タグ:ウォルドルフ人形 ( 20 ) タグの人気記事

ウォルドルフ人形のお布団

 パッチワーク用の端切れの整理をしながら、小さなピースワーク。ついでにキルティングなんかしてました。
ようやくケーブルテレビでBSの番組を見られるようになったけど、漫然とテレビだけを観ていることができなくて、手元はいつも忙しく動いたりしています。
d0348118_17520071.jpg
 録画したくなるような番組はやっぱりないなぁ。
旅番組、美術番組、ドクメンタリー、コンサートそんなのをザッピングしながらピースワーク。
d0348118_17521941.jpg
 お人形のお布団作りました。
d0348118_17523438.jpg
大きい人形には、キルトね。サクッと半日での手仕事です。
d0348118_17524990.jpg

さぁ、今日で講演会4日連続キャラバンも無事に体力が続いて終了しました。
肩の荷が下りてホッとしてます。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-11-10 01:46 | 手仕事スクラップ | Comments(0)

ウォルドルフ人形 ~七五三の晴れ着の着付け~

 11月だもの七五三のお祝いだなぁと、飴屋の売り場を眺めたら、人形にも晴れ着をちゃんと着せてやろうかと、今まで縫ったものを着つけてみました。

d0348118_11010262.jpg
d0348118_10581132.jpg
 少子化の影響よね、周りには、お祝いの小さい人もいないから、すっかりこういうお祝い事も遠のいています。
d0348118_10594482.jpg
 ポンポンのお腹の人形に、襟を抜いて着つけるのが難しいわね。
d0348118_11001236.jpg
 帯留めの結び方を何度もやり直してます。
自分じゃないと手が逆で、なかなか思い出せないわ。
d0348118_11003323.jpg
 だらりの‘しごき’とか、筥迫(はこせこ)とか、ぽっくりとか、そういうのも作ってやればよかったかしらね。
かんざしとか、髪のアレンジも、もうちょっと工夫したらよかったかな?
d0348118_11011933.jpg
 ニューデリーで求めたアンティークの小引き出しが、人形の箪笥にぴったりで、髪飾りや小物を詰めてやることにしました。とりあえず、完成です。晴れ着で記念撮影ね。

 夏のお洋服はたくさんあるから、この冬は、冬服とカーディガンやケープでも編んであげましょうかね。

 このところ体調を崩して、抗生物質を飲み続けているせいか、体がだるくて気力がわきません。
炎症反応が少しも収まらず、今日も薬を変えてもらいました。

 冷えてもいけないのよ、冷やさないように。
ビタミンたっぷりの栄養剤も出しておきましょうね、粘膜の保護にもなるからと言われて、飲み薬ばかりが増えていくわ、ふぅっと、ため息でちゃいます。

 来週からの仕事に備えて、週末は休養して早く治して万全にしなければ…。

 過去のウォドルフ人形の作品一覧は、こちらから→★

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-11-05 11:05 | 手仕事スクラップ | Comments(5)

ウォルドルフ人形 ~単衣の晴れ着とふくら雀~

 寒くなるとコトコトの煮込み料理をしながら、チクチクと針仕事をするのが楽しいです。

朝の連続テレビドラマのすみれさんの手芸倶楽部よりも、とと姉ちゃんの三姉妹の方がお裁縫が、上手そうに思えるのはなぜでしょう。すみれさんの運針と刺繍の手つきがあまりにもおぼつかないからかな?
演技指導では、針仕事の特訓受けているようだけど、若い俳優さんにそこまで要求しては気の毒かな?

