人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

ソファーの張り替え

インドのムンバイであつらえたベッドサイドソファーを張り替えてみました。
もう20年以上使っています。
ソファーの張り替え_d0348118_11153672.jpeg
ベッドサイドソファーというのを知ったのはムンバイで。
五つ星ホテルのタージマハールホテルのスイートルームのベッドの足元に置かれていたソファー。

張り替えの前。シミだらけでよれよれ。
ソファーの張り替え_d0348118_11135746.jpeg
ベッドサイドソファーは、
朝の身支度をする時に腰かけたり、
夜、ディナーに出たお客さまのいない間に、ベッドカバーをたたんでパジャマを整えるサービスに来たホテルメイドが、ベッドに置かれたクッションや畳んだベッドカバーをのせたりするソファーです。
ソファーの張り替え_d0348118_11140739.jpeg
アジアンリゾートホテルでよく見かけるタイプですが、植民地時代に英国人の注文で作っていたアンティーク家具のひとつらしいの。
ソファーの張り替え_d0348118_11145051.jpeg
そういう家具ばかりをつくる店が、当時住んでいたマンションのすぐそばにあって。
通りがかりによく工房をのぞいていたんです。
ソファーの張り替え_d0348118_11141905.jpeg
「あぁ、タージマハールホテルのベッドサイドソファーと同じだわ。」と、みつけた時は嬉しくて。買うまでずいぶん迷ったんだけどね。
ソファーの張り替え_d0348118_11144138.jpeg
帰国が迫った時に、ようやく買いに行ったら、
「マダム、どんなサイズがお好みで?高さと幅は?布はどれを選びますか?」と聞かれて。
日本人は、家具なんて注文したこともないから、「この見本の通りで良いんだけど。」と言ったら、
「せっかくオーダーするのに、ご自分の好きなサイズおしゃってくださいよ!」と。
これにも困惑したことがあります。
ソファーの張り替え_d0348118_11142925.jpeg
ジャカルタも、ムンバイもニューデリーも住み込みの使用人がいた暮らしの時は、
毎朝のベッドメイキングと、私たちの夕食中にマスタールームに入って寝る準備のためにメイドさんがベッドカバーをあけて畳み、クッションを寄せ、パジャマを揃えて枕のそばに置くというようなサービスを受けていたことがあって、これも植民地なればこそのハウスメイドの仕事だったらしく。日本からいきなり上流階級になってしまった小市民としては、最後まで慣れないことでした。
ソファーの張り替え_d0348118_11150780.jpeg
日本に帰国して、案の定、狭い寝室のベッドの足元にこのソファーを置くわけにはいかない住宅事情。
もっぱらリビングに置いて、お客さまが来た時に畳んだコートやバッグを置いてもらったり、宅急便のちょい起きスペースになったりしています。
こちらが張り替え後。
ソファーの張り替え_d0348118_11151997.jpeg
簡単にソファー部分が外れるので、もっと早く張り替えれば良かったわ。
ソファーの張り替え_d0348118_11152839.jpeg
大塚屋さんで買ったソファー用の生地。50センチで730円なりの化繊です。
いつも通り、シンプルで無難な生地を選びすぎて、ちっとも面白くない出来上がり。

張り替えのコツも掴めたので、次回は、ヘリンボーンみたいなパンチの効いた布を探してまた張り替えます。

by yukkescrap | 2022-10-29 11:21 | 暮らしスクラップ | Comments(0)

小さな暮らしのスクラップブック


by yukke
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31