NEW POST

たかが雑巾、されど雑巾

 毎日のお掃除に、雑巾を使ってごしごし拭き掃除するのが好きです。
わたしは、住まいの仕事をしているけど、訪問先のおうちで「雑巾をお借りできますか?」と聞くと、「タオルでいいですか?」と言われることがしましばあります。雑巾洗い用バケツがあるお宅は、首都圏のマンション暮らしのお宅では、ほとんど見かけなくなりました。
d0348118_21064473.jpg
 家庭では不人気の雑巾だけと、古タオルを縫った雑巾は、いまも大事な日本の掃除道具になってますよね。
学校や、幼稚園、施設などは、かならず備えてあって。でも手縫いじゃなくて100円ショップで買うことが多くなっていますよね。
幼稚園はサイズの指定があるから、まだ手縫いするのかな?

 3年前、日本に帰国したときに一新した我が家のタオル。
大奮発した今治のホテル仕様の厚手の真っ白タオルも、さすがに3年もたったら、ゴチゴチのゴワゴワ。薄汚れた色もひどい。
十分使ったよね、お値段の元は取れたなと、新しいものに買い替えました。
バスタオル3枚、ファイスタオル4枚、バスマット2枚。いつの間にか夫婦二人の生活で持つタオルの数は決まってきたよ。
あとは、来客用には、2セット別にあります。
d0348118_21085584.jpg
 厚手のタオルは、雑巾にむかないね。絞りにくいし、乾きにくい。
温泉タオルのような薄手のタオルを三つ折りにしたくらいがちょうどいい厚さだといつも思うよ。
上等だったバスタオルは2つ折りでもまだ厚い。他にもフェイスタオルがあったから、今回は20枚できました。

赤いループはトイレ用。ブルーのループは外用(玄関掃除や、スーツケースのキャスターを拭いたり)。
ベージュはキッチン用。何もないのは室内用。
d0348118_21092067.jpg
 高級タオルは、裁っても切り口がボロボロしないのね。すごいなぁ、日本のタオル。
それでも立ち落としにはジグザグミシンをかけて。

 調べてみたら、たかが雑巾でも、きちんとした縫い方ってあるのね。
タオルの耳を裁ち落とし、袋に縫って裏返して×に縫うのが正統だそうですよ。
×にするのも、「N」の字を90度回転させて斜めが交差して、×になるように、二回縫うんですって。
確かにそう縫えば、一筆書きでNを書き、糸切りするのは、一回で済みますね。

今回はあまりにタオルが厚いので、何度も縫うと、どんどん雑巾が固くなってしまうから「く」の字で縫って縦に一本足しました。
縫いあがりを柔らかく仕上げるには、針目をうんと大きくして縫うのがポイントなんだそうです。

 たかが雑巾、されど雑巾。
「雑巾くらいしか縫えません。」なんて、言っちゃいけないのねと思いました。雑巾縫い、奥が深いわ。

そして、雑巾たっぷり縫ったので、ミシン分解して下釜の大掃除しちゃった!←これ大事。
あぁ、すっきりしたわ。



Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2017-04-18 21:14 | 手仕事スクラップ | Comments(0)

小さな暮らしのスクラップブック


by yukke