タグ:散歩 ( 8 ) タグの人気記事

ご近所ウォーキング

ご近所ウォーキングです。
名古屋城のとなり名城公園にジョギングコースがあって、ぐるっと周遊するのがお楽しみです。
お花も綺麗だしね。
d0348118_11234531.jpeg
新しくランニングサポートのこんな施設tonarinoがオープンして、連休には大にぎわいでしたけど、ようやくいつもの静かな名城公園ジョギングコースです。
d0348118_11240971.jpeg
ぐるっと周ったら、ナチュラルガーデンや、手入れのされた満開のローズガーデンを見て、ベンチでぼんやり緑を見ると本当にリフレッシュ。
d0348118_11243176.jpeg
お散歩の途中に、「ご自由にお持ちください」と、園芸用の支柱がいっぱい玄関先に置いてあるオフィスビル。手にとって、帰りにもらって行こうと思ったら、帰りにはもうなかったよ。
d0348118_11254362.jpeg
ビギナーズ用のランニングレッスンのコースに申し込んで来たぞ。
また、夏に向けてダイエットの季節到来です。毎年繰り返す4キロの減量。
冬に溜め込み、夏に減らしてますが、だんだんしんどいわ。
がんばりまーす。一応宣言しておこう。

公園のベンチからスマホでブログ更新です。

by yukkescrap | 2017-05-16 11:26 | おさんぽスクラップ | Comments(2)

一足早い名古屋のお花見 ~白壁の文化のみち周辺~

 名古屋のソメイヨシノの開花は、まだもう少し先のようです。
名古屋市内でどこよりも早くお花見ができる「文化のみち」周辺は、大河津桜が、豪華なピンクの花をつけて満開です。
大好きな散策ルートです。
d0348118_13390683.jpg
 ちょっと風が強かったけどね、我が家からママチャリで。
名古屋市東区の歴史地区には、白壁(しらかべ)、主税町(ちからまち)、撞木(しゅもく)という読みが難しい名称の歴史地区があります。
川上貞奴の旧邸・文化のみち二葉館の前の道を南へおよそ3キロがずっと見事な桜並木。
d0348118_13393066.jpg
 なぜか、たくさんの高齢シニアのひとがお散歩されていました。
d0348118_13395752.jpg
いつもは、もっとモリモリっと密に咲くんですよ。昨年剪定したから今年はスカスカしてるなぁとガソリンスタンドのおじさんは言ってたけど、いえいえ素晴らしく綺麗ですよ。
d0348118_13402430.jpg
 八重咲きの大きな花が雪洞みたいでね。
歴史を背負って、大事にされている素敵な桜並木でした。

陽射しはすっかり暖かいのに、風が冷たい。
ママチャリで風を切って走ったら、指がすっかりかじかんでしまったよ。
早く暖かくなって欲しいなぁ。

名古屋歴史地区 文化のみち



Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-03-25 00:23 | おさんぽスクラップ | Comments(2)

長良川鉄道 ~ゆる~り眺めて清流列車 郡上八幡~

 お休みを利用して、のんびり列車の小さな旅です。
名古屋からJR高山本線で美濃太田駅へ、そこから第三セクターの長良川鉄道に乗り換えて郡上八幡まで。
d0348118_09314906.jpg
長良川沿いを走るこの列車は、1時間に1本程度の運行ダイヤの単線列車ですが、一日に一往復だけ、「ゆる~り眺めて清流列車」という車窓の景勝地を通過するときにスピートを落としてくれるという楽しい列車があります。
d0348118_09320909.jpg
 郡上八幡まで7つの橋を超えますが、そのたびにちょっと減速してくれるので、鉄道マニアにはたまらないのね。
d0348118_09323187.jpg
一両だけのワンマンカーなのよ。
d0348118_09330578.jpg

