カテゴリ:暮らしスクラップ( 43 )

捨てられない布の再活用で、ブランケットバッグ 

 セカンドライフへの暮らしのサイズダウン中と言い続けていますけど、こだわりのある物の処分に頭を悩ませ、納得するまで再利用。
100円ショップにいけば、きっとあるようなものに、あえて時間と手間をかけてリメイク。
50㎝×80㎝の大袋です。

 こういうことが、本当の「丁寧な暮らし」といえるのか?と疑問もムクムク湧いてきます。
ケチすぎるモノの始末になってるよ。
おばあさんになったら、時間はこうして使うんだなと妙な納得もしながらね。

捨てられない布には、新婚時代のカーテンなんて言うのもあるのよ。
80年代に大流行したインテリア店のハビタ。時代が追いついていなくて、あっけなく幕切れになったけど今ならインテリア好きに大いに支持されたでしょうにね。
d0348118_09291587.jpg
 当時ボーナスをはたいて買ったハビタのカーテン。
使わなくなっても、洗ってほどいて、しばらく布団包みや、カバーに使っていましたが、それも破けてきてね。
山小屋の押し入れの布団の埃よけにかけてありました。
もう、30年以上たって色褪せているのにね。
最後にと、毛布やタオルケットを収納しておくブランケット・バッグに縫い直してみたよ。
d0348118_09293144.jpg
 厚手のオックスフォードのベッドカバーに使った布もね。

 押し入れがない今の東京のマンション住まいでは、シーズンオフのブランケットをこんな布袋にいれてクローゼットの天袋にしまっています。
これで、布の始末をしたぞとはとても言えないけどね。

 端切れはぼろきれにして小さく切って、使い捨て雑巾にしているけど、この使い捨てぼろ布のストックの多さにもすごくうんざりしているところです。

今年も母の日のギフトで息子夫婦からお花が届きました。嬉しいね。
d0348118_09325749.jpg
彼ら世代に、私の負荷を残さないようにと、始末、始末の日々ですよ。




by yukkescrap | 2018-05-14 09:15 | 暮らしスクラップ | Comments(0)

住まいのサイズダウン 断捨離の日々

 三か所に分散していた家財を二か所に集め、加えて所帯を持った子どもたちの転勤に合わせて、不要な家具を移動したり、彼らの一時保管を頼まれたものを預かったりと連休の合間に、大々的な断捨離と思い出の品の整理です。

 洋服や書籍、家具・家電は、家族で循環させたり、リサイクルショップに持ち込んだりして減らせるけれど、家族の歴史のある物や、趣味で集めたものの整理はなかなか気持ちの整理が追い付きませんよね。
d0348118_10041461.jpg
 引っ越しはいい機会。全部出して中味改め。
たぶんこうして家財全部のモノを出して見極めるのも最後にしたいと、箱に保管するも全部に、箱を開けなくてもわかるようにと内容物をリストにして箱書きをしています。

 重複する羽毛布団を山小屋に運び、山小屋の古い寝具を大処分。
家具を子どもたちの新居に送り、重複したプリンターや家電は粗大ごみに。こういう手配が本当に大変ね。

 山小屋に保管することになったお茶箱には、私の趣味で集めた暮らした国々の布。
サリーが3枚。
d0348118_10053378.jpg
インド更紗、パンジャビドレスのショール(ドゥパッター)、インドネシアのバティックの布、ミャンマーの山賊民族の織物。

メキシコ刺繍、チアパスの織物…。
d0348118_10052074.jpg
一つも減らすことができずに、お茶箱に再封印。こんな風なモノの持ち方は、罪深い気もします。

d0348118_10055650.jpg
 機会を見つけて、袋物や仕覆にでも仕立てることにしたいけど、一体いつになるやらね?

 息子が乳幼児期を過ごしたインドネシアで、子守のお手伝いさんが抱っこに使ったバティックのカインゲンドン。(画像左)
インドネシアの幼稚園に初登園の日に来た正装のバティックのシャツ。家族の歴史のある思い出は断捨離できませんね。
d0348118_10064741.jpg
これを「思い出ボックス」のお茶箱に封印。布ばかりで、お茶箱がいっぱいですよ。(涙)





by yukkescrap | 2018-05-07 09:52 | 暮らしスクラップ | Comments(2)

引越し完了! 人間ルンバに愛の手が…やって来た。

転勤妻をついに卒業、終の住処の東京へ戻りました。
引越し難民まで経験してしまった最後のお引越しは、人生28回目。

ささっと詰めて、ささっと開けて、無事に、全ての持ち物を確認して収納。
死ぬまで、これだけの家財道具一式だけで、今後は過ごす予定ですが、さらに徐々に減らして行くつもりです。
毎日掃除機をかけて雑巾でゴシゴシという昔ながらの掃除方法。
日に3回くらい、クイックルワイパーが出動する私の掃除好きを家族は「おぉ、はじまった、人間ルンバ登場」と散々茶化してくれますが、「掃除は自己満足」と言われても、やらないと気が済まないタイプなのです。

見かねてついに家族が愛に手を!
d0348118_11493870.jpeg
生涯でこんなにでっかいプレゼントをもらったのは初めてね!
最新のアイロボットですよ。
d0348118_11501581.jpeg
すぐに働いてもらうつもりだっけどね、充電しないと動かないの。
はて?人間ルンバ返上とあいなるでしょうか?
私のメガネに叶う掃除ぶりをとくと拝見いたしましょう。
d0348118_11515292.jpeg
忙しかったこの春。
連休はようやくのんびりしたいと思います。

by yukkescrap | 2018-04-27 11:52 | 暮らしスクラップ | Comments(10)

洗面所のプチリフォーム 〜タイル貼り修繕〜

東京の家に引っ越す前にと、大掃除と、物の整理。
今週は一足先に東京に戻っています。

今日は大風の後の大晴天だから、思い切って窓ガラス磨き。
窓拭きは、大好きな家事ですが、なんたってまだ花粉が怖いので、窓開けるのははばかられる。マスクしっかりしてます。

窓の多い我が家ですが、一気に13枚磨いたらヘロヘロです。
サッシのレール(溝)もゴシゴシと。
d0348118_15340343.jpeg
ヘロヘロなのに、注文しておいたタイルが届いたので、洗面所のガラスの腐食部分だけ貼って、DIYのプチリフォームです。
15年目に腐食だよ。
d0348118_15344687.jpeg
矢印のところね。

これは山小屋でも随分貼ったから、もう、目地のオスメスも間違えず、
必要なタイルの分量の見積もりも怠りなく。
d0348118_15365523.jpeg

本当は、白のモザイクタイルと思って見本も貰いましたが、すでに15年目の洗面所ゆえ、そこだけ妙に明るいと悪目立ちしそうで、ガラスの向こうの浴室と色を揃えてみましたよ。
d0348118_15363395.jpeg

慣れたからね。
カッターで切るのも上手になって、施工時間は20分足らずで完成。
d0348118_15375000.jpeg
鏡を全部取り替えると資材だけでも5万円くらいするよと工務店さんに言われて、俄然、DIYに燃えてしまったよ。
シール付きタイルは材料費だけで9000円程度なのよ。

d0348118_15382982.jpeg

私はやっぱり、お家が大好き。
隅々まできちんと磨き上げて、スッキリすると気持ちがいいの。

ガラスを磨きながらレースのカーテンも洗濯したよ。
早く花粉のシーズンが去って、窓から風を入れたいところですが、もうちょと我慢の日々です。

タイルはいつものDIYの強い味方、友安製作所さんのシール付きタイルです。



Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2018-04-12 15:40 | 暮らしスクラップ | Comments(0)

