NEW POST

お正月わっしょい 〜変わりなますと松風焼き〜

例年晦日には、私の十八番のおせち料理を丁寧にこしらえています。

何と言ってもこの日は、主人は高校ラグビー部の同窓会。
家族に大顰蹙でもやめない彼らの伝統忘年会。若い頃は大晦日まで帰らず全く年末の忙しい時に使いものにはならない夫たちでしたが、それも慣れたよ。

だから一人で料理に邁進もできます。
d0348118_17124904.jpeg
母からの直伝の紅白なますと変わりなます。
うちの家族は、母のこの味で育ったこともあって、地味なおせち料理だけど、「なます」が大好きです。ちょっと手が込んでいるのだけど、その分美味しくてたぁーくさん刻んでもすぐになくなってしまうほどの人気。

友人やお客様からは、「こんなに美味しいなますは初めてです!なますに開眼!」とまで言っていただけるので、力が入るわ。

スライサーではダメで(亡き母ののこだわり、お刺身のツマじゃないんだからと)、包丁で。だからなます作りは包丁研ぎからはじまります。

大根を薄く輪切りにしてから刻むというのが一般的だけど、シャリっとした歯ごたえを残すために、あえて繊維に沿って細い千六本に刻みます。
d0348118_17133235.jpeg
人参は逆に硬いから斜めに輪切りに薄く切ってから千切りに。
塩でしんなりしたら、一度酢洗いします。
d0348118_17131967.jpeg
こういう小さなこだわりが、きっと美味しくするコツだと、今になって良くわかります。手間を惜しまない母の気質が料理にでてるのよね。
d0348118_17130332.jpeg
お酢と砂糖は2:1。
変わりなますには、蓮根、クラゲ、胡瓜と柚子。金胡麻を擦って最後に和えます。胡瓜は食べる直前にね。(色が変わるから)

もう一つは松風焼き。これもまた十八番。
d0348118_17135315.jpeg
青海苔とケシの実を振って末広に切り分けて串を打ちます。これも大人気で、家族からは今年もよろしくねというリクエストが多いおせち料理。
d0348118_17140730.jpeg
d0348118_17142001.jpeg

今年の初メニューは、牛タンの五香粉漬け。下茹でしたら、紹興酒、八角、五香粉などの中華タレに漬け込んでみたよ。
d0348118_17143249.jpeg
d0348118_17144578.jpeg
おせち料理はだいたいこんなところです。
我が家には人気がない、たたきごぼうや、田作り、菊花かぶなどは、だいぶ前にやめちゃったの。

明日は、ローストビーフ、焼き豚、海老、鶏料理のメインディッシュ作り。

去年まで東京と名古屋を行ったり来たりして食材や調味料、圧力鍋まで持ち運んでいて大変だったんだけど、使い慣れたキッチンで思う存分腕がふるえて、今年は余裕だわ。

今日も明日も年末は、朝イチでおむすびを作っておきます。キッチンジャック状態でいつものご飯が作れませんからね。
d0348118_17145645.jpeg
娘夫婦がやって来て、おせち料理の進捗状況の確認とか言いながら、お手伝いはせずにお味見のつまみ食い。
まぁまぁ、それでは困るでしょって、今日はお仏壇のお掃除して行ってもらいましたよ。
さぁ、もう一踏ん張りです。

by yukkescrap | 2018-12-30 17:22 | お料理スクラップ | Comments(0)

小さな暮らしのスクラップブック


by yukke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31