トンネルに入っても、電車の中には電気がつかないから、すごくワクワクして暗闇を抜けます。
こういうの楽しいね。
d0348118_09334493.jpg
でも意外にも観光客も、地域の人らしい人も車窓の景色にはあまり関心がないらしく、控えめに座っているのです。
d0348118_09340669.jpg
d0348118_09342698.jpg
私と夫だけが、はしゃいで観ておりましたよ。ああ、カヌーで川を下っている人がいるぅ~とか…。
d0348118_09352109.jpg
陸橋、陸橋!
d0348118_09361624.jpg
除雪車もスタンバイ!鉄ちゃんでなくても楽しいよね。

 郡上八幡は、鰻と南天と踊りの街。
d0348118_09365873.jpg
 杉玉も南天。南天玉というそうで、赤い実が黒くなって、「赤字が黒字へ」という縁起物なんだとか。
郡上南天という品種も有名。
d0348118_09372522.jpg
夏の間は、ロングランで繰り広げられる盆踊りが観光の目玉ですが、城下町の風情はとても素敵。
d0348118_09375463.jpg
 老舗のうなぎ屋、魚寅で白焼きの鰻丼。
d0348118_09383215.jpg
ごはんに刻みのり、刻んだ長ネギ、白焼きの鰻にさっと火を通した卵黄に山葵。
東京の鰻のように蒸して焼いてじゃなくて、炭火の直火なので、皮がパリッと香ばしく身はふっくらね。
d0348118_09384566.jpg
 この鰻には、岐阜市の達磨政宗があうんだって、電車だと昼から飲めるね。
黄色くてコクがあって香りも芳醇。

お土産には、こんなものを。
d0348118_09392079.jpg
岐阜県の人ならみんな知っているプリプリのジューシーな豚肉がたっぷりの明宝ハムと明方ハムがあるらしい。今回は、明方の方のハム。岐阜産の豚肉でつくる名物のハムですって、肉々しいハムです。
d0348118_09413620.jpg
d0348118_09415151.jpg
 帰りの列車は、最後尾の窓からの車窓を眺めながら美濃平野に涼むサンセット列車で家路に着きました。
今度は郡上からさらに北への美濃路旅を楽しみたいです。
 

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-11-24 09:43 | 小さな旅スクラップ | Comments(2)

中津川 栗きんとんめぐり

 中津川の宿場町さんぽのもう一つの目的は、栗きんとん。
東海地方に暮らしてみて初めて知った、秋の味覚「栗きんとん」です。
東京生まれの私は、お正月のお節料理、さつま芋の餡に甘露煮の栗きんとんしか知りませんでしたが、栗を砂糖で煮詰めて茶巾に絞ったこの銘菓を、東海地方の人は「栗きんとん」というのですね。
d0348118_19025860.jpg
 日持ちがしなくて、せいぜい3日間が賞味期限。
栗きんとん発祥の地の中津川には、17店舗以上のお店があって、どの店も同じ大きさ、同じ価格(1個、税込み237円)。

 宿場町にも名店があちこちに。
d0348118_19051217.jpg
d0348118_19042178.jpg
老舗の「すや」(←看板を右からから読んですやと言います)と「川上屋」。

中津川の駅前にある中津川観光センター「にぎわい特選館」に行けば、全部試せるよと岐阜の友人に聞いて寄ってみましたよ。
d0348118_19053755.jpg
圧巻!栗きんとん。
d0348118_19060056.jpg
 うふふふぅ~。
有名店のお店中心に5つほど買ってきまして、食べくらべ。
d0348118_19062308.jpg
なんて贅沢なんでしょ私。
今回知りましたが、11月になると干し柿に栗きんとん入りがお店に並ぶそうです。
でしゃばらないけど、粋人を唸らせる茶のお菓子が、発達してきた街だとか。
また来なくちゃねぇ。

↓ 中津川 栗きんとんめぐり 公式案内HP



Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-22 01:53 | 暮らしスクラップ | Comments(0)

東京たてものさんぽ ~昭和の暮らし博物館 大田区久が原~

 五反田のイベントの用事があったので、可愛い電車東急池上線で五反田から久が原へ。
住宅街を10分ほど歩き、小さな旗の目印を見て横丁の径を抜けると、なんとも懐かしい建物がありました。
d0348118_07340876.jpg
 昭和の暮らしや道具を研究されている小泉和子さんのご実家、小泉邸を昭和の暮らし博物館として重要文化財指定を受けて公開している昭和のくらし博物館です。
d0348118_07342976.jpg
サザエさんや、とと姉ちゃんの舞台になりそうなごく普通の建物ですが、施主の小泉氏は建築家でもあり、戦後復興に庶民的な予算(住宅金融公庫の審査に通る建坪と建設費)で随所に庶民らしい工夫と知恵が詰まった住み手の家に対する愛おしい気持ちにあふれた家です。

 昭和レトロを懐かしむだけでなく、その当時の日本人の住まいに対する気持ちや、暮らしの根源を見るようないい博物館。ご近所には、あの花森安治の家もあったそうで、昭和の文化人が多く住んでいた地域のようです。でも決して近所の田園調布のような豪邸の街並みではないのね。
d0348118_07345163.jpg
 私には懐かしいものがいっぱいで、手押しポンプの井戸、ゴミ箱やブリキのバケツ、たらいに洗濯板、七輪や火鉢の火消し壺、なんと着物の洗い張りの貼り板までありました。お家の中は撮影禁止なので、もっと楽しく懐かしいものがいっぱいでしたが、そこに見る美しい日本の知恵と工夫を大事に後世に伝えようとする思いもひしひしと感じます。

 博物館の説明役をする女子大生さんたちに、「昭和レトロがお好きなの?それとも研究のテーマですか?」とお聞きしたら、そのどちらでもなく、ご実家のおばあさま(たぶん70歳代)の丁寧な暮らしぶりをずっと見てきて、いつも梅干しをつけたりする保存食の知恵や、衣類を繕ったりする暮らしが身近にあったから、私たちにも特別なものではないんです。というお返事をもらって驚きました。
d0348118_07351614.jpg
 すっかりこういうことは、現代っ子たちには、特異なもの、無縁のものと思っていた私の想像力よりもずっと、どこかに小さな継承はあるんだなと驚かされたりもして。偏見だったわ。

 今月22日には、コッペパンの揚げパンをめぐるワークショップやイベントもあるそうで、
「このご近所のパン屋さんが揚げパン発祥なんですよ。」とおっしゃっていました。今も人気の美味しい工夫をしたパン屋さんとのイベントだそうです。こちら→
d0348118_07355348.jpg
 庭には、南天、ヤマブキ、桜、柘植、大きな柿の木。
縁側に座ってしばらく柿の実を眺めていました。大事な日本の日常の暮らしを振り返ることなく過ごしていたけど、改めてその工夫や知恵を大事に伝えていく年齢になったなぁと思いながら次のイベントへ。

**********

 連載コラムを寄稿させていただいていた「どうする40」の「おばフォー祭り」に参加です。
「ブログ読んでますよぉ~。」というお言葉をいただくといつもおおいに励みになります。

ご縁をいただいた寄稿者の皆さんのパネルディスカッションや、たのしいおしゃべりに大充実の一日でした。
 みんな本当にオープンマインド。さすがにブロガーたちは、自分の想いを伝えたり、シェアするのが上手すぎて、楽しさが止まらないのでした。

d0348118_07323885.jpg
 参加記念にいただいた切り絵。うふふ、わたし的ツボです。


Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-18 07:39 | おさんぽスクラップ | Comments(0)

セレクトショップ本屋SPBS  ~奥渋谷さんぽ~

 20代ころ遊び倒した渋谷も109ができてからというもの、電車の乗り換えには通過するけれども街を歩くことは、ほとんどなくなった。COW BOOKSの記事をアップしたら、本好きな友人から、ぜひともと薦めらたのが、SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(略称SPBS)。
d0348118_10495881.jpg

 夜中の12時まで空いているという渋谷らしい本屋さんですが、ここも素敵な本のセレクトショップ。
セレクト書店が、こうして文化的な暮らしを大事に考える人が多く住む街に増えていくのは嬉しい。

珍しく渋谷で降りて、外国人観光客がスマホで動画を撮るスクランブル交差点を走り抜け、喧騒を追い払うように道玄坂を登り、東急百貨店の本館に突き当ったら、右へ。
 時々、映画を観に来るシアター系の小さな映画館UPLINKを通りすぎると、あたりはあの頃の渋谷みたいな懐かしい街並みに。
UPLINKは、映画に関連する料理をだすカフェ tabelaが一階にあって、ベトナム映画にベトナム料理みたいな感じで楽しめるから、ついつい映画のあとにも寄ってしまうところ。ここへは、いつも独りで観に行って、独りで食べてくるわたしの秘かな憩いの場所。
d0348118_10503395.jpg

 私が若いころ通っていた渋谷のスペイン坂あたりの雰囲気がまだ残る通り沿いに、あれこれ楽しいお店がたくさんできていて、こんなさんぽもいいなと思う。
 東京の新しい街にはすぐにカフェばかりが乱立してしまうのだけど、ここはちょっと違うみたいね。
東急本店から、小田急線の代々木八幡駅までの一本道のあたりを奥渋谷というらしい。
d0348118_10513306.jpg

 SPBSのカウンターで、休日のための奥渋谷ローカルマップ(無料で配布)をいただいた。
何も予定のない休日に、喧騒を抜けてこんなところを歩くのもいいもんだなと思うよ。
d0348118_10515949.jpg

 書店の書棚には、へぇ~、書店員さんのセンスが光るなぁという「こんな本があるの」というももばかりでワクワクする。
普及版 リトル・トリー」や「[まとめ買い] 吉祥寺だけが住みたい街ですか?(ヤングマガジンコミックス)」なども気になったのだけど、蔵書を増やすのはと思って読みたい本を記憶だけして(メモや写メを撮るにはやっぱり遠慮があるからね)、文庫の帯にひかれてこの本だけを買って。
d0348118_10522181.jpg

 文庫になった本は、まず解説文を斜め読みしてから購入を決めることが多い。今回もそれにひかれて。レトロ過ぎる昭和のC級小説、そんなのありか?満載の展開があり過ぎてあっさり読了する。

この書店は、UPLINKで映画を観た帰りに、きっと必ず寄る書店になると思うわ。




Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-17 01:25 | おさんぽスクラップ | Comments(3)

東京たてものさんぽ ~代官山ヒルサイドテラス旧朝倉家住宅~

 渋谷で打ち合わせの帰りに、代官山ヒルサイドテラスに隣接する旧朝倉家住宅へ。
d0348118_09285738.jpg
大好きな日本のたてものさんぽ。代官山にこんな素敵なところがあったとは!って誰もが思う穴場のさんぽコース。
d0348118_09291601.jpg
 今は渋谷区が管理する重要文化財ですが、大正8年に出来た当時の豪農の住まい。その後大臣邸や、迎賓館的な使われ方もして戦火からも逃れ、東京の一等地に見事な日本のお屋敷。
d0348118_09293418.jpg
古い日本の家に来ると必ずみちゃう。雨戸の戸袋がたまらなく好き!なんです。

 とにかくこの家は、趣味がいい。
d0348118_09303823.jpg
とかく財をなして建築された豪邸(たとえばかの自動車翁とか、酒造翁などの豪邸)は、金蘭豪華すぎて和洋折衷のバランスもうーんと悩みどころなのだけど、このお屋敷は、実に清々と感じる。

欄間や座敷も襖絵も凝りすぎず、どこにお金をかけたかと言えば建築資材。
もちろん、襖絵も屏風も見事ですが、成金っぽさがないわびさびの優美さ。だからこそ価値を感じるわけね。
d0348118_09310239.jpg
見事な板戸や、板目の柱などは、おぉ、こういうところにこそこだわる必要があるのだなと思わせます。
d0348118_09322675.jpg
 長い歴史を経た住まいは、時代ごとに修復や改修もあってモダンになっていくけど、このお屋敷はとことんそのままに現存していてすごかったですよ。

 紅葉にはまだ早いけど、訪れる人は、欧米人の「日本の粋」を面白がる人ばかり。
日本の建物なのに、なぜか欧米人に混ざって見学している変な違和感にちょっと笑いながら。
d0348118_09324612.jpg
 ここから目黒川が見下ろせて、昔は富士山も見えたそうですが、もうビル群しか望めません。
坂を下って中目黒へさんぽは続きました。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-15 01:16 | おさんぽスクラップ | Comments(2)

Horse Blanket 集 ~中目黒 COW BOOKS~

 渋谷から代官山、そして中目黒へ。良く歩く日でした。
桜の名所の目黒川沿いにある松浦弥太郎さんのCOW BOOKSへ久々に立ち寄りました。
d0348118_09515308.jpg
毎回、この店の本のセレクションに胸が躍ります。
大型書店や、Amazonで選ぶ本の楽しみとは違い、誰かのフィルターを通している選書本のラインナップは背表紙のタイトルをみるだけでも至福の時間です。

 東京駅の丸善にも松岡正剛さんのラインナップがあったけど、もうなくなってしまったので、
書店によって面白い選書を並べてある棚をわざわざ見に行く楽しみは、わたしにとって幸せな過ごし方なのよ。
代官山の蔦屋書店も好きですが、大きすぎてというわがままもあるので、これくらいの規模に絞り込まれていると安心感もあるよね。

 今日もだいぶ長い事書棚を眺めていました。
手に取ったのは、アメリカの馬の毛布、Horse Blanket の画集です。
d0348118_09522479.jpg
公式HPもあるよ。画像の転載も使用もフリーというサイトです。
d0348118_09531078.jpg
ストライプ柄
d0348118_09533409.jpg
ジャガード柄


この馬の毛布は秋冬用のストライプの毛布と、春夏用のジャガードがあるそうで、馬の毛布の変遷や歴史をコレクションするなんてなんて粋でしょう。100年も経たアンティークだそうです。
ヨーロッパの馬具よりももっとカジュアルらしく、ニューハンプシャーのKCの家の厩にもあるような気がするなぁ。

WEBサイトからも十分楽しめるんだけど、紙に印刷されたものを手元に置いて、じっくりひざ掛けを載せた足の上で広げたい。熱いココアとかフーフーして飲みながらね、きっと愉快、愉快に違いない。変なもの好きなのよ。

アメリカに親戚ができてからというもの、こうしたアメリカ的なコレクションモノに出会うと手に取りたくなるこの頃。布や織物が大好きな私は、これをアメリカ人の婿にちょっと見せてあげたくなりました。

 もう一冊は、須賀敦子さん。「塩一トンの読書 (河出文庫)」こんな本もあったのねと、思わず購入。
わたしが買ったのはリンク先の文庫じゃなくてハードカバーのほうですが。わたしの本棚の蔵書にしたい一冊。秋の夜長の楽しみがまた増えたよ。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2016-10-14 10:01 | 好きな本スクラップ | Comments(0)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

今週の愛妻弁当まとめ 201..
at 2017-05-26 09:49
おいしいぬか漬けへの道 ~実..
at 2017-05-24 17:49
コッペパンとChow Chow
at 2017-05-23 09:52
ご近所さんぽ ~コッペパンを..
at 2017-05-22 17:19
読んだ本 原田マハの「リーチ..
at 2017-05-18 08:45

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> miqu_7cdさん..
by yukkescrap at 10:57
こちらでは、実山椒が売ら..
by miqu_7cd at 10:18
> tanat6さん ..
by yukkescrap at 11:29
コメントありがとうござい..
by tanat6 at 11:06
> sake0141na..
by yukkescrap at 09:23
はじめまして。ウォルドル..
by sake0141na at 23:38
> butanekoex..
by yukkescrap at 15:20
> renchiyan3..
by yukkescrap at 15:19
> otenbaseni..
by yukkescrap at 15:19
こんにちは。 名城公園..
by butanekoex at 14:38

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(47)
(41)
(38)
(30)
(25)
(23)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(16)
(16)
(13)
(12)
(12)
(8)
(8)
(7)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド