人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

シニア世代の大断捨離1 断捨離前のモノの優先順位

いよいよはじまりました。シニア世代の大断捨離です。
元整理収納アドバイザー認定講師、お片づけコーチング代表だったわたしです。
片づけは大好きなんだけどね。夫70歳、わたし65歳を迎える今年、シニア世代としての断捨離をはじめます。

仕事でたくさんのシニア世代のお家の片づけをしてきました。
両親、大叔母など身内の家も4軒の片づけをして、いよいよ自分の番、生前整理です。

転勤族時代や、単身赴任時代、八ヶ岳の山の家と東京・名古屋の2拠点生活時代。
2軒、3軒を同時期に管理運営している時代もありました。どこに何があるのか?ストックの管理は至難の技。片栗粉がなかった、洗剤がなかったのはどっちの家だっけということもたびたび。家が複数だと無駄もたくさんありますからね。

今年のシニア断捨離の目標は、八ヶ岳の山の家への移住を見据えたモノの優先順位つけ。
自分が好きなものだけを一軍にして最少のモノだけを身の回りにおくこと。
だから、東京の家にある好きな1軍のモノを、山の家の2軍と入れ替えていきます。
東京の2軍のモノはいづれマンションを処分するときに、ためらわず手放せるように。
八ヶ岳の山の家のモノは大事にしたいお気に入りの最少量のモノだけに。

優先順位をつけて入れ替えるモノは、 ほんとに些細で雑多なモノです。
例えば、爪切りや耳かき、愛用のスリッパ、洗濯干しのピンチ、お煎茶の茶筒、バターケース、薬缶…。
シニア世代の大断捨離1 断捨離前のモノの優先順位_d0348118_09134397.jpeg
八ヶ岳の家は、長いことキャンプ生活の延長のような暮らしでしたから、田舎のホームセンターで手に入る生活雑貨や、実家や友人からとりあえずお古をもらってきたものばかり。一方で東京の家はこだわった生活雑貨を揃えてきていて、残したいモノの多くは東京にあります。

あぁ〜、爪切りはあっちの方が使いやすいよね。
薬缶はあっちのほうが沸きが早いよね。
洗濯ピンチはあっちのほうが絡まらないんだよね。

と言う日々のストレスを軽減したい一年です。
シニア世代の大断捨離1 断捨離前のモノの優先順位_d0348118_09132856.jpeg
これを少しずつ入れ替えています。洗濯干しのピンチを持って帰って、お気に入りのピンチを持ち帰る。その時にたくさんあるハンガーや洗濯に関するモノの断捨離もしていきます。
掃除機(コードレスとコードありの各所2台)、アイロンとアイロン台も入れ替えました。これで掃除洗濯周辺の断捨離は終了かな。

きょうは書斎の本棚です。Beforeの本棚
シニア世代の大断捨離1 断捨離前のモノの優先順位_d0348118_08575700.jpeg
書斎はわたしの現役時代はホームオフィスとして使っていましたが、夫が定年になってからは、ここが夫の居場所。
長年本に関しては図書館がすぐそば(わざわざ図書館のそばに引っ越して来た)なので、本は基本的に購入しない派。どうしても手元におきたい本だけ、これはわたしの分。
シニア世代の大断捨離1 断捨離前のモノの優先順位_d0348118_08582060.jpeg
着物の本、お料理の本数冊(お料理本やレシピ集は10年ほど前に業者に依頼して全部スキャンしてPDFにしてクラウドに入ってます。)
キルトの洋書、大好きな高田郁さんの文庫本に数冊のポケットファイルに自著が数冊。
そしてでてきたよ。本の隙間から現役時代の懐かしい手帳10冊のレフィル。
シニア世代の大断捨離1 断捨離前のモノの優先順位_d0348118_08583137.jpeg
仕事に関してはやりきった!と言う思いがあるので、中身も見ずにサクッと破って生ゴミに混ぜて捨てました。(笑)思い出にはしがみつきません!

今後の読書については、八ヶ岳の山の家の近所にも金田一春彦記念図書館というりっぱ図書館があって、じゅうぶんここでベストセラー本の貸し出しは事足ります。武蔵野市よりも予約本は早く回ってきて人口密度の差を感じるよ。
シニア世代の大断捨離1 断捨離前のモノの優先順位_d0348118_08580876.jpeg
夫は主に書類関係のファイル入れに本棚を使っていました。ファイルキャビネットがあればもっと効率がいいのにと思いつつ。
オフィスファイリングはわたしも主人も得意分野です。
マンション理事長の時の書類がほとんど。母と妹に関する公的手続き書類、確定申告、住居に関する書類がいっぱいあるよ。
ただ今せっせと内容を確認してファイルの整理をしています。
夫の本はスーツケース3個分をいちばん近所の古本屋さんへ持ち込んで査定してもらってます。
シニア世代の大断捨離1 断捨離前のモノの優先順位_d0348118_08583915.jpeg
すっかり本棚が空いたので、本棚はヤマトコンビニエンスの家財宅急便で山の家に送るよ。持っていく本はダンボールに2箱。この本箱の下2段は、別の場所にあるたーくさんのアルバムの収納になる予定です。

アルバム写真のデータ管理も考えていましたが、スキャンのための時間がもったいない!時間ができたシニアになったらとスキャンしよう思っているあなた!
そんなつまらない作業に人生の残りの時間をさくのは勿体無いと思いませんか?
シニア世代は楽しいことがいっぱいで、のんびり写真のスキャンなんかしてられません。

現存のアルバムはここに収納できるので、私たちが生きている限り、大事に丁寧に貼って作ったアルバムはそのままにして、私たちが死んだたら一気に捨てられるように下段にまとめておくことにしたの。
ときどき孫たちが来たら、手軽に一緒に開いて昔のパパやママをみることができるようにしておきます。

無事に家財宅急便が送れたので、本棚の受け取りのためにまた山の家に戻りまーす!

シニア世代の大断捨離は2へつづく…。



Commented at 2024-01-16 10:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by アメリ at 2024-01-17 10:57 x
yukkeさんのお宅に整理収納のお勉強でお邪魔したことがある者です。
感慨深いです。
夫が65、私が60、孫1歳と同世代なのでいつも参考にさせていただいています。
yukkeさんの潔さ!なかなか難しいですが見習いたいです。
Commented by yukkescrap at 2024-01-17 11:25
> 鍵コメさん

おぉ〜、さくらの茶筒もお揃いなのね。同世代のモノ選び
特に生活雑貨は趣味が一緒で嬉しいです。

さて、シニアの山移住に不安がないといえばウソになるけど、元気なうちに片付けておきたいです。

家計簿!
うちも出て来たよ!
この件はまた後日のブログで。
Commented by yukkescrap at 2024-01-17 11:27
> アメリさん

まぁ!お目にかかっているんですね。
ハンドルネームなのでどなたかわからないのが残念です。

潔く!
そういかないモノもたんまりあります。
これもおいおいご紹介しますね。
蓋をあけるのも怖いモノいっぱいあるよぉ〜。
by yukkescrap | 2024-01-16 00:55 | シニア断捨離スクラップ | Comments(4)

小さな暮らしのスクラップブック


by yukke
カレンダー