NEW POST

懐かしのレシピ ーハッシュドビーフのポテトグラタンー

 子育て中の懐かしのレシピを久々に再現してみました。レシピスクラップの日付は、1989年とあります。
お給料前にボリュームたっぷりの洋食を子どもにせがまれた時のお助けレシピでした。
寒い季節にぴったりなので、昨日はお友だちが遊びに来たので、ササッとね。
d0348118_914649.jpg

 冷凍のフライドポテトに、湯どうしした牛肉の切り落としをのせ、グレービーなハッシュドビーフソースにチーズ。マカロニよりも子どもたちには人気でしたね。クリスマスの献立風なものを一緒に準備しました。

 今日のアペタイザーには、鱸のカルパッチョ、キウイのフルーツソース。
d0348118_9142437.jpg

 サラダは、ブロッコリーと小海老のタルタル風で。娘からもらってきた刻んだピーカンナッツをトッピング。
d0348118_9144389.jpg

 トマトのホット・カルパッチョ。オリーブとモッツァレラチーズを散らして。
d0348118_9155263.jpg

 先日習ったスポンジでショートケーキ。生クリームの塗り方が下手すぎて、次週のケーキのレッスンが待たれます。
d0348118_9163738.jpg

忘備録と、子どもたちにレシピを伝えるために、以下にレシピを。
d0348118_917798.jpg

ニューヨークのBarで食べたポテト&チーズのボウルミールがそっくりで、懐かしっくなって再現しました。
たぶんケイジャン料理風に、カイエンペッパーが入っていたはず。
 今回はナツメグにして、タバスコをちょっとふっていただきましたが、大人だけならナツメグをカイエンペッパーに変えてもいいかもなと思います。
ニューヨークで食べたのは、ボウルに入れてあってトッピングにポーチドエッグまで乗っていたボリューム満点なものでした。
カナダの伝統料理(伝統というか有名)poutin(プティーン)っていうらしい。
ポテトに上に、グレービーソースがかけてあるもの。育ちざかりがいるならば、お好みでそれもありかと?



<材料 4人前>
牛肉の薄切り  150g
マッシュルーム 1パック
玉ねぎ 中1個
冷凍フライドポテト(皮付き) 400g
白ワイン カップ1/4
トマトケチャップ カップ1/3
スープ カップ 1と1/2 (お湯にコンソメキューブを溶いたもの)
ブールマニエ (バター大さじ2 小麦粉大さじ1をよく混ぜておく)
ナツメグ 少々 (カイエンペッパーに変えても)
生クリーム カップ1/3
卵黄 1個
おろしチーズ 130g
調味料として、塩、コショウ、バター

<作り方>
1.マッシュルームと玉ねぎを千切りにしてバター大さじ1で色よく炒めワイン、ケチャップを入れてやや強火で煮詰める。
2.熱いスープを加え、一度煮立ててアクを取ってから火からおろし、ブールマニエをいれて適当なとろみをつける。
3.2を再び火にかけ塩少々、コショウ、ナツメグ(もしくはカイエンペッパー)で味をつけ、生クリームと卵黄を合わせたものを加えてのばす。卵黄に火を通しすぎないように注意。
4.牛肉を5センチの長さに切り、塩コショウして下味をつけ熱湯にくぐらせて湯どうしする。
5.グラタン皿にバターをぬり、凍ったままのフライドポテトをひき、牛肉を置き、3のソースをかけてチーズをのせて余熱しておいた250度のオーブンでこんがり焦げめがつくまで焼く。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2015-12-15 09:19 | お料理スクラップ | Comments(0)

小さな暮らしのスクラップブック


by yukke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31