人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

豊田さんぽ

 名古屋駅から名鉄で豊田市まで。自動車産業でいつも景気がよくて、元気な愛知県の元気の素みたいなところへ。
お目当ては、豊田市美術館と、豊田市民芸館。
豊田さんぽ_d0348118_08515447.jpg
駅を降りて、標識に沿って目指す美術館。でもだぁ~れもいないわ…と思ったら、美術館は特設のジブリ展で長蛇の列。みんなはどこから来たのかしらとおもったら、美術館の正面には、大駐車場。駅からのアクセスは美術館の裏口に着くというCar Cityならではのアクセスになるほどねと思う。

 東京育ちには、ときどき、この自動車生活に戸惑いを感じてしまうのだ。
県外からの客や、公共交通でのアクセスに軸を置かないというのは、TOYOTA、車の街らしい街づくり設計だなと。
歩いて、歩いて美術館へ。でも「たった15分の道のり」なんですが、愛知県民には、「15分もあるく!」という感覚らしい。

常設展は、ジブリフィーバーで追いやられてしまったので、さくっと内覧して美術館の外観を楽しむ。
建築家・谷口吉生の最高傑作。できれば正面からドラマチックにアクセスしたかったなぁ。
豊田さんぽ_d0348118_08521079.jpg
愛知県の美術館や博物館にはだいたい併設されているお茶室で、一服いただく。
豊田さんぽ_d0348118_08522327.jpg
愛知県の茶道人口は京都を上回る。お茶席がとても身近にある文化圏だ。
豊田さんぽ_d0348118_08535533.jpg
夫は、お薄がたいそう気に入ったらしく、「うちでも点てるか?」と。
いい茶わん探しからはじまりそうだな。
豊田さんぽ_d0348118_08540971.jpg
二駅電車に乗って平戸橋へ。無人駅。
この地の名士・本多静雄による「民藝の森」によって、狛犬コレクションを楽しむ。
豊田さんぽ_d0348118_08543010.jpg
ここからまた15分ほどぶらぶらと矢作川沿いにあるいて、民芸館へ。
豊田さんぽ_d0348118_08551938.jpg
民芸館は、加藤唐九郎や河村喜太郎の元・製作地。登り窯もある。
豊田さんぽ_d0348118_08550680.jpg
民藝好きにはたまらない散策でした。また瀬戸本業釜に行きたくなるなぁ。
豊田さんぽ_d0348118_08553248.jpg
豊田さんぽ_d0348118_08555131.jpg
垂涎ものの箪笥の数々。

帰途につくときに出会ったご夫妻。
豊田さんぽ_d0348118_08560661.jpg
「ここは、私たちの特等席なの」と、双眼鏡で、野鳥の定点観測なんだそう。
矢作川の水辺の野鳥と森の野鳥、両方楽しめる探鳥スポット。
「今日は、出るかなぁ~。」と、お目あての野鳥がでるのを毎回ここで待つそうです。本当にいい散策ルート。

TOYOTAの研修施設ができたからと、隣接の日進市は地方交付税を受けるのをやめた。
大きな会社があると、地方都市の文化施設や保護にも十分にお金が投入されていて、遊歩道や、散策ルートの保全も万全。
豊田市はオープンガーデンも盛んで、今度はそんなところをまわりたいけど、「歩いて」が叶わないのがちょっと残念ね。

InstagramInstagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2016-07-26 08:59 | 小さな旅スクラップ | Comments(0)

小さな暮らしのスクラップブック


by yukke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30