人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

読んだ本 高田郁 「あきない世傳 金と銀6、7」

大好きな高田郁さんの「あきない世傳 金と銀」
今年発売された六巻、七巻です。

ついに幸さんは、江戸へ繰り出すことになったのよね。
この二巻は呉服商「五鈴屋」の江戸出店、立ち上げの苦労話。
読んだ本 高田郁 「あきない世傳 金と銀6、7」_d0348118_11231413.jpeg
貧しい学者の娘が9歳で呉服屋に奉公して、その才気を見込まれて、傾きかけた老舗の呉服屋の再建をするというのがが5巻までだったの。
6巻からは、江戸へ進出する苦労話。
そこにいろんな事情が絡むんだけどね。
楽しいのは江戸時代の呉服のお話。帯も今みたいには結ばなかったんだなぁとか、染めや柄ゆき、色目も楽しいのよね。

加えて、この幸さんの起業家魂がすごくて、老舗再建というのは今のご時世にも通じる経営センス。経営の才覚が豊富で、江戸の女性起業家って感じなのね。

この6、7巻は、おりしも12月14日の赤穂浪士の討ち入りも盛り込まれていて、今の季節に読んだから季節感も楽しめたよ。

さて、討ち入りといえば、我が家は包丁研ぎのシーズンなんですよ。
亡くなった母が、討ち入りよ包丁とがなくちゃってよく言っていたんです。なんででしょうね?赤穂浪士になったつもりで年末のタスクこなしていたんだろうか?

わたしは、包丁は、切れなくなると一年中、都度自分で研ぎますが、今までは年末には、一年にいっぺん研ぎ屋さんに出していたんです。
今年は、京都の有次で買った鋼(ハガネ)の包丁のアクを消す消しゴムにであったので、
自分ですっかりアク落としをして、丁寧に研ぎました。
読んだ本 高田郁 「あきない世傳 金と銀6、7」_d0348118_11232539.jpeg
ヘンケルのステンレス製と、日本橋木屋の鋼の牛刀です。
夫もすごく包丁研ぎたがるんですが、これは譲れないのよね。

さぁ、今年も包丁の準備はOKよ。年末のタスク、1つ終了。
お節の仕込みもいよいよはじまるなぁ〜。




by yukkescrap | 2019-12-16 11:38 | 好きな本スクラップ | Comments(0)

小さな暮らしのスクラップブック


by yukke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31