小引き出しの修繕

片づけの仕事をしていたり、転勤・引っ越しが多いと不要な古いものはない人みたいにみえるらしいの。
でも実は、すごくモノ持ちが良いんです。

大事にしているモノは、決して高価でも、ブランド品でもないのですけどね。
中学生になった時、街の古い家具屋で売れ残っていた小引き出しを父にねだって買ってもらい、すでに40年以上たちました。
インドネシアにも、インドにもメキシコにもついてきた小引き出し。
d0348118_09264715.jpeg
塗装もハゲて、いつの頃か?カッティングシートを貼って取っ手のツマミは夫が付け替えてくれて…。
こちらがbefore。
d0348118_09272658.jpeg
ちょっとグラグラしてきたので、100円ショップで見つけたカルテの引き出しみたいなツマミに付け替えです。
私でもでっきちゃうよ。書斎の本棚の一部分に設置されています。机のすぐそばなので座ったままで手が届く所ね。
d0348118_09270995.jpeg
ここには、宅急便の伝票、買い置きの切手、ハガキ、カード類、ご祝儀袋、ポチ袋、マスキングテープ、インデックスシール、サインペン、色鉛筆、色マジック、スーツケースやバッグのキーのスペアなどの細々としたものが入っています。
パスポートや、眼鏡のスペア、袱紗や、お数珠もあるのよ。
引っ越しなんで、こんな整理ばっかりの日々なのよ。

小引き出しは、 まだまだ使えそうですよ。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2018-04-11 09:29 | 暮らしスクラップ | Comments(0)

丁寧な暮らしは、地味な手仕事の連続だねの巻 ~ボックスシーツのゴム交換~

 春になると新学期には関係なくても、あれこれ新調したり、点検したりしてしまいます。
傷んだタオルの交換、キッチンの消耗品の補充や買い替え、そしてリネン類やカーテン。

花粉症のこの季節、窓は開けないけど、カーテンはきれいさっぱり洗っておくのですが、ことしは引っ越しもあるので、カーテンの裾丈の補修もね。
数センチのことですが、窓にぴしゃりとキマるサイズはだいじですよね。転勤族ならではの引っ越しのための手仕事です。
d0348118_10022547.jpg
 ボックスシーツのゴムが伸びた時ってみんなどうしているんだろう。
東京の寝室は、フラットシーツをホテルのようにぴっちり引き込みマットレスにはさみますが、
今の仮住まいのベッドはマットレスにじかに脚付きのためにゴム入りボックスシーツ。
ゴムが伸びるたびに、ベッドメイクがピシッと決まらずにイライラしていましたけどね。
そうだ、ゴムをちゃんと入れ替えてみようと。

 お相撲を見ながら入れ替えます。総計6枚のシーツのゴム交換。
良ーく見ると、シーツにはちゃんとゴム通しの穴があるのね。

 はじめは伸びたゴムに新しいゴムをつないで、引っ張っていましたが、再祖に全部伸びたゴムを先に抜いてしまって、ゴム通しで新しいゴムを入れた方が断然早くてと気がついて。ちゃんとゴムが効くとしばらくはベッドメイクもピシッと決まるのね。

 丁寧な暮らしって、実は、こんなつまらない手仕事の連続なんだよね。
そんなの自己満足にしかならないわと言われても、すると、しないでは、寝るときのクオリティも違うじゃないのって自分に言い聞かせてますけど。

by yukkescrap | 2018-03-23 10:03 | 暮らしスクラップ | Comments(0)

ピカピカハサミになりました。


大叔母から貰い受けた裁ちばさみ、研ぎに出したらピカピカの切れ味抜群のハサミに蘇りました。
d0348118_15432090.jpeg
早速、あとの二丁は、所縁の人たちの元へ送ってしまったので画像がありませんけどね。
重くて大きくて、実際に使うには骨が折れるハサミです。
研ぎ屋さんも、何に使っていたの?女性の手には負えないでしょ?と聞かれ、
男の職人さんもいる仕立て屋さんのハサミなんですと言ったら、なるほどねと。今はもうないよ、こういうハサミと言われて、なおさら愛おしくなりました。
d0348118_15541889.jpeg
私の愛用しているのは、蛇の目ミシンのKohnelという裁ちばさみ。
ミシンを月賦で買うと(当時はローンと言わずに月賦と言った)付いてくるのね。そういう時代のものですよぉ〜。
中学生の時にマイミシンを買ってもらい、そのおまけのハサミは今も大事に使っていて。まだ素晴らしくよく切れるんですよ。
小学生の時の30センチの竹の物差しもまだあります。嫁入り道具の裁縫箱。
物持ちが良いんです。何度も引っ越しに耐えた裁縫箱ですね。

