人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

鬼柚子ピールと栗の渋皮煮入りシュトーレン 焼き上がりました。

毎年恒例になったシュトーレンが焼けたよ。
鬼柚子ピールと栗の渋皮煮入りシュトーレン 焼き上がりました。_d0348118_17372276.jpeg
天然酵母のパン教室で習ったのは、マジパンに替えて鬼柚子ピールと栗の渋皮煮いりです。
鬼柚子ピールと栗の渋皮煮入りシュトーレン 焼き上がりました。_d0348118_17382756.jpeg
ドライフルーツをラム酒に浸けこんで、アーモンドとクルミを入れて5時間、一次発酵を終えた生地をのばして。
鬼柚子ピールと栗の渋皮煮入りシュトーレン 焼き上がりました。_d0348118_17381781.jpeg
上4センチ、下2センチをおり、栗とピールを乗せて、「イエスさまのおくるみ」みたいに半分に折って包みます。
鬼柚子ピールと栗の渋皮煮入りシュトーレン 焼き上がりました。_d0348118_17380721.jpeg

焼きあがったら、たっぷりバターをぬって。
鬼柚子ピールと栗の渋皮煮入りシュトーレン 焼き上がりました。_d0348118_17375717.jpeg
シナモンとカルダモンの入った微細のグラニュー糖をまぶして。
鬼柚子ピールと栗の渋皮煮入りシュトーレン 焼き上がりました。_d0348118_17374647.jpeg

その後に粉糖でしっかりコーティングしたら、パラフィン紙でドイツながらの伝統的な包みかたで仕上げます。このラッピングがなかなか難しいの。
鬼柚子ピールと栗の渋皮煮入りシュトーレン 焼き上がりました。_d0348118_17373446.jpeg

シュトーレンは出来立ては食べられないの。
4-5日たってしっかり固くなったら切り分けます。
鬼柚子ピールと栗の渋皮煮入りシュトーレン 焼き上がりました。_d0348118_17383838.jpeg

ドイツに暮らした友人が去年これを食べて、「子どもの時、ドイツでよく食べたけど、シュトーレンがこんなに美味しかったとは!」と言ってくれたことがあるの。
甘いだけのナッツ入りで、本場ではその美味しさにちっとも開眼しなかったのに、これは美味しいって。
でもね、ドイツのドレスデン発祥のシュトーレンは、材料の分量や入れるものも規範があって、それを守っているのだけがシュトーレンと呼ばれるそうです。

これは、kazu先生のレシピで作ったシュトーレン。
秋からリスのようにコツコツと作っ栗の渋皮煮作りから始まって、鬼柚子ピールと、ドライフルーツのラム酒漬け作りとずいぶんいろんな課程を経てようやく完成。

例年より遅れてましたが、とにかくできてよかったよ。
今年は家族の分だけです。カードをつけて早速、若さまへも送ります。
お砂糖たっぷりだから、ちびっ子にはちょっと甘すぎですね、端っこだけちょこっとね。
うずら豆煮たから、若さまにはお豆中心に食べてもらいます。

レシピはkazu先生の
天然酵母のパン教室 tete atelier





by yukkescrap | 2020-12-15 00:08 | お料理スクラップ | Comments(0)

小さな暮らしのスクラップブック


by yukke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30