やりかけの針仕事の箱をあけてみる。ウォルドルフ人形の着せ替えから仕上げてしまいましょう。

 お人形の着せ替え服は、柄が小さくないとね。
フリマで古布をさがしましたけど柄行が大きくてうーんとなっていたら、風呂敷がちょうどいいと思いついて。
小物の布には、小柄の小紋柄があっるからよかったわ。風呂敷や手ぬぐいがちょうどいいね。
d0348118_17511811.jpg
風呂敷を1枚使って単衣の晴れ着を縫ってみました。「三の四」じゃ太くてね、くけるときは絹のくけ針です。
子どもの着物なので、背縫いはないの。

 長じゅばんはずいぶんまえに縫っていたのでした。長じゅばんと単衣は、ちょっと作りや仕立てが違います。
伏せ縫いと、くけるのが大好きだから、針のすすみも、心地よい。水色の着物に合わせます。
d0348118_17514165.jpg
 赤い着物には赤い長じゅばんを合わせる予定ですが、東京に持ってくるのを忘れたわ。
長じゅばんの仕立て上がりは、つい立てなので、着丈が36センチです。単衣には、おはしょりのあげしつけをしています。

 帯は、フリマで買った帯用の端切れで。
同じ布から、ピンクと、水色の2つが作れたよ。
d0348118_17534035.jpg
 袋帯は、二重太鼓にしようかと思ったけど、お子様風にふくら雀の作り帯に仕立てました。
マジックテープで巻けるように細工しようと思います。
d0348118_17532049.jpg
 あとは帯揚げと、帯締めをあつらえてあげましょう。
七五三の頃には、ちゃんと着せてあげられるようにしなくちゃね。
 自己満足のお人形さんの着せ替えです。夏に作った「浴衣」の着せ替えはこちらにございます。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-28 00:38 | 手仕事スクラップ | Comments(0)

ウォルドルフ人形 ~赤ちゃん人形~

 この可愛いおしりに魅せられて、赤ちゃん人形も作ってみました。
d0348118_169149.jpg

自分で作ると「さらに可愛い!」と自画自賛。親ばかならず、人形ばか状態ね。
d0348118_16105325.jpg

 もっと面長のお顔にするつもりが、なんだか金太郎さんみたいにぷっくりパンパンの顔。
息子の赤ちゃん時代に似ています。(やっぱり我が子に手づくりお人形の顔はにるのか?)
d0348118_16102257.jpg

 スイス製のオーガニックコットンが、本当に赤ちゃんの肌のようでいい感じに。
おへそもね!糸を絞って作ってみたよ。
d0348118_16112342.jpg

ふわふわの巻き毛は、シルク入りの毛糸です。

 勢いあまって、オムツにベビー服もつくっちゃいました。
d0348118_1612275.jpg

これもオーガニックの綿コットン。ミシンの練習とはいえ、さすがに薄いTシャツ生地のようなものは縫いにくくて課題が残りますけど。
d0348118_16123278.jpg

アメリカンホックも付けるこだわり・・・手芸材料店に通い詰めてまする。

オムツはね、裏地がタオルになってます。
d0348118_1613218.jpg


 お人形つくりの方法は、3体作ったら、おおむねわかったんですが、細かい部分を確認したくて、お人形材料を購入したWool Wool Woll!さんの一日レッスンに参加しました。
ご指導いただいた〝わし先生”はブログのイメージそのままでとても楽しい時間でした。ありがとうございました。

 なんと!早くも〝ばぁば”になった友人たちからお人形の注文をいただいたりして、次の作品に取り掛かる予定よ。あの子にって思うと、さらにやる気がでちゃうわ!
d0348118_16142549.jpg

 もう一回、可愛いおしりちゃん。



Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-04-08 16:17 | 手仕事スクラップ | Comments(2)

ウォルドルフ人形 ~亜麻色の髪の女の子完成~

 大難産でした。手指が筋肉痛でこわばってます。
ようやく初めてのウォルドルフ人形一体目が完成。
 髪の毛の植毛が思った以上に大変だったのでした。

地肌を毛糸で刺繍して覆って、一本づつ植え付けていくアデランス方式。
次からは、かつらを編んでかぶせる方法も試したい。
d0348118_1417431.jpg

 主人のワイシャツで作った下着、リネンの肌触りがいいんだけど、見返しつくりが泣きです。
とにかくちっちゃくて…。
d0348118_141818.jpg

 亜麻色の髪は、植えっぱなしなんで、そのうちちゃんとカットしてあげなくちゃなんですが、しばらくこのままでいくかな?あえて前髪は作らずにおでこちゃんを強調してみたよ。

