NEW POST

6月のわたしのワイルドガーデンから(1)

 6月の八ヶ岳の麓の森は、黄緑の新緑が雨に濡れてとてもきれい。
わたしの家の周りの森、1番美しく大好きな季節です。
d0348118_14461837.jpg
近隣のガーデン自慢の人たちのオープンガーデンもあちこちで開催中ですが、なんだか忙しい今年はどこにも行けず、オープンガーデンにもご招待もいただいたのになかなか八ヶ岳へいけません。
ひと月ぶりです。


 ようやく長期出張から戻った夫と、久々に車で山小屋を目指しました。
いつもは、電車で行って小淵沢においてあるジープに乗り換えて交通渋滞を回避しているんですが、行楽シーズンの谷間で良かったな。

八重咲のドクダミがね、いっぱい増えていました。
d0348118_14444931.jpg

 雨の合間をぬうように夫は下草刈りに励み、わたしはすっかり生い茂っているワイルドガーデンのあちこちの手入れを。
手入れといっても、絡んだツルを外したり、茂りすぎた枝を下ろして…くらいなもの。
後は植物の自然の成長を見守って、庭を造りすぎないように心がけているくらいです。

雨露を浴びたライムグリーンの森と下草に、時々梅雨の晴れ間からぱぁーっと日が差すと葉っぱの水滴に光があたって輝いて、もう本当に美しいことといったらありません。

 白葉のヤツデ。すっかり葉がなかった五月の連休から一気に芽吹いていました。
d0348118_14443784.jpg
 オダマキはこの森の自生です。わたしの庭にも咲いてくれて、今は白と紫が咲いてます。
d0348118_14452320.jpg
d0348118_14565896.jpg
d0348118_14570416.jpg

山アジサイは花びらが少ないけど、そのひっそりした感じがいいですよね。
d0348118_14450356.jpg

d0348118_14451701.jpg
d0348118_14455739.jpg

d0348118_14445610.jpg


 なんとなく形になってきた東側の石炉までのアプローチ沿いの植栽も緑のグラデーションが美しい。
d0348118_14462841.jpg
去年のホスタは、冬にすっかり消えるのに、こんなに大株になって育っていました。鹿さんに食べられなくて良かったこと。
d0348118_14452949.jpg
d0348118_14454753.jpg
放りっぱなしなのに、次に来るときのドラマチックな変化に、ひとり大喜びしています。
ライムグリーンが美しいアナベル。これから真っ白になっていきますが、私はこのライムグリーンのときが大好き。
挿し木でどんどん増えて今年は大株が3つともこんもりと茂っています。
森の大きな木々の下という日照条件がぴったりなのでしょう。
d0348118_14451008.jpg



 色が少ない森には、白がベースの花が多くて、ライムグリーンとホワイトのカラーバランスが、こんなに見事に育ってくれて!
放りっぱなしのガーデナーなのにね。

 写真が多すぎるので、続きは、また明後日ね。





by yukkescrap | 2018-06-22 14:29 | 庭仕事スクラップ | Comments(0)

小さな暮らしのスクラップブック


by yukke
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28