるらしいけど、あの声こそが、ぼんやりと家庭生活を送ってきた妻というイメージにはピッタリ。
 ストーリーは、予想どうりに「飾り壺」と言われてきた妻が、実はアバンチュールも適度にこなし、50歳からの輝けるセカンドライフに転身する。バブル期から今までの時代の変遷をバックに持つ女優さんの歩みと重なって興味深かったのでした。
 スタイル抜群と思っていた賀来千香子さん、細い!細すぎる。あそこまで保つ努力はすごすぎる。
斜めに足を揃えてソファーに腰掛けるスタイルが、もうため息つきたくなるほど美しい。
彼女が目標とは思わないけど、私は、やっぱりお腹をなんとかひっこめたいと強く思ったよ。

 昨夜は、夫と、このお芝居の原作のカトリーヌ・ドヌーブの映画「幸せの雨傘」も観てみたの。
当時、カトリーヌ60歳くらい。往年の大女優というよりは、苦労知らずの有閑マダムが、そのままお芝居しているみたいで、そう思させる辺りもすごいなぁと思うわ。
 1978年当時のサンローランと思われる衣装の数々には、すごい懐かしさと、
「あぁ~、わたしもこういうスカートや、ヒールやコートを着ていたぞ、また着てみたい!」と思わせるものばかりでした。(←今、着たら絶対おかしいけど、好きなラインやデザイン)
 シルクブラウスのリボン襟や、ニュートラスタイルのスカートにシャツ。
おぉ、ニュートラ!なんて懐かしい響きなんだ。

 むかし母が、ローマの休日をみて、「セシルカットだ、サブリナパンツが懐かしい」だとか言っていたのがわかる気がしちゃう。

 輝いていた1980年代。
まったく戻りたくはないけど、今あらためて振り返って見ると楽しい時代だったよね。
 





Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
# by yukkescrap | 2016-05-22 09:47 | 大好きスクラップ | Comments(0)

今週の愛妻弁当まとめ ~ 2016年5月上旬 ~

 大型連休や、結婚式はあったけど、夫の愛妻弁当作りはいつもどおり。
d0348118_8505430.jpg

みんなのお休みに休めない出張中の夫。若いころは、パパのいないお休みの日には、家族連れでお出かけする人にジェラシーも感じていたけど、今は、元気で仕事ができることだけに、ただただ感謝しています。
d0348118_851145.jpg

 工業デザインの中に「ユニバーサルデザイン」というのがあります。
バリアフリーだけじゃなくて誰にも優しいデザイン。ノンステップバスは、足の悪い人だけじゃなくてタイトスカートにも和服にも優しい。
d0348118_8514266.jpg

 シャンプーボトルのギザギザは目の悪い人のためっだけじゃなくて、目をつぶってシャンプーする人にもリンスボトルとの区別がつくようになっていて優しい。
d0348118_852192.jpg

 前歯が差し歯から入れ歯になった夫には、最近、嚙みきれない食品が出てきた。
お弁当箱を持ってご飯がかきこめない「そぼろごはん」はスプーンがあると嬉しい。
d0348118_8525410.jpg

そして冷めても美味しいためには、冷えて油分が固まらないおかずのほうが美味しいから、
冷えて固まったチーズトッピングやグラタン、油で炒めたチャーハンなどは極力入れないようにしています。
(この豚の角煮も冷めるとかわいそうなくらいに固くなっちゃう)

d0348118_8534244.jpg


 お弁当のおかずのしきりにホイルカップや、ビニールのバランを使わなくなって早5年くらい。
d0348118_854696.jpg


d0348118_854275.jpg

サニーレタスや、青紫蘇をしきりにしていますが、最後の一枚まで野菜室で縮れないように、最近はこんな瓶詰にして保存しています。最後の一枚までピンとして元気。
d0348118_902091.jpg