 レッスンで、羊毛の人形作りの基礎は理解できたのですが、だんだんお教室の方針からずれて、応用や自分流アレンジもたっぷり加えちゃって、このあたりが私自身、「人の話を聞かないおばちゃん」化が進んでいるのをよーく実感しています。
d0348118_14181923.jpg

 こういう身勝手な素直じゃない生徒は、そろそろっとお教室からはフェードアウトを決め込んでいます(笑)


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-03-31 14:06 | 手仕事スクラップ | Comments(2)

ウォルドルフ人形 ~Bodyの完成~

 お教室が、月に一度しかないのでなかなか製作が進みません。
ようやく手足がついた人形のBody本体が完成しました。
d0348118_1234755.jpg

 日本は羊毛を紡いだり、熱やアルカリを加えてフェルトにしたりする衣の文化は馴染みがうすいのだけど、ヨーロッパでは日常的に暮らしの中に根付いているようで、製作途中にInstagramで発見したウォルドルフ人形作家は北欧からドイツ、ロシア、ルーマニア、スイスなどいづれも羊毛文化のある国のドールメーカーさんで、お国柄や、宗教観もその中にあって興味深いのでした。

 日本では、おへちゃな鼻ぺちゃが主流らしく、どうせ鼻はつぶれて、そこだけが汚れちゃうから、あえてとがらせないのと先生のご指導。ヨーロッパの人形たちはみな眼が大きくて鼻も高い作風ですから、ちょっと笑えます。
d0348118_126655.jpg

 羊毛(綿)をきっちり硬く、硬く巻きあげてボールを作って頭と体の芯にします。
こんな風に下地に紐で、ほっぺの膨らみや、目のくぼみ、あたまの後ろのうなじを作るのです。
 あまりにうなじが可愛くて、この時点で愛おしさと可愛さで、ハートはいっぱいになってしまう。
心があたたかくなるお人形さん作り。

余りに頑張りすぎて、昨日は腱鞘炎になるかと思ったよ、朝起きたら、指が握れないほどの関節痛。
若くないのを感じちゃうわ。
 教育的な配慮もあって、「こどもが想像の翼を広げられるように」と、あえて、つぶらな眼と、ちいさな媚びない口元で、「嬉しいときは笑い顔に」、「悲しいときは泣き顔に」と想像を広げられるようになっているらしい。

 いつも天の邪鬼だからね、技術の取得が終わったら、私流にきっと変更をくわえたオリジナルなものにしたくなるだろうな。
 製作のための手引書の衣類のパターンがみな大きめでざっくり。
これもちょっとスリムに今風に変更したくなってます。
d0348118_1263475.jpg

 まだ髪の毛を縫いつけていないから、ちょっとモデルに試して巻きつけての写真撮影。
これもそのうち、カールしたモヘヤや、シルキーなものにしてみたいです。
d0348118_126577.jpg

きょうは娘のかんざしを、母の残した帯上げで三尺です。

 人形作りの先生が、
「お人形の顔ってなんとなくご自身のお子さんの顔に似てくるのよ。」と言いましたが、
本当に娘の面ざしに似てきました。こういうことが手作りの楽しさと愛おしさなのでしょね。
なかなかの難産でしたけどねぇ~。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-03-23 12:09 | 手仕事スクラップ | Comments(0)

ウォルドルフ人形着せ替え ~ワンピース~

 ミシンの機能をあれこれ試したくて、ワンピース作り。
ウォルドルフ人形用の超小さいサイズですけどね。

 お仕立てワイシャツの残り布でトリコロールなサマードレス。ボタンだけちょっと可愛いのを探して。
d0348118_1095564.jpg


パッチワーク用の端切れで、よそいき用のワンピース。
襟や袖の見返しが小さすぎて、バイヤステープで仕上げることにしました。
d0348118_10102129.jpg

 ボタンホールは、一度マイコンに設定すると何個でもミシンが覚えていて、繰り返してくれるのですごいねぇ~。三巻縫いも楽ちんすぎる。
後ろボタン仕上げ。
d0348118_10183689.jpg


これで、洋服を作らないっているのは、とってももったいない気もするけど、ミシンはホビーで使い倒すだけなのよ。
 ようやく今週末、お人形本体の進捗がありそうです。産まれる前から超衣装持ちになってしまったわ。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-03-17 10:01 | 手仕事スクラップ | Comments(2)

ウォルドルフ人形の着せ替え ~下着・パジャマ~

 ミシンが来たので、試し縫いの洋裁。
3月4日は、ミシン(ミ3、シ4、ン)の日なんですって。

人形ボディー本体の製作は、次回のレッスンまで待たなくてはならずぜんぜん進みませんが、足だけできまして・・・。
おおよその身丈や、胴回り、裄も予測がついたので、下着とパジャマを作ってみました。
d0348118_9465388.jpg


 布は、すべて夫の要らなくなったシャツ。白とピンクのリネンのワイシャツで下着。

d0348118_947433.jpg


d0348118_9472093.jpg


d0348118_9475811.jpg

パンツの前のお印に、小さな刺繍。
昔、娘のパンツやブルマにこうして刺繍していましたねぇ。

ストライプと、チェックのシャツでパジャマです。
d0348118_9481931.jpg


脇縫いなどの縫いしろの始末を、袋縫いでするとあって、これは小さくてなかなか大変だったので、二作目からは、ジグザグミシンの裁ち目かがりで始末。

 体調が思わしくない一週間で、うつうつしながらお家で過ごしていました。
女性ホルモンの低下が原因ですよと診断されるたびに、がっくりしちゃうわ。
早く、気持ちも上むきになれるといいんだけどな。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-03-04 09:50 | 手仕事スクラップ | Comments(0)

ウォルドルフ人形の着せ替え ~浴衣~

 お人形さん本体の完成もまだなのに、着物だけを一足先に作ってしまいました。
手ぬぐいの風合いが浴衣にいいかな?と布を見積もったら、ちょうど2枚あれば40センチくらいの抱き人形の浴衣が一枚分、作れることがわかりました。
d0348118_12413294.jpg

 実は、和裁は好きな手仕事なのよ。特に運針とくけ縫いが好きです。
ミシンで縁かがりしながらバァーと洋裁仕立てもあったけど、和裁の基礎に順じて縫ってみることに。

 とことんこだわって、単衣の本仕立てです。背縫いといしき当て、掛襟は省略したけどね。
d0348118_12415851.jpg

 身八つ口の留め縫いとか、一目落としで脇縫いの見ごろの始末とか。小さくてもちゃんと作ったので、
襟を左したら、和服と同じたたみかたができまする。

 日本人でも、着物がたためない人が多いこのご時世、こんな浴衣で小さいときから知ってもらいたいなと。
お子様着物なので、付紐も付けています。
 おばあちゃんが、魔法のように刺していた「背守り」を何とか思い出して、赤の絹糸で付紐の根元に刺しました。
d0348118_12424597.jpg

 帯は、この地方の有松しぼりの端切れで三尺にしてます。
d0348118_12431130.jpg

熱中すると時間を忘れちゃうけど、だいたい一日で浴衣は縫えちゃうのね。小さくても、大人用でも仕事は同じ。小さいほうが、難しいというのもわかったよ。

 お人形本体が完成したら、おはしょりと、肩上げを縫いたす予定です。

参考にしたのは、市松人形の着物つくりの専門書のこちらです。




Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-02-23 12:43 | 手仕事スクラップ | Comments(0)

抱き人形 Waldorfdoll作り ~ウォルドルフ人形・頭~

 お雛様を飾ったら、妙に「目鼻のあるもの」を手仕事で楽しみたくなって、幼な子が抱いて着せ替えを楽しむ人形、ウォルドルフ人形(Waldorfdoll)の教室に行ってきました。
d0348118_10443621.jpg

 30年ほど昔にスウェーデンに生まれたこの人形は、羊毛がしっかり詰まった抱き人形で、お人形は顔が命というけれど、小さな目と口は、子どもの想像の翼が広がるようにととてもシンプルです。
泣きたいときは、人形も泣き顔に、嬉しいときや楽しいときは人形もそう思うようにという配慮からだそうです。
頭の重さや、胴体の太さも、子どもが抱きたくなるような風合いや、バランスがよく考えられていて、オブジェにとどまらず、抱きしめたときに愛着を感じる工夫がされているそうです。
 まさにリンドグレーンの児童文学やかまし村のリーサが抱いているお人形ですね。

 身近な人が、子どもに作ってあげられるようにと、日本では、お母さんやおばあさまの手作りが主流。
いかにも羊毛の国スウェーデンらしく、上等な羊毛をしっかり巻いて球形にしこしらえ、オーガニックコットンのジャージーをかぶせて作ります。
d0348118_10445715.jpg

 目のくぼみは、しっかり巻いた羊毛のボールをタコ糸で縛って出しています。
頬っぺの膨らみや、頭の後ろのうなじのラインまでと、手のこんだ下地作りもあってね。

d0348118_10451596.jpg

 ここまで来るのに、5時間を要していますよ。

私は、羊毛を触るのは初めて。
紡げば毛糸に、石鹸水で煮て熱を加えればフエルトになるのは、スウェーデンの有名な絵本、「ペレのあたらしいふく (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本)」にもある過程とおり、そのままです。その手法で人形にニットや、フエルトの靴を作る人もいらしゃって…。

 シュナイター教育の幼稚園でも、ずいぶん取り入れられてるようで、教室には幼子がいるママさんが、「今日は一日子どもはパパさんに預けて…。」と言っていらしていたり。
 お孫さんに作ってあげたくてという手仕事の好きなおばあちゃまたちもいっぱい。
おばあちゃまたちのあれこれ可愛い着せ替えの洋服作りも楽しそうでした。

 いろいろ検索したら、スウェーデンに限らず、ドイツ、スイス、ロシアなどにもこの人形作家がいっぱいいて世界のWaldorfdollを見て回るのも楽しいのよ。
 ミシンの購入を決めましたんで、私も人形の着せ替え服つくりでもしてみたいところです。
ゆっくりペースで進めたいと思っている手仕事のひとつになりました。
夫にも、ベッドやゆりかご作ってもらいたいところですけどね。

ウォルドルフの普及と材料、教室は、スウェーデンひつじの詩舎から→★
私は、この教室でレッスン中です。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP




by yukkescrap | 2016-02-21 10:54 | 手仕事スクラップ | Comments(0)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

マイガーデンから センターガ..
at 2017-07-29 00:04
今週の愛妻弁当まとめ ~20..
at 2017-07-28 08:04
八ヶ岳オープンガーデン巡り4..
at 2017-07-27 00:25
八ヶ岳オープンガーデン巡り3..
at 2017-07-26 00:11
八ヶ岳オープンガーデン巡り2..
at 2017-07-25 00:20

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> chiffonmin..
by yukkescrap at 08:24
いや~~~~、素晴らしい..
by chiffonmini at 19:09
> 鍵コメさん ま..
by yukkescrap at 11:18
> Naomiさん ..
by yukkescrap at 11:07
YUKKEさん、こんばん..
by Naomi Kihara at 19:47
> renchiyan3..
by yukkescrap at 08:24
おはようございます 私..
by renchiyan3 at 04:36
> chiffonmin..
by yukkescrap at 06:56
> africajさん ..
by yukkescrap at 06:53
わ~い、YUUKEさんも..
by chiffonmini at 21:27

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(50)
(47)
(38)
(30)
(28)
(23)
(22)
(20)
(20)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(13)
(12)
(8)
(8)
(7)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド