<   2018年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今週の愛妻弁当まとめ 〜2018年3月4週〜

年度末ですね。
我が家もついに東京に戻ることになりました。
でもね、流行どおりに年度末引っ越し難民なんですよ。お引越しは4月末。
はやくも荷造りした段ボールに囲まれながら暮らしてます。

荷造り早く始めたら、買い置きストックの味醂と料理酒を、山積み段ボールの一番下に入れちゃって。
足りなくなって、また買いに走る。あららの、てんてこ舞いでござるよ。
d0348118_08272660.jpeg
ひと月ぶりに、長期出張から戻りまして。春の金目鯛の粕漬け焼き。
d0348118_08282544.jpeg
春のお野菜もりもり特集弁当。
筍、新玉ねぎ、新じゃが、菜の花、蕗、ウド、新ごぼう。
新しい芽吹きの旨さは、珍味を超えるなぁ〜。
d0348118_08304032.jpeg
桜満開ね。桜と新ピースご飯。豚型ロースの味噌粕漬け。

d0348118_08314536.jpeg
新玉ねぎをスライスして、オリーブオイルと林檎酢でマリネ。
お豆腐にもかけて、人参をあえて、グリーンサラダのドレッシングにしたりとこの季節の便利なつけダレ。今日はレーズンと人参を和えました。
ブロッコリーには、たらこマヨネーズです。

d0348118_08350709.jpeg
じーさんがかぶりつくわんぱくサンド。
厚焼き卵のサンドイッチは、名古屋に来て知ったのでした。

豆味噌、酢、胡麻油、白醤油、守口漬けの粕、オリエンタルカレー、味噌カツソース。
楽しい調味料がいっぱいで、名古屋であたらめて知った日本の美味い。
お弁当にもいっぱい詰めたなぁ。
おかげさまで、人生最高の体重記録更新!スカートが一枚も入らない!
残りの日々を楽しみながら、名古屋城お花見ジョギングに行ってきます。
東京に戻るまで5キロ減らすぞ!

夫は、東京に戻ったら、お昼ご飯は、食べるところはいっぱいあるのでお弁当はいらないかなぁ。だからあと数回になってきたよ。お弁当もいよいよ卒業を迎えまする。

by yukkescrap | 2018-03-30 08:41 | 愛妻弁当スクラップ | Comments(2)

キッズエプロン祭り (Rick Rackのパターン)

 一年がたつのは、とても早い。
今年も参加しているボランティア施設のチャリティーバザーシーズンがやってきました。
去年の今頃も、こうしてバザー用の小物を縫っていましたが、子ども用エプロンがとても評判がよくて、今年も私はエプロン製作でお手伝いです。
d0348118_09584585.jpg
 今年は、Rick Rackのパターンでね。大人用でも先日製作したバッククロス・エプロンのキッズ版。
着画ないんだけど、胸もとから脇にかけてゆるくカーブしています。(Rick RackのHPをみてね)。見返しをつけて裏を処理。

d0348118_09592467.jpg
1mが390円という破格価格のダンガリーに、残りの布を足す感じで作ったけど、ブルー系が多すぎて、女の子向けが足りないかな?
小袋も付けました。でも今年は三角布はないのよ。(布地が足りなくてね)

 どうも私が作ると、上品な大人好みの組みまわせになってしまうんだけどね。
おこちゃまは、こういうおとなし向きよりも、はっきりした大柄の方が好みだろうと思うの。楽しくないとお手伝いも励めないしね。
来年は、ちびっ子たちのご要望をじっくり聞いて生地選びしようと思います。
d0348118_09585658.jpg
サイズは、100ー150までの3サイズ。
サイズがわかるようにプリントして袋に詰めました。
d0348118_09590835.jpg
 どうぞ売れ残りませんように。

そうそう、布によっては、「このプリント生地で商品を作って販売はできません」という但し書きのある布もあって(黄色のひよこ柄)きっとチャリティーバザーでの販売もNGなのだろうなぁ。ご迷惑がかかるといけないので、これはなしで納品となりました。

 去年のキッズエプロンは、こちら







by yukkescrap | 2018-03-24 10:08 | 手仕事スクラップ | Comments(0)

丁寧な暮らしは、地味な手仕事の連続だねの巻 ~ボックスシーツのゴム交換~

 春になると新学期には関係なくても、あれこれ新調したり、点検したりしてしまいます。
傷んだタオルの交換、キッチンの消耗品の補充や買い替え、そしてリネン類やカーテン。

