人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

もみの木とクリスマススワッグ

 八ヶ岳の東麓、野辺山を過ぎたあたりの標高1,500メートルを超えるともみの木をたくさん見かけます。
ちょっと寒いところじゃないともみの木は育たないのね。

🎵 もみの木 もみの木 いつも緑よ

地元の産直所や、ドライフラワーショップ(八ヶ岳にはいっぱいある)、ホームセンターやスーパーにも、生のもみの木がたくさん売られているんです。
八ヶ岳は、もみの木の産地だったのね。
もみの木とクリスマススワッグ_d0348118_05501292.jpeg
毎年使えるプラスチックのもみの木よりもずっとお安いのよ。良い香りです。
もみの木とクリスマススワッグ_d0348118_05462023.jpeg
 クリスマスシーズンにニューヨークに行ったとき、たくさんの生もみの木が路上で売られていたのを思い出しました。
枝がもっと混んでいて、もみの木の種類が日本とはちょっと違うのよね。
当時の記事はこちら (2015年12月8日)

多くのもみの木屋さんは、なぜかモスリムの男の人たちが売り子さんだったりしたけど。
もみの木とクリスマススワッグ_d0348118_05463150.jpeg
 子どもたちが成人してから我が家は、クリスマスのお祝いはすっかり遠ざかって。
イスラム教の国、ヒンズー教の国、カソリックの国に暮らして、宗教に根差した暮らしの人々を身近に知ると、信仰心のないわたしが、真面目にクリスマスを祝うのが憚られたからもあるけど。今はイベントを楽しむ孫にプレゼントを贈るくらい。

 そう思っていたら娘から「今年のクリスマスは山の家だからねぇ!」と。
半分アメリカ人の娘一家には大事なクリスマスなのだよね。
しかし、まぁ!クリスマスイベント準備とご馳走はすっかりわたしに丸投げで帰省してくるらしいよ。孫ひめちゃまのためにばあばは、腕をふるうことにするよ。
もみの木とクリスマススワッグ_d0348118_05142473.jpeg
 そういう事で、小さなもみの木を準備しました。良い香りです。
産直所には根っこなしと、根っこのある苗の2種あって根っこ付きを2,000円で。
鉢に植えて。根っこの都合で真ん中にならないしグラグラするから紐で固定してます。
室内に入れるから、乾燥対策と見栄えに根元に松ぼっくり。
玄関先にいっぱい落ちてるんです。
もみの木とクリスマススワッグ_d0348118_05143695.jpeg
孫ひめちゃまが来たらオーナメントと金色のお星さまを飾ってもらおうと。
クリスマスが終わったら、庭に植えて毎年鉢上げできるように、じいじに剪定を頼むわ。
わたしの父もこうしてもみの木を育てていました。
わたしが子どもの頃はまだプラスチックのフェイクのもみの木なかったからね。

森から材木を集めて、ささっとスワッグ作って玄関ドアに飾ったよ。
もみの木とクリスマススワッグ_d0348118_05144945.jpeg
来週東京に戻ったら、オーナメントを持ってこようと思います。
ここ10年くらい、クリスマスは祝わずお正月準備だけしていたんだけどね。
にわかに忙しくなってきたよ。

我が家のガーデニング・家庭菜園


ブログテーマ:我が家のガーデニング・家庭菜園
by yukkescrap | 2023-12-08 05:57 | 庭仕事スクラップ | Comments(0)

小さな暮らしのスクラップブック


by yukke