山椒の葉っぱもそうすればよかったよ。
新生姜の炊き込み御飯の山椒の葉はちょっと縮れてしまったわ。

 月に一度の土曜日出勤。お決まりのサンドイッチ。
d0348118_8545072.jpg


きゅうりも人参も千切りで噛みきりやすく。こぼれないように卵は薄焼き卵にして、取り出しやすいようにワックスペーパーで一個づつくるんでからバスケットに投入です。

 自分が作っても数時間後に蓋を開けて食べることがないのが、お弁当の作り手と、食べる人。
そこへも何とか想像力を働かせてお弁当を詰めたいなと思います。

昨夜の残り物をなんとか工面、リメイクしてお弁当にして持たてるから、
お友だちとランチに行った日は、とても後ろめたい気分になる小心者でもあります。

 最近お気に入りのお弁当サイト。
いっぱいのおかずでもないし、奇をてらってもいない普通のお弁当がなんだかとっても好ましいの。
くらしのきほん みるお弁当


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
# by yukkescrap | 2016-05-21 09:24 | Comments(2)

新しい手法を試みる ~ Jelly Roll Quilts ~

 しばらくぼぉーっとした日々を過ごしていましたが、家族の片づけ(一連の子どもたちの結婚イベント)も、写真の整理も終えたから、さぁ、次へ進まなくちゃと、またすくっと前を見つめています。

 これで、すっかりお二人様の完全版シニアのセカンドライフになったわけです。
愛知県のニュータウンに暮らしていらした素敵な老夫婦の津端さんご夫妻のように、第二の人生、日々の生活にどんな張り合いを持つか?

やっぱりこれからの暮らしにもちゃんと目的を作らなくちゃいけない気がします。これからの私のライフビジョン。
d0348118_9234879.jpg

 今までのことも深めていきたいけど、新しい事にも挑戦したい。

気になっていたパッチワークキルトの手法、Jelly Roll QuiltsのテキストとRollになった布を購入してきました。Modarn Patchworkの手法もいろいろ研究してみたいと資料も一緒に。
d0348118_9243585.jpg

 合理的こそ大事というアメリカ的な手法です。
メジャーが印刷されたカッティングボードの上で、ローリングカッターで布を裁断するキルトショップの店員さんをみても、日本の丁寧な価値観とは違うのね。
d0348118_9245876.jpg

 人生の時間が残りわずかになってきた今、気長に手縫いの手法にこだわらなくてもいいかなと思っているキルト作り。
 数学的な布のはぎ方や、縫ってから切る、布のロスは多めにみるなど、新しい発想や手法に、まさに目から鱗が落ちていきます。
 刺激になります。

 キルト作りを通して、いままでのライフスタイルの再構築もしたくなったのです。
余分なものをどんどん省いていきたい。これは物質的なモノの持ちかただけじゃなくて、時間の使い方や、身体や、人付き合いや、お金の使い方や、こだわってきた家事の手法も含めてです。
 若いころの欲や、迷いはなくなってきてる。未練もしがらみからも抜け出ていきたい。

 そんなことを考えながらキルトのテキストと格闘しています。
英語も、もっとまじめにレッスン開始しなくちゃね。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
# by yukkescrap | 2016-05-17 09:26 | 手仕事スクラップ | Comments(0)

ニューヨークカメラさんぽ 最終回 - ブルックリン -

 ニューヨーク最後の日は、夫とふたりでのんびりとブルックリンをおさんぽです。
朝食には、ケールのいっぱい入ったグリーンジュースと、ヤギのチーズの入ったオムレツをゆっくり楽しんでからね。

 昨日、息子夫婦も、娘夫婦も、それぞれハネムーンに旅たってしまったので、事実的にわたしたちは、フルムーンだな。
d0348118_938278.jpg


 土曜日ということもあって、休日スタイルのニューヨーカー女子は、くるっとお団子にまとめたアップヘアにヨガウェアスタイル。
会う女子、みながそのスタイルで微笑ましい。くつろぎのスタイル完全版なのね。
d0348118_940234.jpg