花粉症のこの季節、窓は開けないけど、カーテンはきれいさっぱり洗っておくのですが、ことしは引っ越しもあるので、カーテンの裾丈の補修もね。
数センチのことですが、窓にぴしゃりとキマるサイズはだいじですよね。転勤族ならではの引っ越しのための手仕事です。
d0348118_10022547.jpg
 ボックスシーツのゴムが伸びた時ってみんなどうしているんだろう。
東京の寝室は、フラットシーツをホテルのようにぴっちり引き込みマットレスにはさみますが、
今の仮住まいのベッドはマットレスにじかに脚付きのためにゴム入りボックスシーツ。
ゴムが伸びるたびに、ベッドメイクがピシッと決まらずにイライラしていましたけどね。
そうだ、ゴムをちゃんと入れ替えてみようと。

 お相撲を見ながら入れ替えます。総計6枚のシーツのゴム交換。
良ーく見ると、シーツにはちゃんとゴム通しの穴があるのね。

 はじめは伸びたゴムに新しいゴムをつないで、引っ張っていましたが、再祖に全部伸びたゴムを先に抜いてしまって、ゴム通しで新しいゴムを入れた方が断然早くてと気がついて。ちゃんとゴムが効くとしばらくはベッドメイクもピシッと決まるのね。

 丁寧な暮らしって、実は、こんなつまらない手仕事の連続なんだよね。
そんなの自己満足にしかならないわと言われても、すると、しないでは、寝るときのクオリティも違うじゃないのって自分に言い聞かせてますけど。

by yukkescrap | 2018-03-23 10:03 | 暮らしスクラップ | Comments(0)

大相撲 大阪(三月)場所11日目観戦

 大相撲の長年のファンです。
親孝行(?)息子夫婦のご招待で、大阪場所11日目を観戦です。
d0348118_09391443.jpg
千秋楽にむけて、星取りの様子が顕著になってくるこの10日目あたりのタイミングの取り組みはいつも見頃なんですが…。
なんたって今場所、ご贔屓力士はみな休場。
大阪なのに、宇良もいませんが、高安・栃ノ心の一番に心躍らせながらねぇ。

 やっぱり本場所に足を運ぶと、髷油の香や、臨場感がたまらないし、相撲がぐっと身近になるね。
入り待ちでは、高安も観られたしなぁ~。

 注目の幕下、小兵の炎鵬。石浦など、小さい力士には無条件で声援を送るわ。
d0348118_09395541.jpg
d0348118_09393374.jpg
土俵入りに並んだ、高安、御嶽海、遠藤、荒鷲、琴奨菊。好きな力士たちです。
d0348118_09401697.jpg

なんだかね、鶴竜って、いまひとつ華がなくてなぁ~。
d0348118_09404624.jpg
d0348118_09405604.jpg
大阪だものね。豪栄道コールすごすぎる。

d0348118_09410756.jpg
本日の一番のみどころ、高安・栃ノ心。高安が勝って、終盤への期待大きいです。もの言いがつくも、盛り上がりすぎて、結びの一番はどうでもよくなってしまったわ。

 あぁ、楽しかったわ。
場所前のランチは、蓬莱551という、日帰りのThe大阪場所でした。



by yukkescrap | 2018-03-22 09:48 | 大好きスクラップ | Comments(0)

時代小説のきものワールドを読む 〜中島要の着物始末暦〜

昨年ハマった高田都の「みをつくし料理帖」シリーズ。
時代小説を読むなんてお爺さんの趣味かと思っていましたが、
チャンバラも捕物も出てこない江戸のお話は、こんな小粋で楽しい小説舞台もあったのか!と開眼にもなりました。

大好きな高田都さんの「あきない世博」シリーズも読み耽り、ようやく待望の5巻目のあきない世傳 金と銀(五) 転流篇 (時代小説文庫)がでて、楽しく読み終えました。
呉服屋に嫁いだお嫁ちゃんの大店再生女性起業家江戸版のお話で、たまらなくそそられるんですよね。
d0348118_07551515.jpeg
5巻目の早く続きが読みたい思えば、遅筆の筆者は、この後はまたみをつくし料理帖の特別篇に筆をおくらしくそれはそれで楽しみだけどね。