受け継いだ大きなハサミもここにしまい、時々取り出して、雑巾作りやボロ切れを裁断するときに使おうと思います。きっとそのときには、大叔母のこと、洋裁店のことを思い出すと思うのよ。

大叔父が、仕事部屋の大机の引き出しにこのハサミが入っている様子が今も鮮明に蘇るなぁと言っていました。

ハリスツイードのカースの前回の記事はこちら


きっとどこの家族にもこういう品があるんだろうなと思いながら大事にしまいます。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2018-03-11 15:59 | 暮らしスクラップ | Comments(2)

柳行李の修理

桃の節句ですが、今年はおひな様を封印して、娘の引っ越しのお世話です。
東京の私の家に仮住まいしていましたが、通勤が大変で、都心の方へ移ります。
お引越し好きには武者震いだわ。

 さて、好きな古いものも、なんでも直して使いたいのよね。
d0348118_13183506.jpeg
買えば安いことも知っているし、その方が快適だったりもするけど、直すことが楽しいよねと、先日主人と話していました。
でもさ、これって「貧乏性」ってことじゃない?って言って笑いあったのですけどね。

 薄汚れて、飴色になった柳行李は新しいものにはない趣があります。
若いころは、汚いなぁとか、古いとかで経過年数という価値がわからなかったけど、今は、愛おしくさえ思えちゃう。
d0348118_13182029.jpeg
裁ちばさみが入っていた柳行李の角が破れていてね。こういうのは捨てられません。
d0348118_08274122.jpeg

 柳行李をWEBであれこれ眺め、角の補強に、小布をつけているのを見て、まねてみました。
d0348118_08334168.jpeg
紙で型紙を起こし、シーチングに接着芯を貼って丸く縫い、ちょっと摘まんで角に合わせて。
d0348118_08272769.jpeg
裏にも、補強でフェルトをボンドで貼りまして。
d0348118_08280430.jpeg
 紬の端切れで中袋をつけて完成。
d0348118_08275223.jpeg
蓋の裏にあった商家の紋は消さずにそのままにしておきましょう。

 さて何をしまおうかなと思案中なり。

by yukkescrap | 2018-03-02 10:15 | 暮らしスクラップ | Comments(6)

古いものを受け継ぐ 〜裁ちばさみ〜

主人の大叔母(80歳)が、3ヶ月の闘病を終えて、ようやく退院となりました。
一人暮らしの住まいを、病後も(色々出来ないことが増えたけど)安全に、安心して暮らせるようにと身辺を整えるために主人と一緒にプチリフォーム。

二階にあった使い慣れたセミダブルのベッドや整理ダンス、ドレッサーを階下の部屋へ移動。カーテンを付け替えたり、電源ケーブルの増設やらの手伝いです。

長く姉妹で洋裁店をしていた時の階下の仕事部屋は殺風景で、叔母はずっと階下で寝ることをためらっていましたが、私の本領発揮のお片づけです。
「驚いた、こんなに綺麗で素敵な部屋になるなんて!」と、大喜びしてくれました。

使い慣れた家財道具で、再びの再構築。喜んでいただけて良かったです。

長いこと時間が止まったように放置していた仕事部屋の古い足踏みミシンを廊下に出し、たくさんの裁縫道具や、物差し、たくさんの丸いアイロン台も片づけて。そんな時に出てきたのがこの裁ちばさみ三丁。

d0348118_13182029.jpeg
戦前からの街の紳士服の仕立て屋から始まり、叔母の代になって婦人服の洋裁店をずっと支えたはさみです。
d0348118_13184692.jpeg

「裁ちばさみ、要らないなら私がもらっても良いかしら?」と聞けば、使う人にもらってもらえるならということで、私のところへ。籠も古いけど一緒にね。
d0348118_13183506.jpeg
柳の小さな行楽は、ぬるま湯でそっと洗ってみる。
あのちょっと古くて埃臭い洋裁店の仕事部屋の匂いがしました。
よく乾かしたら、四隅を小布で補強してみようかな?

長い歴史を閉じていい道具も散ってしまうのが惜しまれますが、余生には、愛着のある仕事部屋をリメイクした寝室で穏やかに暮らしてくれたら良いなと思います。

研ぎ屋さんを探して早速はさみ研ぎに出しましょう。





ほっとフォトコンテスト





by yukkescrap | 2018-02-27 13:21 | 暮らしスクラップ | Comments(0)

揺らめく不揃い吹きガラス

仕事で東京に戻ってきました。
合間をぬって、地元の吉祥寺をぶらぶら散歩してます。
ちょっとの間に新しいお店が開店して、消えてしまった店もあってね。

美味しいパン屋さんのダンディソンの上のギャラリー feveで気になる展示会。
「岡田直人の器とSOOPNFULのカトラリー展」
スタイリングは高橋みどりさんとあって、これは行かなくちゃね。
d0348118_20134701.jpeg

ちょうどspoonful のクッキー型も気になっていたし、大好きな高橋みどりさんとあって、ワクワクしながら。

岡田直人さんの器も良かったんですけどね。
なんとも惹かれたのは、吹きガラスのそば猪口。
思わず買い求めてしまったよ。あぁ、また器が増えてしもうたわ。
ヨーグルト、小さなスイーツ、和え物、フルーツなどなどに活躍してくれること間違いない。

若い頃、揃った工業生産品の大量生産ブランドの器にばかりに目がむいて、
英国のテーブルウエアなんぞも嬉しかった時代もあるけど、いつの頃からか、
ひとつひとつが不揃いで、無骨な器が愛おしくなっているのね。
今回も不恰好ほど味があって、そんなものを棚から選んでいる自分に苦笑。
d0348118_20142769.jpeg
そういう味わいを知ったのは、メキシコのテキーラグラスが、どれ1つとして同じものがない吹きガラスだったこと。(画像上、ブルーの縁取りのジュースグラスとテキーラグラス)
もちろんメキシコスーパーマーケットには、綺麗な形の揃ったグラスもあるのだけど、
揺らめく吹きガラスのユニークさに心が揺さぶられて。

あぁ、日本にも吹きガラスの器があるんだと、嬉しくなってしまったのでした。
こういうことに味わいや楽しみが見出せるようになった今の年齢も悪くないよなぁ。

近ごろは、用の美、生活の美をこういうところに感じてしまうのですよ。


Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

<暮らし部門に応募します>




第2回プラチナブロガーコンテスト



by yukkescrap | 2018-01-20 00:57 | 暮らしスクラップ | Comments(3)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
きものスクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

若さまベビーキルト完成!
at 2018-07-23 08:17
若さまの陣中見舞い
at 2018-07-15 19:28
若さまのベビーキルト キルテ..
at 2018-07-11 10:55
ぶさいくサボテンのかぶわけ
at 2018-07-10 10:46
吉祥寺さんぽ ~ガイドと歩く..
at 2018-07-09 10:34

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> fukko-sanさ..
by yukkescrap at 22:52
いやん、 「お味噌汁を..
by fukko-san at 17:41
> renchiyan3..
by yukkescrap at 06:39
おはようございます 私..
by renchiyan3 at 05:31
> Norikoさん ..
by yukkescrap at 20:01
レシピ、どうもありがとう..
by Noriko at 10:33
> juju3291aさ..
by yukkescrap at 17:47
番組見ていました。 大好..
by juju3291a at 16:53
> Norikoさん ..
by yukkescrap at 16:19
こんにちは。 お孫..
by Noriko at 10:06

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(70)
(47)
(39)
(38)
(36)
(30)
(28)
(27)
(26)
(24)
(23)
(20)
(19)
(19)
(16)
(12)
(11)
(9)
(8)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド