人気ブログランキング |
NEW POST

大分へ ~ 日田市 小鹿田焼の里 ~

 大分に行ったら、絶対に寄りたいところが小鹿田(おんた)焼の窯元。
吉祥寺にあるセレクトショップ数件には、人気の小鹿田焼のコレクションがいつかあって(ミストとかつみ草とかね)、欲しいなぁと眺めるだけでため息ついていたの。

 わたしの最近の国内旅行は、温泉と窯元めぐりがお決まりになってきたけどね。


昭和の民藝運動のころに柳宗悦に見いだされ、バーナードリーチも逗留した山深い焼き物の里。
いやぁ、実に山奥でしたよ。
作家ものとは違って、日常に使う陶器なので、作家名もなし。一子相伝という伝統ある焼き物なのね。

真の民藝の意味を大事にしてきた焼き物です。(陶芸館から↓)
d0348118_10212913.jpg
 山からの恵みの水で水車の臼をばったん、ばったんして土を打ち、その音もいい音です。
山里に響く臼の音、のんびりした山郷にすっかりほっこりです。
d0348118_10222466.jpg
まだあるのよ。登り窯。
d0348118_10244729.jpg
梅が咲いてましたね。
d0348118_10240512.jpg
 地震や豪雨でここ数年なんども復興に翻弄されながらも10件残った窯元が今も力をあわせてつくっているそう。
d0348118_10265524.jpg
二年ほど、土砂に阻まれて、陶土が採掘できない時もあったそう。
d0348118_10271564.jpg

釉薬のために、丁寧に灰を踏んでました。昔からのやり方でずっと。
d0348118_10252121.jpg
一時期の大人気で手に入らないとか、高騰した価格も落ち着いているらしいけどね。
d0348118_10263540.jpg
 有名なのは、この「飛びかんな」。
d0348118_10410367.jpeg
d0348118_10232909.jpg
d0348118_10215988.jpg
でも昨日友人の家で見せてもらった「はけ目」にもぐっと来てね。
リーズナブルな価格にも嬉しい。来たかいがあったな。
d0348118_10212913.jpg

里山には、白菜を干す風景がまだ残っていました。
良いなぁ。この風景大好きです。
d0348118_10273427.jpg

 帰りには、小鹿焼のセレクトショップの鹿鳴庵で美味しくて素敵な時間を。
d0348118_10314176.jpg

オーナーのお話も楽しくて、ほんと、いい旅でした。
日田鹿鳴庵のホームページ 







by yukkescrap | 2019-03-18 10:38 | 小さな旅スクラップ | Comments(0)

小さな暮らしのスクラップブック


by yukke