タグ:ハンドメイド ( 30 ) タグの人気記事

ウォルドルフ人形着せ替え ~ワンピース~

 ミシンの機能をあれこれ試したくて、ワンピース作り。
ウォルドルフ人形用の超小さいサイズですけどね。

 お仕立てワイシャツの残り布でトリコロールなサマードレス。ボタンだけちょっと可愛いのを探して。
d0348118_1095564.jpg


パッチワーク用の端切れで、よそいき用のワンピース。
襟や袖の見返しが小さすぎて、バイヤステープで仕上げることにしました。
d0348118_10102129.jpg

 ボタンホールは、一度マイコンに設定すると何個でもミシンが覚えていて、繰り返してくれるのですごいねぇ~。三巻縫いも楽ちんすぎる。
後ろボタン仕上げ。
d0348118_10183689.jpg


これで、洋服を作らないっているのは、とってももったいない気もするけど、ミシンはホビーで使い倒すだけなのよ。
 ようやく今週末、お人形本体の進捗がありそうです。産まれる前から超衣装持ちになってしまったわ。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-03-17 10:01 | 手仕事スクラップ | Comments(2)

今週のパッチワーク ミシンでピーシング

 今週のミシンでカタカタです。
手縫いで再開始したパッチワークキルト。
絶対「手縫い」でと、手法にこだわっていたんですが、ちょっと試したミシンでのピースつなぎが、あまりにも楽ちんで、はまってしまいました。
d0348118_949337.jpg

 あちこちの手芸教室のミシンキルトの講座を見学に行ったんだけど、どこも私にはイマイチ。
ミシンのピーシングと布の裁断テクニックだけ知りたかったのだけど、どうしても先生の個性や、小物作品つくりになってしまって、「作りたいもの」を自由には作られせてもらえそうになくて。
そうよね、教室はカリキュラムっていうのがあるんだからね。

 今からの習いごと(50の手習い)って目的がはっきりしすぎちゃっているので、教室レッスンはちょっと辛いな。

 アメリカの布や、パッチワークの小道具を売るお店や、キルトミシンのショップが公開しているミシンパッチワークの動画がいっぱいあって、英語のお勉強もかねてYou Tubeでしばらく受講。
あらぁ、これ便利でとってもいいね。無料の通信講座みたいですよ。
 久々にアメリカのアトリエの向こうに見え隠れする日常の生活を楽しみながら異国の主婦たちの工夫を垣間見ました。

d0348118_9493742.jpg

 手縫いとミシンでピースをはぐのは、全然ちがうの。
ミシンは印つけもいらない。印をつけて断ってしまったピースをつないだので、あとからカッターで切りそろえました。
d0348118_9504299.jpg

本当は、カッターでガァーときっちり切って、端からミシンの抑え金の幅で縫い代を決めて縫っていきます。

 フォーパッチは、こんな感じで、フラッグのように糸を切らずに縫い進め、その隣り合ったフラッグをさらに縫い合わせるので、色合わせが狂うこともないのね。アメリカらしい合理性の高い手法です。
ちょっと頭を使いながら縫い代を倒す方向だけに注意を払っていきます。

 ミシンのピーシングにはミシンの良さが最大限発揮されていて、これも楽しいです。
ミシンでカタカタの日々が続いています。アメリカの動画テクニック使ってミシンキルト、わたしにもできました。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-03-16 09:53 | 手仕事スクラップ | Comments(0)

ウォルドルフ人形の着せ替え ~下着・パジャマ~

 ミシンが来たので、試し縫いの洋裁。
3月4日は、ミシン(ミ3、シ4、ン)の日なんですって。

人形ボディー本体の製作は、次回のレッスンまで待たなくてはならずぜんぜん進みませんが、足だけできまして・・・。
おおよその身丈や、胴回り、裄も予測がついたので、下着とパジャマを作ってみました。
d0348118_9465388.jpg


 布は、すべて夫の要らなくなったシャツ。白とピンクのリネンのワイシャツで下着。

d0348118_947433.jpg


d0348118_9472093.jpg


d0348118_9475811.jpg

パンツの前のお印に、小さな刺繍。
昔、娘のパンツやブルマにこうして刺繍していましたねぇ。

ストライプと、チェックのシャツでパジャマです。
d0348118_9481931.jpg


脇縫いなどの縫いしろの始末を、袋縫いでするとあって、これは小さくてなかなか大変だったので、二作目からは、ジグザグミシンの裁ち目かがりで始末。

 体調が思わしくない一週間で、うつうつしながらお家で過ごしていました。
女性ホルモンの低下が原因ですよと診断されるたびに、がっくりしちゃうわ。
早く、気持ちも上むきになれるといいんだけどな。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-03-04 09:50 | 手仕事スクラップ | Comments(0)

ミシンが来た!