 キッチン雑貨屋さんは、こういう街にきたら絶対に外せない。
マグネットや、キッチンクロス、カッティングボードを買うでもないけど眺めて楽しんでいました。
d0348118_9402812.jpg

 メキシコにも、こういうウォール・アートはいっぱいあったんです。
メキシコの方が上級な気がするけど、ブルックリンだとスタイリッシュに見えてしまうのはエコ贔屓以外のなにものでもないな。
d0348118_9405291.jpg


そうそう。
ブルックリンには、日本でも解禁になった民泊がいっぱいあるそうです。
それも空き家じゃなくて、住人がバケーションでお留守の間(これも一か月とかの長いバケーション)、にそのままの状態で貸してくれるそう。
冷蔵庫の中の調味料は何を使っても良いよとか、洗面所のシャンプー、リネンもそのままなのでどうぞとか。
ちょっと親戚のお家にお泊りみたいな感じの民泊。
次回はそんな旅もしてみたいなぁ。

 今回も、もう十分すぎるくらいにニューヨークのさんぽは楽しみました。
これも子どもたちのおかげです。親としてもいい経験をさせてもらったよ。
d0348118_941473.jpg

あとは、ふたりの静かな生活に戻るだけね。しばらく虚脱状態中なり。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
# by yukkescrap | 2016-05-15 08:25 | おさんぽスクラップ | Comments(0)

憧れのホテル Wythe Hotel Brooklyn

 ずっと泊まってみたかった憧れのブルックリンのホテルのWythe Hotel(ワイス ホテル)。
ウイリアムズバーグのWytheという通りにあります。念願叶って、一泊だけ。
d0348118_17472766.jpg


ホテルフェチの娘のお薦めで、最後の夜はここに宿を。
ホテルにあるレストランの有名シェフのアンドリュース・ターロウのオーガニックなお料理も有名ですが、ハドソン川を越えてマンハッタンを一望できるルーフトップのBarも素敵です。
d0348118_17462752.jpg


d0348118_1746026.jpg

 
d0348118_1748768.jpg



ホテルが好きな私にはたまらないお部屋のしつらえ。
d0348118_17451245.jpg

 もうずっと住みたくなるよね。

d0348118_1748404.jpg

最近のニューヨークのマンションは、みんなこんな風に天井から床までが窓。
倉庫街とウォーターフロントに面して。

d0348118_17491757.jpg

こういうロケーションや、大きな窓のある部屋は、ニューヨーカーの最近のトレンドらしく。
お部屋が見たいとついてきた招待客、ニューヨーカーの娘の友達は、「こういうフラットに暮らしたい」と歓声を上げていました。
d0348118_1750928.jpg


 電話はやっぱりアンティーク。
古い紡績工場をリノベーションしたホテルの内装ですが、バスリネンも可愛い。
d0348118_17503793.jpg


夜景は素晴らしく美しいの。まさに摩天楼。(写真が下手すぎだよね)

d0348118_17532314.jpg


d0348118_17525622.jpg


ブルックリン橋の昼と、夜。

d0348118_1751723.jpg

朝の靄のなかのマンハッタンもいいよね。
d0348118_1752770.jpg


d0348118_17513949.jpg


 ここを拠点に、ブルックリンさんぽにくりだしましょう!
(明日へつづく)



Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
# by yukkescrap | 2016-05-14 06:24 | 小さな旅スクラップ | Comments(0)

カメラを持ってニューヨークさんぽ 

 ニューヨークのおさんぽで見つけたあれやこれやのスクラップ。

d0348118_1723217.jpg

カップケーキは、もう当たり前のスナップかなとか思いながら、またシャッターを切っちゃいました。

d0348118_17222411.jpg

ホイットニー・ミュージアムから望む。

d0348118_17243788.jpg

夫の希望で、印象派だけを弾丸一時間で回ったメトロポリタン・ミュージアム。

d0348118_172821100.jpg


d0348118_17291027.jpg

ブルックリンから臨むマンハッタン。

d0348118_99148.jpg

有名なブルックリンのチョコレートファクトリー、Mast Brothers Chocolate
パッケージがCoolでね。ここに立ち寄るたびに、ついおばちゃんはパケ買いしてしまう。

写真の腕が、なかなか上がらなくてねぇ~。
今回の旅も人物写真はほとんどボツです。もうオートで撮った方がいいくらいで…( ;∀;)


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
# by yukkescrap | 2016-05-13 09:10 | おさんぽスクラップ | Comments(0)

ニューヨークさんぽ -The High Line Hotel チェルシー ー sanpo

 ニューヨークへの旅も今回で3回目。
毎回マンハッタンのアッパーウエスト中心に過ごしていますが、今回はダウンタウン、チェルシーのThe high line Hotelに宿を取りました。我が家は一家そろってホテル・フェチなんです。
d0348118_1722590.jpg

マンハッタンのダウンタウンにある娘のお気に入りのホテル。
古くて威厳のある建物、アンティークの家具がとても素敵。
スイートルームで婚礼の支度を兼ねてです。
d0348118_1724556.jpg

 どの部屋にも、このシーリングの武骨なハンドルがデスクにある。(欲しくなっちゃうな)

オブジェかと思ったら、ちゃんとフロントとつながっていたルームフォン。
d0348118_1731460.jpg

 ホテルの自転車で、チエルシーのギャラリー巡りや、バーやオープンテラスのカフェは出勤前のビジネスマンや、帰宅前のオフィスレディーで賑わっていました。本当に雰囲気があるホテルで中庭も素敵なのだ。
d0348118_1735094.jpg

 出張の多い夫との旅は、いつもホテルや宿に重きをおいて宿をとって旅をしています。
ビジネスホテルの味気なさが旅情をそそらないらしく、古めの暖かい部屋で、ちょっとそこに暮らす人たちの近いところにと思うことが多いのです。
 ゆったりとホテルに暮らして、その周辺をさんぽするのが、旅の一番の楽しみ。

d0348118_1743611.jpg

 旅の目的は色々あると思うけど、我が家はどうしてもホテル滞在型。観光やグルメにはあまり重きは置かないけど、自分の家とは違う非日常と、その地の暮らしぶりを見るのが好きです。
d0348118_1752484.jpg

 だから、お土産やさんや、ブティックよりも、もっぱら路地裏の店や、スーパーマーケット、市場などをまわることが多くなります。カラフルなベンダー(屋台)も大好きだわ。

d0348118_176077.jpg

 今回も、ホテルの中庭からは、そこに暮らすニューヨーカーたちの様子が垣間見られて楽しかったのよ。
d0348118_1765356.jpg

ハイラインのさんぽを今回も。大好きなニューヨークのさんぽコースになっていますが、再開発がどんどん進んで、娘の婿がすきだというレンガの大きな煙突や、古びた鉄の梯子のあるレンガの家が取り壊されてしまって、また次はどんな風になっているのかなと思うけど、4度の来紐育はあるのだろうか?

d0348118_1772544.jpg

 朝のさんぽなのに、ちょっと黄昏てます。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
# by yukkescrap | 2016-05-12 17:10 | おさんぽスクラップ | Comments(2)

The Gift of Mothers Day ~4人の子どもたちから~

 子どもたちが結婚をすると、私には子どもが増えるのね。
今年は4人の子どもたちから母の日と誕生日の感動的なギフトが届きました。
d0348118_99371.jpg

 センス抜群の息子のお嫁さんのセレクトのフラワー・ボックス。
ここ数年、母の日には、色々なフラワーボックスが届きましたが、今年はいつも以上に素敵なアレンジで、感動しちゃいました。ティファニーブルーが清々しいです。