遅筆の筆者には悪いが、読む本がなくなる渇望感が拭えず同じハルキ文庫の時代小説、中島要さんの呉服小説へ。

こちらは、悉皆屋のイケメンをめぐる和服リメイクが、小説の小道具ですよ。
すでに10巻まで発刊されているので、しばらく新・時代小説の渇望感は避けられそうです。

登場人物を深く描き混んでいる高田都さんと比べると、ずっとエンタメ性が高くて、登場人物も軽めなのですが、何しろ悉皆屋という着物のリメイクが続々登場するので、興味は尽きないのです。

ここしばらく、引っ越し祭りで、身辺整理に励んでブログも放りっぱなしでいますが、間違いなく「きもの熱」が再発しました。

Instagram
Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2018-03-20 07:55 | 好きな本スクラップ | Comments(0)

ベビーブランケット 〜ふにゃっとアイスクリームカラーで〜

無意識にできる手慣れた細かい連続の作業は、脳のドーパミンの活性化を促して、リラックスの効果があるんだそうです。

鬱々してしまいそうな時や、悲しみで心が折れそうな時は、無心に手を動かすと、ドーパミンいっぱいで、心がのんびりするんですって。

特に悲しみや、鬱な要因はないのだけどね。
無性に編みたくなるというのは、きっと身体も心もリラックスしたいよぉ〜という証拠なのだと思いました。

でもね、これはブキッチョさんや、ビギナーにはむかないんですってよ。
ある程度手仕事の技術が身について、テレビ見ながらでもできちゃうレベルが良いそうです。初心者だと技術取得にかえってストレスがたまるんだとか。
編み物苦手なら、折り紙でも、彫刻でも、ビーズでも良いらしいよ。
d0348118_08452706.jpeg

去年編んだベビーブランケットの残りのラムウールに、またちょっとベージュ毛糸2色を足して、ふにゃっとしたベビーブランケットです。目数を数えなくても良い簡単な網目模様を2段ごとに、5色を段違いで編んでいきますよ。
スマホで撮影したら、色が濃いな。実物は、もっと薄くてふんわりカラーです。スマホの色修正機能では、修正ができないなぁ。

この色合わせね、不二家のアイスクリームのナポリタンみたいでしょ?
好きな色合わせなの。バニラアイスにピンクとブルー。
ふにゃ、アイスクリームカラーブランケットです。
暖かくなってきたので、半分くらいまでにして、残りは来年になるかもしれないけどね。
編み編みは、本当にリラックス癒し効果抜群します。

今日は、出張中につき、スマホからポスト。

InstagramInstagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP
by yukkescrap | 2018-03-13 08:49 | 手仕事スクラップ | Comments(1)

ピカピカハサミになりました。


大叔母から貰い受けた裁ちばさみ、研ぎに出したらピカピカの切れ味抜群のハサミに蘇りました。
d0348118_15432090.jpeg
早速、あとの二丁は、所縁の人たちの元へ送ってしまったので画像がありませんけどね。
重くて大きくて、実際に使うには骨が折れるハサミです。
研ぎ屋さんも、何に使っていたの?女性の手には負えないでしょ?と聞かれ、
男の職人さんもいる仕立て屋さんのハサミなんですと言ったら、なるほどねと。今はもうないよ、こういうハサミと言われて、なおさら愛おしくなりました。
d0348118_15541889.jpeg
私の愛用しているのは、蛇の目ミシンのKohnelという裁ちばさみ。
ミシンを月賦で買うと(当時はローンと言わずに月賦と言った)付いてくるのね。そういう時代のものですよぉ〜。
中学生の時にマイミシンを買ってもらい、そのおまけのハサミは今も大事に使っていて。まだ素晴らしくよく切れるんですよ。
小学生の時の30センチの竹の物差しもまだあります。嫁入り道具の裁縫箱。
物持ちが良いんです。何度も引っ越しに耐えた裁縫箱ですね。

受け継いだ大きなハサミもここにしまい、時々取り出して、雑巾作りやボロ切れを裁断するときに使おうと思います。きっとそのときには、大叔母のこと、洋裁店のことを思い出すと思うのよ。

大叔父が、仕事部屋の大机の引き出しにこのハサミが入っている様子が今も鮮明に蘇るなぁと言っていました。

ハリスツイードのカースの前回の記事はこちら


きっとどこの家族にもこういう品があるんだろうなと思いながら大事にしまいます。

Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2018-03-11 15:59 | 暮らしスクラップ | Comments(2)

読んだ本 小島葉子さんの「素敵」になれる大人服のルール

 大親友の小島葉子さんの二冊目の本が昨日発売されました。
わたしたち、プチ女性起業家目線の大の仲良しですが、このところの葉子さん、マスコミ露出(テレビ出演)に続き、出版も相次ぎ人気急上昇中。
親友のこういう大活躍は、本当に嬉しい。

 さっそく発売日に、「ランチしましょう」ということになって、美味しい旬のお魚料理をつつきながら、新刊本にサイン入りで、もう悩まない! 「素敵」になれる大人服のルールをいただき、一気読みです。
d0348118_17262619.jpg
わたしのマンネリ化するファッションアイテムについて、いつも助言をいただく彼女ですが、こうして体系的に本になると、毎回アドバイスの呑み込みの悪い私には大いに役立つ「おさらいバイブル」となりました。
これでわたしも、毎回の脈絡のないハズした質問などしなくなると思うのですが、成長しなかったら葉子さん、ごめんね!

 わたしは、骨格的にはストレート、パーソナルカラーは、スプリング。
…とはいえ、基本のルールを踏襲しても「素敵」になれるわけじゃないですよね。

こなれ感とか、透け感とか、抜け感とか…。
マットにするか、ナチュラルに仕上げるか?
モード系?フェミニン?コンサバ?
若いころは、流行の何を着てもサマになったのに、どうもね?
 親友の葉子さんは、ここ10年間、ずっとファッション難民だったわたしの救世主です。

イラストは、共通の友人でもある中島慶子さん。
d0348118_17264593.jpg
良い友人に恵まれているのは嬉しいことですね。
一緒に仕事をするときに、詳しく言わなくてもよくテイストやニュアンスをわかってくれていいよね。
新刊の本は、このイラストで一気に良い仕上がりになっています。
d0348118_17265788.jpg
 本をもらった後には、デパートでこの春のショッピングに一緒にね。
ねらい目は、この春流行のひざ下のペンシルスカートと短め春ジャケット。
スカートは、ほとんどがハイウエストタイプでして。
葉子さんから、「うーん、ストレートタイプはね、ちょっと難しいよ。ハイウエストは…。」このシーズンはやり過ごしましょう!
と、言われて納得です。スカート丈だけをひざ下にして、ウエスト位置は変えてはならない。
流行のレザーのライダージャケットも色々試すが、やっぱりアラフィフにはかなり辛い。
これも見送って、私はデニムジャケットにしましたよ。

 クローゼットがいっぱいなのに、「着たい服」がないとか、「なんだかいつも同じであか抜けない」というアラフィフお薦めの一冊ですよ。

前回につづき、またベストセラーになってしまうこと間違いなしね。





by yukkescrap | 2018-03-09 06:16 | 好きな本スクラップ | Comments(2)

今週のパッチワーク ~ ”ANIMALS #3 完成しました!” ~

 動物柄の布の残りを総動員してつなげたシングルベッドカバーが完成しました。
d0348118_17442178.jpg
blogの過去ログを見たら、11月29日にキルティングをスタートしたので、ひと月半くらいかな?
といっても、途中で編み物していたこともあるので、実質10日くらいでしょうか?(一日4~5時間くらいでね)
d0348118_17482808.jpg
 動物たちがいるジャングルやサバンナを吹き抜ける「風」をイメージしてキルティングは、あえて線も引かずにフリーハンドで刺しています。
こういう試みは初めてだけど、なんとかできたね。
d0348118_17484125.jpg
 裏地はお安いストライプですが、周囲のバイヤスを紺色にしたので、キルトは多彩使いの色合わせですが、フレームでちょっと全体がしまった感じになったかな?
d0348118_17485604.jpg
バイヤスのテープの存在が大きいなと思う一枚になりました。
d0348118_17474906.jpg
 いつも伺うボランティア施設に貰っていただきます。
多彩な元気色なので、明るいお部屋になるといいなと思います。

ANIMALS #3
デザイン YUKKE オリジナル
サイズ 150㎝×230㎝


Instagram

Instagram はじめました。フォローは↑から。YUKKESCRAP

by yukkescrap | 2018-03-08 17:49 | 手仕事スクラップ | Comments(2)

恒例!ことしも春の雑巾まつり

無事に娘夫婦は新居に引っ越しました。
転勤族に育ち、自らも転勤のある職場の娘ゆえ、蛙の子は蛙?
なかなかの引っ越し上手で、私の出る幕はほとんどありませんでした。
そうよね、もうそういう年代になったのよね。

「あなたの年齢の時、私は乳飲み子のあなたを連れてインドネシアに引っ越ししたのよ。」と言えば、「そうでしょ?私だってそういう年齢よ。自分でも引っ越し上手と思ってるよ。」と返されてしまいました。
引っ越し屋さんともテキパキをやり取りしている様子をそばでみる。
30過ぎの娘は、すっかり手が離れていることは重々承知ですが、嬉しくも、ちょっと寂しい気もする母です。
d0348118_16375668.jpeg
引っ越しシーズンの季節。
古くなったタオルを集め、春になると縫いたくなるのが雑巾です。
去年も同じ頃に縫ってるのね。正調・美しい雑巾の縫い方は去年の記事のこちら(→)

でも、今年はさらにバージョンアップして、二つに切った温泉タオルは、三つ折りのハジの耳は切り落とさずにリッパーで解き、ここに断ち落とした片一方を挟んで縫いました。おぉ、始末が良いことね。縫い目の収まりもすごく良いです。

新年度に新調したくなるタオル類。

d0348118_16380935.jpeg
色柄ものは、スーツケースのキャスターや、ベランダ、窓掃除の外向き雑巾。

赤い紐付きの赤雑巾は我が家ではトイレ掃除用です。
d0348118_16383899.jpeg
白雑巾は薄手と厚手の2種。
d0348118_16452399.jpeg
ハンドタオルとバスタオル、これで使いきりました。
白いバスタオル、一年使うとこんなに痛むのよね。

沢山縫っても、幼稚園にバザーにもらわれて行った年もあるし、火災で罹災した友人のところにいっぱい送った年もあり。
今年は娘夫婦、息子夫婦、大叔母のところ、我が家と四軒で分けることにします。
ついでにミシンの掃除点検を兼ねます。

d0348118_16385172.jpeg
ボビンに残った色糸の下糸。いろんな色が中途半端に残っていたので、雑巾縫いで使いきりました。ボビンもスッキリ。タオルの埃でいっぱいになった下ガマもきれいに掃除してミシン油をさしてメンテナンスです。
d0348118_16382577.jpeg


タオルの交換時期に迷わずに、春の雑巾まつりでリフレッシュです。


by yukkescrap | 2018-03-05 16:46 | 手仕事スクラップ | Comments(4)


小さな暮らしのスクラップブック


by yukkescrap

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
暮らしスクラップ
愛妻弁当スクラップ
八ヶ岳スクラップ
おさんぽスクラップ
小さな旅スクラップ
インテリアスクラップ
好きな本スクラップ
フォトスクラップ
庭仕事スクラップ
手仕事スクラップ
お料理スクラップ
きものスクラップ
記念日スクラップ
懐かしいものスクラップ
ファミリースクラップ
インフォメーション
大好きスクラップ
雑貨スクラップ
シネマスクラップ
わたしのこと
未分類

最新の記事

最後の名古屋は御園座で!
at 2018-04-23 22:26
阪急電車に乗って
at 2018-04-21 22:26
ベビーブランケット 〜ふにゃ..
at 2018-04-13 19:17
洗面所のプチリフォーム 〜タ..
at 2018-04-12 15:40
小引き出しの修繕
at 2018-04-11 09:29

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月

外部リンク

最新のコメント

> tokohouseさ..
by yukkescrap at 17:14
こんばんは 色々と転勤..
by tokohouse at 21:59
> BONさん 拝..
by yukkescrap at 21:14
> BONさん 食..
by yukkescrap at 21:08
コメントがはじかれてしま..
by BON at 20:13
森も庭にも春の気配が訪れ..
by BON at 19:58
> chiffonmin..
by yukkescrap at 07:36
「のはらうた」大好き! ..
by chiffonmini at 19:16
> nql32743さん..
by yukkescrap at 21:08
こんにちは♪ お弁..
by nql32743 at 19:15

リンクはご自由に

リンクはフリーです。


Instagram
Instagram はじめました。
フォローは↑から。YUKKESCRAP

ライフログ

検索

タグ

(69)
(47)
(38)
(38)
(35)
(30)
(28)
(26)
(25)
(24)
(23)
(20)
(19)
(18)
(16)
(12)
(11)
(9)
(8)
(7)

ファン

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

50代
ハンドメイド