 私のファーストミシン。中学生の時に買ってもらったミシンは、インドネシア時代に洋裁の好きなメイドさんにあげてしまいました。国産の蛇の目のミシンは海外でも人気でしたね。

 二代目は、娘が部活で使った直線縫いと裁ち目かがりだけができる9000円のミシン。
それがいよいよ修理ができないほどに壊れてしまって、はて、どうしたものかと。
ミシンがなくても何ら困りませんが、「私の趣味の領域」では大事なホビー道具。

 人生初!夫へのおねだりで買ってもらったものが、このミシン。
セカンドライフが豊かになるなら、ちょっと奮発も許すよって…。昨日、やってきました!
d0348118_10121478.jpg

 スイス製のこのミシン。
まさしくマシンというほど精工で、びっくりするほどになめらかで、コンピューターミシンが主流の日本のメーカーとはまったく違った視点で作られています。日本のユーザーと、海外のユーザーの違いもあるでしょうが、武骨でも基本がしっかりした作りなのが気に入ってしまって。パーツのこだわりもすごい!
 機械や車、メカが大好きな夫も、自分は使わないのに興味津々。
d0348118_10123362.jpg

 キルトのつなぎや、キルティングのためのフリーモーションがしたくて購入を決めました。
絵画的な刺繍の機能(基本のライン刺繍はあるけど)は省きました。

まずは、裁ち目かがりや、針目送りの確認、ボタンホールの練習用に、お人形さんの服作りで試しています。
d0348118_10125761.jpg

アトリエが欲しくなっちゃうなぁ~という妻に、あきれ顔の夫。
 ミシンを使い倒して作品つくりを楽しみたいと思っています。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-03-01 10:13 | 手仕事スクラップ | Comments(0)

ウォルドルフ人形の着せ替え ~浴衣~

 お人形さん本体の完成もまだなのに、着物だけを一足先に作ってしまいました。
手ぬぐいの風合いが浴衣にいいかな?と布を見積もったら、ちょうど2枚あれば40センチくらいの抱き人形の浴衣が一枚分、作れることがわかりました。
d0348118_12413294.jpg

 実は、和裁は好きな手仕事なのよ。特に運針とくけ縫いが好きです。
ミシンで縁かがりしながらバァーと洋裁仕立てもあったけど、和裁の基礎に順じて縫ってみることに。

 とことんこだわって、単衣の本仕立てです。背縫いといしき当て、掛襟は省略したけどね。
d0348118_12415851.jpg

 身八つ口の留め縫いとか、一目落としで脇縫いの見ごろの始末とか。小さくてもちゃんと作ったので、
襟を左したら、和服と同じたたみかたができまする。

 日本人でも、着物がたためない人が多いこのご時世、こんな浴衣で小さいときから知ってもらいたいなと。
お子様着物なので、付紐も付けています。
 おばあちゃんが、魔法のように刺していた「背守り」を何とか思い出して、赤の絹糸で付紐の根元に刺しました。
d0348118_12424597.jpg

 帯は、この地方の有松しぼりの端切れで三尺にしてます。
d0348118_12431130.jpg

熱中すると時間を忘れちゃうけど、だいたい一日で浴衣は縫えちゃうのね。小さくても、大人用でも仕事は同じ。小さいほうが、難しいというのもわかったよ。

 お人形本体が完成したら、おはしょりと、肩上げを縫いたす予定です。

参考にしたのは、市松人形の着物つくりの専門書のこちらです。




Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-02-23 12:43 | 手仕事スクラップ | Comments(0)

抱き人形 Waldorfdoll作り ~ウォルドルフ人形・頭~

 お雛様を飾ったら、妙に「目鼻のあるもの」を手仕事で楽しみたくなって、幼な子が抱いて着せ替えを楽しむ人形、ウォルドルフ人形(Waldorfdoll)の教室に行ってきました。
d0348118_10443621.jpg

 30年ほど昔にスウェーデンに生まれたこの人形は、羊毛がしっかり詰まった抱き人形で、お人形は顔が命というけれど、小さな目と口は、子どもの想像の翼が広がるようにととてもシンプルです。
泣きたいときは、人形も泣き顔に、嬉しいときや楽しいときは人形もそう思うようにという配慮からだそうです。
頭の重さや、胴体の太さも、子どもが抱きたくなるような風合いや、バランスがよく考えられていて、オブジェにとどまらず、抱きしめたときに愛着を感じる工夫がされているそうです。
 まさにリンドグレーンの児童文学やかまし村のリーサが抱いているお人形ですね。

 身近な人が、子どもに作ってあげられるようにと、日本では、お母さんやおばあさまの手作りが主流。
いかにも羊毛の国スウェーデンらしく、上等な羊毛をしっかり巻いて球形にしこしらえ、オーガニックコットンのジャージーをかぶせて作ります。
d0348118_10445715.jpg

 目のくぼみは、しっかり巻いた羊毛のボールをタコ糸で縛って出しています。
頬っぺの膨らみや、頭の後ろのうなじのラインまでと、手のこんだ下地作りもあってね。

d0348118_10451596.jpg

 ここまで来るのに、5時間を要していますよ。

私は、羊毛を触るのは初めて。
紡げば毛糸に、石鹸水で煮て熱を加えればフエルトになるのは、スウェーデンの有名な絵本、「ペレのあたらしいふく (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本)」にもある過程とおり、そのままです。その手法で人形にニットや、フエルトの靴を作る人もいらしゃって…。

 シュナイター教育の幼稚園でも、ずいぶん取り入れられてるようで、教室には幼子がいるママさんが、「今日は一日子どもはパパさんに預けて…。」と言っていらしていたり。
 お孫さんに作ってあげたくてという手仕事の好きなおばあちゃまたちもいっぱい。
おばあちゃまたちのあれこれ可愛い着せ替えの洋服作りも楽しそうでした。

 いろいろ検索したら、スウェーデンに限らず、ドイツ、スイス、ロシアなどにもこの人形作家がいっぱいいて世界のWaldorfdollを見て回るのも楽しいのよ。
 ミシンの購入を決めましたんで、私も人形の着せ替え服つくりでもしてみたいところです。
ゆっくりペースで進めたいと思っている手仕事のひとつになりました。
夫にも、ベッドやゆりかご作ってもらいたいところですけどね。

ウォルドルフの普及と材料、教室は、スウェーデンひつじの詩舎から→★
私は、この教室でレッスン中です。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP




by yukkescrap | 2016-02-21 10:54 | 手仕事スクラップ | Comments(0)

下田直子さんのハンドクラフト展へ

 2月のお片づけ講演会の忙しい日々がようやくひと段落してきました。
講演会の帰りに、日本橋三越へ。

 大好きなカリスマ手芸家、下田直子さんのハンドクラフト展へ。
 懐かしさと、新しさが、すごくいい感じでまじりあって、ちょっと涙がでそうになってしまいました。
d0348118_10453174.jpg

 昭和の家庭にあった手芸や裁縫という暮らしと密着していた手仕事ですが、
下田さんの手にかかると、アートまで昇格してしまうのですよ。
手芸家さんというと分野やジャンルが絞られるのですが、布と糸が彼女の手にかかると、その素晴らしと言ったら。手法は、刺繍、パッチワーク、編み物、ビーズ、スモッキング、きっと織物も・・・。
さらに世界中の手仕事のエッセンスもたくさんあって、棕櫚の編地をはいだものや、フエルトの小物、懐かししすぎて涙で鼻の奥がつーんとしちゃった「ビーズのがま口」なんかもあって。母の妹、編み物が得意な叔母がたくさん編んでいたことがあったよ。
着せ替え人形のカーディガンなんか、私も、こういうのをおばあちゃんに編んでもらったことがあったなぁ~って。

 会場で見かけた下田さんが、とても凛とかっこよくて素敵。憧れます。

今までやってきた私の手仕事を振り返るいい機会でした。
パネルの中に、「布が好きで通った下北沢のまきの…」なんて言う記述に、あぁ、私もそこで青春をすごしたわって。

 おばあちゃんの針箱から糸や、針をもらって、端切れももらって布遊びをしていた幼いころがフラシュバックしてきちゃったのでした。たぶん私の布と糸が好きなのは、おばあちゃんゆずり。
喘息で幼稚園を休みがちだった私は、おばんちゃんがつくった綿入れ半纏を着せられて、おばあちゃんの手仕事をみて育ったのでした。
 
 こういう作品展は、いい刺激をもらうのだけど、今回は、そんな私と手仕事の原点を思い出させてくれるものになりました。
(作品の写真はNGだったから入り口のところだけね。)

 開催は、日本橋三越本店 新館7階 2016年2月15日まで 詳細はこちらから→★

 

Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-02-11 10:45 | 懐かしいものスクラップ | Comments(2)

26年目の手作りお雛さま 新しいお道具を迎えて

 今から26年も前のこと。私が3歳児のママだった若いころ、小さな二人の乳飲み子たちが寝静まった夜中にチクチクして作ったお雛さまです。毎年娘が楽しく飾ってくれていました。
ドールハウスの典型的な楽しみかたでしょうね。
d0348118_15203464.jpg

 当時は、ジャカルタに暮らしていたので、よく材料をあちこちで探しては、ちょっとづつ。
ミスティックというバザールでフエルトをようやく買い求め、日本からのお土産にいただく和菓子の箱や、紐やリボンを使って作っています。
d0348118_15205961.jpg

 工作用紙なんていう気の利いたものもないから、マジックで黒く塗ったお菓子の厚紙に折り紙の金色貼って、リリアンと、刺繍糸で鼓や扇子をつくっていたりしています。
d0348118_15212616.jpg

 三人官女のお神酒の道具は、今はとうていこんな小さな手仕事はできませんね。
d0348118_15215234.jpg

今年もボンドで修繕しながらです。

 雪洞と金屏風は、浅草の小さな店で、一時帰国した、その昔に買い求めました。
黒い台座は、ジャカルタの出入りの大工さんトッカンカーユのおじさんが作ってくれたもの。
d0348118_15225334.jpg


d0348118_15231433.jpg

 お人形さんたち、一体づつお顔や、雰囲気に個性が出てきた気がするのは、気のせいかな?
d0348118_15234335.jpg


 LOFTの季節のものコーナーの一角に、小さな雛道具だけを売っていて、思わず買い求めてしまいました。
ちょっと豪華になったかな?
d0348118_15241011.jpg

マッチ箱と大きさを比べてます。

 娘は、持ってくればよかったよと異国で嘆いていますが、ちゃんと雛あられお供えしておきますよぉ。
d0348118_15243518.jpg

 もう作り方テキストの大高輝美のコロコロ人形―てるみの宝もの
は書店では売ってないね。
まだアマゾンで買えるようです。まだ作る人いるかしらね?
あちこち傷みも、シミもすごいけど、まだ当分手放せそうにありません。




Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-02-06 15:27 | 懐かしいものスクラップ | Comments(4)

雪の降る日のwhite work ~ウエディング・リング・ピロー~

 「ブリザードの中だよ。積雪50センチ、外出禁止だって。」とニューヨークの娘からメッセージがきました。
夫の出張先の北米は、マイナス20度だそうです。
 ウルトラ寒いね。東京は予報が外れてくれて、昨夜は雪が降らなくてちょっとホッとしています。でも寒くてまさに引きこもり、今日も針仕事です。
d0348118_11294075.jpg

今年、伴侶を得てセレモニーを控えている幸せな若い人たちに、おせっかいな手仕事を。
 白い色にもいろいろあって、オフホワイトや、パールホワイト、薄いベージュや、ピンク系、イエロー系と微妙な白色がありますね。
d0348118_11301142.jpg

(リングは実物ではありません)
 似合うかな?と思って選んだのは、こんな白色です。
シルクの布を断って、綿を詰め、サテンのリボンで巻いて、パールビーズでリボンフラワーを留めました。
 小さなウディング・リング・ピローです。
d0348118_11313657.jpg

 気に入ってくれたら嬉しいな。清楚で可愛らしい彼女のイメージを重ねながら。

春のセレモニーはまだ先だけどね。ちょっと喜びが隠せない母です。
無事に入籍をすませたそうです。おめでとう!


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-01-24 11:32 | 手仕事スクラップ | Comments(0)

大きな松ぼっくりがあったとさのクリスマスオーナメント

 仕事で伺った文京区のとある自然公園のパインツリーの松ぼっくりをいただきました。
大きな松ぼっくりは、20センチもあります。
d0348118_20424139.jpg

簡単なリースに仕立ててあったのを、オーナメントのスクラップボックスからちょっとリボンやベルを引っ張り出してアレンジしてみました。

 実は、我が家は、クリスマス・ツリーを飾る習慣をやめてずいぶん経つの。

 30前に暮らしたインドネシアはイスラムの国。
小さな子どもたちが喜ぶようにと、何の考えもなく堂々大きなクリスマスツリーを飾って祝っていました。
レバラン(イスラムの断食月、ラマダンのこと)の習慣に戸惑い、現地の人と理解が通じないたびに、イスラムの人とは通じ合えないと勝手に解釈していた若い頃の自分を省みると本当に恥ずかしくなります。
d0348118_20431043.jpg

 その時に買ったのが、このバリの彫り物のサンタクロースとホワイトツリー。
見慣れたサンタとは違ってちょっとエグイところが良かったのです。でも帰国後は、ずっと飾れずに長いこと封印していました。

 ヒンズー教の国インドでは、多神教という信仰に戸惑い、ほかにも、ジャイナ教、シーク教、ゾロアスター教と様々な神様たちに圧倒され、柔軟性のある信仰への理解を学んだのはこのとき。911もこのころの出来事で緊迫する印パの関係を案じつつ、盛大な神々の祝日をインドの人々と一緒に祝い、デワリには灯をともして平和をたくさんの神様に祈ったのでした。

 最近まで暮らしたメキシコは、植民地らしい土着信仰とカソリックの融合がすごくて、コテコテのクリスマス。本当の意味で、キリストの誕生を祝う日と再認識したのもこの国。
d0348118_20445877.jpg

ツリーよりも、三賢者とマリアにイエスのオーナメント。親友から戴いたものです。

 小さなクリスマス・オーナメントを今年は全部出してみました。
わたしには、信仰心はどの教えにもないけど、今年ほど、家族や友人、周りの人々の平和や健康、幸せを願った年はありません。森羅万象に神が宿るという気持ちはずっと根底にあって、感謝と祈りの暮らしは大事だなとつくづく自分自身に言い聞かせています。

 信仰について気持ちにおおらかさが増したような。
12月の季節のオーナメントをあちこちに飾って、ちょっと部屋が華やかになったのを嬉しく思っています。

Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2015-12-14 06:02 | 手仕事スクラップ | Comments(0)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

マイガーデンから センターガ..
at 2017-07-29 00:04
今週の愛妻弁当まとめ ~20..
at 2017-07-28 08:04
八ヶ岳オープンガーデン巡り4..
at 2017-07-27 00:25
八ヶ岳オープンガーデン巡り3..
at 2017-07-26 00:11
八ヶ岳オープンガーデン巡り2..
at 2017-07-25 00:20

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> chiffonmin..
by yukkescrap at 08:24
いや~~~~、素晴らしい..
by chiffonmini at 19:09
> 鍵コメさん ま..
by yukkescrap at 11:18
> Naomiさん ..
by yukkescrap at 11:07
YUKKEさん、こんばん..
by Naomi Kihara at 19:47
> renchiyan3..
by yukkescrap at 08:24
おはようございます 私..
by renchiyan3 at 04:36
> chiffonmin..
by yukkescrap at 06:56
> africajさん ..
by yukkescrap at 06:53
わ~い、YUUKEさんも..
by chiffonmini at 21:27

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(50)
(47)
(38)
(30)
(28)
(23)
(22)
(20)
(20)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(13)
(12)
(8)
(8)
(7)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド

フォロー中のブログ