 主人しか知らないはずの、密かにはじめたピラティスとヨガのレッスン。
家族でこっそり相談していたらしくて、お誕生日には、トレンディなヨガ・ウエアをもらいました。
d0348118_9102952.jpg

 Mamと書かれたカードには、今年からは四人のメッセージが寄せ書きされていて、なんだかこれを見るだけで、子どもが増えた喜びがひしひしと…。

 幸せが倍増されたことは本当にありがたい。
どの子からも、身体をいたわるメッセージがあって笑っちゃう。まだ頑張れますけどね、わたしは。

 もう心配はいらないよと言われても、母としては、今度は増えた子どもたちの分もあれこれ気に病んで心配してしまいます。

 ありがとうね、今までになく嬉しい母の日&誕生日でした。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
# by yukkescrap | 2016-05-11 09:12 | ファミリースクラップ | Comments(0)

Happy Wedding in New York ~2~

朝からシトシト雨降りの結婚式当日。
アメリカも、結婚式の雨は縁起がいいんだと言われても、晴れてほしいと何度も窓の外を見ていました。
d0348118_12565625.jpg

 ホテルのスイートルームで、メイクとお支度をお願いして、ベールやアクセサリーは母親が花嫁につけてあげるのだそうで、そのしきたりに従って支度を手伝います。
 ふたりが選んだ結婚式は、カジュアルスタイルで、ニューヨークの市庁舎でサインと宣誓だけの簡素な結婚式。
それでも去年、私がNYを訪問した時に、こっそり準備していた彼女らしいドレス(CH キャロリーナ・ヘレラ)に小さなカラーと白のチューリップのブーケを。

 仲良しのお友だちが、つぎつぎとやってきて、美味しいケータリングのニューヨークスタイルの朝食を摘みながらの支度です。

 真珠のネックレスはおばあちゃんから、私からはサムシングブルーのサファイヤのチャームネックレス、新郎のお母さまからは、ベールと、おばあさんから代々花嫁がもつようにと継承されたブルーのお花の刺繍のハンカチーフが渡されました。とっても心がこもっていて思わずみんなで涙ぐんでしまう。
d0348118_12545866.jpg


 市庁舎には、世界各国、いろいろな人種やスタイルの新郎新婦が待っていて、電光掲示板に整理番号が表示されたら、1名の立会人(今回は新郎の母)と一緒に署名。
そして市役所のファンキーな判事さんの前で、ニューヨーク州の法律にのっとって夫婦になることを宣誓。
 「ちゃんとI doって言えたよ」って、にっこり笑顔で振り返る娘。
d0348118_12552691.jpg


 夫は、「彼女の笑顔をずっと見てきたけど、今日ほどいい笑顔の日はなかった。」と何度も言いながら涙にくれてました。こんなに夫が感激屋とは思わなかったよ。
お昼には雨があがあって、庭で写真が撮れて良かったね。
d0348118_12581517.jpg

 夕方からは、Brooklynに移動。憧れのホテルWyth HotelのReynardでカジュアルディナー。
絶対に「雛段はいやぁ~。」というふたり。今日は大好きな人たちと、美味しいものを食べて幸せを分かち合うのが目的だそうで、がっつり最後まで食べている新郎新婦。さすがの食いしん坊たちです。

 パーティーのドレスコードはHipster。今のニューヨーカーのトレンドなんですって。
我が家のメンズ(夫&息子)は大ノリで準備していました。
ジャケットにボウタイ、パンツはロールアップに肌足。もうどうなっていることやら…。

 パパは、完全に破れかぶれで、娘とのラストダンスのあとに、リクエストもないのに「君といつまでも」を熱唱してみんなを唖然とさせてしまったのでした。ユニークなニューヨーカーの友人たちとの楽しいパーティーとなりました。

 その後もRooftopのBarで宴はつづき、マンハッタンの夜景を見ながら夜は更けて。 
そのあと、部屋に戻っても涙がずっと止まらない夫を、なんとかなだめすかして寝かしつけたのでした。

 今年は子どもたち二人が続けて結婚。
寂しくなるのかなと思ったけど、家族が倍になってファミリーが増えるのは嬉しいことだなと思うのです。
 ようやく親業は卒業。
長かったような、あっという間だったようなと夫と話しながら、ふたりの前途に幸あれと願ってやみません。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
# by yukkescrap | 2016-05-10 13:06 | ファミリースクラップ | Comments(4)

Happy Wedding in New York ~1~

 ニューヨークに転勤中の長女が、人生の伴侶と将来を誓うことになりました。
仕事に燃えていたので、きっと縁遠いだろうと思っていましたが、大切に時間をかけて愛を育んできたようです。
d0348118_12154440.jpg

 どんなところが好きなの?と聞けばEverything!と即答していたM博士。
料理上手で思慮深く、とっても温厚。飾らないボクトツとした質素な感じが好ましいアメリカン・ボーイです。
 食いしん坊の二人ですが、娘は「どこがいいって、すっかり胃袋をつかまれちゃったかも。」というほどに彼の料理の腕にも魅せられています。
d0348118_12152549.jpg

 本当なら、Bachelorette Party(アメリカンスタイルの独身最後の男性だけ、女性だけの友人とのパーティー)などをするのでしょうが、遠方からニューヨークに来たわたしたち夫婦と、彼のお母さんと弟、少しの友人で、二人のフラットの部屋で、顔合わせのホームパーティーからスタートしました。
 M博士のお得意のシナモンロールにお野菜のフィンガーフードなどがテーブルいっぱいに準備されていて。
挙式前日にパンを焼いて料理をしちゃう余裕はどこからなのかしらとびっくりですが、気取らずにいい感じです。
d0348118_12161790.jpg

 お母さんは、お互いに準備してきた二人の子ども時代の二人の写真を見せあって。
d0348118_12164069.jpg


d0348118_12165931.jpg

可愛い、可愛いと言い合いながら、どんな子ども時代を送ったのかを話し合っていい時間になりました。(初対面で拙いわたしの英語で間が持たないと困ると思ってね。)

 このあと、パパさんや弟夫妻で、Barで日付が変わるまで飲みまくるふたり。

あまりに自然体すぎて、花嫁の母はおろおろしてます。

d0348118_12265392.jpg

 古い雰囲気のあるホテルに宿を取って今夜は娘と3人で川の字で寝ることに。
テーブルには、明日の支度のアクセサリーを並べて…。
こうして送りだすことになろうとは、夢にも思わなかったけど、嬉しさでいっぱい。
わたしは、あれこれ思い出すことが多くて、よく眠れない晩でした。
 


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
# by yukkescrap | 2016-05-05 11:53 | ファミリースクラップ | Comments(0)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

今週の愛妻弁当まとめ ~20..
at 2017-09-22 09:05
乗り越えて! メキシコへの祈り
at 2017-09-21 09:14
アイアンの蚊やりコレクション
at 2017-09-20 00:57
八ヶ岳大人の林間学校 ~木こ..
at 2017-09-19 10:22
今週の愛妻弁当まとめ ~20..
at 2017-09-17 08:49

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> dreamyeyes..
by yukkescrap at 08:18
yukkescrapさん..
by dreamyeyes at 04:27
> dreamyeyes..
by yukkescrap at 07:29
> touryounoi..
by yukkescrap at 07:27
我が家もぶーちゃんを使用..
by dreamyeyes at 03:00
すごいですね~!やっぱり..
by touryounoie at 23:31
> BONさん ..
by yukkescrap at 21:00
さすがにエキスパート集団..
by BON at 18:15
> Olive07hさん..
by yukkescrap at 14:27
お直しがデキルなんて(羨..
by Olive07h at 09:12

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(65)
(47)
(38)
(32)
(30)
(25)
(23)
(22)
(22)
(20)
(18)
(17)
(17)
(16)
(13)
(12)
(8)
(8)
(8)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド